韓国 慰安婦合意の維持表明=日本の10億円・財団の扱いは火種に (2018.1.9 朝鮮日報)


ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が9日に発表した旧日本軍の慰安婦問題を巡る日本との合意への新たな対応方針は、合意は同問題の真の解決にならないとしながらも、破棄や再交渉は求めないというものだ。

また、朴槿恵(パク・クネ)前政権時代だった2015年末の同合意に基づき設立した慰安婦被害者支援財団「和解・癒やし財団」に日本政府が拠出した10億円の扱いは課題として残した。合意は維持するものの、前政権でやってきたようには履行しない可能性を示唆した曖昧な結論となった。 (抜粋)

遅らばせながら、皆様、明けましておめでとうございます。

この問題が持ち上がってから南朝鮮では、というよりも、本当は慰安婦関連の人限定に近いですが、少し騒がしい状態が続いています。一般の人たちは実はそれほど興味がないらしく、日本に対して強気に交渉できなかったお嬢様に対する批判はあるものの、今回のような「玉虫色」の方針は大方の予想通り、という感じに受け止めているようです。

正直なところ、ここまで慰安婦問題が大きくなれば、多くの知識層とされる人たちは日本が幾度も謝罪を繰り返していることは理解しており、それも総理大臣名義での謝罪文が複数回も元慰安婦に届けられていることも知っています。見舞金も過去に5万ドルの支給があった事も知っていますし、今、南朝鮮で行われている元慰安婦に対する福祉政策に日本が絡んでいる事も、勿論のことながら分かっているのですね。


ですが、北朝鮮が日本を責める数少ない材料としては、挺対協など従北団体を用いて、慰安婦問題の継続を図ります。もちろん、従北者のお月様もその意を汲んだ政治活動を行いますので、慰安婦合意の破棄に動いたのですが、、、

あまりにも、アメリカ様の様々な圧力を受けて破棄や再交渉は困難という事もあり、「履行しない」という方向に、政権存続の道を見出したのですね。


ただし、これって合意破棄を公約に掲げていたお月様にとっては公約違反。

これにより、どこまで支持率が下がってしまうかによって次策が決まっていき、支持率が急降下したら、お月様は強硬な反慰安婦合意へと傾かざるを得なくりますが、支持率が微減程度であれば、合意の履行をせずに任期終了まで行くのではないかと思うのですね。


で、普通の在日同胞はこれについてどう考えているのかというと、「やっぱりな」と思いつつ、「いい加減にしろよ」と思っている。何せ、日南の関係が悪化すればするほど、在日全般として肩身が狭くなるから。せっかく、久しぶりに紅白に韓流をねじ込めたというのに、また、そう言った面での冷え込みが起きてしまうのではないかと思うからですね。


そういえば、南朝鮮の経済はいま、かなり酷い状態になってきていて、ビットコインを使った錬金術も始めている。慰安婦合意で揉めている状況ではない事に早く気がつかないと、夏前には相当大変な状況に陥ってしまいますよ。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング