労働者不足はわかっているが、果たしてこの労働者不足はいつまで続くのか?
労働者不足の克服するための生産性向上だと思いますが、やっぱり人海戦術ですね?

外国人労働者に関する記事がYOMIURI ONLINEに掲載されています。

中小企業の外国人採用、経産省が支援…人材確保
2018年08月20日 07時26分
 2019年4月にも始まる外国人労働者の受け入れ拡大に向け、経済産業省は中小の製造業者による外国人の採用を支援する方針を固めた。雇用しやすい環境を整えることで、人手不足に悩む中小企業の人材確保につなげる。

 具体的には、外国人雇用のノウハウに乏しい中小企業に対し、業界団体などによる中小企業向けの講習会や巡回指導を通じ、外国人の雇用に必要な手続きや課題を教えることを後押しする。また、中小企業に採用された外国人に対する日本での生活や行政手続きなどのアドバイスも行う。

 実際の指導やアドバイスは、各地の業界団体や自治体、社会保険労務士など、法務省が認めた「登録支援機関」が担う。経産省はこうした団体の必要経費を補助するため、19年度予算の概算要求に関連経費を盛り込む方向だ。

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20180820-OYT1T50004.html

外国人労働者を受け入れることで、その場しのぎはできるでしょうが、生産性向上は一向に進まないかんしれませんね。
今後は年金の支給開始年齢が遅くなり、年金額の抑制または減額されるので、低所得者高齢者が増加することは目に見えているのだから、60歳代後半の人たちが働けるような仕組みを構築しなければならないでしょう。多少なりとも働いて賃金を得て生活費を稼がなければ、病院の治療代や生活保護をはじめとする社会保障費用がいくらあっても足りません。

まずは、高齢者の雇用の場を確保することが先決でしょう。