韓国法務部「整形した中国人の出国不許可騒動は偽ニュース」 (2017.10.11 朝鮮日報)


今月8日に中国メディア「アジア・ワイア」などが、「韓国で美容整形手術を受けた中国人女性3人が、パスポートの写真と顔が違い過ぎて韓国の空港から出国できなかった」と報じた件で、韓国法務部(省に相当)は11日「事実無根であり、フェイク(偽)ニュースだ」と事実を否定した。 (抜粋)

先日、こちらでも取り上げた内容が「フェイクニュースだ!」という内容。そりゃあ、否定したいですよね。正直、この記事が事実なら差別ですから。


まぁ、前回も書きましたが、南朝鮮の出入国では結構な差別的発言をされる事がある。まだ、日本人ではなかった時は、「ハンチョッパリが何しに来たんだ?」と言われたことは数知れず、バック一つでの入国なのに、荷物検査で数時間待たされたり。これって、何かを検査しているのではなく、純粋に放置されていただけ。

中国人の友人にも聞きましたが、南朝鮮の出入国はあまり評判が良くありません。しかも、南朝鮮は20代女性が彼氏のパスポートを使って出国できるような国ですから。「指紋で確認」とか以前に、男女の区別もできないようなセキュリティですし、この事実を半年隠していた法務部の言うことをすんなり受け入れる国民ってどれだけいるんでしょうね。


現実、差別的で、セキュリティもザルで、信用度も高くない法務部。「フェイクニュースだ!」という声に呼応する経済情報誌の読者の反応は今ひとつで、この記事を書いている時点でコメントはたったの11。金田ブログと同じくらいだなんて、どれだけこの記事に対する関心が低いのかが分かると思います。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング