在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

2014年11月

現代自、17.8キロの低燃費車「i30」で勝負

(本文)

エンジン+変速機の新技術で差別化…「LFソナタ・ハイブリッド」も発売
日産「キャッシュカイ」・ホンダ「CR-V」・トヨタ「カムリ」・プジョー「2008」など輸入車も低燃費で攻勢

現代自動車が早ければ来月にも燃費が1リットル当たり17-18キロ前後に上る新車を2モデル発表する。2015年モデルの「i30」と「LFソナタ・ハイブリッド」だ。新型変速機など新技術を投入し、燃費を前モデルに比べて最大で約10%向上させている。

chosen2014


(本文ここまで)

いつものことなのでアレですが。

なぜだか比較対象が可笑しいんですよね。で、栄えある比較対象となった日本車は次の2台。
NISSAN QASHQAI と HONDA CR-V 。QASHQAIは海外販売車種で日本名はDUALIS。2013年を以って販売が終了し、今はQASHQAI+2という車種が出ています。ちなみに、この車種の燃費はターボ・ガソリンで17.8km/L、ターボ・ディーゼルなら22.7km/Lなんですね。

そしてHONDA CR-V。DVA-RM1は14.4km/L。なぜだか4WD車種の燃費を持ち出しているんですよね。ちなみに、14.4km/LはJC08モード。10・15モードに比べて85%程度の数字になるので、同じ土俵に立つならおよそ16.9km/Lという事になります。

で、今回のi30はというと、実際は16.9~17.8km/Lの中で一番良い車種の数字を使っています。比較する日本車の場合、一番低いもしくは型落ちを使うのに(笑
ちなみに、この17.8km/Lという数字は、日本で販売している"実燃費"のベスト10にも入りません。こんな車しか買えない南朝鮮の人たち、そろそろ怒った方が良いと思いますよ。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

제국주의 앞잡이 산케이 서울지국을 폐지시켜라
帝国主義の手先、産経新聞ソウル支局を閉鎖せよ

(本文)

산케이의 적반하장 "위안부 강제동원 뒷받침 문서 없다"
일본군 위안부 강제동원 사실을 부정해온 산케이(産經)신문이 27일 ‘여성의 조직적인 노예화’ 주장을 뒷받침할 만한 문서는 없다고 보도했다. 신문은 “미국 정부가 8년에 걸쳐 독일과 일본의 전쟁 범죄를 재조사했는데 일본군 위안부 관련 전쟁 범죄에 대한 문서는 한 점도 발견되지 않았다”고 주장했다. 그러면서 일본 정부는 미국 의회에 대일 비난 결의 등을 철회하도록 요구해야 한다는 논리를 폈다. 산케이는 위안부 피해자 할머니들의 증언을 무시한 채 강제동원을 부정하는 보도를 이어가고 있다. 또 “일본의 명예와 국익을 회복하기 위해선 대외 홍보를 강화해야 한다”며 아베 신조(安倍晋三) 총리 내각을 부추기고 있다.

産経新聞の居直り「慰安婦を強制的に動員したという証拠はない」
日本軍による慰安婦強制動員の事実を否定してきた産経(産經)新聞が27日、「慰安婦の組織的な奴隷化」の主張を裏付ける文書はないと報道した。新聞は「米国政府が8年に渡って、ドイツと日本の戦争犯罪を再調査したところ、日本軍慰安婦関連の戦争犯罪についての記事は、一点も見つけることができなかった」と主張した。それとともに、日本政府は、米国議会に対日非難決議などを撤回するよう要求しなければならないという論理を展開した。産経は慰安婦ハルモニたちの証言を無視したまま強制動員を否定する報道を続けている。また、「日本の名誉と国益を回復するためには、対外広報を強化しなければならない」と安倍晋三(安倍晋三)内閣をあおっている。


신문은 이날 ‘위안부, 노예화 문서 없다’는 제목의 1면 기사에서, “미국 정부는 2007년 4월 작성한 최종 조사 보고서에 위안부 관련 전쟁 범죄 문서가 없다는 점을 명확히 표기했다”고 했다. 2000년 ‘일본제국 정부 공개법’에 따라 미 국방부·국무부·중앙정보국(CIA)·연방수사국(FBI) 등의 미공개 전쟁범죄 자료에 대한 조사가 이뤄졌지만 위안부 관련 문서를 찾지 못했다는 주장이다. 당시 보고서에는 일본 관헌에 의한 포로 학대와 민간인 살상의 대표적 사례가 수십 건 열거된 반면 위안부 관련 전쟁범죄 문서는 전혀 없었다고 덧붙였다. 당시 조사 대상이 된 미국의 미공개, 비밀 문서는 총 850만 페이지에 이르며, 그 중 14만2000페이지가 일본의 전쟁 범죄 관련 자료였다.

産経新聞はこの日、「慰安婦、奴隷化文書はない」というタイトルの1面記事で、「米国政府は、2007年4月作成した最終調査報告書に慰安婦関連の戦争犯罪文書がないことを明記した」とした。2000年「日本帝国政府記録情報公開法」に基づいて、米国防総省·国務省·中央情報局(CIA)·連邦捜査局(FBI)などの未公開戦争犯罪資料の調査が行われたが、慰安婦関連の文書が見つからなかったという主張である。当時レポートには、日本官憲による捕虜虐待と民間人殺傷の代表的な事例が数十件列挙された一方、慰安婦関連の戦争犯罪文書は全くなかったと付け加えた。当時の調査対象となった米国の未公開、秘密文書は、総850万ページに達し、そのうち14万2000ページが、日本の戦争犯罪関連資料であった。


산케이는 ‘나치 전쟁 범죄와 일본제국 정부 기록의 각 부처 작업반(IWG)’이 추가로 발표한 논문에서도 “전쟁 중 미군은 일본의 위안부 제도를 (일본) 국내에서 합법이었던 매춘제의 연장으로 보고 있었다”고 밝혔다며, ‘20만명의 여성을 강제 연행해 성노예로 만들었다”는 주장은 허구라고 주장했다. 일본 집권 자민당은 다음달 총선을 앞두고 25일 발표한 공약집 ‘중점정책 2014’ 외교 항목에 ‘군 위안부’라는 단어는 쓰지 않았지만 “허위에 기반을 둔 근거 없는 비난에 대해서는 단호하게 반박할 것”이라며 위안부 강제동원 사실을 부정하는 대외 홍보활동을 강화할 뜻을 밝혔다.

産経は「ナチスの戦争犯罪と日本帝国政府記録の各省庁作業班(IWG)」が追加で発表した論文でも、「戦争中、米軍は、日本の慰安婦制度を(日本)国内で合法だった売春製の延長として見ていた」と明らかにしたと、20万人の女性を強制連行して性奴隷にした」という主張は虚構だと主張した。日本自民党は来月の総選挙を控えて、25日に発表した公約集「重点政策2014」外交の項目に「軍慰安婦」という言葉は使わなかったが、「虚偽に基づいた根拠のない非難には断固として反論するだろう」と慰安婦の強制動員の事実を否定する対外広報活動を強化する意向を明らかにした。


(本文ここまで)

いや、よっぽど悔しかったのでしょうね。

今回の報告は、主義主張とは一線を画すもので、南朝鮮人が唱えるファンタジーが入り込むことのできないものなんですよ。それを「~主張した」と、と書くのは、アメリカの調査結果を受け入れがたい、だけど、どうしようもすることができない、"歴史的事実"を突き付けられたんですから、その悔しさが記事ににじみ出ているんですよね。大阪まで歯ぎしりの音が聞こえてきそうです。

ついでに、なんですが
>日本官憲による捕虜虐待と民間人殺傷の代表的な事例が数十件列挙された一方
これって、朝鮮出身兵によるものですよ。
報告書読んでいないんですか?
そういうのをブーメランっていうんですが(爆笑!

いや、年甲斐もなく読んでいて吹いてしまったもので(笑


それと、この記事が教えるものがもう一つあります。

午前の記事は2014年11月27日の21時59分33秒に掲載されていました。産経新聞の記事が出た27日5時10分から随分と放置していたな、というのが私の感想です。恐らく、対産経について政府とも意見交換したのでしょうが、それにしても遅いです。日本も、つい2年くらい前は非常にこの手のレスポンスは非常に良くなかった。

これはそのままその国の外交力でもあるので、民主党の外交力は今の南朝鮮よりも酷かった、ということです。そして、このレスポンスの悪さは南朝鮮の外交力が落ちているということを示唆するので、慰安婦外交上、今が攻め時でもある、ということなのです。

でも、少し間が悪いかな。あと1か月早く公表してくれたら選挙前で日本ももっと活動できたんですが。


追記:新聞記事タイトルに訳を併記しました。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

【コラム】中国でのニュースの見方

(本文)

中国の新聞やテレビは本当に退屈だ。共産党による一党独裁らしく、国営中央テレビ(CCTV)のニュースは例外なく「習近平国家主席は…」で始まる。人民日報などの新聞の1面も習主席ら最高指導部の動静一色だ。中国では大多数の新聞、テレビが国家機関や地方政府の所有で、独立性を持つ民間メディアは事実上存在しない。民間が運営するニュースポータルサイトも同様だ。党宣伝部門の指導を受けるため、トップで報じられるのは99%を最高指導部の発言や動静が占める。

夜7時から30分間放送されるCCTVのメーンニュース「新聞聯播」は「3段階、10分ずつ」という原則に従って編成される。最初の10分間は習近平主席、李克強首相などの多忙な動静を伝える。次の10分間は海外の紛争や事故など。最後の10分間は中国の発展に関する場面を流す。共産党最高指導部が懸命に働いているおかげで、国外がいくら混乱しても中国は発展を続けているというメッセージで洗脳しているかのような編成だ。中国政府を批判する内容は当然ない。北京で展開される権力闘争や各地で起きるデモのニュースは、今でも香港・台湾メディアや海外にサーバーを置く中華圏メディアを見なければならない。

それでも最近出会った中国人記者は「中国のニュースはとても面白いんじゃないか」と問い掛けてきた。首をかしげていると、反汚職勢力の司令塔である王岐山・党中央紀律検査委員会書記が今年8月、南京ユースオリンピックで見せた姿を例に挙げた。

当時中国のテレビは王書記がバドミントンをしたり、鉄アレイを挙げたりする場面を放映した。中国人記者によれば、ここでシャトルを打つ動作は汚職官僚を最後まで撲滅するという意味であり、鉄アレイはその力があるという意味だということだった。「画面だけみてどうして分かるのか」と聞くと「必ず言葉で伝えなければならないとは限らないだろう」という答えが返ってきた。 今月10日の中・日首脳会談を控え、日本メディアは困った状況に直面した。日本メディアは習主席と安倍首相の会談が実現した以上、中・日関係が必ず改善するかのように報じた。しかし、中国メディアは首脳会談直前まで日本メディアを引用する形で「会談が行われるという」と報じたにすぎなかった。首脳会談当日も興奮するような報道はなかった。「アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を主催した立場で習主席が客である安倍首相と会いはしたものの、中・日関係の前途は遠い」という点を言外に説明した格好だ。

朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が13日、ミャンマーで韓中日3カ国による首脳会談開催を提案した際も、中国メディアは沈黙した。朴大統領がそういう提案を行ったという事実は、韓国メディアを引用する形で伝えた。韓中首脳が自由貿易協定(FTA)交渉の合意をしたと発表した際とは全く異なる反応だった。

中国外務省は14日午後の定例会見になってようやく「3カ国の協力を重視するが、日本が(先に)誠意を見せるべきだ」との趣旨の立場を表明した。歴史認識や領土問題などで日本の態度変化がない限り、3カ国の首脳会談には「関心がない」という意味だ。朴大統領が3カ国首脳会談を提案した日、中国の中学校は南京大虐殺の惨状を盛り込んだ新教科書による初の授業を行った。

(本文ここまで)

南朝鮮の、特に経済情報誌は独特の読み方が必要です。

経済情報誌を読む際には次の事を頭に入れて読むようにしてください。
1)この新聞は政府の意を汲んだ記事であること
2)タイトルは読まないで、記事の最後の一文を読む
3)ホルホル記事には裏があること

少なくともこの3点に注意して読むと良いと思います。
とても残念な事に、経済情報誌記者の国語力は高くありません。
この記事も読んでいて、要点がまとまっていない、尻切れ記事であることは分かると思います。そう、この記者がいいたいのは「中国では外国政策について積極的姿勢でない場合は外信を引用する」ということではなく、「南京大虐殺の惨状を盛り込んだ新教科書による初の授業を行った」ことを一番伝えたかったのです。

どうしてこんな記事が出たかについて背景を説明します。
とても素晴らしいことに、産経新聞の記事「米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず」は彼らにとってとても痛かったようで、経済情報誌はこの件について「제국주의 앞잡이 산케이 서울지국을 폐지시켜라 帝国主義の手先、産経新聞ソウル支局を廃止せよ」という記事を書いたくらいです。

そう、慰安婦を疑問視する声がちょっとだけ増えたんですね。

そういった流れを止めるのに、慰安婦を持ち出さず南京を持ってくるのは少し稚拙な展開ですし、中国の件は少し時間が経っていて新鮮味はありませんが、彼らにとっては「日本はこんなにひどい国だ!」と伝えられる数少ないカード。だからこそ、こんなコラムを書いたというワケです。どうせ書くならもっとマシな記者を使えばいいんでしょうが、人材がいないんでしょうね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

釜山バスターミナルで10年間無銭飲食、57歳男を逮捕

(本文)

釜山市の高速バスターミナル周辺にある食堂や衣料品店、ベーカリー、薬局などで、10年近くにわたって代金を支払わずに飲み食いしたり、商品を勝手に持ち出したりしていた50代の男が警察に逮捕された。

釜山金井警察署は28日、上記の容疑で「鉄馬オオカミ」と呼ばれていた男(57)を逮捕した。警察によると、男は2005年5月から最近まで、釜山総合バスターミナル一帯で酒に酔って、たばこを口にくわえたまま「俺は鉄馬オオカミだ」と言って商店主たちを脅し、商品を傷つけるなど業務を妨害した疑いが持たれている。

また、ターミナル内のタクシー乗り場で焼酎の瓶を振り回し、運転手たちから飲み代を脅し取ったり、乗客たちに「飲み代3000ウォン(約320円)をくれ」と懇願し、断られると悪口を浴びせたりしたという。

男からたびたび被害を受けていたのは、ターミナル近くの食堂5カ所、衣料品店3カ所、事務所2カ所、薬局とベーカリー各1カ所などだ。ベーカリーの場合、過去5年間に男から計100万ウォン(約11万円)以上のパンの代金を受け取っていないことが分かった。衣料品店ではスニーカーがタダで欲しいと要求し、またターミナル内にある食堂では無銭飲食をしていた。

このような行為がたびたび繰り返されるうち、男は周辺の商店主やタクシー運転手の間で『オオカミ』と呼ばれるようになったが、男はその後、故郷の釜山市機張郡鉄馬面にちなんで「鉄馬オオカミ」と自称するようになったという。

(本文ここまで)

この記事読んで「?」って思いませんでしたか?

何で10年間もの間、不当な利益を得られていたのか、全く伝わらない記事ですよね。。
原文を読むと「店主を脅迫した上で物を壊すといった業務を妨害」なんですよね。
「商店主たちを脅し、商品を傷つけるなど業務を妨害」だと全く臨場感がありません。もしかして、これって機械翻訳を使っているのかしら、と思ったりするのですが、本題はそこではないのです。

「10年近くにわたって」

が、問題なんですよ。バイク便の所場代云々で6〜7年も問題を放置していたという記事もありましたよね。基本、警察は面倒くさいものには手を出しませんし、分け前があるなら、放置=利益、ですからね。

今回は前者、面倒くさいタイプ。南朝鮮の警察は相当な事がなければ動きませんから。多少、物を壊されるくらいなら警察も動かない、何のための警察か分からないというのが南朝鮮なんです。日本だと無銭飲食なんかしたらスグに飛んできますよね。だけど、警察が動かない事を知っている現地の人は、諦めるしかないのです。

今回、どうして警察が動いたのか。やはり、経済情報誌の記事だという事から考えられるのは朴大統領が光復節で述べた「官民癒着の腐敗の輪を切断」を実行していますよ、っていうパフォーマンスなんだと思うんです。

正直、政権運営が下手な朴大統領。見てみると、日本の民主党に似ていますよね。公約を守ることができなかったから、何か取り敢えずやっておこうっていう後ろめたい実績作りなんて部分が。それでも、選挙の時には、これらが大げさに取り上げられるのです。

いよいよ来週、衆議院選挙の公示です。間違った情報を鵜呑みにせず、しっかりと見極めないといけないですよね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

「歩きやすいソウル」 市民の意見募

(本文)

「歩行者にやさしい都市作りはソウルの最重要政策目標の一つです」

28日午後2時、ソウル市中区の大韓商工会議所で開かれた「歩行者にやさしい都市ソウルのための市民大討論会」に出席した朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は「歩行政策」に力を入れていると強調した。ソウル市と朝鮮日報が共同主催した今回の討論会には、専門家ではなく一般市民約300人が出席し、「ソウルの歩道」に関しさまざまな意見を交わした。

中略

指摘された問題点をタイプ別にまとめ、最も深刻な問題点を決める投票も行われた。市民らはインフラ改善分野では「狭い歩道」を、交通運営システム分野では「歩道を占領する違法駐停車」を最大の問題点に挙げた。法令・制度分野では「違法駐停車を取り締まろうという意志が弱い」という市民が最も多かった。

歩行政策の改善策を提案する時間には、さまざまな意見が寄せられた。施設面では「車道を減らし歩道を増やそう」と答えた人が最も多く、運営面では「違法駐車などを厳しく取り締まるべきだ」との回答が圧倒的に多かった。

(本文ここまで)

目標は高い方が良いとは思います。

ですが、実現可能かどうか見極めないと。

いいですか。ソウルの皆さん。ソウルが歩きにくいのはインフラに問題があるとか、取り締まりをもっと厳しくさせる、といったことよりもっと大切なことがあります。それは、あなた方一人ひとりがモラルを持って行動することです。

大阪のミナミを歩いていて反対から歩いてきた人にぶつかることは滅多にありません。東京ならぶつかる頻度はもっと少ないです。ですが、ソウルを歩いているとこちらが避けてもぶつかってきます。念のため、ぶつかる、ではなく、ぶつかってくる。それも悪意を持って。

裏道は怖いですよ。

歩道をバイクや車が走っています。引っ掛けられそうになったことは1度や2度ではありません。これも念のため、3回という意味ではありません。たくさん、という意味です。そんな状態で歩道を広げたら、車がどんどん走ってきますよ。それに、どんなに空いている歩道でも、ぶつかってくる人を避ける術がありません。

要するに、公民性がないということです。
日本人は人に迷惑をかけないように教育すれば事足ります。
南朝鮮は取り締まりを強化しないと改善しない。

話しは変わりますが、
どうして、日本にキラキラネームが増えたか知っていますか?
キラキラネームを広めたのは『たまごクラブ』です。
キラキラネームは親と子から知性を奪います。
友人の教師は「モンスターペアレンツ」はキラキラネームの親に多いと言います。
アメリカでも「a」の代わりに「@」を使う人がいたり、
もちろん、南朝鮮にもキラキラは沢山いて日本同様の問題がありますが、
実はこの名前問題、南朝鮮が日本より先行して問題になっていました。

ベネッセが在日企業とは言いませんが、相当な親韓企業だとは思います。
その企業が当時問題になっていた南朝鮮の名前問題にヒントを得て、
キラキラネーム特集を行ったのでしょう。
(巷でいう、悪魔くん、騒動はたまたまでしょう)

日本も南朝鮮のようなモラルなき国になる可能性は、
昨今の問題行動を起こす人が目立ち始めている事から否定できません。
これから名づけをされるご両親は是非、日本人らしい名前を付けて欲しいと思うのです。

で、話は戻りますが、
モ・ナリザとかそんな変な名前が増えている南朝鮮。
これは目立ちたい、自分が良ければ、という意識の表れです。
国民の意識を幼少期から直していかなければ、どんなにインフラを整えても、処罰・取り締まりを厳しく行っても、国民性がそのままなら「歩きやすいソウル」は一生、無理だと思いますよ。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

独島:久保井規夫氏、著書で「独島=韓国領」を証明

(本文)

独島(日本名:竹島)の領有権をめぐって韓国と日本の対立が続く中、日本人が出版した書籍に「独島は韓国領」だと証明する地図や説明文が収録され、関心が集まっている。

韓日文化研究所の金文吉(キム・ムンギル)所長(釜山外国語大学名誉教授)は27日「『独島は韓国領』と主張する日本人、久保井規夫氏が今年5月に出版した『図説 竹島=独島問題の解決』という本には、独島が韓国領であることを証明する内容が多数収められている」と発表した。

金所長は「久保井規夫氏は、著書の中で『独島問題は領土ではなく歴史の問題』と主張している」と述べた。

ここでの歴史的な問題とは、1905年の日露戦争当時、日本が独島を奪ったという意味だ。同書には、日本や世界の史料、古地図が多数掲載されており、ほとんどの史料が、独島は韓国領だということを証明しているという。

金所長は「同書の183-184ページには、1951年のサンフランシスコ平和条約の際に、独島を日本領から除外した文書・地図が載っている」「この本は、世界の人々に『独島は韓国領』ということを伝え、日本の歴史教科書の副教材として使うためのもの」と語り、さらに「同書は近々翻訳出版される」と説明した。

久保井規夫氏はこれまで、中学校の歴史教諭や大学の講師を務めた。長年、日本人・在日韓国人の人権問題に率先して取り組み、また領土問題や従軍慰安婦問題、徴用、関東大震災における朝鮮人虐殺問題、小鹿島ハンセン病患者の人権問題などを研究してきた。特に先月、大阪の人権関連施設で、独島は韓国領だとする史料や従軍慰安婦・関東大震災関連の史料を展示し、注目を集めた。

金所長は、久保井規夫氏をはじめとする数人の教授が「竹島の日」に反対し、大阪を中心として「独島は韓国領」という認識を植え付けて多数の会員を募集、自らも団体に加入して活動していると伝えた。2012年5月には、久保井規夫氏がメンバーを連れて独島を訪れ「独島は韓国領」と叫んだという。

金所長は「久保井氏の本は、独島が韓国領だということを証明する貴重な史料で、価値がある」と強調した。

(本文ここまで)

歴史的に、朝鮮民族はまともな船を作れませんでした。

あの、日本の教科書にも載っていた事のある有名な亀甲船はほぼ空想上の船で、日本海軍を撃破したというのも、装甲船だったという事も含めてファンタジーであると言われています。

ご存知のように、李氏朝鮮時代まで、あらゆる面で停滞期でした。経済も文化も。停滞期は日韓併合まで続くのです。そんな朝鮮にまともな船を作れるはずがありません。元寇の際もそうでしたが、どうして嵐ぐらいで沈没した元の船が多かったのでしょうか。特に弘安の役の際は援軍に来た江南軍の船は台風でも大きな損害は出ていませんでしたが、高麗の船は大打撃を被りました。

1419年、李氏朝鮮によって行われた応永の外寇もそうです。わずかな宗氏の手勢だけで撃退されるほどの海軍力しかありませんでした。朝鮮出兵の際の造船技術も同じです。また南朝鮮映画『鳴粱』で知られる
李舜臣も映画の中では日本を撃退した英雄ですが、実際の海戦では逃げ回ることしかできず、1598年の露梁海戦では日本に大した損害を与えられず戦死しています。なぜなら、朝鮮軍は沿岸をウロチョロするくらいの船しかなく、また、目標物を目指して航海するという原始的な航海術しかなかったからです。

対して日本の造船技術は当時のスペインを凌駕していたかも知れません。日本はルソンのスペイン総督府まで原田喜右衛門を派遣するほどの造船技術と航海術を持っていたのです。

そんな中で日本海を"自由に"行き来できる船があるはずもないのです。
例えば、今月5日のニュースを見てみると、
>船は全長11.5メートル、幅6メートル。
小さすぎやしませんか?
確かにちょっとした嵐で沈むのも分かる話です。

正直、朝鮮側から竹島を肉眼で確認するのは至難の技です。造船技術と航海術のない李朝がどうやって竹島を支配できたのか。笑い話にもならないです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

「韓国社会の法治主義発展の契機に」

(本文)

韓国が、2018年に開かれる国際憲法学会第10回世界大会の開催地に選ばれた。同大会は4年に一度開催され、憲法学者600-700人が各国の憲法体系に関する情報を交換し、憲法の動向について討論する。

国際憲法学会韓国支部の成楽寅(ソン・ナクイン)会長(64)=ソウル大総長=は「世界大会が韓国で開催されるのは初めて。韓国社会において法治主義が発展する契機になるよう望んでいる」と話している。

(本文ここまで)

1948年7月12日に制定された大韓民国憲法。現在までに9回もの改憲が行われていることは有名です。そのうち、5回は国家体制を大きく変えるほどの改憲。それは、その政権が都合のよい憲法にしてきた歴史であり、憲法が本来持つその国の基本的姿勢を堅持させるという意味合いの失われたもので、国民の自由を制限する変更もたびたびおこなわれています。

アメリカ合衆国憲法は1788年発効。アメリカの場合は27カ条の修正条項がありますが、これらは個人の公民権や政治的な自由の拡大が行われたものですし、南朝鮮が買春しに行くフィリピンのアジア初の憲法を持つ国であり、1899年に公布、途中、1935年や1973年などに改正があったものの、これも公民権の拡大が行われています。中にはメキシコのように400回を超える改正を行った国もありますが、民主化後退の改正はなかったと記憶しています。

他の国も似たようなもの。日本は非常に珍しく戦後、憲法改正を行っていない国で、私の調べた国の中では恐らく唯一の改正していない憲法です。

南朝鮮の第二共和国憲法なんかだと反民主行為処罰のための遡及処罰もあったりします。これなんて法とは言えませんよね。現在の第六共和国憲法では第13条に遡及立法の禁止が謳われているのに、あの悪評高い「
親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」が2005年に公布されています。そう、南朝鮮では憲法は飾りでしかない、憲法を粗末にする国なのです。

次に、この第10回世界大会は、本来はオーストラリア・メルボルン大学の主催で行われる予定でした。それが、なぜだか南朝鮮、ソウル大学で開催に決定したのです。この変更に関する流れは調べても分からなかったのですが、いつものごり押しがあった可能性が高いですよね。

そんな国が「国際憲法学会第10回世界大会」を開催?
ブラックジョークでしょうか。
それとも、こんな国の憲法は悪い見本ですよ、と言いたいのでしょうか。どちらにしろ開催国としては不適格な国を選んでしまったようです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

韓国広報専門家、SNSで安倍首相批判の広告

(本文)

米紙ニューヨーク・タイムズなど世界の主なメディアに日本の歴史歪曲(わいきょく)を批判する広告を掲載してきた韓国広報専門家の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大学教授が、全世界のフェイスブック・ユーザーを対象に安倍晋三首相を批判する広告を27日、掲載した。

中略

特に最後のシーンでは、世界的なドイツ人劇作家ベルトルト・ブレヒトの「真理を知らない者はただのばか者だが、真理を知っていながらそれを虚偽という者は犯罪人だ」という言葉を映し出し、歴史歪曲を日常的に行う日本政府を強く批判した。

(本文ここまで)

とうとうここまで不況の波が押し寄せてきたのでしょうか。

正直、この入札型addは選ぶ単語次第で価格が違いますからね。Big keywordならいざ知らず、慰安婦とか性奴隷なんて言葉、売春よりも検索頻度も低いですから予算も低くできますし、1日の予算を設定すれば更に費用を抑えられます。

無知は罪、というのは同意できる部分はありますが、あなたがそれを言っちゃダメでしょう。

南朝鮮が教える歴史に真実がありますか?
近代史のみならず建国そのもの、いや、神話そのものがウソに塗れているじゃないですか。例えば檀君神話。熊の女性から生まれたとする獣祖神話がどうして13世紀まで世に出なかったのか説明できる人はいません。
建国史の始まりだけでなく、1988年まで続いた軍事独裁政権を何て教えていますか。現代史すらウソに塗れています。慰安婦に関しては日本を糾弾するために徹底して調べ上げたアメリカですら、慰安婦は強制性がなく職業売春婦であると結論づけているのです。

ベルトルト・ブレヒトの言葉からすると、ソ・ギョンドク氏は犯罪人と言うことです。

どのみち、政府支援によって作られているようですが、日本も今回のアメリカの調査結果をFacebookに広告を出してみたらどうでしょうか。この手の広告クオリティは遥かに日本の方が上ですから。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに

(本文)

米政府がクリントン、ブッシュ両政権下で8年かけて実施したドイツと日本の戦争犯罪の大規模な再調査で、日本の慰安婦にかかわる戦争犯罪や「女性の組織的な奴隷化」の主張を裏づける米側の政府・軍の文書は一点も発見されなかったことが明らかとなった。戦時の米軍は慰安婦制度を日本国内の売春制度の単なる延長とみていたという。調査結果は、日本側の慰安婦問題での主張の強力な補強になることも期待される。

米政府の調査結果は「ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)米国議会あて最終報告」として、2007年4月にまとめられた。米側で提起されることはほとんどなかったが、慰安婦問題の分析を進める米国人ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏とその調査班と産経新聞の取材により、慰安婦問題に関する調査結果部分の全容が確認された。

調査対象となった未公開や秘密の公式文書は計850万ページ。そのうち14万2千ページが日本の戦争犯罪にかかわる文書だった。

日本に関する文書の点検基準の一つとして「いわゆる慰安婦プログラム=日本軍統治地域女性の性的目的のための組織的奴隷化」にかかわる文書の発見と報告が指示されていた。だが、報告では日本の官憲による捕虜虐待や民間人殺傷の代表例が数十件列記されたが、慰安婦関連は皆無だった。

報告の序文でIWG委員長代行のスティーブン・ガーフィンケル氏は、慰安婦問題で戦争犯罪の裏づけがなかったことを「失望」と表明。調査を促した在米中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」の名をあげ「こうした結果になったことは残念だ」と記した。

IWGは米専門家6人による日本部分の追加論文も発表した。論文は慰安婦問題について(1)戦争中、米軍は日本の慰安婦制度を国内で合法だった売春制の延長だとみていた(2)その結果、米軍は慰安婦制度の実態への理解や注意に欠け、特に調査もせず、関連文書が存在しないこととなった-と指摘した。

ヨン氏は「これだけの規模の調査で何も出てこないことは『20万人の女性を強制連行して性的奴隷にした』という主張が虚構であることを証明した。日本側は調査を材料に、米議会の対日非難決議や国連のクマラスワミ報告などの撤回を求めるべきだ」と語った。(ワシントン駐在客員特派員・古森義久)

(本文ここまで)

アメリカの戦時調査というものは、どういった性質のものだったのか。このスティーブン・ガーフィンケルという人はご存じないのでしょう。

アメリカは、裁判で徹底して日本を糾弾すべく、戦時調査を行ったのです。だからこそ売春婦に対する調査も"徹底して"行われたのです。その調査の内容は年齢だけではなく、給与、休暇、食事はもちろん、慰安所に来た経緯まで調べ上げているのです。最初から売春婦という色眼鏡で見ていたのではなく、強制性があったかどうかも含めて調査していました。 ヨンダハズナンダケド、コノヒト。

だからこそ、
(1)戦争中、米軍は日本の慰安婦制度を国内で合法だった売春制の延長だとみていた
(2)その結果、米軍は慰安婦制度の実態への理解や注意に欠け、特に調査もせず、関連文書が存在しないこととなった
という結論になるはずがなく、正しくは、

(1)戦争中、米軍は日本の慰安婦制度を徹底して調べた結果、売春制の延長だと結論を下した
(2)多くの調査を行った結果、強制性を立証することができず、自らの意志で売春を行っているといった関連文書が残ることになった
という結論になるはずなんですが。

子ども達はこの記事を非常に喜んでいました。
ただ、帰化人や私のような在日の嬉しさと、日本人の嬉しさは違うものだと思うのです。
そこには、嬉しさのと共に誇らしさがあると思うのです。
私には、そういった面での誇らしさがありませんが、いつかきっと、自分たちがしてきた間違った主張を取り下げ、日本に謝罪をしたとき、日本人の皆さんが感じた誇らしさを私も感じることができるのだと思います。

話しを戻しますが、日本にも、アメリカにも強制性などを含む"性奴隷"を示唆する資料がなかった、ということから、日本政府はより強力に正しい歴史を訴えなければいけません。

そのために、選挙ですね。
従特亜勢力には投票しない。
投票率を上げる。

私も、部下に選挙行くんだよーっていうようにしています。
あ、もちろん暗に
「この間の南朝鮮出張大変だったよね~。誰だっけ、議員連盟で南朝鮮にしっぽ振ってたの。あんなのがいるから向こうに行く時に苦労するんだよね。」
なんて話しながら、陰ながら選挙対策をしてたりして。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

심상정 “최경환, ‘전 국민 비정규직화‘ 발상 기가 막혀”
シム・サンジョン「チェ・ギョンファンが唱える“国民総非正規雇用化”にあきれる」

(本文)

정의당 심상정 원내대표가 27일 최경환 경제부총리의 정규직 해고요건 완화 발언에 대해 “기업 편향적 정체를 노골적으로 드러냈다”고 말했다.
正義党院内代表のシム・サンジョンが27日、チェ・ギョンファン経済副首相の正規職解雇用件の緩和発言について「企業重視の姿勢を露骨に表している」と述べた。

심 원내대표는 이날 상무위 회의에서 이같이 말하고 “정규직과 비정규직간의 극심한 격차와 차별은 우리 노동시장의 고질적인 병폐인 것은 분명하나 그 해결 방향이 전 국민의 비정규직화하겠다는 발상에 기가 막힌다”고 발언했다.
シム代表はこの日、商務委員会議にてこのように述べ、「正規職と非正規職との間に流れる深刻な格差と差別は、私たちの労働市場に及ぼす慢性的な弊害であることは明らかであるが、その解決の方向が総国民非正規雇用化という発想にあきれてしまう」と発言した。

그는 “선거 때는 서민을 팔고 선거가 끝나면 기득권 편향 본색을 드러내는 정부 여당의 기만적 행태에 대해 국민은 결코 용납하지 않을 것”이라고 덧붙였다.
彼は「選挙の時は一般庶民に媚を売り、選挙が終わってしまえば本来の企業偏重という本性をさらけ出す。このような政権与党の欺瞞行為について国民は決して許しはしないだろう」と付け加えた。

(本文ここまで)

南朝鮮の国会定数300に対し、正義党はわずか5議席。政権与党のセヌリ党は158議席ですから、いくらシム・サンジョン氏が"正論"を述べても聞く耳を持ちません。というか、持つはずもなし。日本も解散前は自民党が安定多数を占めていましたが、南朝鮮に比べて、日本の国会は少数政党の声も聞こうとしますよね(スミマセン。比較が悪くて)。

このブログでも幾度か取り上げていますが、60歳定年が義務化されれば南朝鮮は残念ながら今の給与形態を維持していくのは到底無理です。そして、日本同様、定年退職60歳も再度延長しないといけない世情でもあります。

財閥、と言われるところはまだ余裕があるようですが、それでもポスコは2011年に56歳から58歳に延長したばかりで、来年、60歳にする予定ですが、これはあくまで財閥の話し。全体的には、民主労総慶南本部のジョ・テイル政策局長が2013年6月に述べた「60歳定年制の導入は歓迎するが、高齢労働者の賃金を下方平準化させる恐れがあり、非正規雇用など質の悪い雇用が増大する可能性がある」の意見に多くの南朝鮮国民は同意していると思うのです。

南朝鮮の世論調査会社モノリサーチが2013年4月に調査した結果では、60歳定年義務化に伴う「賃金ピーク制」の導入に関する調査を見てみると、中高年は導入賛成に傾き、若年層は導入反対に傾いていました。そりゃあ、中高年は少しでも長く会社にいたいだろうし、反対に若者は給与の上昇が見込めなくなるのですから反対しますよね。

それでなくても、大卒の半数は就職できないのに、来年(企業規模により再来年)以降、定年が60歳義務化になれば、数年~十数年もの間、雇用が厳しくなります。ただ、若者の雇用を創出しないと、その後数十年、その世代は苦しい生活を送らざるを得なくなります。

それを抑えるためには、給与水準を全体的に落とすのが一番なのですが、政権与党は正規職の給与を落とす方向ではなく、非正規雇用を増やしたいのです。

企業にとっては美味しい話ですが、ただ、それは将来的に内需冷え込みの原因となり、回り回って企業の首を絞めることになるんですけどね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ