在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

カテゴリ:社会問題 > 感染症

北朝鮮の核問題の次に大きな問題は肺結核 (2018.6.2 RFA)


イムチェウク先生:はい、韓国医療従事者は、北朝鮮の核の次に備えなければいけない大きな問題は北朝鮮の結核と言います。それは現在、北朝鮮の結核発生率が世界1位だからです。
もちろん、北朝鮮の核の解決ははるかに深刻な問題と言えますが、北朝鮮の結核問題も足元に付いた火のように危急なもにであり、北朝鮮の住民の間に蔓延しているが、結核を解決しなければ韓国の住民にもその脅威は広がっていくからです。
どういうことかというと、今後南北往来が頻繁になり接触が増えていった場合、感染の危険にさらされるということです (抜粋)

現在、北朝鮮に蔓延している感染症はこの記事に書かれているだけでもこれだけあります。

・結核(世界で最悪の感染率)
・コレラ
・マラリア
・麻疹
・寄生虫(青少年35.5%、成人の24.6%が寄生虫に感染、一説では95%とも)

他にも、
・狂犬病
・赤痢
・その他、日本では見られない感染症

お月様は南北交流を深めようとしています。ところが、こういった感染症についてはほとんど知られておらず、全くの無防備とも言えます。以前、南朝鮮人は日本に結核をもたらす検疫を強化すべき国であるという事を書いた事がありますが、このままいくと、東北アジアに壊滅的な感染症の大禍を齎す可能性が高いのです。

南朝鮮は経済支援に天文学的な負担を強いられますが、それ以上に、保健衛生にそれと同等の支援と教育を行う必要があるのですね。


李朝時代のソウルは糞尿を道路に垂れ流し、手洗いなどをしないような都市でした。今でも、南朝鮮人は手を洗わない事で知られていますが、北朝鮮はそれがもっと酷いのですね。南朝鮮は戦後、北朝鮮の歩む道と少し異なり、衛生学的な知識を学ぶ機会がありましたが、それでも手を洗うという習慣を身につける事ができませんでした。

そんな南朝鮮が北朝鮮に衛生観念を北朝鮮に教える事ができるでしょうか?

結果として、南北の交流が深まった際、南朝鮮は未曾有の感染症の大禍に見舞われ、そして、南朝鮮が感染源となり、パンデミックを引き起こす可能性が高いのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

「キムチを食べると体重は減り、肌まで綺麗になる」 (2017.6.9 東亜日報)


適当に熟したキムチ1グラムには1億匹以上の乳酸菌が入っている。韓国人が一日平均70グラムのキムチを食べることを考慮すれば、一日キムチを介して乳酸菌70億匹を食べることになる。研究チームは、WIKIM31のように、特定効能を示す乳酸菌を分離して「微生物遺伝子バンク」に保管している。アトピー性皮膚炎の症状を緩和するWIKIM28、腸疾患の改善に効果を示すWiKim38など、効能もまちまちだ。

研究チームは、最終的にはキムチ自体が健康機能食品になるいわば「キムチセラピー」を実現しようとしている。例えば、肥満予防効果が立証されたWIKIM31の乳酸菌だけが含有されたキムチを作って、「なかなか体重の増えないキムチ」を作るやり方だ。今までキムチ研が発見したキムチの乳酸菌は約35000種。地域ごとにレシピや熟成環境が異なるだけに、今後も様々な種類の乳酸菌が継続的に発見されるものとみられる。キムチセラピーの変身には限りがないだろうと期待される理由だ。

チェ本部長は、「キムチセラピーが現実化すれば、食事中に自然に健康まで手にできるだろう」といい、「これとは別に、動物実験で効果が検証された乳酸菌は、臨床試験を経て微生物を薬として活用する『ファーマバイオティクス(Pharma- Biotics)』製品にする計画だ」と明らかにした。  (抜粋)

IMG_0553

相変わらず、乳酸菌とキムチの違いが分からないようで。これはあくまで乳酸菌の効能であってキムチの効能ではない事に気がつきたいですね。

カプサイシンががんの発生を促進する事が分かっていて、その結果どうなったかというと、私たち南朝鮮における胃がんの発生率は日本のおよそ2倍。"Kimchi and Soybean Pastes Are Risk Factors of Gastric Cancer" という論文でキムチと日本の味噌を同列で語られた事がありましたが、これはアジアで胃がんが多いという事だけに着目し、国別の胃がん発生率については考慮していなかったのでしょうね。

そう言えば、一時期メディアで取り上げられた糞便移植療法というものがあります。これの元祖、もしかしたらキムチかも知れないのですね。何故なら、キムチには多く糞便系大腸菌に汚染されているから。キムチを食べる、という事は、この糞便系大腸菌を摂取する事になり、それで健康になるというのなら、糞便移植療法と結局は同じ事を意味しているのかも知れません。

まぁ、糞便移植療法は出血性大腸菌は含みませんが、キムチには往々にして、この出血性大腸菌に汚染されているという違いはありますが。


大便の話ばかりで申し訳ないのですが、実は、私たちの祖先は大便をしてもお尻を拭く事をしてこなかったのですね。日本人が大便をするときには人が集まってそれを覗いていたと言いますから、日本統治時代に、私たちはお尻を拭く事を日本人から学んだのです。

ですが、大便後に手を洗うまでは習わなかったのか、手にくっついていても気にならずに料理を作っていた。何せ、現代でも94%は「トイレの後は手を洗っている」とアンケートには答えていても、実際は手を洗っているのは17%に過ぎないという実態が横たわっていますから。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

鳥インフル感染農場10万羽分の鶏肉が出荷=韓国 (2017.1.15 中央日報)


京畿道(キョンギド)安城(アンソン)のある農家から鳥インフルエンザ感染の疑いが申告される1週間前に食用の鶏10万匹が出荷されたことが確認された。

問題はこの農場から申告があった1週間前の2、3日の2日間、10万羽の鶏が忠清北道鎮川(ジンチョン)の食肉処理場に出荷され、流通したということだ。農林畜産食品部の鳥インフルエンザ緊急行動指針は「鳥インフルエンザの疑いが申告されれば、7日以内に出荷された家禽類は全量回収して焼却しなければならない」としている。京畿道は出荷された鶏を全量回収する方針だ。

対策本部は10万羽出荷前の昨年12月末に安城の農場で鳥インフルエンザ検査を実施したが、当時はウイルスが検出されなかったと説明した。農場主が故意に申告を遅らせたのではないという意味だ。また、人体感染事例がないため食べても問題にはならないと伝えた。全量回収は家禽類間の2次感染を防ぐためだと説明した。  (抜粋)

建前と本音は誰にでもあります。建前として、鳥インフルエンザに限らず病気の鳥は出荷しない。そんなものを食べたら何が起きるか分からないし。でもね、「私たちってキムチ食べるから多少病気持ちでもいいんじゃね?きっとカプサイシンが消毒してくれるよ。」というセリフ、聞いたの一度や二度ではありません。

多くの南朝鮮人はきっとこうも思うはずです。私たちは鶏肉の殆どをフライドチキンで食べるから高温で病原菌も死んでるはずさ!・・・残念!実は、私たちにも日本同様、鳥刺しを食べるんですよ。それも鶏肉と知らずに。鶏肉業者は生で食べられていることを知っていて、建前上はアブナイって知っていて、本音の「殺処分したら利益が下がるだろう!」という部分に突き動かされるんですね。タイムラインを考えれば、この記事の可笑しさに記者は気付くはずなんですが、、、


で、この本音と建前。いろんなところで問題を起こします。いわゆる法を守らないっていういつもの話しなのですが、金と名誉が作用するといつでもどこでも本音側に傾くというのが南朝鮮なのです。鳥インフルエンザで何が本音かっていうと、殺処分は金がかかる、という部分ですね。

チョット以前の口蹄疫の時の記事にリンクしますが、わかりますか?血の川ができていることを。日本の殺処分も南朝鮮同様焼却と埋却です。4-5メートル掘って、シートを敷き、石灰を撒いてから1メートル覆土をする。

ですが少なくないケースで南朝鮮ではシートを敷かない。時には石灰も撒かない。その上、覆土が不十分。だから血の川ができるし死体が土の上に出てくるのです。

念のため全てのケースがこうではないと思います。ですが、実際に口蹄疫や鳥インフルエンザでの埋却が行われると、後からいろんな記事が出てくる。こう言った事が口蹄疫や鳥インフルエンザがなかなか清浄化しない原因になっているのです。変な事でケチっていると大損こくって分からないもんですかね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

창녕 우포늪 고니 사체에서 AI 검출 (2016.12.9 大田日報)
鳥インフルエンザ 世宗·忠北 家擒類 280万匹殺処分
鳥インフルエンザA(H5N6)ウイルス発生状況 (国立感染症研究所 2016.12.5)

조류인플루엔자(AI)가 기승을 부리면서 세종과 충북에서 살처분된 가금류 숫자가 280만 마리에 육박하고 있다.

鳥インフルエンザ(AI)が猛威を振るい世宗と忠北で殺処分された家擒類が280万匹に迫っている。


충북도 AI·구제역방역대책본부에 따르면 이날까지 도내에서 살처분 된 가금류는 닭이 9개 농장 103만 357마리로 가장 많고, 오리가 70개 농장 69만 1705마리, 메추리 등 기타 가금류 농장 2개 14만 4100마리 등 총 81개 농장 186만 6162 마리가 살처분됐다.

忠北道AI・口蹄疫防疫対策本部によると、同日まで道内で殺処分された家禽は、鶏が9つの農場で103万357匹で最も多く、アヒルが70箇所で69万1705匹、ウズラなどその他の養鶏場2箇所、14万4100匹の計81箇所186万6162匹が殺処分された。 (抜粋)

低病原性鳥インフルエンザA(H5N6)ウイルスは1975年以降、広い地域で検出されていたが、高病原性鳥インフルエンザA(H5N6)ウイルスの家禽での最初の発生は2014年であり、中国から報告された。2016年1月から同年12月2日までの期間に報告されたトリでのアウトブレイクは、4か国から39件である(韓国19件、ベトナム8件、中国7件、日本4件、香港1件)。


南朝鮮では6日、新たに昌寧郡での発生も認められたので、南朝鮮では20件となります。日本と比べると5倍も鳥インフルエンザのアウトブレイクですから、なぜだか "南朝鮮だけ" 以上に感染が拡大しやすいようなのです。

日本に入ってくる鳥インフルエンザはほぼ全てが南朝鮮経由です。南朝鮮がきちんとした対応をしなければ、日本はその拡大した鳥インフルエンザの被害を直接被る事になるのですから、しっかりとした対応をして欲しいと思うのですが、それでは何故、南朝鮮でこれほどまでにアウトブレイクを許してしまうのでしょうか。


まず一つ目は、H5N6が南朝鮮初上陸だったから。いつものごとく、初物には以上に弱い体質がそのまま改善もせずに今回もそのままだったからですね。何せ、検体が見つかってから特定するまでに11日も掛かってしまっていその間、全くの無策でした。それがアウトブレイクを引き起こす最大の原因。

次に"清浄国" 問題が関係します。今回は野鳥からのものですから、そうなるとその発生によって清浄国が剥奪されることはありません。それが積極的な対策を打って出るのを遅らせる遠因となる。

こういった民族的な欠陥と制度的な欠陥が合間って他国では見られないアウトブレイクを許す結果となったのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

HACCP認定工場で作られた塩漬けハクサイです」 (2016.10.21 朝鮮日報)


ソウル市瑞草区の農協ハナロクラブ良才店で20日、食品安全管理認証基準(HACCP)の認定工場で作られた塩漬けハクサイの販促イベントが開かれた。 (抜粋)

昨年8月、南朝鮮ではHACCPに関する認証取消の基準が強化されました。

表向きは栄養表示対象食品の拡大なのですが、それだけだと取消基準も合わせて強化されたというには説明になりません。実は、南朝鮮のHACCP事業者の是正処置や認証取消が年々増加していた、という背景があり、また2014年に行われた国政監査によってHACCP認証施設の運用のマズさと行政側のなあなあの取り締まりが指摘されたことで規制強化が行われたのですね。

じゃあ、その規制が行われてからどうなったかというと、今年3月までに昨年の42%もの違反があり、しかも相変わらずの軽い行政処分だったのですね。


繰り返される違反と軽い処分。運用の仕方も日本とは違うようですし、HACCP認証をそのまま信じたらバカを見るのは消費者、というのが実情のようです。ちなみに、大腸菌キムチを作るのもHACCP工場なんですよ。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

コレラ発生の慶南・巨済市、沿岸海域でコレラ菌検出 (2016.9.9 朝鮮日報)


最近、コレラ患者が相次いで発生した慶尚南道巨済市の沿岸海域で、新たにコレラ菌が検出された。韓国の海域でコレラ菌が検出されたのは、2005年に仁川市の沿岸海域で検出されて以来11年ぶりのことだ。政府の疾病管理本部は8日「今月5日、巨済市長木面のテゲ港近くの海域で採取した海水を検査した結果、コレラ菌が検出された。巨済地域で発生したコレラ患者たちから検出された菌と遺伝子が同じかどうか確認するため、DNAの分析を行っている」と発表した。

2人目のコレラ患者の女性(73)は、巨済近海で釣ったサワラを刺身にして食べ、コレラに感染したが、今回コレラ菌が検出された海域は、サワラを釣った場所からそれほど離れていないことが分かった。保健当局は、この一帯の海水や水産物がコレラ菌に汚染されたことにより、感染を引き起こしたものと推定している。 (抜粋)


コレラはどうやって感染していくのかというと、患者の糞便や吐瀉物に汚染された水や食物からの感染がもっとも重要な感染源であるということです。

何が書きたいかというと、この海域が私たちの糞便で汚染されている、ということです。

一応、最新の統計はこちらで海洋投棄は急激に減少している事になっています。今年から海洋投棄は法的に禁止されているということもありますから、表向きは海洋投棄は「0」にならないと困ってしまいます。

で、実際はどうなっているかというと山郷に糞尿を不法投棄しているのです。海洋投棄する経費を考えたらこの方がはるかに安上がりですからね。そして、これが河川を汚染している。まぁ、海洋投棄されていても年内は取り締まりをすることはないでしょうけどね。なぜなら面子が立たないから。取り締まりをして、事例が見つかれば法を守らない南朝鮮人というものの裏付けになるからですね。

このケースは巨済市海域だけの問題ではありません。それというのも糞尿の不法投棄は南朝鮮では珍しいことではありませんから。それなので金田は朝鮮海苔も含めて南朝鮮産の食材やキムチは絶対に買わないのです。


最近、「金田自身のルーツをこき下ろしてそんなに楽しいのか!」というDMを頂きます。あなた方は誤解していますが、金田のブログは在日同胞に南朝鮮の真実を知ってもらう事が第一義です。オブラートをかけ、粉飾して、祖国を綺麗に見せる事が私たちにとって何か利する事があるでしょうか?

真実を受け止め、それでも祖国のために働きたいという在日同胞は日本サゲなんかしている暇なぞどこにもなく、全力でここまで腐りきった南朝鮮の改善に働けば良い。そんな事にも気がつかない人たちが多いから、私たちは世界から否定されているのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

韓国全土に日本脳炎警報を発令=韓国保健福祉部 (2016.7.11 朝鮮日報)


韓国全土で11日に「日本脳炎警報」が発令された。韓国保健福祉部(省に相当)疾病管理本部によると、7日に釜山で採取された蚊を調べた結果、日本脳炎を媒介するコガタアカイエカが500匹以上、全体の64.2%を占めていたという。この結果を受け、疾病管理本部は警報を発令した。日本脳炎警報は調査で蚊を採取する際にコガタアカイエカが500匹以上で、なおかつ採取された全ての蚊の半分以上を占めた場合に発令される。 (抜粋)

南朝鮮では法定伝染病の感染症の増加が上げ止まりません。

まだ2015年の統計は出ていませんがMERSの関係で2009年の新型インフルエンザによる感染所が爆発的に増えた時には及びませんが、その翌年以上の感染症が発生していたと言われており、今年は何も起きていないハズなのに2015年を上回る予想です。実際に2014年という感染症的には何もなかった平和な年であっても12万8268人もの感染症が発生しており、これは新型インフルエンザ発生の影響を受けた2010年に迫る発生件数だったのです。

そう、感染症的には何もイベントがないにも関わらず、南朝鮮では感染症に発生が増加し続けているのです。それも、お嬢様政権になってからが特に顕著なのです。

先に書いておきますが、報告義務が強化された、という事ではありません。純粋に感染件数が増えている。南朝鮮という環境が感染症に罹りやすくなっているのです。これは以前も少し書きましたここ数年で国民全体が低栄養傾向にあることで感染症に弱くなった。衛生観念が低下している事ももちろん関係します。ですから隠蔽体質であるにも関わらず感染症の増加を食い止める事ができていない。


防疫をやるにも予算がないから記事に書いてもらうときだけ行って、あとは個人で予防してもらうしか手がない。予防が一番費用対効果が良いのですが、南朝鮮の場合はその個人でしなければいけない比率が高過ぎるのです。それが、警報を出すという手段につながっているのです。


お嬢様、あなたは南朝鮮にとって厄病神なのかも知れません。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

韓国全土に日本脳炎注意報 (2016.4.4 朝鮮日報)


全国に「日本脳炎注意報」が発令された。今年の日本脳炎の流行を予測するため、疾病管理本部が病気を媒介する蚊(コガタアカイエカ)の発生状況を調査したところ、今月1日に慶尚南道と済州島で今年初めて発見されたという。同本部が3日に明らかにした。

今回、日本脳炎注意報が出された時期は、ここ10年で最も早い。平年よりも気温が高い暖かい日が続いている影響で、蚊の成虫が活動を始める時期も早まっているためだ。ちなみに昨年、最初の注意報が発令されたのは4月8日、一昨年は4月21日だった。コガタアカイエカは普段から水田や家畜の飼育場、水たまりなどに生息しており、気温が上昇する6月から本格的に活動を開始。8月に最も多く発生し活動も活発になる。

疾病管理本部疾病媒介昆虫課のチュ・ヨンラン課長は「コガタアカイエカに刺されても95%は症状が出ないか、一時的な発熱など軽い症状で回復する。しかしごくたまに神経系に深刻な症状が出て死に至るケースもある」「蚊は10月まで活動を続けるため、この時期まではできるだけ蚊に刺されないよう注意してほしい」と警戒を呼び掛けた。

ウォッチャーの方は多分、「久しぶりだなぁ」って思う記事ですよね。何せ、経済情報誌が日本脳炎注意報を記事にしたのは2013年以来ですから。2000年以降だと今年で2回目の記事になっています。

なぜ、マラリア注意報は記事にしないのか不思議ですが、なぜだかネズミ政権以降、日本脳炎患者が増えているんですね。2000年~2009年の10年間で28人だった患者数が2010年は26人、昨年は40人と右肩上がりで増えているんです。


南朝鮮でも当たり前のように子どもたちに日本脳炎ワクチンを接種していますが、アジアで日本脳炎ワクチンを子どもたちに接種している国って少数派で、この接種は日本の支援のおかげで実施できるようになりました。

そのおかげで、40人という発症者の9割が予防接種が始まる前に生まれた人たち。自費だと6~7万ウォンもかかるのですから、未接種の人たちが積極的に予防接種を受けるはずがないので、接種が始まる前の1971年以前に生まれた人たちはこれからも日本脳炎リスクが高い。


というのが、この記事の背景なんですが、これっておかしいですよね。1971年以前に生まれた人たちは年々減っているのだから、本来ならネズミ政権以降に患者数が増えることはないはず。しかも、昨年は極度の水不足により病気を媒介する蚊の発生も激減し昨年7月は平年より23.5%も減少していました。それにも関わらず患者数は増加しているのです。

そこで、彼らが考えているのは、遺伝子が変異した新しい日本脳炎の存在なのですが、これに関してはちょっと調べても肯定する論文は見当たらなかったのですが、もう一つの可能性として、シンクホールの増加 ≒ 下水管の老朽化が関与しているという面でしょうか。

一時よりニュースは減っていますが、これはシンクホールが減ったのではなく、ニュース性が減少したからに過ぎません。こういった下水の漏洩は市街地における蚊の発生を安定化させます。自然での蚊の発生は酷暑で激減しても市街地で減らなければ伝染病に発生は減少しませんから。


何より、一番の問題は南朝鮮男性の10人に4人は栄養バランスが悪化している、という事実。これが伝染病被害を拡大させている最大の原因なんだと思います。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

「新鮮な貝類召し上がれ」 (2015.11.28 朝鮮日報)


ソウル市永登浦区の大手スーパー「ホームプラス」永登浦店で27日午前、旬を迎えた新鮮な貝類の超特価イベントが行われ、モデルたちがこれをPRした。

南朝鮮では食中毒の発生件数が増加傾向にあります。日本と違って律儀に報告するような国ではないにもかかわらず(食中毒を起こしたという事実を公表するのは自分が「悪」と言っているのと同じだからです)増加しているというのが、背筋が凍てつくような恐怖を感じさせます。

そう、食中毒がそれだけ蔓延しているということです。何せ、燃料費を抑えるために要冷凍の食材を冷凍しないで配送してしまうお国柄ですから。

それでなくても南朝鮮の貝類は汚染されていて、在釜山日本国総領事館も貝毒に関する注意を取り下げていません。そういえば、台湾でも南朝鮮産のカキで集団食中毒がありましたっけ。まぁ、こういったニュースは南朝鮮ではあまり流れないんですけどね。


私たちは病原体に強い体をしているのかも知れませんが、汚染されているからこそ、超特価なのかも知れません。



あ、そういえば私たちそのものが病原体なんでしたっけ。さっき書いたばかりなのに忘れてましたワ。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

Transfer of scarlet fever-associated elements into the group A Streptococcus M1T1 clone (2015.11.2 Scientific Reports)
A群連鎖球菌M1T1クローンへの猩紅熱に関連する要素の移転

Between 2011 and 2012, >100,000 scarlet fever cases in mainland China were reported by the Chinese Ministry of Health. Since September 2013, Public Health England have reported a scarlet fever outbreak of >15,000 cases.

2011~2012年に、中国本土で猩紅熱の事例が10万件あると中国保健省によって報告されました。 イギリス公衆衛生局は2013年9月から1万5000件の猩紅熱発生を報告しました。 (抜粋)

今回は南朝鮮の新聞でも伝えない、南朝鮮の感染症の実態を書きたいと思います。

クイーンズランド大学感染症センター化学分子生物化学部のMark Walker教授らが"nature"のScientific Reportsにて発表した論文からです。この論文の趣旨は本来はタイトル通りですが、論文中に驚くべきことが書かれていたので調べるきっかけになったのです。

まぁ、本当のきっかけは溶連菌(溶血連鎖球菌)を調べていて見つけたんですけどね。ちなみに金田は元気すぎるほど元気です!皆様、ご心配下さり誠にありがとうございました。


現在、日本では猩紅熱のほとんど報告はありません。札幌の病院では以前は1万を超える患者数が平成元年には「0」になったと報告があります。ところが、結核などもそうですが、中国で流行する病気は南朝鮮でも流行る。この傾向は猩紅熱にも当てはまったのですね。

南朝鮮では2001年に発生した猩紅熱患者数は49人でした。ところが2013年になると3678人と75倍以上に急増していたのです。

一応、南朝鮮側の言い訳も書かせてください。そうじゃないとフェアではありませんから。2013年9月23日から抗原検出検査を行わなかった患者疑いまで報告書に含めるようになったから増えた、と言います。

ですがここには2つの問題があり、
・今までの検査はザルだった
・中国の患者増加とリンクし2011年から患者数が増えている部分に気がついていない
要するに感染ルートが分からず、新たな感染ルートも潰せていない、ということです。

結論として、子どもに感染しやすい猩紅熱天国である南朝鮮に子どもを連れて行くことは避けるべき、と金田は思います。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ