なぜ、会社は派遣社員を使うのでしょうか?
1.契約期間満了という理由で、実質的な解雇が容易
2.時給分だけ支払えば他の人件費が不要(教育費や社会保険料の負担は派遣元会社)
主な理由はこの2つでしょう。

派遣社員の時給に関して日経電子版に記事が掲載されています。

派遣社員、3年勤務なら時給3割上げ 厚労省が指針 

2019/7/17 18:00日本経済新聞 電子版
 
厚生労働省は派遣社員に勤務年数や能力に応じた賃金を支払うよう人材派遣会社に義務づける。同じ業務で3年の経験を積んで業務内容が変われば、初年度より賃金を3割上げるなど具体的な指針をまとめた。「同一労働同一賃金」の制度が2020年4月に始まるのに合わせ、正社員との賃金差を縮小する。

【関連記事】派遣時給上げ、生産性問う 雇い止め拡大に懸念も

現在、派遣社員の賃金は平均で正社員より2割ほど少ない。厚労省…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4743424017072019MM8000/?n_cid=DSREA001

これは、派遣社員が派遣される期間が実質3年未満になるということでしょう。
似たようなことが数年前にありました。5年間有期雇用者の無期転換制度です。
この無期転換の時には、大手企業で堂々と雇止めが横行してたことは記憶に新しいところです。

これを繰り返すのでしょうか。

派遣社員側からのすると、3年後には給与が3割上がるので良いでしょうが、果たして3年以上派遣されるのかな?
派遣社員を受け入れる会社からすると、3年以内でしか同一の派遣社員を使えないな。
このようなことは簡単に予測できます。

この指針は派遣労働者保護のためでしょう。
それであれば、派遣社員には地域別最低賃金の150%程度の最低賃金を設定すればよいのです。
社員の150%の給与を支払うくらいなら社員として雇用した方が良いと思われれば、会社は社員として雇用するでしょうし、派遣社員の身分の安定にもつながります。

20171206怒る立候補者