この施設ができたときは、西武鉄道の戦略が変わったのかと思いました。
西武鉄道は、あえて他の鉄道の駅と離れたところに駅をつくり、西武鉄道の駅と他の鉄道の駅を結ぶ道路に人を流して、街を作っていました。

例えば、この西武秩父駅と秩父鉄道の御花畑駅、本川越駅と東武東上線の川越または川越市駅、秋津駅と武蔵野線の新秋津、西武新宿駅と山手線の新宿駅、等々。

それが、この施設ができたことで、西武線の駅から人を流出させないようになったのでしょうか?

日経新聞から
 「埼玉・秩父「祭の湯」、初年度延べ110万人超利用 
南関東・静岡
2018/4/24 22:00日本経済新聞 電子版
 
 「西武秩父駅前温泉 祭の湯」(埼玉県秩父市)が24日、開業から1年を迎えた。温浴施設や飲食施設などの延べ利用者数は110万人を超え、秩父地域の主要観光施設として存在感を示した。ただ、地元では来店客が地域に流れてこないとの危機感もある。施設の集客力を地域に波及させる好循環を生み出せるかが、2年目の課題となる。

 西武ホールディングス(HD)は2017年、秩父観光の集客力を高める対策として、西武秩父駅…」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29790930U8A420C1L72000/?n_cid=TPRN0011
無料版はここまで

確かこの温泉は開業直後に衛生上の問題で温泉の営業停止になったと記憶しています。
ちなみに、この温泉施設には酒や漬物等のお土産店、そばやラーメンなどの地元名物のフードコート、ホルモン焼き店がありますので、記事で心配しているように地域に人が出ていかないことが明白です。

また西武は秩父、東武は日光と鬼怒川、小田急は箱根等、関東の鉄道会社は温泉地に人を運ぶことに注力しています。

最後に、この時期は秩父は羊山公園の芝桜が観光名所になっており、激しい道路渋滞になっています。お出かけは電車がおすすめです。
20180425秩父芝桜