在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

2017年07月

朴槿恵前大統領、法廷へ (2017.7.31 朝鮮日報)


親友の崔順実(チェ・スンシル)被告が絡む国政介入事件をめぐる収賄罪などで起訴された朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領が31日午前、ソウル市瑞草区のソウル中央地裁で開催される公判に出席するため、姿を見せた。 (抜粋)

IMG_0584

南朝鮮は北朝鮮と同質化してきました。これは左派政権時だけでなく、ネズミもまた従北に傾いていました。そこに軍事政権を目指し、日本と北朝鮮から「独立」を目指したお嬢様が登場したのです。南朝鮮を経済的・軍事的に完全に独立した国にしようとしたのです。

従北、特に北朝鮮の意向を強く受けている慰安婦対策にお嬢様は注力しました。そこで、賢くない面は多々ありましたが、慰安婦合意を締結する道筋を「陰口外交」を繰り返すことで国内に作り、2015年末へとつなげていったのです。

お嬢様の政権時は、この従北団体の力を削ぐことに費やされたと言っても過言ではありません。挺対協だけでなく全教組もそう。工業団地封鎖や地雷捏造事件などあらゆる手段を使い、北朝鮮へと向かう金の流れを止めて行きました。

北朝鮮からすれば目の上のタンコブどころか、目の中のゴミと言える存在で、暗殺指示まで出していたくらいです。


この "ゴミ" を弾劾し収監できた従北者はそれだけでは満足できなかったのですね。これが南朝鮮型儒教の本質。しかも悪というものは南朝鮮型儒教では絶対的なものではなく王によって悪の基準は変わります。しかも大きな悪に対して徹底的に懲罰を行うことは、王にとって権力を誇示する数少ない手段の一つで、国民もまたその懲罰を見ることで日頃の鬱憤を晴らすというものなのです。


この記事は、私たちの根本的な考え方がよく分かる記事であり、日本という国が南朝鮮という国を決して信頼してはいけないものであることを教えてくれる記事でもあるのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

【コラム】脅せば何でも通る国・韓国 (2017.7.30 朝鮮日報)


論議の種は避けようという態度は、今日の韓国社会の特徴とも言える現象の一つだ。とんでもない主張に押され、社会の基本秩序が解体され、国家のアイデンティティーまでもが揺らぐ例が繰り返されている。昨年決めた計画を今年になって覆した朴正熙記念切手の撤回はその一例にすぎない。

考えてみれば、現在韓国が直面する安全保障危機にしても、北朝鮮に「ダメだ」という明確な原則を守らず、状況によって北朝鮮に妥協を繰り返してきたことが大きな原因だ。脅せば南側の自称平和愛好家が全て賛同してくれるのに、北朝鮮が我々を尊重するはずはない。  (抜粋)

月影さんのコメントから。
あまりにも冗長な記事なので大幅に割愛。この記事の言いたい事はこれだけで済むんですけど、無駄に長い文章を書くことが、私たちにとっては美德だったりするので、「あぁ、朝鮮人らしい文章だなぁ」と思ってしまいます。

さて、私たちは相手が脅しに屈するとみると正攻法の面倒な手続きなんかは取らずに、恐喝や恫喝を行い自分の欲求を通そうとします。朝鮮人の血ですよね。それが、記念切手撤回やセウォル号民間企業事件に公的資金投入など、諸外国では珍しい解決がなされる理由となります。

この記事では、南韓国人は「脅される側」のような書き方をしていますが、大事なので2度書きますが、私たちは、「相手が脅しに屈するとみると恐喝や恫喝を行う」民族。ですから、常に恫喝する側にも恐喝される側にも立つのです。それこそ、太極旗のように隠と陽が巡るように、恫喝と被害者の立場もクルクルと入れ替わるのです。


それ故に、私たちは「お互いが脅しさえすればどうにかなる」と思っているからこそ、世界でも例を見ないほど労働争議が多い国でもあり、労働者が経営者を尊重しないし、反対に経営者も労働者を尊重しない。親会社と子会社の関係もそうですし、国民と指導者の関係もそう。親子関係ですらそうなのだから遺産の生前分与の際には契約書を子供に書かせたりもする。

一言で言うなら「不信の民族」なのでしょうね。私たちは朝鮮民族という民族は。



いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

言葉では企業を励ますが…連日荷物を負わせる文在寅政府 (2017.7.28 中央日報)


「企業がうまくいってこそ国の経済はうまくいきます」

今月27日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた「企業家とのビヤホールミーティング」で文在寅(ムン・ジェイン)大統領が述べた言葉だ。文大統領はまた「韓国企業は、奮起し新しい風さえ吹き込めばいくらでも頑張れる」とも述べた。文大統領は2日間にわたる懇談会で、企業を励ますような発言を何度もした。原則的で至極当然の内容だ。だが、財界はやや意外に受け入れる雰囲気だ。「財閥改革」を強調してきた新政府の政策方向とは反対に見えるためだ。財界のストレス指数は急上昇中だ。両立が難しい課題が一度に与えられる「相反ストレス」に、緩めたり締め付けたりするというよりはコーナーに追い込む「圧迫ストレス」が一段と増している。

雇用創出を第一国政課題に掲げている文在寅政府は働き口を作る企業に税制と予算を配慮すると言った。ところが最低賃金を公約に従って大幅に引き上げたことで、雇用減を懸念する声が絶えない。また、最低賃金の引き上げに関連して「第2・3次協力企業の経営が厳しい場合もあるので助けてほしい」という文大統領の要請は大企業にとっては負担だ。最低賃金の引き上げ分の一部を大企業が埋めろという意味にも取れるからだ。また、非正規職の正規職転換方針も、新規雇用創出にはむしろマイナスだというのが財界の見解だ。原発関連企業の海外進出を支援するという話についても、企業は首をかしげる。脱原発方針と矛盾しているためだ。

租税政策もやはり企業を励ましている言葉からはほど遠い。大統領選候補時代には、最後に検討するとしていた法人税を政府発足早々から高める勢いだ。専門家は増税効果〔約3兆ウォン(約2955億円)推定〕と事業所の海外移転などの副作用の間で、バランスをどう取っていくのか不安に感じている。韓国経済研究院経済研究室のチョ・ギョンヨプ室長は「法人税率を上げれば税収は思った以上に増えず、外国資本だけが流出する状況に陥りやすい」とし「主要先進国が先を争って法人税を引き下げているのもこのような脈絡」と説明した。チョ室長の言葉通り、各国は法人税を下げて企業誘致に熱を上げている。別名「底辺への競争(race to the bottom)」だ。  (抜粋)

企業支援を行い、南朝鮮経済を強化していく。
雇用条件を改善して給与を増やして内需を強化していくか。

机上論としては、南朝鮮企業の輸出が好調になり経済が上向き、結果として賃金がアップして内需が拡大するというのが理想的ではあります。ところが、6ヶ月連続二桁輸出増といった「輸出が好調」というのは見かけ上のものが多く、例えば、サムスンベトナムも法人税免除4年間というゴールデン期間が過ぎ、これからはベトナム政府に対する納税が増えていくことになります。この輸出好調は時限的なものである可能性が高いと考えられるのですね。

そういった中で1万ウォンという最低賃金公約は、南朝鮮中小企業の息の根を止めかねず、それを親会社が負担をするにしてもせいぜい単年度止まりでしょう。


バラ色の公約は棘だらけで南朝鮮経済とお月様自身を血だらけにしてしまう可能性が高いのですね。これは全て北朝鮮化への布石なのかも知れません。ー


お月様の公約って南朝鮮の北朝鮮化を促すものが多いんですよね。「全教組の合法化」もその一つで、キャンドルクーデターの立役者に対する功労報奨という側面も否めませんが、それよりも全教組が続けていた主体思想教育や北朝鮮の歴史観教育を再び始めようとしているのですね。

一応、この東亜日報のリンク記事、2006年のもの。要するに、それだけ長期にわたり南朝鮮国内では北朝鮮化教育を実施しており、お嬢様政権時で久しぶりに、北朝鮮化教育が途切れたのでした。それがまたゾロ復活という結果になるのです。


こういった公約はお月様の政権運営にとって厳しさを増すのですが、それは主に国内におけるものというより対外的な厳しさ "だけ" だったはずが、それにプラスして国内での厳しさが起こり得る、というお月様に対する忠告記事でもあるのです。内患外禍のお月様、慰安婦問題だけに注力していたら大変な事になってしまいますよ。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

慰安婦財団を本格調査へ 現金支給中心に=韓国女性相が方針 (2017.7.27 朝鮮日報)


【ソウル聯合ニュース】韓国政府が、旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年末の日本との合意に基づき、被害者支援のために設立した「和解・癒やし財団」に対する調査・検討に本格的に着手する。  

点検班は日本政府が拠出した10億円の使途をはじめ、財団運営全般について検討する見通しだ。特に現金の支給対象者を選定する過程に問題がなかったか集中的に調べる方針だ。和解・癒やし財団が当事者の合意なしに支給を強行したとの疑惑が浮上するなど、現金支給の手続きを巡っては物議を醸していた。 (抜粋)

今まで、元慰安婦たちの多くは「問題の幕引きをしよう」という自らの意思で見舞金を受け取りました。過去にもアジア女性基金からの受け取りを挺対協が大々的に妨害しましたが、今回は多くの人の尽力もあり、また、活動家以外の慰安婦は非常に冷遇されていたこともあり見舞金を受け取っていたのです。

昨年、メディアが見舞金受け取りを撤回させようといろいろ画策しましたが、素晴らしいことに寝返る人はいなかったのですね。

で、今回は "韓国政府" 自らが動き、強制的に見舞金受け取りを撤回させようとしています。それを報じたのがこの記事。合意を撤回できないのなら、慰安婦が誰も見舞金を受け取らなかったとすれば、その合意そのものが問題あるとしたいのですね。


もう、なりふり構っていられない、という状況のようです。ただ、見舞金を全員が返金しても、それは内政問題であり、合意の撤回には繋がらないのですけどね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

カンボジアでは「韓国人男性との結婚」「日本刀所有」はNG (2017.7.26 朝鮮日報)


「カンボジアで禁止されている10のこと」リストには、韓国の男性との結婚禁止が含まれているという。

さらに目を引くのは、韓国に関連した項目があることだ。禁止リストの10番目は「韓国の男性との結婚禁止」だった。カンボジア政府は、韓国人男性と結婚する女性のほとんどが人身売買の被害者とみて、結婚を禁じたのだ。同国政府は、2010年にもこのような措置を取った。  (抜粋)

南朝鮮人男性の異常性は今に始まったことではありません。

わざわざレイプしに日本にやって来たり、殺人や密輸、覚せい剤など犯罪を日本に持ち込んだり犯罪しにやってくるのですからいい加減にしてほしい。こいつらのせいで善良と言っても良い親日的な在日や帰化人もネットでいろいろ言われることになるのですから。

南朝鮮国内における訪韓外国人の中で日本人は一番犯罪を犯さず、犯罪率は南朝鮮人の0.09倍でした。ちなみに日本人収監者は「0」。これは公表データがないので法務部など複数に確認しての結果。

然るに日本ではどうかというと、 2015年6月末の在日韓国・朝鮮人の数は49万7707人でその年の検挙人数は2321人なので検挙率は0.0047。同じ年の日本人人口は1億2531万9299人で検挙人数は228309人なので、検挙率は0.0018人。結果として、在日韓国・朝鮮人は日本人よりも2.6倍の犯罪を犯すことがわかります。

他所の国に出かけてまで犯罪に手を染めるということがこれで立証できたワケですね。


易犯罪気質と言っても過言ではない南朝鮮人と結婚するなんてそれだけでも禁止に値すると思いますが、最近は女性を単なる奴隷として結婚する事に対して付け込まれる事も増えたようで、国際結婚詐欺被害も増えているようです。

外国人花嫁を騙す人も、騙そうとする人を更に騙そうとする人も共に南朝鮮人というところが安定というかんあんというか、、、


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

문재인 대통령이 별세한 일본군 위안부 피해자 김군자 할머니를 애도했다 (2017.7.23 Huffpost)
文在寅大統領が亡くなった日本軍慰安婦被害者 金君子ハルモニを哀悼

김군자 할머니의 명복을 빕니다. 강인한 생존자, 용감한 증언자이셨던 할머니. 지난 2015년 12월 31일 나눔의 집에서 할머니를 뵈었을 때 '피해자는 우리' 라고 말씀하셨던 그 모습을 기억합니다. 이제 모든 고통을 내려놓고 하늘에서 평안하십시오.

(文在寅のツイッターより)
金君子ハルモニの冥福をお祈りします。 強靭な生存者であり、また勇敢な証言者だったハルモニ。 去る2015年12月31日、ナヌムの家でハルモニにお会いした際、「被害者は私たち」と仰ったその姿を思い起こします。もうすべての重荷を下ろして天国で平安にありますように。  (抜粋)

IMG_0582


"대통령 문재인"(大統領 ムンジェイン)と書かれた献花が虚しい。

ここまで華美な祭壇はそうは見られないほどだというのに、時の大統領までが献花しているというのに、このハルモニを見送る人の中に友人がいないというのはどれほど虚しいか。家族がいないというのはどれほど虚しいか。

IMG_0583

東亜日報によるとイ・ナギョン首相を始め、各界の有力者から学生、市民など一般人追悼行列があり、二日間の弔問客は400人余りにも達したと言います。

それなのに、この400人の中にどれだけ生前、金ハルモニと親しかった人が居たのでしょうか。慕われていたから400人が集まったのではない。大統領が献花するような式だから、いつもの如く祭りのように人が集まったに過ぎない。彼女の死をどれだけの人が悲しみ、そして憂いたと言えるのでしょうか。


自分に非がないものだけが石を投げよ、とイエスは説いたが、このハルモニは嘘で塗り固めた人生の締めくくりでした。日本を、日本人を嘘で糾弾し貶めたのです。そうしなければ自分の存在意義は示せなかったのでしょうね。何せ、金ハルモニは慰安婦登録したまだ若い時分から孤独でした。嘘で塗り固めなければ、もっと友人に囲まれていたでしょうに。


お月様のツイッターに倣い金田もあなたに言葉を贈りましょう。

「金ハルモニ、もう嘘を吐き続けなくても良いのですよ。天国には行けず地獄で苦しみ続けますように。」

金田はカトリックですから、彼女を許したいと思う信仰と、日本人として彼女を許せない自分が同居しています。そして、今、金田は金ハルモニに送る言葉を聖書から選びました。それは「罪からくる報酬は死です」というもの。

恨みたくはありませんが、あなたの行動が南朝鮮人の嘘つきを世に知らしめ、そして、全ての日本人にありもしない汚名を着せたのです。その行いは死してもなお死が与えられるものであるのです。


ブラック金田からのエントリーでした。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

慰安婦被害者が死去 生存者37人に=韓国 (2017.7.24 朝鮮日報)


【広州聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者、金君子(キム・グンジャ)さんが23日、老衰のため、韓国人被害者が共同生活を送る施設「ナヌムの家」(京畿道広州市)で死去した。91歳。韓国政府に登録された慰安婦被害者239人のうち生存者は37人に減った。  

ナヌムの家によると、金さんは1926年に江原道・平昌で生まれ、10代初めに両親を亡くした。その後、親戚の家で生活していたが、1942年に中国吉林省・琿春の慰安所に連行され1945年に日本の植民地支配から解放されるまで苦難を強いられた。  

慰安所での3年間、7回も自殺を図った。何度も脱出を試みたが失敗し、そのたびに殴られた。暴行で鼓膜が破れた左耳は一生聞こえないままだった。  

金さんは2007年2月、米下院の公聴会で自らの経験を証言した。「(日本の植民地支配からの)解放後、38日間歩いて祖国に戻った。慰安所で1日に40人以上の相手をさせられ、死なない程度に殴られた」と語った。 (抜粋)

日本軍の事を糾弾し続けた金君子ハルモニ。証言が変わり続けただけでなく、その証言が実現不可能な事でも知られている御仁です。ご冥福を祈りますが、天国にはいけないでしょうね。

それでは早速平成17年11月「東京の高校生 平和のつどい」でのハルモニの証言を紹介しましょう。

私は10歳で父、14歳で母を亡くし、孤児でした。あの頃はみんなそうでしたが、大変な暮らしで、他人の家に働きに出て日銭を稼いでいましたが、16歳の時、チョロンの巡査の養女になりました。その頃、私にはボーイフレンドがいましたが、結婚できませんでした。1942年3月、養父に「お金を稼げるところがあるから」と言われて、朝鮮人の軍人に連れて行かれました。

要するに、連行とは書いていますが主語をぼやかしてまるで日本軍に連行されているかのような言い草ですが、実際は私たちが連れて行ったに過ぎないのですね。

で、このキムチ ハルモニは大変素晴らしい幸運の持ち主でまた健脚のようで、中国吉林省・琿春から平昌まで38日かけて歩いて戻ったのだそう?

ソ連が協定を破り進軍していく中、第34軍が停戦命令受領したのが8月18日、それまで琿春に展開していた第112師団(中村次喜蔵中将)は激戦状態で日本人、もちろん朝鮮人も死守し、避難させようと尽力していました。

琿春県長から琿春の高齢者や女性、子供に対して琿春神社境内に貴重品にもを持って集合せよ、という命令が発せられたのが8月9日午前7時のこと。この時点で第1、第2琿春橋は爆破されて渡橋する事は不可能な状況。そこから間島まで避難するも終戦後、ソ連により再度琿春へと復帰(元の地に戻れ、という意味)命令が出て9月23日に琿春に戻ったのです。この時点で38日は経過しています。

もちろん、その後は平昌まで歩いて帰る事は不可能な状況。本当に琿春に居たのかかなり疑わしい状況です。


ついでに、このハルモニ、ボーイフレンドと結婚できなかった、と言いますが、平昌に戻った後、そのボーイフレンドと結婚しているとあちこちで吹聴して居ます。慰安婦として働き、ボーイフレンドと結婚できたという、非常に珍しい経歴のハルモニ。本当に慰安婦として働いていたのでしょうか?

唯一言える事は、琿春市に残されている史料にはこのハルモニの名前はどこにも見当たらなかった、とだけ付しておきます。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

実践的? 韓国人向け日本語教材に「父親がやくざです」 (2017.7.23 朝鮮日報)


とんでもない表現が掲載された「実戦日本語」の例文がインターネット上で話題を呼んでいる。  

16日、インターネットのある掲示板に『サユリの実戦日本語』というタイトルの書き込みが写真と共にアップされた。写真にはある日本語教材の内容の一部が写っている。  

これを見たネットユーザーたちは「やはり会話はさまざまな状況を想定しなければ効率が上がらない」「完ぺきな生活日本語だ」などと書き込んでいる。 (抜粋)

IMG_0580

一言で言うなれば、"自分のため" に嘘を吐くための日本語を覚えなさい、という教材。

「お腹が痛いんです。席を譲ってください」
「100円くれたら道を教えてあげますよ」

この辺り、本当に私たちの本質を良く理解している、、、

と言うことで、南朝鮮人も感想も「完ぺきな生活日本語だ」となるのです。恐らく、これは自虐的なものではなく、純粋にそういった感想を持ったのだと思いますよ。


で、なぜこんな記事を紹介したのか、と言うのが気になるところだと思います。以前も書きましたが、この経済情報誌日本語版の主な読者層は私たち在日。その私たちにこの記事から何を伝えたいのか、と言うのが本題です。


実は、この手の会話文、私たちが良く使う内容だったりします。念のため、ですが全ての在日が辺野古には向かいませんし、反日デモに参加するのではない。もちろん、この会話文もまた全ての在日が使っているワケではありません。

ただ、辺野古に向かう人も、反日デモに参加する人も、この会話文を使う人も同じカテゴリーに入る人たちなんですね。で、こういった記事を流すことで、この手の人たちに対して「この手の日本語をもっと使え」と言う指示にもなっているのです。


エンコウは私たちから始まり、それを女子高生に、そして、バカな中年スケベオヤジたちに広めていきました。メディアを使えばこれくらい容易な事なんですね。同じような手法で韓流を広めていき、女性差別国だと言うことを広め、性的マイノリティー差別、児童虐待などの国であるかのように現実とは違う内容を事実にように広めました。

そして、日本のモラルもまた壊そうとしています。それがこの記事。恐らく半年後にはこの内容が日本人が使っているかのような記事が朝日新聞あたりで出ると思いますよ。上記は全て、経済情報誌 → 朝日新聞という経路で広まっていると言うのが今までの流れですから。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

韓国人に聞く:最初の恋じゃない!? 初恋の基準とは (2017.7.22 朝鮮日報)


未婚の男女が考える初恋の基準は、最初に好きになった人ではなく、「一番好きだった人」であることが分かった。また、回答者10人のうち8人は、初恋の思い出を心の片隅にそっとしまい込んでいるという。未婚の男女が考える初恋の基準、初恋を覚えている理由、初恋の人と再会する機会が訪れたら会うのかなど、初恋に関する考えを見てみよう。

IMG_0579

故村下孝蔵さんの名曲に「初恋」という歌があります。

青春時代に淡い恋心を抱き、その想いが募るという経験は60を超えた今でも昨日のように思い起こされますが、その初恋の相手は、「最初に好きになった人」。10人ほどの在日同胞や日本人に聞いてみたのですが、金田の周囲は100%「最初に好きになった人」が初恋の相手でした。

ところが南朝鮮人は違うようです。同じ血が流れているはずの私たち在日同胞ともここは大きく乖離しているようで、初恋の相手は「一番好きだった人」なのだそう。

言い換えると、より強烈な思い出があれば、南朝鮮人は容易に記憶がすり替えられる、という事になりそうです。


慰安婦ハルモニと話していると、多くのケースで日本軍ではあり得ない話しが多々でてきます。公開されていない内容の中にも実は相当含まれていて、体験談を編集した挺対協は相当苦労したんだろうなぁ、と悪い面で感心させられます。

ところが、日本軍慰安婦というだけで生活が保障される。そんな美味しい話は南朝鮮国内ではそうはありません。そこで洗脳に近い形で南朝鮮軍慰安婦がいつの間にか日本軍慰安婦になったのでしょうね。


以前、金田は本物の日本軍慰安婦に会ったことがある事を少し書きました。日本軍慰安婦は終戦当時、お金持ちだったのです。だから、今も不自由なく暮らしている。それに対し、南朝鮮軍慰安婦は貧しいまま慰安婦生活を終えているから老後は更に厳しい生活が待っていた。だから、自称、日本軍慰安婦ハルモニたちは例外なく貧しい状況だったのです。


本物は慰安婦時代を悪く言いませんでした。
偽物は慰安婦時代を悪く言います。
沖縄に暮らしていた元慰安婦も慰安婦時代を悪く言いませんでしたね。


ここが偽物と本物を見分けるポイントといっても良いかもしれません。年とともに美化される事が多い記憶が恨みつらみで固められたのは、洗脳されたから。そう考えると辻褄があうと思うのですがーーー。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

出生数45万人台回復へ 「国家的努力尽くす」=文大統領 (2017.7.21 朝鮮日報)


【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日、青瓦台(大統領府)で開かれた国家財政戦略会議で、「若者の雇用と失業の問題を解決することが少子化の解決策だ」との考えを示した。青瓦台の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官が会見で伝えた。  

この席で文大統領は、2002年の大統領選直後、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領(当時)が、自身を民政首席秘書官に指名するために呼んだが、民政首席秘書官については何も話さず、少子化に関する話だけをしたと紹介。少子化問題は当時から続く問題であり、「すべての国家的な努力を尽くさなければならない状況」との認識を示したという。  

朴報道官によると、この日の会議では今年36万人程度の出生数を45万人台に回復するため、財政投資と連係した人口減少克服のためのロードマップを策定することを決めた。 (抜粋)

記事の解説の前に少し大切な話しを。

新しい統計をなかなか出さないのであれですが、保健福祉部が公開した2010年、南朝鮮で行われた "不法" な中絶は16万8739件でした。このうち既婚女性による中絶は9万6000件ほどで、未婚女性の7万2000件に比べてより多くの不法中絶が行われていると言います。どうやって「不法中絶」の件数を割り出したかは不明ですが、堕胎反対連合は150万件という数字を出している。どちらが正しいかは分かりかねますが、世界第2位の中絶大国である事は間違いありません。

お嬢様はこの少子化に対して、真っ先にこの不法中絶に目を付けました。去年10月、保健福祉部の「非道徳的診療行為処罰強化」に関して立法予告がなされ、それによって「不法中絶処罰強化」を行おうとしたのです。

何せ、これを行うだけで出生数が50万超えるかも!という予測も立つほどですから、これが上手く行けば早ければ来年から少子化とはオサラバするはずだったのです。

ところが、男児が欲しい南朝鮮人の出生児に対する男女比は、第一子の場合、男女比は105:100ですが、第二子は121:100、三番目が141:100、第四子だと242:100と歪な状態になる。これが未婚女性より既婚女性の方が中絶が多い理由なのですが、これも、お嬢様退陣の原動力になったのです。男児至上主義が不法中絶根絶を掲げたお嬢様を葬る事になったのですね。

実際は、従北キリスト教団体が国民を焚きつけたのですけど。


こういった即効性のある少子化対策を従北者が葬ったのですから、従北のお月様はどうするかというと、「若者が仕事にありつけば結婚も増えて少子化も解消する!」というお花畑政策に舵を切る事になったのです。

非正規公務員をなくす、最低賃金を上げる、そして若者の雇用を増やす。どれだけ財政を圧迫し民間企業の競争力を削ぐか、お月様はあまり考えていないようですね。この結果どうなるかは想像に難くありませんが、オリンピック後の不況はきっと「韓国型オリンピック不況」という名称で論じられると、金田は予想していたりします。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ