韓国で20-30代の痛風患者が急増、「チメク」ブームが影響か (2018.5.28 朝鮮日報)


主に中年男性がよくかかる「痛風」が韓国の20-30代の間でも急増していることが分かった。健康保険審査評価院が27日に明らかにしたところによると、韓国の痛風診療患者は2012年の26万5065人から17年には39万5154人と約50%増えたとのことだ。患者のほとんどが男性(36万3528人)だが、特に20-30代の男性患者が5年間で急増している。20代男性患者は同期間で1万882人から1万9842人へと82%、30代男性患者は3万7965人から6万3221人へと66%増加した。40代男性患者増加率はこれより低い49%、50代は38%だった。  

専門家らは、若い層の食習慣が西欧化していることが大きいと指摘した。特にチキンを食べる時にビール(韓国語:メクチュ)を一緒に飲む「チメク」ブームも影響しているという。痛風は、尿酸と呼ばれるタンパク質の「かす」が体の中で過剰に発生し、関節や腎臓、血管などに炎症を起こす疾患だ。痛風にかかると主に足から痛みが始まり、それがひざや四肢に広がっていくが、「風に当たるだけで痛みを感じる病気」という意味から痛風という名前が付いたという説もある。 (抜粋)

9B1E83F2-A67E-4507-B973-7402B255240B

南朝鮮での脱サラはフライドチキン屋。

こんな言葉を聞いた事がある人も多いと思います。何せ、店舗を持つのに200万円も掛からないという手軽さから、手軽に参入できてしまうからですね。そういった事もあって、コンビニエンスストアよりも多い3万6000店もあるのです。

これだけの店舗が狭い南朝鮮の国中に犇めき合っているのですから、価格競争もそれ相当進んでいるんですね。お店によっても異なりますが、だいたいチキン1羽分の量で1万5000ウォン前後。持ち帰りだとそこから1000ウォン程度の値引きもある。お店で1万5000ウォン出しても大したものが食べられないけど、フライドチキンなら安くて腹持ちがいいツマミになるから、食習慣の西洋化よりもお財布に優しいから流行している、というのが実情です。

南こういった事情があるので、痛風だけでなく食事による病気が日本以上に増えているのです。代表的な生活習慣病として糖尿病があります。日本でも糖尿病を疑われる患者数が1000万人を超えましたが、南朝鮮では一足早い2012年には糖尿病及びその前段階の患者さんが1000万人を超えていました。日本の40%程度の人口なのに食習慣からくる患者数は日本並みに多いのですね。


病気になっても、そんなお財布の状況で、まともに通院する人はいるのかというとそこは想像通りで、例えば、高血圧の患者の場合、30〜40代で約5割が通院しません(南朝鮮高血圧学会 2018高血圧レポートより)。こういった事もあり、日本では2011年を除いて平均寿命は伸び続けていますが、南朝鮮は2016年、平均寿命は伸びなかったのです。

先進国の中で、特殊な災害にも見舞われずに平均寿命が大幅に短くなる最初の国になるかも知れません。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング