"서해바다를 기업들의 폐수처리장으로 여긴 것" (2016.3.11 newscham)
西海の企業海洋投棄場について思ったこと

2016년 1월부터 육상폐기물의 해양투기가 전면 금지되었다. 이로서 한국은 산업폐기물을 바다에 버리는 세계 유일의 국가라는 딱지를 떼게 됐다. 하지만 바다에 투기된 폐기물이 바다 바닥에 20Cm이상 두껍게 쌓여 있고 중금속 오염이 상당 복원이 시급한 상황이다. 한국은 이제 오염 수역의 바다 생태계 복원이라는 중요한 과제를 남겨두고 있다.

2016年1月から陸上廃棄物の海洋投機が全面禁止された。 これにより韓国は産業廃棄物を海に捨てる世界唯一の国家というレッテルを剥がすことになった。 だが、海に投機された廃棄物が海底に20cm以上厚く積まれていて重金属汚染が深刻であり早期の復元が緊急な状況だ。 韓国は汚染水域の海生態系復元という重要な課題を残している。

2016年から海洋投棄が全面禁止になった "らしい" ですが、今まで散々投棄してきた後片付けが大変だ、ということに気がついた人たちがいるという記事ですね。

記録上、群山沖合西海兵投棄海域だけで4105万トン。この量は海洋投棄の31%に過ぎないので全体では1億3388万トン。もちろん不法投棄はこの数倍に及びますから実際の投棄量は10億トンを超えます。だからこそ、この広い海域に20センチ以上も厚く堆積することになったのです。


ただ、この記事はどの程度の汚染なのか明確に記されていないのです。日本海側の投棄場に比べて銅と亜鉛、鉛、クロム、カドミウム、水銀の重要重金属の汚染度は1.5~2倍以上、としか書いていない。ざっと調べると日本海側の投棄場でカドミウムが20.7ppmであり、西海兵はこの1.5~2倍といいますから31~41.4ppmという事になる。

少し古いですが、今より汚染がまだマシだった2005年の南朝鮮産ズワイガニは6.4ppmと基準の3倍のカドミウム汚染がありましたから、今はもっとひどい状況。


不法投棄はまだ行われているようなので、これからもこの汚染は進んでしまう事になるでのしょうね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング