【社説】韓国の不幸を願い、楽しむような安倍首相の言動 (2017.4.18 朝鮮日報)


安倍首相は昨日(17日)、衆議院で、韓半島(朝鮮半島)有事の際に日本に避難民が流入した場合の対策について質問を受け、「我が国が庇護(ひご)すべきものに当たるか否かのスクリーニング(選別)といった一連の対応を想定している」と答えた。韓半島の緊張をあおるような質問も答弁もレベルの低い稚拙な言動といわざるを得ない。 

日本の一部メディアは、まるで韓半島ですぐに何かが起こるかのように軽はずみな振る舞いをしている。一時帰国しながらこっそり戻ってきた日本大使は、韓国国防部(省に相当)長官に面談を要求するというとんでもない行動に出た。これも日本人避難問題を話し合うとの理由だと言われている。手ぶらで韓国に戻ったことに対し日本国内で非難の声が高まるや、わざとこうした無礼な行動で挽回(ばんかい)しようとしたのだろうという話もあるという。 

今、韓日間には慰安婦合意に対する韓国国内の反発や少女像問題が存在している。韓国国内に歴史問題を解決し、未来へ向かって前進するのではなく傷をこじらせようとする人々がいるのも事実だ。だが、根本的にはどれも日本が韓国に被害を与えたために起こったことだ。日本は「いつまで反省しなければならないのか」というが、いくら反省してみたところで、安倍首相のような人々がこのようにレベルの低い言動をすれば意味がない。安倍首相の言葉は少女像に対する感情的な腹いせにしか聞こえない。韓国の国会で「日本で大地震が発生して韓国に難民が流入した場合」の対策を聞く質問が出て、韓国の公職者が「スクリーニングする」と答弁する光景を想像してみてほしい。今、一部の日本人の間に反韓感情が広がっているとはいえ、公職者たちがまるで隣国の不幸を願い、楽しむような言動でこれに迎合しようというなら、両国関係の正常化はますます遠ざかるしかない。

今、朝鮮半島は休戦後最大の緊張感に覆われています。

昨日も、おとといも、在日同胞から相談を受けました。「南朝鮮への渡航は中止すべきか」という事について。残念ながら、私たちのところに注意喚起の連絡が来る人と来ない人が昨日現在でも区別化されているようで、感覚的には連絡の来ていない人は7割近くに上るのではないかと思います。

これは、その朝鮮半島の危機について、明確な情報コントロールが行われている事の証左であり、国民を不安にさせないための方策というよりも、むしろ、突発的な開戦に向けて、多少の被害はあっても現状をコントロールすることに重点を置いたのでしょう。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、前者はそういった危機がない事を前提とした考えであり、後者はその危機が起こり得ることを前提としたもの。しかも、一番、行ってはいけない方策を選択しているのですね。これでは、ソウルに砲撃が行われたら、死者100万人どころでは済まず、下手をするとソウル通勤圏の2割、500万人を超える可能性があるのです。


こんな状態であっても、この情報ボーダーレス状態の現在では、一部の人は周辺国の現状を知る事ができます。要するに、南朝鮮メディアからしてみれば、意図しない情報が南朝鮮に流入してくることになるのですね。日本でいうなら〇〇新聞は嘘の報道を広める新聞社だ、というものがある程度定着していますが、それが南朝鮮でも起こり得るわけですね。それを、精一杯の無駄な努力で対抗しようとしているのがこの記事なのです。

いいですか。慰安婦問題はこの朝鮮半島有事には一切関係がないのです。私たち民族による内輪揉めが周辺国に多大な被害を与えかねない、という事が問題になっているだけで、日本の報道が朝鮮半島の緊張を煽るなんて力はありませんし、仮に日本が私たちの不幸を願ったとしても、それが朝鮮半島有事を促進させることはあり得ないのです。


と、書いては見ましたが、中北関係者で会合が持たれているようですし、米北でも話し合いが持たれるのではないかという話しも出てきます。朝鮮半島有事はギリギリのところで、回避できるかもしれない、そういった希望が持てそうな状況になりつつある流れが出来始めたという事です。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング