8歳児サイズ!? 韓国の女子高生を悩ます「超スリム制服」 (2017.8.13 朝鮮日報)


ソウル市鍾路区内の女子高に通うパクさん(17)は「制服を着ると腕を動かすのが難しい。まっすぐ座っていると腰が痛い」「制服のブラウスを着てかがむと、腰から背中近くまですそが上がってしまう」と言った。今、女子中学生・女子高生の夏の制服が問題になっている。多くの学校が見栄えを重視し、ウエストラインは細く、丈は短くデザインした制服を採用している。普通の体格の生徒でも少し動くと下着や肌がかなり出てしまい、通常の活動が難しい。体格が大きめの生徒は体のラインが出る制服が原因で恥ずかしい思いをすることもある。「制服のせいで生徒の人権が侵害されている」という声も上がっているほどだ。  

かつての制服は活動性を考慮してゆったりめの物が多かった。一部の生徒が外見を重視してスカートの丈を短くしたり、ウエストラインを細くしたりするよう「修理」した。だが、最近では最初から体のラインを強調するような制服になっている。ゆったり着るには難しいデザインだ。自分の実際の体のサイズよりも大きい制服を買っても状況は変わらない。鍾路区内の女子高生は「冬の制服よりも2サイズ大きくして夏の制服を買っても、ウエストがすごく細くなっていて、ご飯を食べると服が食い込んで苦しい」と言った。 

スリムな着こなしばかり強調するうちに、女子高生の制服のサイズが8歳の子ども服とほぼ同じサイズになるという現象も起きている。ソウル市江北区内のある女子高の制服ブラウス(身長160センチ・胸囲88センチ用)と、市販の7-8歳女児用Tシャツ(身長130センチ用)を比較したところ、大きさの違いがほとんどなかった。 (抜粋)

南朝鮮人はペドフィリアが多い。これは動かしようがない事実です。

日本人の性の対象は「妊孕力がある」事が前提。
南朝鮮人はの性の対象は「無垢感が強い」ほど興奮する。

それなので児童や "幼児" がレイプされる事は南朝鮮では珍しくありません。そういった「ペドフィリア社会」だからこそ、大人の女性に移行する女子に対して、幼女のような姿をさせて悦んでいるのです。

一応、日本の女子高生のスカートが短い事は事実です。時には娼婦のような制服の着こなしをしている子が通学していたりします。ですが、これは自らの意思でそういった格好をしているのですね。それに対して南朝鮮では、幼女のような制服なんか着たくないのに着ざるを得ない。着ないと校則違反で性体罰の対象になるかもしれない。「幼女コスプレ」を強制させられているのです。

この差って大きいですよ。昨日のエントリーではないですが、女性差別の一つとして問題にすべき事だと思うのですが、教員も、保護者も(特に父親)、社会を取り巻くその他大勢も、こういった「幼女コスプレ」を欲する社会だから、この記事も「健康」と言う視点でしか論じていないのです。

こういった性的な羞恥心を引き起こす制服を「性的な問題」と捉えられないのは、さすが少女売春婦の国といった感じでしょう。

IMG_0599


話は変わりますが、この記事に掲載された写真。何か気になりませんか?

実は、女子高生と思しき女性の手が何故だかモザイク処理されているのです。経済情報誌は顔をモザイク処理する事はあるのですが、「手」をモザイク処理することって、多分初めての事じゃないでしょうか?余程ヤバイものを持っているのかも知れません。

何かしらの製品を持っているのかも知れないのですが、それだったら、ミ◯ーちゃんにモザイクがかかっていないのだから、余計に不思議です。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング