日本政府、訪日外国人の長期ビザ発行時に結核検査の義務化推進 (2018.5.16 中央日報)


日本政府が長期滞在を予定している外国人を対象に結核検査を義務づける方針を固めたと読売新聞が16日、報じた。

ビザ(査証)発給の条件として、日本政府が指定する病院で事前に検査を受け、「結核に罹患していない」ことを証明する書類を提出しなければならない。結核感染者の場合、現地で治療が終わるまで日本入国が許可されないが、完治したという証明書を提出すればビザの発給を受けることができる。早ければ年度内に関連制度が導入される見通しだ。

同紙は「日本を訪れた外国人の結核発症が増え、感染拡大が懸念されることから、東京五輪・パラリンピックが開催される2020年までに態勢を整える」と伝えた。

留学や就職などで3カ月以上日本に滞在予定の外国人、特にアジア系が対象になる可能性が高い。  (抜粋)

46F13787-6E96-4566-AAEC-ADFDB22E0618


北東アジアにおいて、中国と南朝鮮は結核多発国として知られています。2017年の結核患者数は2万8161人で人口がおよそ2.5倍の日本ですら1万7625人に過ぎません。OECD平均比較すると発病率はおよそ7倍、死亡率も5倍近い数字となっています。

また、日本における結核発病率が高い地域は、何故だか在日朝鮮人の多い地域と妙に合致する事から、南朝鮮人が日本に結核を運んでいる可能性が十分にあるのです。


こういった事実が鑑みられたかどうかは定かではありませんが、結核検査の義務付けがようやく始まるそうで、金田としては警鐘を鳴らしてから3年も掛かってしまったがやっと日本も普通の対応ができるようになったかと拳に力が入ってしまいました。


この記事でいうアジア系。これって中国と、それ以上に結核が蔓延している南朝鮮の事ですから。真実を隠したいのは分かりますが、きちんと伝えないといつまで経っても結核後進国のままになってしまいますよ!


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング