在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

カテゴリ:社会問題 > 赤ちゃんの売買

米国への養子縁組、韓国はエチオピアに次ぐ3位 (2016.5.6 朝鮮日報)


両親の離婚が原因で家出を繰り返していた女性(19)は、一緒に暮らしていた恋人の子どもを出産した。だが子どもを育てる経済力がなく、親に頼ることもできなかったため、悩んだ末に養子に出すことにした。女性が出生届を出した後、子どもを引き受けた養子縁組機関は1年にわたり韓国国内で養親を探したが見つけられず、結局、米国に養子に出した。

韓国は経済規模が世界11位(国際通貨基金〈IMF〉試算)に成長したにもかかわらず、昨年1年間に米国へ養子縁組された子どもの数は中国、エチオピアに続き3番目に多かったことが5日、分かった。

少子化で出生児数が毎年減り続けているにもかかわらず、海外へ養子に出される子どもが依然として存在するのは、望まない妊娠をした未婚の母が多いためだ。中央入養院によると、韓国では海外に出される養子の95%が未婚の母の子どもだという。法的に夫婦でない男女から生まれた婚外子は14年が8459人で、出生児全体の1.9%を占めた。このうち海外へ養子に出された子どもは2-3%で、韓国国内での養子縁組を含めると10%を超える。未婚の母が産んだ子どもの10人に1人は養子に出されている計算になる。

特に、養親になろうとする人たちが「健康な女児」を望む傾向にあることも足を引っ張っている。14年の場合、韓国での養子縁組では女児(414人)が全体の65%を占めた一方、海外に出された養子は男児(438人、82%)が大半を占めた。中央入養院の関係者は「将来的に財産相続などの問題が起きることを懸念し、韓国では男児を養子に取ることを避ける傾向にある」と話している。 (抜粋)
2016050601
朝鮮日報より


「望まぬ妊娠」が赤ちゃん売買の原因、という側面は確かにあります。統計によれば、19歳以上の女性のうち望まぬ妊娠を経験した割合は16.8%にもなります。妊娠した女性はどうするのかというと30.1%が出産します。

相当数の子供達が「望まない結果」ですから、児童虐待も増えるでしょうし捨て子も増える。もちろん、赤ちゃんを売ってしまうケースも増えるわけです。こういった背景がこの記事にはあるのですね。


それにしても、このグラフを見て分かるように、赤ちゃん輸出国は政治情勢が混乱しているか発展途上国しかありません。確かに南朝鮮は政治情勢も混乱していますし、発展途上国型の事故が多発しているのですから、このリストに載る資格はあると思います。

今の南朝鮮の状態を良く表しているとは思いますが、それにしても異常。

何せ、海外に赤ちゃんを売る場合、毎年20%近くが障碍児。性善説からすると障碍を持って生まれてくるというのはその子の性質に問題がある(= 悪)であるから、というのもありますが、障碍児を養子にしても国から出る療養費が60万ウォンにしかなりません。これでは経済的負担が非常に多いということもあり障碍児は産んだ両親からも、そして養子先からも疎まれる存在になる。

男児が好まれないのは、遺産分与だけでなく純粋に男児の生涯未婚率が女性よりも高いから。せっかく育てても結婚をしない子供は "自分の老後" にとってはリスクにしかならないからですね。


こういった事って、本来、経済が発展している国や地域では起き得にくいことなんですよ。ということは、純粋に民度が低いということです。先ほど、政治情勢や事故の件を書きましたが、本当は国民の思考そのものに問題がある。あまりにも自分がカワいくて自分しか見ていないから「望まない結果」は産んでも捨てたり売ったりするのです。


冒頭の数字から生まれてくる赤ちゃんの5.1%は「望まない結果」ということになるから、昨年生まれた43万8700人のうち、約2万2000人は「望まない結果」。これって相当な闇になるんだと思うのです。育てる方も絶望。育てられる方も絶望。そう考えると、アメリカに赤ちゃんを売った方が生みの親も、育ての親も、そして赤ちゃんも三者が幸せになるように感じるんですけどね。ついでにその国を乗っ取るための駒にもなりますし。キモチワル、、、


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

韓国人と日本人、どちらが児童性犯罪が多いか」に関連して補足記事です。


アメリカは毎年、「人身売買報告書」という自国に有利な報告書を出しています。毎年、日韓両国のメディアが取り上げているのでご存知の方も多いと思います。

なぜ、アメリカに有利な報告書なのかというと、ここでランク付けされるものは、アメリカの「人身売買被害者保護法(TVPA)」に準拠しているからであり、国内法が基準であれば、アメリカは必ず、最上位にランク付けされるのは当たり前だからです。

で、この報告書は取り組み状況に応じて、「Tier 1」、「Tier 2」、「Tier2 Watch List」、「Tier 3」の4段階に分類され、日本は、"安定" の「Tier2」に分類されており、南朝鮮は「Tier1」と上位に位置付けられています。朝日新聞や南朝鮮では日本のことを「人身売買根絶の最低ラインすら満たしていない国」と報じていたりします。

このランク付けはあまり意味をなしていないと思いますが、その国を欧米人がどう見ているかについては良く分かると思います。それでは2015年の報告書から日韓両国の冒頭部分をどうぞ。日本の部分の日本語訳はこちらから引用しています。


JAPAN: Tier 2
Japan is a destination, source, and transit country for men and women subjected to forced labor and sex trafficking, and for children subjected to sex trafficking. Male and female migrant workers, mainly from Asia, are subjected to conditions of forced labor, including through the government’s Industrial Trainee and Technical Internship Program (TITP). Some men, women, and children from East Asia, Southeast Asia (mainly the Philippines and Thailand), South America, Africa, Eastern Europe, Russia, and Central America travel to Japan for employment or fraudulent marriage and are subjected to sex trafficking.Traffickers use fraudulent marriages between foreign women and Japanese men to facilitate the entry of women into Japan for forced prostitution in bars, clubs, brothels, and massage parlors. Traffickers strictly control the movement of victims using debt bondage, threats of violence or depor tation, blackmail, and other coercive psychological methods.Victims of forced prostitution sometimes face debts upon commencement of their contracts. Most are required to pay employers fees for living expenses, medical care, and other necessities, leaving them predisposed to debt bondage.“Fines” for alleged misbehavior are added to victims’ original debt, and the process brothel operators use to calculate these debts is typically not transparent.Trafficking victims transit Japan between East Asia and North America.

日本は、強制労働および性的搾取の人身取引の被害者である男女、および性的搾取の人身取引の被害者である児童が送られる国であり、被害者の供給・通過国である。主にアジアからの移住労働者は男女共に、政府の技能実習制度(TITP)も含め、強制労働の状態に置かれる。東アジア、東南アジア(主にフィリピンおよびタイ)、南米、アフリカ、東欧、ロシアおよび中米からの男性、女性および児童の中には、雇用あるいは偽装結婚のために来日し、性的搾取の人身取引の被害にさらされる者もいる。人身取引犯は、バー、クラブ、売春宿およびマッサージ店で強制売春をさせる目的で外国人女性を日本へ入国させやすくするために、外国人女性と日本人男性との偽装結婚を利用する。人身取引犯は、借金による束縛、暴力または強制送還の脅迫、恐喝、その他の精神的な威圧手段を用い、被害者の移動を厳しく制限する。強制売春の被害者は契約開始時点で借金を負っている場合がある。ほとんどの被害者は、生活費、医療費、その他の必要経費を雇用主に支払うよう要求され、債務奴隷にされやすい。また、素行が悪いとされ「罰金」が被害者の当初からある借金に加算される。売春宿の運営者によるこうした借金の計算方法は、概して不透明である。人身取引の被害者は、日本を経由して東アジアと北米の間を移動する。


KOREA, REPUBLIC OF: Tier 1
The Republic of Korea (ROK or South Korea) is a source, transit, and destination countr y for men, women, and children subjected to sex trafficking and forced labor. South Korean women are subjected to forced prostitution in Korea and abroad, including in the United States, Canada, Japan, Australia, Hong Kong, Dubai, Taiwan, Macau, and Chile. South Korean women commonly enter destination countries on tourist, work, or student visas, and some are subsequently forced into prostitution in massage parlors, salons, bars, restaurants, or through internet-advertised escort services.Some victims who owe debts to entertainment establishment owners or loan sharks are then forced into prostitution. Some disabled or intellectually disabled Korean men are forced to work in salt farms where they experience verbal and physical abuse, nonpayment of wages, long work hours, and poor working and living conditions. South Korean children are vulnerable to commercial sexual exploitation through online recruitment. In need of money for living expenses and shelter, some runaway girls are subjected to prostitution.

大韓民国(韓国あるいは韓国)は売春と強制労働を目的に成人男女と児童の人身売買に関与する送出国・経由国・目的国である。 韓国女性たちはアメリカ、カナダ、日本、オーストラリア、香港、ドバイ、台湾、マカオ、チリを含んだ国内外で売春を強要されている。 韓国女性たちは普通観光、就職、留学ビザで目的国に入国して、一部はマッサージパーラー、サロン、バー、食堂やインターネット売春業者を通じて強制的に売春に従事する。 風俗店事業主や悪質な債権者に債務を負っている一部被害者は売春を強要される。 身体障害や知的障害を持つ一部韓国人男性たちが塩田で強制労働を強要されていて言語的・身体的苛酷な行為、賃金未払い、長時間勤労、劣悪な勤務・生活条件を経験している。 韓国児童はオンラインを通した商業的性搾取に脆弱だ。 一部家出少女は住みかと生活費を得るために売春に出る。

両方を読み比べて、日本の方が人身売買を行っているようには見えないんですけどね。そして、南朝鮮は性絡みの人身売買が非常に多いことがここから十分すぎるほど読み取れます。


人身売買や奴隷という言葉は国によって意味が違うことは度々書いてきました。

例えば「強制労働」。ここではち日本のTITPと南朝鮮の塩田が取り上げられています。

日本は近代において、西洋で言う奴隷は存在しませんが、南朝鮮では、それこそ正真正銘の奴隷が存在する国です。TITPは私の知る限り最低賃金に近いですが給与は支払われていますが、南朝鮮の塩田では支払われていない。これを同列に語られるのは朝鮮系日本人だからこそ、非常に大きな違和感を覚えるんですね。

それにも関わらず、

TITP : forced labor
塩田 : forced to work

・・・・。

そういえば、日本も徴用を「forced to work」としていましたっけ。塩田奴隷と戦時徴用が同じだとアメリカ様は捉えていると考えられますね。しかも、ニュアンスとして「forced labor」の方がより深刻さを感じさせる表現ですから、TITPは塩田よりも深刻な人身売買と見ているんですね。南朝鮮の性売買はこのTITPと同様に深刻な人身売買と言うのがアメリカ様からの "ご助言" ですね。

強姦、売買春、性上納など多くの性絡みの問題が起きていますが、それに関して、南朝鮮は形だけの対策を表明だけする。実際の強姦などは増加しているので、あくまで表面上「対策を講じていますよ!」と言っているだけですが、それでも形があるので「Tier1」になるということです。


日本は労働力不足をTITPで補っている部分を少しでも改善していく必要があるという、アメリカ様からの超上から目線なのがジワジワきますが、アメリカの人身売買は世界でもトップレベルでしょうに、、、。もちろん、日本はこのTITPの運用の仕方を見直し、逃亡した人は強制送還にするといった運用をしていく必要があるのだと金田は思いますが、運用方法が定められているTITPと南朝鮮の性売春を同列に語るのは、「アメリカよ、お前は何様か」、と感じざるをえません。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

미혼모의 아기 6명, 20만~150만원에 거래 (2016.1.6 Chosun.com)
未婚の母から生まれた赤ちゃん6人、20万~150万ウォンで取引

할머니・동생과 셋방사는 20대女, 메일・쪽지 보내 영아 건네받아
"아이 직접 키워보고 싶어서… 2명은 돌려주고 1명은 지인에 줘"

祖母と弟と共に借家住まいの20代女性、メールやメッセージでやり取りして乳児を渡される
「実際に子供を育ててみたくて... 2人は返され1人は知人に与える」

충남 논산경찰서는 미혼모에게 돈을 주고 갓난아기를 데려다 키운 혐의(아동복지법 위반)로 임모(여・23)씨를 붙잡아 조사 중이라고 5일 밝혔다. 임씨는 2014년 3월부터 2015년 4월까지 미혼모들에게 각각 20만~150만원을 주고 영아 6명을 데려다 키운 혐의를 받고 있다. 임씨는 인터넷 포털사이트에 "아기를 낳았는데 어떻게 해야 할지 모르겠다"는 등의 글을 올린 미혼모들에게 메일과 쪽지를 보내 접근했던 것으로 조사됐다. 경찰은 임씨에 대해 구속영장을 신청할 방침이다.

忠南、論山警察署は未婚の母にお金を渡して乳児を連れて行き育てた疑惑(児童福祉法違反)でイム某(女・23)を逮捕し調査中だと5日明らかにした。 イムさんは2014年3月から2015年4月まで未婚の母にそれぞれ20万~150万ウォンを与えて乳児6人を連れて行き育てた疑惑を持たれている。 イム某はインターネットのポータルサイトに「赤ちゃんを産んだがどのようにするか分からない」などの文を載せた未婚の母にメールとメッセージを送って接近したと調査された。 警察はイム某に対して拘束令状を請求する方針だ。

경찰 조사 결과 임씨는 할머니, 남동생(21)과 함께 거주하는 논산의 셋집에서 영아 6명 중 3명을 키워 왔으며, 이 중 2명은 자신의 호적에 올렸다. 아이들은 모두 24개월 미만으로 남자아이가 2명, 여자아이가 1명이었다. 임씨는 다른 3명의 아이에 대해서는 "2명은 키우다가 친부모에게 돌려줬고, 1명은 지인에게 건넸다"고 진술해 경찰이 사실 확인 작업을 벌이고 있다.

警察の調査によるとイム某は祖母と弟(21)と共に居住する論山の借家で乳児6人のうち3人を育て、この中2人は自身の戸籍に載せた。 子供たちは全て生後24ヶ月未満であり、男の子が2人、女の子が1人だった。 イム某は他の3人の子供に関しては「2人は育てて両親に戻し、1人は知人に渡した」と述べ、警察が事実確認作業を進めている。(抜粋)

非常に珍しく、容疑者氏名が公表されている記事ですね。

それはさておき、2万円でも貰えれば良い方ですね。何せ、南朝鮮は捨て子大国でもあるので。ちなみに、"捨て子" という言葉は南朝鮮では禁止用語なんですね。表記する際には "捨てられた子ども" と表記しますが、この理由は実は差別でも何でもなく、起亜自動車が絡んでいます。

何せ、捨て子と起亜のハングル表記は同じですから、経済のためには捨て子という表記を変えるんですね。どうして現代自動車は起亜の名称を変更しなかったか不思議ではあるのですが、言葉狩りにはこういった理由も南朝鮮ではあり得るのです。


ついでに、もう一つ人身売買絡みで "慰安婦" という言葉は南朝鮮で定められた法定用語だったってご存知でしょうか。この慰安婦という用語は1957年に制定された「伝染病予防法施行令」第4条に規定されているんですね。この用語は韓国人相手の売春婦特別するために、基地村女性を指して言う言葉だったのです。

1969年の改正でも使用され続け、1979年の改正時にようやく削除はされますが、"日本軍慰安婦" が問題になるまで、慰安婦というのは基地村女性を指す言葉だったので、挺対協は当初 "挺身隊" と言わざるを得なかったという側面もあったのです。という事で、下手すると米軍慰安婦問題も今回の同意で日本におっつけられるかも知れないと少々(?)危惧しています。


本題ですが、このタダのような値段で仕入れた赤ちゃんは一体、いくらで売られているのでしょうか。少し古い数字しか見当たりませんでしたが、アメリカ人が南朝鮮人の赤ちゃんを購入する価格は1万7215ドル。赤ちゃんの価格として南朝鮮人の赤ちゃんは利口だから一番高い!と左派新聞が自慢しているのも引いてしまいますが、日本円で210万円で売られている事になります。

原価率1%にも満たず、しかも広告費も必要とせずに、たった1人で2000万ウォン以上を手に入れられるのですから、赤ちゃん売買がなくなるはずもありません。

以前は生まれる前に "契約" して、赤ちゃんの代金と出産費用を女性に渡すという形式が多かったのですが、今回の記事では生まれた後に引き取るという形式が取られている。このイム某が養子縁組を通して海外に赤ちゃんを売買していたかどうかまではこの記事からは分かりませんが、生まれた後に赤ちゃんを売買する形式が根付いていることがこの記事から分かるんですね。

保健福祉部の資料によると、国外養子縁組減少誘導の結果、2013年までは順調に減ったいた赤ちゃんの輸出が2014年は2013年の実に2.27倍に急増。2015年も順調に増えていると言いますから、公式発表時にはまた取り上げてみたいと思います。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

実の娘をインターネット経由で60万ウォンで売った男子学生逮捕
60만 원에 인터넷으로 친딸 판 대학생 영장(종합)

(本文)

키우기 어렵다는 이유로 인터넷을 통해 생후 7개월 된 친딸을 단돈 60만 원에 팔아넘긴 비정한 대학생이 경찰에 붙잡혔다.

충북 청주상당경찰서는 2일 돈을 받고 친딸을 판 A씨에 대해 아동복지법 위반 혐의로 구속영장을 신청했다고 밝혔다.
~~

育てるのが難しいという理由でインターネットを介して生後7ヶ月の実の娘たったの60万ウォンで売った非情な大学生が警察に捕まった。

忠清北道清州相当警察署は2日、金品を受け取って実の娘を売ったAさんに対して児童福祉法違反の疑いで拘束令状を申請したと発表した。
~~

(本文ここまで)

このニュース、話題になっていたのですが、なぜだか中央日報日本語版には掲載されていないんですよね。
日本にネタを提供したくないからなのでしょうか

人身売買と言えば、韓国国民は「韓国は人身売買の評価は日本より上」だと本気で思っています。
ですが、アメリカの報告書には「日本人男性は、東南アジアやモンゴルでの児童買春ツアーの大きな需要源」
よりも更に大きな「東南アジアでの児童買春の大きな需要源は韓国人男性」という事実には触れていないのが不思議です。

それはさておき、
ソウルは捨て子大国だって知ってますか?
昨年時点で2日に1日は赤ちゃんが捨てられている。しかもその多くはダウン症などの障害を持った赤ちゃんです。
あまりにも日常だから、このニュースは韓国国内でもそれ程大きく取り上げられていませんでした。

韓国は2002年から2011年まで12,978人の養子をアメリカに送るといった世界第4位の赤ちゃん輸出国家です。
(1990年代前半までは断トツの1位でした)
そして、他の赤ちゃん輸出国家と異なり、輸出された赤ちゃんのうち23%も障害児なのです。
だから韓国ではあまりダウン症患者を目にしないでしょ?
障害児は育てないで捨てる、というのが韓国の常識だからです。

ちなみに輸出された赤ちゃん、実は無償で里親のところに行くのではありません。
多くが実母にお金が支払われている、実質は乳児売買です。
しかも、アメリカで大切に育てられている子どもばかりではなく、臓器目的の乳児売買も行われているのです。
韓国ではどうせ捨てるんだから金がもらえれば、あとはどうなっても知らないのでしょうね。

そんな韓国とアメリカが日本よりも人身売買の評価が高いなんて笑うほかありませんね。


뉴스, 화제가되고있었습니다 만, 왠지 중앙 일보 일본어 버전은 게재되어 있지 않은 지요.
일본에 재료를 제공하지 않으려 때문 하겠지만.

인신 매매라고 말하면, 한국 국민은 "한국은 인신 매매 평가 일본보다 "라고 진심으로 생각하고 있습니다.
하지만 미국 보고서는 "일본인 남성 동남아시아와 몽골 아동 성매매 관광에 대한 큰 수요 근원"
보다 "동남아시아에서 아동 매춘 큰 수요의 원천 한국 남자 '라는 사실을 만지지 않은 것이 이상합니다.

그 외에,
서울은 아기 버릴 대국 알고 있습니까?
작년 시점에서 2 1 명꼴로 아기가 버려져있다. 게다가 그 많은 다운 증후군 장애를 가진 아기입니다.
너무 일상 이니까, 소식은 국내에서도 조금 크게 다루어지고 있지 않았습니다.

한국은 2002 년부터 2011 까지 12,978 명의 양자 미국에 보내는 등 세계 제 4 아기 수출 국가입니다.
(1990 년대 전반까지는 단연 1 였다)
그리고 다른 아기 수출 국가와 달리 수출 아기 23 % 장애아입니다.
그래서 한국에서는별로 다운 증후군 환자 볼 수 없을 ?
장애아 버리게한다는 것이 한국 상식이기 때문입니다.

덧붙여서 수출 아기, 실은 무료로 양부모에게 갈 것이 없습니다.
많은 친어머니 돈이 지불되는 실질적 유아 매매입니다.
게다가 미국에서 소중히 길러지고있는 어린이뿐만 아니라, 장기를 판매 목적으로 아기 팔 수도 있습니다.
한국에서는 어차피 버릴 거니까 돈이받을 수 있으면, 나머지는 어떻게 되든 모르는 겠지요.

그런 한국과 미국이 일본보다 인신 매매 평가 높은 정말 웃음 밖에 없겠 네요.


あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ