在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

カテゴリ:雑記 > 年中行事

昨日は皇后陛下の誕生日でした。

金田は私たちが選挙の妨害をしないように事前に情報を得るなどして、日本の選挙が日本人の手に戻るよう微力ながら役に立てればとこの1週間を過ごしてきました。今日はその最終日であり、心を引き締めていきたいと思います。


こういった状況で、皇后陛下のお言葉全文を読み、やはり日本は天皇陛下、皇后陛下、そして皇族の皆様の深い慈愛に包まれているのだと認識するに至ります。ただ、両陛下共にご高齢であり、多忙なご公務を一つ一つ丁寧に向き合っていくにはそろそろ厳しい頃合いなのではないかと、新米日本人としては思っていたのです。


陛下の御譲位については,多くの人々の議論を経て,この6月9日,国会で特例法が成立しました。長い年月,ひたすら象徴のあるべき姿を求めてここまで歩まれた陛下が,御高齢となられた今,しばらくの安息の日々をお持ちになれるということに計りしれぬ大きな安らぎを覚え,これを可能にして下さった多くの方々に深く感謝しております。 (抜粋)

皇后陛下はこの一文で締めくくられました。両陛下が本当に安息の日々が得られるよう、今回の選挙を多くの日本人が投票して、議員として入り込んだ反日帰化議員を政治の舞台から退場してもらうようにしたいと思います。

日本を、日本人の手に戻していくための選挙。未来永劫、日本人として誇りに思える国づくりの礎を得るために、今回の選挙を迎えたいと思います。台風で投票しに行くのは大変かもしれませんが、投票しなければ何も変わりません。皆様の一票で日本の国を日本人の手に。

投票に向かう際には十分安全を考えて投票所へ向かってください。


※ 余談ですが、皇后陛下自ら「御譲位」と仰っているのですから、退位という表現をそろそろやめませんかね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

今週は関東を中心にアレコレしているのですが、
今日は休みを取って午前中に靖国神社を参拝してきました。

何せ、今日は神嘗祭。
五穀豊穣を祝うとともに、家の、地域の、そして日本の平安と恵を祈願してきました。

7D1FB035-7FF5-477E-953E-276083696B11

今日はあいにくの雨でしたが、とても清々しい空気に包まれていました。

D206C85E-4902-43B2-9DF3-146ADE2C6AED

これから神宮神嘗祭遙拝式があるのに帰ってしまう人も。せっかくの神嘗祭を祝わないのか疑問でしたが、声を掛けてみたら中国からの方たちだったようです。

5CADDBCC-9E9A-4DE8-8408-30802E57A8F0

10時からの神宮神嘗祭遙拝式に間に合うようにと、ホテルを早めに出て参拝しに来た甲斐がありました。春に蒔いた種が秋になって何倍もの実りとなり、日本を豊かにしてくれました。それを天皇陛下ならびに皇后陛下、そして日本人がお祝いする神嘗祭。それを共にお祝いできるのは本当に嬉しいことです。

1941B088-E225-4F55-A509-C7CEF2A48969

ここで御朱印をいただきます。参拝した証として、そして、今日、参拝した想いを忘れずに心に留めておくために、お願いした次第です。

701BED96-E123-48C2-A003-B6F366F365E7

金田も書を嗜んでいますが、力強く書かれた文字、いいですね。


2時間ほどの短い参拝でしたが、これで22日まで戦う英気を養えたと思います。

五穀豊穣をお祝いできないような状況におられる方もいると思います。
今年も多くの地域で災害がありました。
そういった方々の上にも祝福がありますよう、
何より、日本を愛する全ての人々の上に大いなる恵みがありますよう祈願してきた次第です。


今日の夜は日本酒を一献。
千葉、君津の「福祝」で妻と神嘗祭をお祝いしたく思います。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

いろいろありまして、昨日から身を清め、本日の秋季皇霊祭に臨みました。

このブログを書くのは金田にとって非常に有意義な時間と機会なのですが、やはり精神的に平穏でいられない記事も多々ありましたので、昨日と今日はニュースを一切読まず、今日を過ごしました。

機会に恵まれ、某神社の皇霊祭の準備を手伝わせていただく事ができました。金田ができる事は限られているのですが、日本を創り、護り、発展へと導いてくださった、お歴代の天皇陛下を始め、皇后、皇族の方々、そして多くの日本人の御魂をお慰めし、感謝できる参拝以外の機会を経験できた事は、日頃にも増して、日本という国を感じることができたと思います。

今年も多くの災害が日本を襲いました。まだ、癒されていない災害も多くあります。そういった地域に住む方々の上にも平安と、救いと、何より喜びに満たされることを祈念してきました。


天皇・皇后両陛下並びに皇族の皆様。そして全ての日本人及び世界の人々の上に、今の時代だからこそ平安がありますように。皆様の上に、益々の発展と平和がありますように。



いつもお読み下さりありがとうございます。今日くらいは反日同胞とも休戦でもいいかも。
人気ブログランキング

日照りで底があらわになった草坪貯水池 (2017.5.27 朝鮮日報)


27日午前、貯水率38%となった忠清北道鎮川郡の草坪貯水池では、日照りによって亀の甲羅のようにひび割れが生じた池底があらわになり、水上に浮かんでいたはずの釣り小屋が陸上にある。

IMG_0541

このところ水不足が定期的に問題となる南朝鮮。2015年も極度の水不足が発生していましたね。

今年はこの小雨もいろんな地域で発生していまして、済州道でも水不足横城郡では早期対策で100世帯の水の供給ができたと言いますが根本的な解決ならず、全国的な水不足が起きています。

南朝鮮の国民安全処によれば、ここ半年の降雨量は前年の85%レベルであり大旱魃ではありませんが、十分な水を供給できる降雨量ではないので、こういったニュースを流して国民に水不足をアピールせざるを得ないのですね。

忠清南道牙山市などはもう何年も渇水が続き、地下水を汲み上げて生活用水に利用するような生活ですが、これは渇水に対する何らかの対応を行政が後回しにしているから。

昔から南朝鮮では「春の旱魃」という言葉があるほど、3月〜5月は雨が少ない。その上、昨年、日本の関東で春の水不足が起きた最大の理由である「降雪不足」もここ数年、南朝鮮では進行しており、雪解け水が期待できなくなっているから、85%程度の降雨量減少で写真のような悲惨な状況になるのです。


ただ、降雨が増えればそれもまた問題で、「春の大気汚染」という新たな問題が降雨により、「春の土壌汚染」に変わってしまう。渇水は渇水で大問題。降雨は降雨でそれもまた大問題という、解決のない問題だったのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

【コラム】韓国大統領の「悲運」は朴槿恵で終わるのか (2017.3.20 朝鮮日報)


韓国憲政史には11人の大統領が名を連ねている。このうち8人は悲運の大統領で、無事だったのは3人だけだが、その3人も平坦とはいえない末年を送った。初代の李承晩(イ・スンマン)は不正選挙を糾弾する4・19革命(1960年)で下野し、亡命先で世を去った。ユン・ボソンは内閣制の大統領で、5・16クーデター(1961年5月16日。朴正熙〈パク・チョンヒ〉陸軍少将〈当時〉らによる軍事クーデター)によって追われ、崔圭夏(チェ・ギュハ)は文字通り「臨時大統領」だった。朴正煕は長期政権の末、部下に撃たれて命を落とし、全斗煥(チョン・ドゥファン)と盧泰愚(ノ・テウ)は退任後、刑務所暮らしをすることになった。盧武鉉(ノ・ムヒョン)は退任後に自殺、そして朴槿恵(パク・クンへ)は、任期中に弾劾で罷免された。 (抜粋)

本日は春季皇霊祭。

実は昨日から東京におりまして、明日の会議を出たら関西に戻ります。今日は靖國、赤坂氷川、そして息子に3人目の子ができたということで伴侶であるお嫁さんのために鬼子母神様で御守りを貰いに行ってきました。

次世代に紡ぐこういった風習、良いものですね。

南朝鮮でもあるにはあるのですが、非常に新しい風習ばかりで、しかもたった数十年でも大きく変容してしまう。ですが、日本では金田と我妻に子を授かった時も、息子夫婦に子を授かった時も同じ祈りを捧げ、同じ行事を祝う。歴史が繋がっていることを肌で感じることができます。


125代も天皇家が続くのも、自分だけが良ければ、という考えではなく国の安寧を第一に考えていたからこそなのだと思います。

歴代天皇の御霊に、英霊に、そして日本を築いてきた全ての霊に感謝を捧げ、今日1日を過ごすことができました。私の元祖国も、国民が国の為に働いてきた全ての人に感謝する心を持つことができれば、悲運の連鎖を断ち切ることができるでしょう。

韓は恨に通じる、と言います。

定めし恨みの血を消し去らんとする心はどこかにあると思います。その為には、祖先に対し感謝を捧げ、喜びを感じる風習を私たちも続けていければ、と強く、強く願うばかりです。


皆様の上に、こよなき祝福がありますように。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

天照大神が孫の天津彦彦火瓊瓊杵尊に対して次のように述べました。

葦原千五百秋之瑞穂國 是吾子孫可王地也 宜爾皇孫 就而治焉 行矣 當與天壌無窮者矣 

日本乃国は我が子孫が王とし統べたるべき国である。瓊瓊杵尊よ、行って、しっかりと治めなさい。恙なく行くのです。公孫は天地と共に永遠に栄えることになるであろう。(意訳)

「天壌無窮の神勅」と呼ばれるものです。天照大神はこの他に「宝鏡奉斎の神勅」「斎庭の稲穂の神勅」という神勅を出していて、これらを合わせて三大神勅と言われています。日本が今も在り続けているのは、皇祖、天照大神大神が公孫とそして日本国を祝福し、その祝福(神勅)に応えるべく、日本の民が天皇を拝しつつ一生懸命国を創り続けてくれたからこそ、アジアで唯一先進国に入る事が出来たのです。


金田は今日、妻とゆっくりと京の町を散策してきました。少し距離はありますが二条城から下鴨神社界隈を今の幸せをかみしめつつゆるりと過ごしました(寒かったので時には車も使いましたが、、、笑)。

午前は紀元祭を見学し、おむすび運動に乗っかって、妻の作ってくれた梅とおかかのおむすびを食べ、午後は烏丸付近にあったお店に名前がなんとなく今日の雰囲気に合っていた「生きている珈琲」という喫茶店で珈琲を頂き、魂が満たされてから家路につきました。


こんな幸せな時間を過ごせるのは多くの方の支えがあるからです。天皇・皇后両陛下が日本の為に、国民のために祈ってくれて、国民はその祈りに応えて一生懸命働く。私が在籍している会社もその一つとして、日本に国富を満たすべく社員一丸となって働く。地域もまた年中行事を通して地域から日本という国を支えるべく住民が働く。

金田が地域の、会社の、そして日本の一員として働けるのは天照大神の御神勅があったからなのだと心に留めながら、先ずは幸せの最小単位である夫婦で共に手を携えて、日本のために働こうと決意を新たにした1日でした。


来年は子供や孫たちも一緒に紀元節をお祝いできればと思います。



いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

平成29年、皇紀2677年の年明けです。

金田の抱負としては、
・弾劾判決が出るまでに元慰安婦の挺対協側4名の慰労金受け取り
・ソウルの慰安婦像移設
のために働きかけたいと考えています。

ソウル市議会は74/106と7割近くを共に民主党議員が占めている、北朝鮮に半ば支配された都市です。ですから移設はかなり困難ではあるのですが、そこはやりようもあるので、ソウル市議会の中では僅かな賛同者ではありますが、合法的に移設できるように彼らと共に頑張りたいと思います。

少し苦しい道程ですが、そういった時に金田に力を与えてくれるのが次の御製です。


明治天皇 明治12年新年祝言

あらたまの年もかはりぬ今日よりは民のこゝろやいとゞひらけむ

どんなに頑なであっても、この御製を胸に接触を続けていけばきっと「民のこゝろやいとゞひらけむ」となってくれるだろうと願っています。


皆様はどういった新年の抱負をお持ちなのでしょうか。一人一人の想いが積み重なり、日本という国がより靭く、安定した発展と、何より安寧に包まれることを願っています。

早く帰って日本の雑煮を食べたい!


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

1年の中で金田が最も幸せな日、それがこの時期です。
何せ、天長節とクリスマスが同時にやってくるのですから。

天長節、おめでとうございます
これほど喜ばしい日はそうはありません。

23日から25日まで昨年同様東京に来ております。
昨日は日比谷公園のクリスマス・マーケットに寄ったついでに
帝国ホテルでお茶でもしようかと思ったら
少年だけの合唱団によるクリスマスコンサートをしていました。
素晴らしい歌声に心も癒されました。

今日(昨日?)はイグナチオ教会にてクリスマスミサに与り、
25日は靖國に参拝して帰路につこうと思います。


昭憲皇太后 御製

「みがかずば 玉の光は い出ざらむ 人の心も かくこそあるらし」

この御製は天長節やクリスマスとは全く関係のないものではありますが、新たな年を迎える節目に常に心に留め、引き締めていくために一度は口ずさみたい御製だと思います。

人の心も宝石同様、磨かなければ光らない。

金田は、この一年、自らの魂を磨いていたのか。そう自問し、新年は磨き残しがないよう、自らを律し、魂の光を曇らせないようにしたいと願っています。


南朝鮮では、現在、他人の魂の光を消し去る事に執着しています。いえ、以前からでしたが、現在はそれがより酷くなっているのです。人の魂の輝きを曇らせても自らの光が強くなる事はありません。それどころか、より社会が暗くなり、不安が増大するだけです。

クリスマスを迎えました。

キリストは世を照らす光でしたが、そのキリストを信じるハズのキリスト者が多い南朝鮮では、社会を照らす光を消し去りました。闇は進むべき道を誤らせます。今、この時期にも南朝鮮はどんどん進んではいけない道に進んでいく事でしょう。


日本を照らす光は天照大御神を祖とする天皇・皇后両陛下です。日本が誤った道に進まないために輝き続けて欲しいと願うばかりです。午前にでも参拝し両陛下の健康と益々の平安を願いたく思います。日本がこれからも輝き続けるために、微力ながら日本のために貢献し続けていきます。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

ソウルで天皇誕生日記念行事、韓国ネット世論沸騰 (2016.12.10 朝鮮日報)


天皇誕生日記念行事がソウル市内の高級ホテルで開催されたことが分かり、韓国国民から批判を浴びている。  

8日、グランド・ハイアット・ソウルで、在韓日本大使館の主催により天皇誕生日記念行事が開催された。日本は天皇誕生日である12月23日を祝日に定め、毎年12月に各国の在外公館でこれを祝う行事を開いている。  

会場のホテル前に集まった市民らはプラカードを持って抗議するなどしたが、警察が市民を阻止しようとして衝突が起こる場面もあった。 市民らは「倭王(天皇)の誕生日は、日本でしろ」「時期が時期なのになぜ今、誕生パーティーをするのか」と天皇誕生日記念行事の開催に憤りを見せ、大声を上げた。  

この天皇誕生日記念行事には約3000人が招待され、600人が出席したとのことだ。  天皇誕生日記念行事の開催を知ったネットユーザーたちは「今は日本帝国主義時代なのか?」「眠れないし、首根っこ捕まれて倒れされたような感じ」「そんな時間があるなら、元慰安婦の皆さんに謝罪してお世話して差し上げろ」「韓国の感情もちょっと考えてほしい」「韓国も東京のど真ん中で安重根(アン・ジュングン)義士や尹奉吉(ユン・ボンギル)義士の追悼式をしよう」「誕生日記念行事の費用は誰が出すのか」などとネット上に書き込んだ。 (抜粋)

実は、南朝鮮という国ほど天皇陛下を敬愛して止まない国はありません。昨年は慶尚南道が作成したカレンダーに天皇誕生日を記すほどです。そんな国、正直、どこにもありません


好きと嫌いは表裏一体と言います。あまりにも天皇陛下を好きで好きで好きで堪らないから、自分たちも一緒にお祝いしたいのに呼んでもらえないから、ついついオイタをしてしまうのでしょうね。ツンデレというか、少し面倒な子と言った感じです。

要するに、彼らの抗議は天皇陛下に対して、「ソウルの真ん中で愛を叫ぶ」状態なのです。否定する人もいると思います。日本人も、もちろん南朝鮮人も。ですが、一般的に、南朝鮮が行なっている行動は完全に求愛行動ですから。捻れていますけど。


で、こういったツンデレほど、困った時ほど「なんで助けてくれないんだ!」と、日本に泣きついてきます。困った時に助けてくれるのは日本しかいない、って深くDNAに刻み込まれているのですよ、私たちには。それ故の行いなんですね。

日本は助ける必要はないです。どんなに求愛されても。サイコから好かれても困るだけですからね。ですが、これだけのエネルギーを傾けて天皇陛下を "愛せる" のですから、これはこれで、下手な左翼日本人よりもマシだと思ったりもします。

何せ、愛の反対は憎しみではなく無関心なのですから。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

今日は金田家では新米が解禁される日です。

朝、玄関に日の丸を掲げ、
農家の方が一生懸命作ってくれた新米を土鍋で炊きます。
普段は電気炊飯器ですが、お焦げを作るために今日は土鍋です。
お焦げを作る事でお米をしっかり炊いた事になり、
食の最後にお焦げを茶漬けにして御飯を最後まで頂きます。

他に、白身魚のすり身が入ったお澄まし、
香の物、
そして焼き魚(今日はイワシ)
を農家の方や日本、そして天皇皇后両陛下に感謝しながら食しました。

これが金田家の新嘗祭の始まりです。


明治36年:明治天皇御製 をりにふれたる   
豊年の 新嘗祭 ことなくて つかふる今日ぞ うれしかりける

新嘗祭を迎えるにあたり、明治天皇のこの御製が金田にとって良い道標となっています。

うれしかりける

この一言が今日一日を過ごすにあたり、常に心の中央に座しているのです。

日本人として、
日本の未来を祈り、
繁栄と安寧を願い、
天皇家の永続と安泰を望む。

こんな幸せを妻の作ってくれた膳を食しながら噛み締めておりました。


折角の休日でもあります。
妻とふらっと神戸にでも行ってきます。


日本にとって良い新嘗祭となりますように。
そして、福島、鳥取、熊本を始めとした罹災された皆様の不安が晴れる日となりますように。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ