86歳元慰安婦、安倍訪米に合わせてワシントンへ (2015.4.16 朝鮮日報)


元従軍慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さん(86)=写真=が安倍晋三首相の渡米に合わせてワシントンD.C.に滞在、日本政府の謝罪を要求する記者会見や集会に出席する予定だ。元慰安婦たちが共同生活を送るソウル近郊の施設「ナヌムの家」などが15日、明らかにした。安倍首相は28日にバラク・オバマ米大統領と会談し、29日には米議会上下両院合同会議で演説する。

米下院は2007年7月、第二次世界大戦時に旧日本軍が慰安婦を強制連行したことを日本政府が認め、謝罪するよう要求する決議案を全会一致で可決した。この時の決議案可決を主導したマイク・ホンダ下院議員も今回の安倍首相訪米に合わせて日本政府の謝罪を要求する集会に李容洙さんと共に参加するとのことだ。(抜粋)


私がどうしてここまで慰安婦問題を多く取り上げるか。それは南朝鮮が本物の慰安婦を冒涜しているからです。

慰安婦は売春婦です。これは間違いない。ただ、単なる売春婦ではないのです。戦地に赴き、将兵に一時のそれこそ慰安を与えているのです。当時の日本兵(朝鮮人や台湾人を含む)の士気を高め、そして死の恐怖を和らげてくれる存在でした。

その慰安婦を騙り、嘘を塗り固めている。私はそれが許せないのです。ということで、この李容洙ハルモニは言い訳すら許さないほど完膚なきまでにブッタ斬らせてもらいます


相変わらず元気ですね。この人は証言がクルクル変わる人で有名です。またアメリカでウソを重ねるんですか?

クルクル証言が変わるからこそ、この李ハルモニの証言に関して、日本の方々も多く検証記事を書いていますが、反日同胞に限らず、私たちの多くはこの検証を半分笑いながら見ているんですね。ですから、こういった検証は私たちがどういった目で見ているかを意識しながら検証をして欲しいのです。

私たちは、「多少の証言のブレは高齢者なんだから当たり前」と思っています。ですから、多少のブレが起きる事がオカシイ、という視点で検証するのではなく、そのブレも含めてオカシイ、という検証を行うのです。

◯ 最も多く見られるのは年齢問題。

初期の発言では「証言・強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち 1993」の中では満16歳ということになっています。ここをベースに考えたいと思うんですね。この人は1993年から証言を開始しているんですね。まだ64歳です。ハルモニ、というには若い時期の証言ですから記憶云々を論じるには失礼ですよね。

で、彼女は挺対協の広報のごとく表に出て証言を繰り返すのです。5年もすれば周囲が矛盾点の修正をしてくれ、証言に一貫性が見られるようになります。それでは2002年以降の彼女の証言をまとめてみますと、

慰安婦になった年齢は、
2002年の赤旗では14歳
2007年の朝日新聞では15歳
2007年の朝鮮日報では16歳
この人は1928年12月生まれなんで慰安婦になったとされる1944年の夏(秋、それとも10月?はたまた1945年1月?)は15歳。数えで16歳になるはずなんですよね。

どうして10年経っても慰安婦になった年齢がコロコロ変わるのか。高齢者だからではありません。証言自体が虚偽だからです。


◯ 次に連行時の話しを見てみたいと思います。

「証言 強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち 1993年」には、
「1944年夏のある日、酒屋をやっていた友達(キムプンスン)のお母さんが「今のような苦しい生活をしている必要はないじゃないか。私の言うところに行けばご飯がたくさん食べられ、豊かな生活ができる」と言いました。ですが私は「嫌だ」と言って飛び出て来ました。」

「証言・強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち 1993年」では、
1944年秋(満16歳)貧乏な様子におばさんから働けと勧められ、「軍服みたいな服を着た男」(国民服に戦闘帽の男の日本人)に服と靴で釣られて働けるものとついて行った。大連から船に乗った。」

と共に、日本軍の関与は全くなく、友達のお母さんもしくはおばさんが介在するんですね。ちなみに、国民服に戦闘帽は、当時、日本軍兵士になりすます手口の一つなので、完全にこの人物は同胞です。

ところが2002年を境に、日本軍に強制連行されたという証言にコロッと変わるんですね。2冊も本を出して、そこには軍による連行すら触れていないのに、突如として変更。60歳代の証言と70歳代の証言、どちらが記憶がハッキリしていますか?確実に強制連行は虚偽ということになります。


◯ いつ、どうやって台湾に来たかを検証します。

同じく「証言」からですが、
1945年(17歳)新暦の正月、爆撃下の船上で強姦される。台湾の新竹に到着したが股に腫れ物ができて血がべったりついていて歩けない。嫌だと言うと慰安所の経営者に電話線のコード巻き付けられ拷問された。」

と証言していますから、1945年1月に台湾に来たことになります。また、台湾、ですか。ちなみに2007年のEBSテレビにて
「1944年10月、夕方に家の外に出てからわけも分からないまま台湾にある日本軍慰安所までつれて行かれた」「台湾につれて行かれる船に日本海軍300人と朝鮮娘5人が乗っており、船の上でもう純潔を失って悽惨に身を踏み躪られた。」

と修正をしていますが、どっちでもいいです。

海軍はこの頃、300人もの大きな補充があったという記録は見ていないですね。どの部隊かは後述するとして、全体的な話しを。1944年10月12日に有名な台湾沖航空戦があり、第二航空艦隊のT攻撃部隊がその任に当たったのですが、その戦力の多くを失ってしまったんですね。その後、第一航空艦隊と第二航空艦隊を統合した連合基地航空隊が新編されましたが、1945年1月8日に解散。1944年10月も1945年1月共にあり得ません。もし、仮に300人の補充があったとしても、この証言は成り立たないんですが、それは後述。

それではもしかして陸軍だったらどうなるか。念のためね。
その頃の台湾は台湾防衛のために台湾軍は廃止され第10方面軍へと新編されたんですね。それが1944年9月22日 。それに伴い第9師団と第12師団が台湾に転出が決まったのが11月で12月に移転。1944年に移転した部隊はこの2つなんですね。10月でも1月でもありません。

まぁ、1月は日本軍と来たわけではなさそうですが、命令航路自体が釜山から台湾は出ていない。どっちにしろ虚偽


◯ どこの慰安所にいたか

最後にどこの慰安所に居たかですかね。「証言」でも2012年のイベントでも「新竹」にある慰安所と証言しています。ということで新竹海軍航空隊に附随した慰安所に居たと言いたいのですかね。でもね、ここは1943年11月の新竹空襲で大きな被害を受けていますから1944年1月1日に解散しているんですよ。分かりますか?1944年10月であろうが何だろうがその頃には慰安所もないの。もう最初っから全部虚偽


以上からどんなに証言がブレようと、全てにおいてこの李ハルモニの証言は信用性がないのです。それとも、今までの証言ではあなたの体験を全て話せていないそうなので、新たな証言を出しますか?


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング