北朝鮮の核問題の次に大きな問題は肺結核 (2018.6.2 RFA)


イムチェウク先生:はい、韓国医療従事者は、北朝鮮の核の次に備えなければいけない大きな問題は北朝鮮の結核と言います。それは現在、北朝鮮の結核発生率が世界1位だからです。
もちろん、北朝鮮の核の解決ははるかに深刻な問題と言えますが、北朝鮮の結核問題も足元に付いた火のように危急なもにであり、北朝鮮の住民の間に蔓延しているが、結核を解決しなければ韓国の住民にもその脅威は広がっていくからです。
どういうことかというと、今後南北往来が頻繁になり接触が増えていった場合、感染の危険にさらされるということです (抜粋)

現在、北朝鮮に蔓延している感染症はこの記事に書かれているだけでもこれだけあります。

・結核(世界で最悪の感染率)
・コレラ
・マラリア
・麻疹
・寄生虫(青少年35.5%、成人の24.6%が寄生虫に感染、一説では95%とも)

他にも、
・狂犬病
・赤痢
・その他、日本では見られない感染症

お月様は南北交流を深めようとしています。ところが、こういった感染症についてはほとんど知られておらず、全くの無防備とも言えます。以前、南朝鮮人は日本に結核をもたらす検疫を強化すべき国であるという事を書いた事がありますが、このままいくと、東北アジアに壊滅的な感染症の大禍を齎す可能性が高いのです。

南朝鮮は経済支援に天文学的な負担を強いられますが、それ以上に、保健衛生にそれと同等の支援と教育を行う必要があるのですね。


李朝時代のソウルは糞尿を道路に垂れ流し、手洗いなどをしないような都市でした。今でも、南朝鮮人は手を洗わない事で知られていますが、北朝鮮はそれがもっと酷いのですね。南朝鮮は戦後、北朝鮮の歩む道と少し異なり、衛生学的な知識を学ぶ機会がありましたが、それでも手を洗うという習慣を身につける事ができませんでした。

そんな南朝鮮が北朝鮮に衛生観念を北朝鮮に教える事ができるでしょうか?

結果として、南北の交流が深まった際、南朝鮮は未曾有の感染症の大禍に見舞われ、そして、南朝鮮が感染源となり、パンデミックを引き起こす可能性が高いのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング