大阪で嫌韓ムード拡大か 暴力事件も=韓国総領事館が注意要請 (2016.10.12 朝鮮日報)


【東京聯合ニュース】大阪で韓国人など外国人観光客に大量のわさびを入れたすしを提供していた店が問題になったことに続き、南海電鉄の車掌が「多数の外国人が乗車し、ご不便をお掛けしております」というアナウンスを行ったほか、韓国人観光客の息子が日本人男性から路上で暴行を受けた事件もあったとされるなど、波紋が広がっている。

駐大阪韓国総領事館は11日、ホームページに大阪を訪れる観光客は安全に注意するよう呼びかける注意喚起を載せるなど、対策を講じている。 (抜粋)

まずは、ごめんねR君。金田は反日同胞のやり口は反吐がでるほど嫌いなんだよ。君たちはリアル金田を中立だと思っているようだけど、帰化したのだから金田は日本側の人間なの。君たちの話しはこの記事に使わせてもらうね。悪いとは思っていないけど。


南朝鮮人観光客のマナーは悪すぎます。これは今に始まったことではなく、例えば歩行喫煙やゴミ捨て、痰吐き、夜間の暴力やスリ、レイプ。ハッキリ言って酷いものがあります。

もちろん全員がこういった行為をするわけではないのですが、だからと言ってそれ以外の人が迷惑をかけていないかというとそうではありません。南朝鮮人観光客がホテルのプールに来るとなぜだか水球が始まりますし、道路いっぱいに横に広がって歩いたり、大きな荷物を使って電車の座席に他の人が座れないようにするなど、一般マナーすらまともに理解していません。

だからと言って日本人が南朝鮮人と同じように私たちに犯罪返しをしてきたかというとそうではなかったのですね。それが今月に入ってから急激に "大阪" を舞台にして反韓運動が勃発でもしたかのような記事が続いている。これって、可笑しいと思いませんか?


この背景には訪日観光客数が訪南観光客数を超えているというものがあり、訪南観光客数の伸びの低迷からその対策の一つとしてディスカウント・ジャパンが行われているのです。


旅行先の中で南朝鮮人の一番人気、それは大阪です。大阪は元々、私たち在日が非常に多く、しかも料理の味がソウルなんかよりもはるかに美味しい。その上、理解ということもあって手頃な旅先として選ばれるのですね。

今、南朝鮮は海外旅行ブームがあり、多くの南朝鮮人が大阪に向かっている。今年の8月までの訪日観光客数は328万8800人と全訪日観光客数の28.8%も占めています。このうち30%が関西空港を利用するのですから、どれだけ多くの南朝鮮人大阪に向かうか分かってもらえると思います。そして、ここに焦点を当てて対策を行えば、日本旅行自体を減らせる、と考えているようです。


先に書きますと、大阪でも南朝鮮人観光客の不遜な態度に対して好ましく思っていない人は増えているとは思いますが、だからと言って暴力までは起こさない。まぁ、この暴力事件自体が捏造の可能性も否定しませんが、もし、これを起こしていたのなら、R君の話しから私たち在日が行った可能性が高いと金田は思っています。


今、彼らは小さな事でもいいから反韓・嫌韓事例を集めています。なければ捏造をしたり、そういった行為を誘発させようとしています。

それを大げさにメディア展開しディスカウント・ジャパンを行おうとしているのです。

大阪、特に在日が多く住んでいる地域が少しきな臭くなっているのはこういった状況にあるからですね。正直、こういった捏造に反駁するのは多くの時間と労力、そして費用がかかります。まぁ、反日同胞にすれば一石二鳥どころか三鳥や四鳥にもなるんです。

温厚な日本人もそろそろ腰を上げて私たちを国外追放へと向かう事になると思いますが、それは日本人が狭量になったのではなく、私たちが一方的に悪さをしてきたからなのです。日本に住まわせてもらっているのですから、日本のために働きましょうよ。ホント、、、


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング