トランプ氏の「韓国は中国の一部」発言に反発=韓国政府 (2017.4.19 朝鮮日報)


【ソウル聯合ニュース】トランプ米大統領が中国の習近平国家主席と首脳会談で交わした対話の内容を伝え、「韓国は中国の一部」と発言し、波紋が広がっていることについて、韓国の外交部当局者は「一考の価値もない」と強く反発した。  

同当局者は「報道内容が事実かどうかと関係なく、数千年間の韓中関係の歴史で韓国が中国の一部ではなかったことは、国際社会が認める明白な歴史的事実であり、誰も否認できない」と強調した。  

トランプ大統領は米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで、「習主席が(6~7日の米中首脳会談で)中国と朝鮮半島の歴史について話した。数千年の歴史と数多くの戦争について。韓国は実は中国の一部だった」と述べた。  

習首席が実際に会談でトランプ大統領に述べたのか、トランプ大統領が誤解し、誇張して表現したのか、通訳ミスなのかは確認できていない。

正直なところアメリカが中国や南朝鮮の歴史に精通していなくても仕方がないとは思います。ただ、中国の思惑に使われた感は拭えませんね。


この記事は、南朝鮮は南朝鮮で自国の歴史を良く見せたいし、中国は中国で過去の精算び関しては事実を覆い隠したいという考えがある事を理解できるのです。それをちょっと解説させて下さい。


中国は日本に対して「 過去の精算」 について言及する事が増えてきましたが、もし、南朝鮮が中国の属国だったのなら、中国は南朝鮮に対して「過去の精算」をしなければ行けなくなります。これは南朝鮮に対してだけの問題ではないので、「属国」という立場から「中国の一部」にしたいのでしょうね。

南朝鮮はと言うと、李朝は3代王の太宗までは王として認めてもらえず、李成桂は「権知朝鮮国事」と任命され、実質、中国の属州でした。中国の一部だったと言っても、それは正しい歴史認識であると歴史家なら考えるでしょう。ですが、南朝鮮人の感情はそれを受け入れられない。だから、史実はどうであれ、感情史を真史であると思い込みたいのでしょう。

中国は南朝鮮を中国の一部として考えたいし、南朝鮮は独立国であったと思い込みたい。中南の歴史観は絶対に交わらない平行線なのです。そこで中南とも歴史を捏造したい。それならば、第三国にそれ裏書きさせようとするのですが、それに対して、中国がここを好機として、アメリカに裏書きさせる事に、見かけ上、成功した訳です。


本来ならば、トランプ氏は中国に近づくのならば、ある程度、機微な歴史部分を知ってから訪中すべきで、彼の歴史的無知に付け込まれた形になりました。アメリカと南朝鮮は同盟国である、という思いが親米派にはるあるのですが、今回の件で、親北派が盛り返す事になると思います。ちょっと大統領選を前にしてタイミングの悪い記事というか、、、


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング