【コラム】「Me too運動」に見る韓日の「反省」速度差 (2018.5.24 朝鮮日報)


こうしたやり取りを見ながら、今年の初め韓国に巻き起こった「Me too運動」を考えた。セクハラ・強制わいせつ・性差別そのものだけを考えれば、韓国も日本に対して何か言える立場にはない。飲酒文化・組織文化・政治風土のすべてで韓国の方が質(たち)が悪い。しかし、日本と違うのは「反省の速度」だ。自身の言動に問題はないと思って暮らしてきたのは韓国も日本も五十歩百歩だ。ただし、韓国人は他人が「強く」たたかれるのを見るたび、胸にズキッと痛みを感じてあわてて行動をただす。軍隊で(腕立て伏せなどの暴力を伴わない肉体的な)罰を受けた後に銃を扱う速度が変わるように、まずはすぐに反省する。 (抜粋)

世界トップクラスの性犯罪大国、南朝鮮。なんと世界5位という素晴らしいポジションにいます。

その犯罪大国に比べて、日本はセクハラに対する反省がなっていない、とでも言いたいのかと思わせるいつもの“上から目線“記事です。

「隣で犯罪者が捕まったら、次は我が身か!と身構えるものの、嵐が過ぎ去る前にその危機感を忘れて再び罪を犯す。」

この文章はそういった私たちの性質を上手くオブラートで包んで装飾した文章なんですね。「すぐに反省」して見えるだけで、実際は反省なんかしておらず、「俺ならもっと上手くできる!」「次こそはもっと上手くできる!」と思っているのが実際のところでしょうに。


日本の性犯罪の再犯率を平成27年度の犯罪白書から見てみると「仮釈放者の性犯罪再犯率が10.3%であるのに比して,満期釈放者の性犯罪再犯率は25.4%」となっています。それに対して、南朝鮮における性犯罪の再犯率はどうなっているかというと7.4%。これだけ見ると、「南朝鮮は性犯罪が多いが再犯は少ない」と思われる人もいます。実際に、私たちの中にはそういった事をいう人もいますがこれは大間違い。

良く似た言葉に「再犯率」と「再犯者率」という言葉があります。犯罪白書から引用すると『「再犯率」は,犯罪により検挙等された者が,その後の一定期間内に再び犯罪を行うことがどの程度あるのかを見る指標である。これに対し,「再犯者率」は,検挙等された者の中に,過去にも検挙等された者がどの程度いるのかを見る指標である。』


実は、南朝鮮の「再犯率」は、日本における「再犯者率」の事であり、昨今の性犯罪者の急増を受けて、この再犯者率は急降下を示しているのです。それ故に、少しでも体面を良く見せるために南朝鮮における「再犯率」は「再犯者率」を使うことになるのです。

ちなみに、女性家族部は性犯罪大国という汚名を濯ぐために「性暴行被害率は3年前の半分!」なんて公式発表をしてましたが、実際の性犯罪数は激増していたなんて笑い話も。どれだけ体面を良くしたいという思いが強いかここからも分かりますね。


余談ですが、2015年における南朝鮮の性犯罪被害者の0.7%は6歳以下の子供。2015年の性犯罪被害者は2万7199件なので190人の幼児が手篭めにされている事になります。中学生以下にまで広げると3237人。どれだけ少女が好きな民族なのか、、、。念のため、これレイプ犯罪者だと付け加えておきます。



いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング