在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

カテゴリ:歴史を知らない韓国 > 原爆問題

「韓国人犠牲者への謝罪ない」元広島市長 韓国で被爆者追悼式 (2016.8.6 産経ニュース)
【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編) (2016.8.6 Newa week)

広島への原爆投下から71年の6日、被爆後に朝鮮半島に戻った人が多く暮らす韓国南東部・陜川の被爆者介護施設「陜川原爆被害者福祉会館」で、原爆による韓国人犠牲者の追悼式が開かれた。

式には元広島市長、平岡敬さん(88)も出席し追悼の辞を述べた。平岡さんは「日本政府は原爆投下による韓国人の犠牲と苦難に正式の謝罪をしていない。それゆえ私たち日本人は、苦しみながらこの世を去った方々に、安らかにお眠りくださいと、とても言えない」と千柱余りの位牌に語り掛けた。 (抜粋)

謝罪(apology)──バラク・オバマ米大統領の広島訪問を前に、日米両国でにわかにこの言葉への注目が高まっている。オバマは日本人に謝罪すべきなのか。日本国民は米大統領に謝罪を求めるのか。戦時中の行為をめぐる「謝罪」について、日本はこれまで他国から求められることはあっても、こと原爆に関してアメリカにそれを求める声は大きくなかった。

では国家間の話ではなく、「当事者同士」という個人レベルの謝罪についてはどうなのか。日本には大勢の被爆者と、その血を受け継ぐ子孫たちがいる。一方、アメリカ側にも当事者はいる。その中心的な存在が原爆投下を決断し、指示した第33代大統領ハリー・トルーマンだ。

<中略>

私は(真珠湾攻撃の際に日本の首相だった)東條英機のひ孫である東條英利とメールのやりとりをしている。私たちは昨年、オーストラリアのテレビ番組にそれぞれ遠隔地から出演したが、中立の立場を探そうとしている点で互いに共感できた。「そっちが先に始めたんだろう」と言い合うより、(過去の敵と味方が)一緒になって、当時何が起き、なぜあれほど険悪な関係に陥ったのかと考えるほうが有益だ。非難や怒りを差し挟まずに歴史の経緯を振り返る作業だ。

<中略>

私が付き合いにくいと感じるのは、極端な思想を持ち、それを少しも曲げようとしない人だ。原爆投下は誤った判断で、祖父は最悪だという見方もあれば、反対に日本人が戦争を始めたのだから当然の報いだという見方もあるが、どちらも同じくらい不愉快だ。その中間に立つ人々が、理解するのに苦しんでいるのだと思う。 (抜粋)

金田は基本、記事を書く際には "中間の立場" (間違っても中韓の立場では決してない)に立って記事を書きたいと考えています。ですから、ソースは原則南朝鮮のものを使用し、ソースの提示を可能な限り行うようにしています。そして、そのデータを使用して主観をなるべく排除して(難しいですが)記事を書き進めていくことによって、仮に南朝鮮側の人が読んでも(反日同胞が読んでも)受け入れざるを得ない内容になると思っています。

残念なことに、日本の元政治家の人たちはそれができない人があまりにも多いと言わざるを得ません。


本題として、原爆被害者に日本人もしくは日本政府が謝罪しなければいけないか。これについて考えて行きたいと思います。


先ず、事実関係を並べていきます。

・広島、長崎にいた朝鮮人のほとんどは自分の意思で内地に赴いた人たちだった。
・徴用できた人たちも強制ではなく志願して来ていた人たちだった。
・徴用で来ていた人たちも嫌なら脱走をしていた。
・原爆を投下したのはアメリカである。
・当時は戦争終結のために一般市民を殺戮するのは条約違反だった。


「(連合国でも枢軸国でも)人々は市民を攻撃する行為を正当化できると思っていた。」とトールマン氏は記事中において語っていますが、これは完全に誤った認識で、少なくとも日本は一般市民をどれだけ巻き込まないで戦争を行おうかと腐心していたことは多くの史料がそれを示しています。

また、終戦直後の9月20日、カーチス・ルメイは記者会見で「戦争はソ連の参戦がなくても原爆がなくても、二週間以内に終わっていたでしょう。原爆投下は、戦争終結とはなんら関係ありません」と答えていることから、原爆投下は「終戦を促した "効果" はなかった」という認識があったことは言うまでもありません。

それどころか、ハーバート・フーヴァーは「原爆投下の主目的が、戦闘員ではなく女子供老人などの非戦闘員の殺傷であったことを否定することはできない。そもそもアメリカは日本を挑発しなければ決して真珠湾を攻撃されることはなかっただろう。」 とまで述べている。

非戦闘員の殺傷が主目的であった原爆投下に対して、自己責任で広島・長崎に移住してきた人に対して、日本政府は謝罪する必要があるのでしょうか?結論として、日本人もしくは日本政府は南朝鮮に謝罪する必要はない、と言えます。強いて日本が言うのなら "I'm so sorry" (とても残念な事です) くらい。それが、朝鮮系日本人として、いえ、族譜の中に原爆被害者が存在する金田が出した結論です。


また、日本がアメリカに対して謝罪を要求する権利は当然あります。原爆投下の主目的は終戦ではなく殺戮にあったからです。ですが、日本はその謝罪を要求する人は一部の左派以外はいないでしょう。恨みに縛られた人や国には未来がない事は多くの日本人が知っている事だからです。

恨みの国、恨みの民族、そして、恨み人だから、恨み続けられるし謝罪を要求し続ける。ネタがなくなれば新たなネタを作り出す。そんな私たちに未来はありません。謝罪、賠償、こんな言葉が政府から出なくなる日を金田は心から待ち望んでいます。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

広島の韓国人原爆犠牲者慰霊祭 米政府関係者が初出席 (2016.8.5 朝鮮日報)


【広島聯合ニュース】オバマ米大統領の広島訪問をきっかけに注目された広島市の平和記念公園内にある「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」前で5日に行われた慰霊祭に、米政府関係者が公式に出席した。

原爆投下から6日で71年になるのを前に行われた慰霊際には韓国人被爆者、在日本大韓民国民団(民団)の広島本部関係者、徐張恩(ソ・ジャンウン)駐広島韓国総領事ら約300人が出席した。

正確な集計はないものの、民団はこのうち約2万人が朝鮮半島出身者と推計している。 (抜粋)

71年前の今日、原爆により多くの方が命を落とし、そして、その後も後遺症で苦しむ方が現在も存命中です。ご冥福をお祈りしますとともに、心と体の癒しが少しでもありますように。


戦後、私の祖国は不思議な事を行っています。

第二次世界大戦における朝鮮人の死者は37万8000人~48万3000人と言われていますが、当事国としては珍しく、戦前・戦後にかけて人口増が起きている朝鮮半島では朝鮮総督府の人口統計などから推計すると死者数は20万人に満たないという人もいます(金田の推計では最大15万人)。

広島で2万人もの同胞が本当に亡くなったのであれば、戦没者の10人~24人に1人という多くの同胞が命を落とした広島原爆をなぜ、国を挙げて慰霊をしないのか不思議でなりません。ベトナム戦争では死者4968人、負傷者8004人(国防部発表)と広島の1/4程度の死者数にもかかわらず顕忠院には献花する。お嬢様は慰安婦には多くの予算と人員を割いてディスカウント・ジャパンを展開していますが、原爆という人類最大の蛮行について言及する事はほぼありません。


アメリカ様に「朝鮮人にも哀悼の姿勢を見せてください!」と三跪九叩頭の礼を行い、ようやく、ようやくアメリカ様の関係者が出席して貰えた、と大喜びの南朝鮮。これをきっかけとして、20年後にはアメリカから賠償金をふんだくろう、もちろん、日本を隠れ蓑にしてね!と企む前に、自国の指導者に献花させるのが先決でしょうに。

なぜ、南朝鮮指導者は原爆被害者を "軽んじる" のか。元々は米南同盟が関係していたからですね。ところが、従北に大きく傾く南朝鮮では庇護者であるアメリカ様を慮ろうという思いが薄くなり、アメリカを "日本化" してやろうという考えが主流となりつつあるんですね。


90年代、日本で展開していた運動をアメリカで展開し、南朝鮮文化の浸透とともに政治家の排出とメディアの占領を進めていますが、アメリカの人口の1%に達する人員をアメリカに送り続け、現地南人会を強力に組織していた成果が出始めてきたと言えるでしょう。

それが、ここ数年のアメリカ関係者出席運動の背景です。


慰安婦も、徴用者も、原爆被害者も、南朝鮮に取っては金の成る木でしかありません。金をもたらさないのであれば慰霊する意味がなく、それが今までの南朝鮮政権の姿勢でした。現在、原爆被害者を慰霊しないのはアメリカ様への配慮というよりは金にならないから。無駄な事はしないからで、金でしか動かない政権しかなかった結果が、アジア最凶の民族を生んだ最大の原因です。

見せかけの情ではなく、心から犠牲者に哀悼の意を表する、ー それが他国の人であっても ー 事が出来るようになって初めて、私たちは人となる事ができる一歩になるのだと思います。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

【コラム】「日本の汚れた手」を握った米国の現実重視 (2016.6.4 朝鮮日報)


長い小説よりも短い詩の方が物事の本質をよく説明していることがある。日本の詩人、栗原貞子が1976年に書いた詩『ヒロシマというとき』もそうだ。「〈ヒロシマ〉というとき/〈ああ ヒロシマ〉と/やさしくこたえてくれるだろうか/〈ヒロシマ〉といえば〈パール・ハーバー〉/〈ヒロシマ〉といえば〈南京虐殺〉/(中略)/ 〈ヒロシマ〉といえば/血と炎のこだまが 返って来るのだ」。従軍慰安婦問題が明らかになった20年後だったら、作者は「〈ヒロシマ〉といえば〈慰安婦〉」という句もどこかに書いていただろう。作者は遠回しにはせずにこの詩を締めくくる。「やさしいこたえが/かえって来るためには/わたしたちは/わたしたちの汚れた手を/きよめねばならない」 

私たち韓国人は、大国の影響から逃れられない所で暮らしている。このような国だからこそ、深く考えて大局を見なければならない。ところが、日本にばかりこだわれば、韓国人は現実を過去の物差しでしか解釈できなくなる。善悪の区別で自分と他人を混同することもある。歴史を前面に押し出せば、世界が韓国の境遇に理解を示し、韓国人の主張に同調すると信じている。だが、果たしてそうだろうか。米大統領は日本の「汚れた手」を握った。「パール・ハーバー」と言う代わりに「ああ、ヒロシマ」とやさしく応えた。勝者の余裕ではない。過去よりも現実を重視しているからだ。米国はこの当たり前の原則を今後、韓国にも求めることだろう。(抜粋)

冗長な文章の良い見本なので大幅にカットしましたが、そのまま我が祖国に倍返ししたい内容ですね。


もし、この詩の作者が現代に於いて戦争という認識を正しく保持していたのなら、パール・ハーバーも南京事件にも触れなかった事でしょう。それよりも、ヒロシマという市民が受けた悲しい出来事を、軍人が行ったであろう他の出来事があるから「やさしくこたえてくれるだろうか」と同じ日本人が書いたことに驚きます。

ヒロシマ市民犠牲者がパール・ハーバーに与したとでもいうのでしょうか。この詩人は戦争というものを市民の責任に広げたいのでしょうか。そして、この詩を引用した鮮于鉦とやらは戦争被害者は同様に加害者であると考えているのでしょう。


私たちは虐殺を好む民族です。

例えば、保導連盟虐殺事件がありますが、この虐殺では最小で20万人。最大で120万人とされており、李承晩が直接虐殺を指示し、そして朴正煕がこの虐殺を徹底的に隠蔽した。

隠蔽の手段は徹底しており、遡及法まで作って虐殺の遺族を共産主義者とし、軍事独裁政権下において彼ら遺族を「要監視対象(요시찰 대상朴)」とし、彼らに連座制を適用し、常に監視対象とし差別を続けています。その上、虐殺に関する資料を全て焼却をしている。

彼ら被害者は、食料をもらえるからという理由で保導連盟に加入したものも多く、保導連盟加入者の8割近くは共産主義者ではなかったと言います。それにも関わらず彼らは共産主義者として虐殺された。その時の写真が数多く残されていますが、これをみても保導連盟虐殺事件の被害者もやはり加害者だとあなたは記事に書けますか?


鮮于鉦とやらに問いたい。

こういった記事を書けばページビューを稼げると思っているのでしょうが、私たち朝鮮人がしてきた事を考えると日本、そして日本人を攻め立てることが全くできません。もし、あなたに私が知っていることの爪の垢ほど理解できれば、涙を流して告解することでしょう。

今からでも遅くない。もう一度、幼稚園からやり直し、史料を一から読めるよう学び直すべきです。あなたは本当に史料を読んだことがあるのか?


自分の都合の良い文章を切り張りするのが経済情報誌の仕事なのだとしたら、本当にお手軽な仕事でラクで良いですね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

オバマ大統領「原爆で犠牲の数千人の韓国人を追悼」 (2016.5.28 中央日報)


オバマ米大統領が27日、戦後の米国の現大統領では初めて広島を訪問した。1945年に米国が広島に原子爆弾を投下して以来71年ぶりだ。

この日、オバマ大統領は主要7カ国(G7)首脳会議を終えた後、専用機で山口県の岩国米軍基地を訪問し、その後、ヘリコプターに乗って午後5時ごろ広島に到着した。安倍首相とともに広島平和公園を訪問したオバマ大統領は被害者慰霊碑に献花した。

オバマ大統領は演説で「数十万人の日本人、数千人の韓国人、そしてアメリカ人兵士の犠牲者を追悼するために来た」と強調し、「核兵器のない世界にしよう」と呼びかけた。

演説を終えたオバマ大統領は原爆被害者と言葉を交わした後、平和公園を去った。平和公園内の韓国人犠牲者慰霊碑には足を運ばなかった。(抜粋)

このネタもそろそろ食傷気味ではありますが取り敢えず今回で最後にしたいと思います。


最後の1行、なんとも言えぬ虚脱感が込められた一文ですね。

南朝鮮被爆者団体が考えている事をまとめると次のような感じになります。
・朝鮮人は強制連行されて広島に連れてこられた
・原爆を落としたアメリカは謝罪と賠償をせよ
・広島に連れてきた日本も謝罪と賠償をせよ

こんな感じ。

二重に謝罪と賠償が得られないと満足できない、いえ、賠償を得られても満足できないのです。その賠償請求先の日米両首脳が揃って広島にいるのに、"朝鮮人" 犠牲者慰霊碑に足を運ばなかった事で、自分たちは無視をされた、と感じているのです。

無視も何も、当時、朝鮮人は日本人なのですから、日本人慰霊碑に向かえばそれで事足りてしまう。それに対して南朝鮮が「原爆被害者」を声高に唱えるほど、「原爆被害国、日本」を後押しすることにもなるんですけどね。


そして、もう一つ面白い点があります。それは、原爆被害者を「朝鮮人」と訳すよりも全体的に「韓国人」と訳すことが全般的に多いという点。北朝鮮籍の原爆被害者はカウントしたくない、とでも思っているのでしょうか。


全般的に死没者慰霊碑を被害者慰霊碑とするなど、全般的に原爆被害への基礎的な知識が欠如し、その上、本当の原爆被害者は南朝鮮人だけとでも思っているかのような言動に終始したG7首脳会談で下。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

オバマ氏広島訪問:死者を悼むために来たけれど死者数は勘違い? (2016.5.28 朝鮮日報)


米国のオバマ大統領は27日、広島平和記念公園で演説した。オバマ大統領は「なぜわれわれはこの地、広島にやって来るのか。(中略)死者を悼むために来たのだ」と語り、その中で日本人の死者を10万人、朝鮮人の死者を数千人と表現した。

この数字は、広島平和記念資料館や日韓両政府が発表した広島原爆の死者に関する公式の資料とは異なる。まず、広島原爆による死者は14万人とされている。このうち3万人が朝鮮人だ。したがって、日本人の死者を10万人と表現した点は、公式発表の資料よりやや少ない。さらに、朝鮮人の死者を数千人と表現した点は、実際の死者が3万人だったのと比べ極めて少ない。

オバマ大統領が言及した数字と公式資料の間に違いがある理由は、オバマ大統領のスピーチを作る際に用いた資料が日本政府などの公式資料ではなく、古い資料もしくは別の資料を参照したからだと推定される。それでも、朝鮮人の死者の数を実際より大幅に少なく表現した点は「オバマの勘違い」と呼ぶに値する、という指摘もある。 

5月25日のWashington Postからも少し引用したいと思います。


Daniel Kritenbrink, senior Asian affairs director at the National Security Council, told Yonhap News, adding that there were "many thousands of Koreans who died in the bombing."

Washington Post の記事タイトルは "tens of thousands of Koreans" となっていますが、上記からも分かるように、アメリカ国家安全保障会議のディレクターであるダニエル氏も「爆破で死亡した数千もの南朝鮮人」としています。これは何を意味するのかというと、アメリカが持ち出した数字は勘違いではなく、平均的な数字を引用したから、ということ。

日本においてもその被害者数は未だ明確ではなく、アメリカではそれを6万6000人から15万人という幅で捉えています。今回の数字はその平均的な数字を述べているのでしょう。

一方、南朝鮮では広島県にいたであろう最大推定人数全てが広島の原爆被害者であると考えている。そうなると、数字に開きが出て当たり前なんですね。


慰安婦が20万人いてどれだけ亡くなったと言っていましたっけ?
徴用者は?
そして原爆被害者も含めたらこの戦中世代は大きな凹みができなければいけない。

当時、人口3000万に遠く及ばない朝鮮人が彼らの主張通りの被害であれば人口ピラミッドがどうなるかそれこそ犬でも分かります。虎が分かるでもいいですけど。


残念ながら、どれも真実ではないから南朝鮮人の人口ピラミッドにはそういった痕跡が "全く" ない。数千人、というのはオバマ大統領の勘違いではなく、せいぜいこの程度というほぼ史実に見合った数字だということです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

オバマ氏演説を評価 「韓国人犠牲者を哀悼した」=韓国 (2016.5.28 朝鮮日報)


【ソウル聯合ニュース】オバマ米大統領が被爆地の広島を訪れ、平和記念公園で演説したことについて、韓国外交部当局者は27日、「現職の米国大統領として初めて広島を訪れ、韓国人原爆犠牲者を明示的に哀悼したことを高く評価する」と述べた。

オバマ大統領は原爆慰霊碑に献花した後の演説の中で、多くの朝鮮半島出身の人々が原爆によって命を落としたことにも触れた。同当局者は「歴史的な演説の冒頭で、韓国人犠牲者について米国や日本の犠牲者と同等の立場ではっきりと言及したことは意味がある」と話した。その上で、韓米がオバマ大統領の演説について緊密に協議した点を強調した。

ということで、オバマ大統領の演説内容をアメリカ大使館のサイトから引用してみたいと思います。実は、この演説内容には南朝鮮が本当に言及しなければいけない内容が含まれているのです。


71年前の明るく晴れわたった朝、空から死が降ってきて世界は一変しました。閃光(せんこう)と炎の壁によって町が破壊され、人類が自らを破滅させる手段を手にしたことがはっきりと示されました。  

私たちはなぜ、ここ広島を訪れるのでしょうか。それほど遠くない過去に解き放たれた、恐ろしい力についてじっくりと考えるためです。10万人を超える日本人の男女そして子どもたち、何千人もの朝鮮半島出身の人々、12人の米国人捕虜など、亡くなった方々を悼むためです。こうした犠牲者の魂は私たちに語りかけます。彼らは私たちに内省を求め、私たちが何者であるか、そして私たちがどのような人間になるかについて考えるよう促します。(抜粋)

ご存知のように、南朝鮮は広島での原爆被害者を4万人の死者と言っています。ところが、アメリカは朝鮮人の死者を「何千人」と公式に発表したのです。なぜ、そこに南朝鮮はいつものように噛みついてこないのか。それは4万人という数字は朝鮮国内でしか通用しない数字だからに他なりません。

ついでに、なぜオバマ大統領は原爆被害者の中にいる台湾、そして中国大陸出身者について言及しなかったのかというと、それは同盟国ではないからです。朝鮮半島出身者について言及したのは単に日米韓という枠組みというだけの理由であり、米韓協議が反映された、という考えは相当なお花畑状態ですね。


結論として、オバマ大統領の演説は、今後起こるであろう原爆被害者訴訟において、日本の追い風になる事は間違いありません。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ