平成から令和にかけて、日本ならではの愚策が行われます。
そうです10連休です。

時事通信の記事では、4割が「うれしくない」そうです。
10連休「うれしくない」4割=家事も仕事も「休めない」
2019年04月13日16時10分
 時事通信が実施した「10連休に関する世論調査」で、ゴールデンウイークが新天皇の即位に伴い10日連続の休祝日となることについて、4割が「うれしくない」と回答したことが分かった。

 「とてもうれしい」9.3%、「まあうれしい」27.2%で「うれしい」の計36.5%に対し、「全くうれしくない」14.8%、「あまりうれしくない」26.2%の計41.0%が「うれしくない」と回答。「関心がない」も21.1%あった。「うれしくない」を年齢別に見ると、働き盛りの30歳代で46.9%、40歳代は45.9%に上った。

 うれしくない理由を複数回答で聞くと、「仕事をしていないので関係ない」が28.0%で最多。「仕事を休めそうにない」19.3%、「家事などの負担が増える」10.8%、「仕事に支障がある」9.6%が目立った。

 連続して休めそうな日数を聞くと、「10日間」が最多の32.4%だった一方、15.0%が「全く休めない(休まない)」と回答。「1日だけ」4.3%、「2~3日」18.5%とほとんど休めない人も多かった。「全く休めない」を男女別で見ると、男性9.4%に対し、女性は21.0%の高さだった。

 連休の過ごし方は、「自宅でゆっくり過ごす」が最多の64.3%。たまった家事を済ませたり、近所で買い物・映画を楽しんだりするなど近場で過ごす人が大半を占め、国内外を旅行する人は計16.2%だった。

 「今後も国が主導して長い連休をつくるべきか」との問いには、「そう思う」の29.9%に対し、「そう思わない」が66.8%だった。
 調査は全国の18歳以上の男女2000人に個別面接方式で3月8~11日に実施。有効回収率は61.2%。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041300257&g=soc

仕事をしいている人の中でも、月給制の人たちは給料が保障されているのでそれほどでもないですが、日給や時給で働いている人たちや、建設業の請負業者も確実に減給です。大企業の強力会社も発注元が休みなので仕方なく休むところも多いでしょう。

会社にとっては給料支給日や取引先への支払日がが月末日であったりと恒常的に忙しい月末月初の時期に金融機関が休むのも問題です。かといって支払いを前倒しするのも締めの関係でどうなのでしょうか?

この記事の最後の「国が主導して長い連休をつくるべきか」との問いには、「そう思う」の29.9%に対し、「そう思わない」が66.8%だった、の一文があらわす通り、国民の休みを国主導で決めてほしくないというのが本当のところでしょう。

まあ、5月1日は新天皇即位の日ですので、公共の交通機関や電気水道ガス等のインフラ関係の会社を除いて、日本全体を休息日にして、新しい元号の始まりを静かにお祝いすることもいいのではないでしょうか?

20180419悩む牛