ついに移民政策ですか?
それとも得意の言葉の置き換えですか?
言葉を置き換えるとすればなんという言葉を使うのでしょうか?

外国人労働者の永住に関する記事がYOMIURI ONLINEに掲載されています。

外国人労働者、永住も可能に…熟練技能を条件
2018年10月11日 10時01分
 外国人労働者の受け入れ拡大に向け、政府が来年4月の導入を目指す新制度の全容が10日、判明した。新たな在留資格「特定技能」(仮称)を2種類設け、熟練した技能を持つと認定された外国人労働者には日本での永住を事実上、認めることが柱だ。今月召集の臨時国会に出入国管理法と法務省設置法の改正案を提出する。

 政府は少子高齢化に伴う深刻な人手不足に対応するため、外国人労働者の受け入れ拡大を検討している。12日にも開く関係閣僚会議で、関連法案の骨子を提示する。

 骨子では、特定の分野について「相当程度の知識または経験を要する技能」を持つと認めた外国人労働者に、新たな資格「特定技能1号」を与えるとした。3年間の技能実習を終えるか、日本語と技能の試験の両方に合格すれば資格を得られる。在留期間は最長5年で、家族の帯同は認めない。技能実習生(在留期間最長5年)がこの資格を取得した場合、日本で最長10年間働けるようになる。

今この瞬間は、かつてないほど好調の雇用状況が続いていますが、これがいつまで続くのかわからないのに、外国人の永住を認めていいのでしょうか?
10年前の今頃のことを覚えていますか?
リーマンショックが起こり、派遣切りや外国人労働者の解雇都の雇用不安が起こり、その後、年越し派遣村のような問題が起こりました。

あと3年程度でこのような雇用状況も悪化するといわれていますが、その時にはどうなるか予測しているのでしょうね?

まあ、これも含めて財界の意向が極めて強く政策に反映しているようです。
外国人入国を規制している法務省を、力業で押し切った経済産業省という構図が明確になっています。

先日の学卒者の就職活動ルール撤廃に続き、外国人労働者の大量参入。
つぎは解雇規制緩和と定年年齢廃止で「働かせ改革」の完成ですね。

20181011心配する男女