간토 대지진 韓人 학살… 공포가 증오범죄 낳다 (2015.9.1 Chosun.com)
関東大震災韓人虐殺...恐怖が憎悪犯罪産む

9월, 도쿄의 거리에서|가토 나오키 지음|서울리다리티 옮김|갈무리|280쪽|1만9000원

"수천 명에 이르는 사람들을 죽여버리는 데 이르렀던 그 도시에 우리는 지금도 살고 있으며, 또다시 그 투쟁의 한가운데에 있다." 프리랜서 작가인 저자는 수많은 민족들이 함께 살아가는 도시 도쿄(東京)에서 1923년에 일어났던 일에 주목하고, 그 현장을 답사하고 자료를 모은다. 그것은 간토(關東) 대지진 직후 수많은 한국인들이 학살당했던 기록이다. 한 일본 소설가가 "읽어 나가는 것이 힘들고 고통스러웠다"고 털어놓았을 정도로 이 책의 내용은 참혹하다.

그런데 그 참화에는 역사적 맥락이 있다. 3・1운동과 노동운동에 대한 일본 사회의 공포가 증오 범죄를 낳았고, 이는 언론에 의해 유포되고 행정에 의해 조직됐으며 민중에 의해 집행됐다는 것이다. 그렇다면 최근 10년 이상 일본에서 유포되고 있는 혐한(嫌韓) 담론은? 인류를 조각내는 이 감정을 공감(共感)의 힘으로 치유해야 한다고 저자는 말한다.

9月、東京の路上で | 加藤直樹著 | ソウルリーダーー舒 | セーブ | 280ページ| 1万9000ウォン

「数千人に及ぶ人々を殺してしまった都市に私たちは今も生きており、またその闘争の真ん中にある。 "フリーランスのライターである著者は、多くの民族が一緒に生きていく都市、東京から1923年に起こったことに注目して、その現場を踏査し、データを集める。それは関東大震災直後、数多くの韓国人たちが虐殺された記録である。日本の小説家が「読んでいくことが大変苦痛だった」と打ち明けるのに十分なほど、この本の内容は残酷である。

ところが、その惨禍は歴史的脈絡がある。 3・1運動と労働運動に対する日本社会の恐怖が憎悪犯罪を生み、それはメディアによって流布されて、行政によって組織され、民衆によって執行されたというものである。その後、最近10年以上日本で流布している嫌韓の談論は?人類を捨てる感情を共感の力で癒さなければならないと著者は言う。
2015090102
Chosun.comより

このエントリーは実は1日に公開する予定でした。ですが、調べるほど私たちが行った事を恥じ、投稿を1日ずらす事にしました。関東大震災、私たちのせいでより大きな試練にさせてしまい、今を以って嘘で苦しめてしまって本当に申し訳ありません。

ですから、精一杯、その嘘をこれ以上ないくらいブッタ斬らせていただきました。


2014年に日本で発刊された「ノンフィクション」を標榜する書籍です。一応、amazonでの紹介文を引用すると

「関東大震災の直後に響き渡る叫び声。 ふたたびの五輪を前に繰り返されるヘイトスピーチ。 1923年9月、ジェノサイドの街・東京を描き、 現代に残響する忌まわしい声に抗う―― 路上から生まれた歴史ノンフィクション!」

という事になっていますが、この作者は以下の事をどう考えているのでしょうか。数千人という根拠すら明示されていないのにノンフィクションて、、、


ちなみにここで引用した写真はChosun.comのTOP画面に使用された写真ですが、これ、映っているのは日本人の亡骸ですから。そう考えると根拠は後ほど書かせていただきますが、この写真、2008年に朝鮮新報が使用した写真の流用なんですが、実は加工されているんですね。

2015090103
朝鮮新報より

で、これがオリジナル。写真下部にある朝鮮新報のコピーライトをトリミングして削り取り、反転して使用しているんですよ。経済情報誌は。モラルがない新聞社としか言いようがないですね。

元々の写真には「隅田川に遺棄された在日朝鮮人の死体」とあるんですが、本当に朝鮮人が大量に暴行死しているのなら、1923年時に8万415人だった朝鮮人がなぜ、翌年1924年には11万8152人まで増えたのか。一応、民団が公表する数字ですから、民団はその矛盾に答えるべきでしょうね。

関東大震災では2万3058人が殺されたという報道もありましたが、なぜ、それだけの人数が虐殺されたのに関東大震災後に在日朝鮮人が増えたのか疑問に思わないのでしょうか。

当時、在日朝鮮人は土木作業に就くために飯場部落を形成したんですね。その代表が東京では枝川部落(江東区枝川)です。確かに隅田川と荒川区に挟まれた地区ですが、なぜ、虐殺した遺体をわざわざ隅田川まで運んだのか。単に火砕流などを避けて川辺で被災死した遺体と見た方が自然でしょう。

吉野作造氏の調査では暴行死した朝鮮人が2613人といいます。ですが、実際に記録に残っているのは233人に過ぎません。ちなみに、この写真が本当に「朝鮮人」の写真かについてのソースが明示されていないというのも私たちらしいですね。


南京と同じです。本当に虐殺が起きたのに人口が増えるはずがない、という至極当たり前の疑問に民団、そして経済情報誌は答えて欲しいものです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング