皆さん、台風被害はありませんでしたか?

今日は少し慰安婦問題を考えていきたいと思います。
以前、計算上で20万人はありえない、と書きましたが、
今回はもう少し別な視点で書いていきたいと思います。

慰安婦が満17歳以上という条件で募集されていましたが、
アメリカの調査でも分かっている通り、実際、在職者年齢は19歳以上でした。
また調査の結果、慰安婦の中心年齢は20代前半でした。

ここから計算です。

1920年の朝鮮半島の人口が1691万人。
1930年の朝鮮半島の人口は1968万人。
この10年間で277万人が増えていますので、1945年時点で20代前半の人口は半分の138.5万人。
男女比はおよそ105:100なので、1945年に20歳代前半になっていたであろう女性の人口は67.6万人であったと推計されます。

慰安婦の数が20万人とされていますから、この世代の実に30%もの女性が慰安婦になった事になります。
また、生存率が25%という数字を良く見かけますが、これが本当なら、
戦後、20代前半の女性の人口は52.5万人まで減少していたことになります。

Korea

最近、この人口ピラミッド、よく見ますよね。
戦争の痕跡、ということで。

20歳代前半というのは1920~1924年生まれ。
この世代が赤ちゃんを産むのは25歳前後がピークですから、
1945~1949年に出産となりますのでこのグラフでいうと60~64歳のところを見ることになります。

さぁ、慰安婦として30%も連行され、
生存率25%という過酷な試練の結果、
この世代の女性が67.6万人から52.5万人と出産人口が22%も減った結果

人口のくぼみができていませんでした
(60~64歳のところの人口が大きく減っているはず)

通常の戦争であってもその痕跡が残りますが、
強制連行された結果、出産人口が22%減というのは、
それ以上、くっきりとした大きな痕跡を残さないのはおかしいのです。

生活が苦しくて売春しなければ生活できない南朝鮮のハルモニたち。
「私は慰安婦だ」と名乗り出るだけで年金がもらえるのに、207人しか名乗り出なかったのは、
人口ピラミッドからも分かるように、慰安婦20万人はやはりウソ、と断言できるからです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング