ハンギョレ新聞記者、覚せい剤陽性反応 (2018.5.17 朝鮮日報)


現職の新聞記者が覚せい剤を使用した容疑で警察の取り調べを受けている。ソウル地方警察庁広域捜査隊は「このほど立件したハンギョレ新聞記者(38)が毛髪検査で覚せい剤の陽性反応が出た」と16日、明らかにした。 (抜粋)

この記事は経済情報誌にとって目の上のタンコブであるハンギョレに対する、まぁ、一種の嫌がらせ記事なのですが、実は、南朝鮮にじんわりと拡大している覚醒剤含む麻薬の恐怖も伝えていたりしています。

お月様が崇敬してやまない将軍様の国、北朝鮮。この国の特産品の一つに「氷毒」というものがあります。この国では「氷毒」はもう古い言い回しで、最近では「モダン風邪薬」と呼ばれて使用されていたり、リ◯イン真っ青の24時間働くための強壮薬として使われていたりもします。なぜ、北朝鮮は覚醒剤を国外で売り捌かないかというと、経済封鎖の一環で、中国が国境封鎖を行なっているからです。それにより、覚醒剤の在庫は積み上がるばかりで、結果として、内需拡大路線に舵を切ったのです。

で、この覚醒剤。南朝鮮に向けてじわりじわりと流入しているのです。

検察統計システムの「麻薬押収実績」を見てみると、今年の3月までに押収された麻薬の量は57.5kgで、前年度同期(15.8kg)と比べると263.9%増と激増しているのですね。

もともと麻薬取締役に関しては今現在も積極的とは言えない南朝鮮ですが、それにも関わらずここまで急増したのには新たな市場として南朝鮮は条件が整いすぎているからです。社会的不安、高失業率、他者への信頼不足などが積み重なり、覚醒剤が入り込む余地が出来上がったのですね。そこに、南北融和政策となったのですから、流入量が減るはずもないのです。


結果として、覚醒剤が日本に持ち込まれるルートは北朝鮮ルートに代わり、南朝鮮ルートが強化される事になるでしょう。せっかく、南朝鮮人に対する検疫も始めるのですから、南朝鮮人を対象とした覚醒剤持ち込みに関する検査もより強固に行う時期がやるべきなのだと金田は思うのですが、、、。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング