在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

カテゴリ:対外政策 > 中韓関係

[사설] 中은 이유 없고 폭력적인 '사드 보복' 사과해야 (2017.10.30 朝鮮日報)
【社説】中国は理由もない暴力的な「THAAD報復」を謝罪しなければならない
【社説】暴力的なTHAAD報復、中国は韓国に謝罪せよ

사드는 북핵·미사일 위협 때문에 배치한 것이다. 중국은 북한 정권 붕괴보다는 북핵 용인이 낫다는 정책을 갖고 있다. 사드는 중국이 불러들인 것이라고 해도 할 말이 없어야 할 나라가 중국이다. 중국이 북한 정권을 무너뜨릴 정도로 북을 제재하면 북핵 문제도 끝나고 사드도 철수한다. 중국이 그렇게 할 생각이 없다면 사드에 시비할 권리가 조금도 없다.

THAADは、北朝鮮の核とミサイルの脅威のために配置したものである。 中国は北朝鮮政権の崩壊ではなく、北朝鮮の核を容認した方がよいという政策を取っている。 THAADは、中国が自身が呼び込んだものといえる。 中国が北朝鮮政権を崩壊させるほどに北朝鮮を制裁するば核問題も終わりTHAADも撤退する。 中国がそのようにする考えがない場合は、THAADに関する是非に言及する権利が微塵もない。  (抜粋)

THAADは北朝鮮の核とミサイルの脅威に備えるため配備されたものだ。ところが中国は「北朝鮮政権の崩壊よりも北朝鮮による核武装の方がまだまし」と考えている。だとすれば韓国におけるTHAAD配備は中国自ら招いたと言っても過言ではない。中国がもし北朝鮮政権を崩壊に追い込むほどの厳しい制裁を北朝鮮に加えれば、核問題は間違いなく解決しTHAADも撤収されるだろう。しかし中国にそのつもりがないのなら、韓国におけるTHAAD配備に文句を言う筋合いは一切ない。 (抜粋)

何かあるたびに「謝れよ!」という隣人。あなたはどう思いますか?

慰安婦 → 謝れ!
徴用 → 謝れ!
日本人観光客減 → 謝れ!
不景気 → 謝れ!
報復 → 謝れ!

最後の「報復」に関しては個人の問題であれば何となく「謝れ!」というのも分からなくもないですが、二国間の場合は、戦争に至らない時点での駆け引きで様々な「報復」が行われるものです。それに対して、「謝れ!」って、どんだけ幼い国なんだよ、と思ってしまうのですが、、、


今回はここがポイントではなく、文面の言い回しが日本語とは違うんだ、というのを知って欲しいのです。

金田の訳の癖もあるのですが、南朝鮮の書き言葉と男性に話し言葉は全体的にこんな感じ。ズバリ言い切り、というか、断定的な言い回ししかできないのです。ご存知の方もいるとは思いますが、これって意外と知られていない事で、こんな言葉を私たちは普段から使っているのですね。

こんな強い語気の言葉を日本語に訳すと、日本語版のような翻訳になる。翻訳する事でオブラートがかけられるのです。

韓流ドラマのオバサマ方がメロメロになるようなセリフ、実はそんな甘ったるい事は言っていなく、翻訳の妙で、日本人のオバサマが好むような台詞に作り変えていたりするのですね。男が語気が強い言葉を使い、女性はそんな言葉を浴び続けている。それが、南朝鮮特有の人間性を作り出す素地にもなっているのです。


だからでしょうね。私たちは何かあればすぐに「謝れ!」と口にする。ちなみに、南朝鮮男性が日本語で優しい言葉を使うことがありますが、それはあくまでも翻訳上そうなっているだけで、心の中ではそんな言葉は使っていませんので、世のオバサマ方は騙されませんように。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

テコンドー:中国で段位認定証を発行、韓国の地位低下に懸念の声も (2017.9.9 朝鮮日報)


米国に次ぐ世界2位のテコンドー市場・中国が段位認定証を独自に発行し始めた。世界テコンドー本部を自任する韓国「国技院」の地位転落につながる恐れがあると懸念の声が出ている。

国技院が8日に明らかにしたところによると、中国テコンドー協会は先月からテコンドー段位認定証の発行を開始したという。中国の協会はこのほど、公式サイトを通じて発表した「2017年下半期教育活動計画」で、中国テコンドー段制度の実施を発表した。外国の協会が直接、段位認定証を独自に発行するケースは中国が初めてだ。

これまでも外国で個人指導者の名義などにより段位認定証を発行してきた国はあった。しかし、こうした段位認定証は正式には認められていなかった。現在、世界テコンドー連盟が認める段位認定証発行団体は国技院だけだ。国際大会に出場する選手や指導者、審判などは国技院の段位認定証を持っていなければならない。このような権威をもって、国技院はこれまで各国の協会や大陸の連盟と協力関係を構築してきた。汎米・ヨーロッパ・アフリカ連盟が一時、財政確保のため独自の段位認定証発行を推進して断念した経緯もある。

韓国のテコンドー関係者の間では、中国が段位認定証の独自発行に至った主な原因に、国技院との確執を挙げている。国技院は中国の協会に対し2006年8月から「段位認定証審査推薦独占権」を付与しているが、審査費収入隠匿などの副作用が多いと判断、15年に中国国内の民間企業と複数のパートナーシップ関係を結んだ。これに反発した中国の協会が独自の段位認定証発行を強行したというものだ。また、一部には「終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備による両国間の確執が中国の段位認定証独自発行に関係している」という指摘もある。 (抜粋)

206カ国、7000万人というテコンドー競技人口。本当かどうかは別として、世界人口が70億人だとして100人に1人はテコンドーを行なっている、というー凄まじい数字。FIFAによるサッカー競技人口の2億7000万人には及ばないものの、野球競技人口の3500万人をダブルスコアですから。

南朝鮮におけるテコンドーは、

大韓テコンドー協会と国技院、そして世界テコンドー連盟(WTF)を軸として動いているといいますが、実際には、これに国際テコンドー連盟(ITF)が絡んでいるのですね。で、南朝鮮は組織が大きくなると必ず北朝鮮が入り込むのですが、テコンドーも御多分に洩れず、ITFは北朝鮮によって支配された組織であり、それが中国にも入り込むのですね。


で、テコンドーの段位は一応、国技院だけが行うものとされてきましたが、中国はそれを認めないのですね。それは即ち、テコンドーの本部として認めないという事であり、また、世界の有段者の15%が中国人ということもあり、その会費が国技院に納められないという2重苦に襲われる事になるのです。

南朝鮮としては、オリンピックはWTFのテコンドーであり、国技院とも結びつきが強い。独自に段位授与を行うならオリンピックには出られない、という考えもなくはないのですが、テコンドー強国である中国をオリンピックから排除する事は困難であり、結局は、なし崩し的に中国の "独立" が認められる事になってしまうのでしょう。


もちろん、これはTHAADに対する報復と考えるべきでしょうね。経済も、文化も、南朝鮮から奪ってやろう。そう言った強い意志をこの記事から感じ取るのは、ウオッチャーでなくても感じ取れるのではないでしょうか。そう、これは南朝鮮文化破壊の一手だったのですね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

市民がソウルの大気汚染を測定してみると…主犯は自動車 (2017.6.27 ハンギョレ)


ソウルの空気の質に影響を与える要因を探すために、環境団体の緑色連合が市民約130人とともに、直接空気の質を測定した結果、自動車が大気汚染の主犯だという分析が出た。市民たちが先月14~15日、居住地近くの105カ所に総浮遊粒子状物質(TSP)と二酸化窒素の濃度を測定するキットを設置した後、緑色連合がこれを分析した結果だ。総浮遊粒子状物質は、粒子の直径が100マイクロメートル(1マイクロメートル=100万分の1メートル)以下のものを総称する物質で、総浮遊粒子状物質が多ければ、PM2.5(微小粉塵)も多いと推定することができる。二酸化窒素は化石燃料が燃焼する過程で発生する物質で、大気中の水蒸気・オゾン・アンモニアなどと結合し、微小粉塵を作る。二つとも空気の質を判断することができる主な指標だ。  

緑色連合の「PM2.5、押しのけよう!」プロジェクトの分析結果によると、多くの測定地域で休日の日曜日(14日)に比べ車両移動の多い月曜日(15日)に二酸化窒素測定値が高かった。「休日・平日」間の測定値の差が最も大きかった城東区(ソンドング)の「玉水(オクス)駅6番出口前」は、日曜日は17ppb、月曜日は55.4ppbで38.4ppbの差を示した。ppbは10億分の1を意味し、17ppbは空気量10億立方メートルの中に二酸化窒素が17立方メートルほどあるという意味だ。世界保健機構の二酸化窒素勧告基準値は40ppbだ。城北区(ソンブック)吉音(キルム)ニュータウンバス停(日曜日40.3ppb、月曜日73.1ppb)や江東区(カンドング)松坡(ソンパ)駅4番出口(日曜日44.1ppb、月曜日75.6ppb)などが、「休日・平日」間の測定値の差が大きかった。いずれも交通量が多いところだった。二酸化窒素はガソリンなどの化石燃料の燃焼時に多量に発生する毒性物質であり、呼吸器疾患に大きな影響を及ぼす。  

市民測定値とソウル市の公式測定値の間の差も、今回の調査で明らかになった。市民たちが調査した先月14日、二酸化窒素の測定平均値は19.3ppb、ソウル市の測定値は15ppbだった。15日は市民の測定平均値は30.3ppb、ソウル市の測定値は22ppbだった。市民たちが設置した測定器はほとんど地上1~2メートルの高さで、人の呼吸器の高さと近いが、ソウル市の測定器の大半は高層ビルに位置しているためと見られる。「ソウル市の微小粉塵測定機の運営現況関連資料」によると、25区のうち21区の微小粉塵測定所の位置が地上10メートルを上回る高層にある。 (抜粋)

IMG_0564

日本以外の国の左派は時にはまともな活動を行います?

というより、本来、左派と呼ばれる人たちの存在価値は、社会保障や労働条件の改善のための要求活動だけではなく、こういった環境保全活動の確認など、実践を伴う、社会改善活動が行われるはずです。ですが、日本の左派といったら、嘘を捏造してそれを流布させるなど、信用できない人たちの集まりとなっています。

在日にとって、一番、信用できなかったのが民主党政権です。

民主党の、いえ、民進党の支持母体は民団ですから、民主党が政権樹立した時は、それはそれは大喜びしましたよ、民団は。内部ではお祭り騒ぎといっても過言ではないくらい。なぜなら、私たちの悲願だった、選挙権がこれで得られる筈で、私たち在日が表舞台に出て、日本を支配することができるようになる、ハズでした。

それを、私たちの期待を裏切り、民主党は私たちに選挙権を与えなかったのです。理由は、選挙権を与えたら、民主党は解党される事になっていたからですね。それに対して、政権という甘い欲に溺れて、民団との約束を反故にして保身に走った結果、民団の息がかかったメディアが民進党に反旗を翻して、結果、民主党政権が滅んだのです。

これを分かりやすく書くと、在日朝鮮人と朝鮮系日本人とのた戦いに、朝鮮系日本人が屈したという事。それ以降、朝鮮系日本人議員は民団に今まで以上のポチっぷりを示す事になったのですね、


それなので、日本の左翼は本来、左翼であるべき姿を忘れ、ただひたすらに自分が所属する国のために働くようになったのです。それが安倍政権になってから、今までにないくらいおかしな左派活動が繰り広げられている理由です。


話はだいぶ遠回りしてしまいましたが、お嬢様政権は、経済活動を優先するためには環境問題を棚上げにする事に決めていました。やはり、規制は経済活動を萎縮させてしまう。日本みたく、新たな環境基準をクリアしていこう、という気概も技術もないから、その環境問題を自らの力では変えられないもの、という立場を取る事にしたのです。その姿勢に一石を投じる記事、という風態ですが、、、

ですが、この左派の活動もまた素直に受け入れられない結果でもあります。それというのも、中国の経済活動に伴い、南朝鮮の環境汚染度も大きく変化していることは事実だからですね。北京オリンピックやG7など、経済活動規制を行うたびに、ソウルの空も青くなった。

その事実をこの調査では覆すことができないのですね。まぁ、これは親中派による対中融和作戦でもある。何故なら、この緑色連合は中国朝鮮族の緑色連合に関連する団体ですから。要するに、中国による経済制裁を快く思わない南朝鮮人の目を中国から逸らさせるための活動の一環に過ぎないのです。

ちょっと、南朝鮮が中国寄りになりつつある一つの傾向としてこの記事を読むと、少し背中に冷たさを感じるのは金田だけでしょうか?


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

読者の意見:韓国の英語表記は「Dae Han Min Guk」が最良だ (2017.3.26 朝鮮日報)


2月21日付(日本語版は3月4日付)と3月9日付(日本語版は3月12日付)の「読者の意見」に韓国の対外的な英語表記として「リパブリック・オブ・コリア」あるいは「サウス・コリア」のどちらが正しいかについてそれぞれの意見が掲載された。しかし私は大韓民国の韓国語読みそのままに「Dae Han Min Guk(テハンミングク)」が良いと思う。わが国の名称は憲法によれば「大韓民国(テハンミングク)」であり、英文で表記する際には「リパブリック・オブ・コリア」にすると記載されている。しかし憲法の英訳に法的な効力はなく、あくまで翻訳されたものにすぎない。そのためわが国の国号の英語表記は正式に定められたものがなく、その時の状況に応じて「リパブリック・オブ・コリア」あるいは「サウス・コリア」とわれわれ自ら表記することもあれば、あるいは海外でそう呼ばれているだけだ。「コリア」という名称も「高麗(コリョ)」が海外に知られているからそうなったのであり、われわれがそう呼んでほしいと宣言したわけでもないはずだ。  

わが国の国号は「高麗(コリョ)」でも「朝鮮(チョソン)」でもなく「大韓民国(テハンミングク)」だが、海外で使われている「Korea(コリア)」を今後も認めるのか、これも考えなければならない。「コリア」は英語圏での名称であり、フランス語圏では「Coree(コレー)」、ロシア語圏では「Koper(カレヤ)」と呼ばれている。またスペインは国号を自国語で「Espana(エスパーニャ)」、ドイツは「Deutschland(ドイッチュラント)」、日本は「Nippon」と表記している。そのためわれわれも「テハンミングク」あるいは「韓国(ハングク)」と表記するのが正しいと考える。

"Dae Han Min Guk" と表記せよ、ですか。国名に関しては本当に話題を提供してくれますが、本当にこれで良いのですか?

元々、"Han" は「漢」を指す言葉です。これを表記する時点で英語圏の人たちは混乱すること確実でしょう。しかも、"Dae" ですから。これは "Does Anyone Else" の略で、冒頭に使うことで「(Dae以下の文) のように思わない?」というもの。

"Min" は「小さな」の省略形なのは良く知られていますよね。

ちなみに"Gook" はあまり良い意味では使われない、日本でいうなら「チョン」という意味の私たちを指す言葉。これと同じ発音の"Guk" という言葉を敢えて使うというのも冒険ですね。

と言う事で、"Dae Han Min Guk" は、「漢は小さい朝鮮だと思わない?」という、中国に対してケンカを売っているかのような表記。今の南朝鮮国内に渦巻く、中国に対する思いが込められた表記と言えます。どんな表現を使おうとも、あまり好ましい意味にならないと言うのは、国名を深く考えていなかった証なのかもしれません。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

THAAD:米国務長官「中国に『韓国をいじめるな』と言った」 (2017.3.22 朝鮮日報)


レックス・ティラーソン米国務長官が18日、中国の王毅外相、楊潔チ国務委員(外交担当)との会談で、「戦域高高度防衛ミサイル(THAAD)配備の決定をしたという理由から、中国が韓国をいじめている(bullying )のは非常に不適切だ」と言っていたことが分かった。これは、韓国政府筋が21日、「ティラーソン長官は来月開かれる米中首脳会談を意識して訪中期間中の公式記者会見ではTHAAD問題に言及していないだけだ。実際の米中外交会談では強い遺憾の意を表明した」と述べた際に語ったものだ。これと関連して、訪韓中の米国のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表は21日から韓国大統領選候補者に相次いで会い、こうした米国側の様子を伝えたことが分かった。

キム・ギジョン教授は本紙の電話取材に「トランプ政権は『オバマ大統領の戦略的忍耐政策は何の成果もなかった』と判断、『北朝鮮を対話のテーブルに就かせるよりも、さらに多くの制裁を強化すべきではないか』と考えている。対話という表現は使わず、『制裁+外交(diplomacy)』と言った」と伝えた。 (抜粋)

なかなかこれについて英文記事が見つからないので"Rex Tillerson , china ,  bullying" で検索して見たのですが、なかなか出てこないですね。で、一番上にhitしたのがリベラルの人が書いたであろうThe Daily Banter のー記事。まぁ、Banter ですから話し半分以下で読んで貰いたいのですが、そこに書いてあったのが次のような内容。

But weeny waggling dickplomacy is all Trump knows. Everything he does is about domination and bullying and it's worked for him for decades against people who couldn't fight back on an even playing field.

ちなみに "bullying" はイジメ、というよりも "繰り返される弱いものイジメ" という意味なので、結構悪質な要素をもっている単語。で、「支配とイジメ」を受けている対象はというと、 これって中国が南朝鮮、というものではないと思うのですが、、、

彼、が指すのはトランプ氏のことですし、、、序でに言うと、"diplomacy" の意味は「制裁 + 外交」という意味ではありません。


アメリカ様に守って貰いたい、という願望があるのは分かりますが、メディアは願望を報道するのではなく、やはりある程度は真実を伝えて欲しいと思うのですが、なかなか難しいようです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

THAAD:韓国でも反中感情噴出、青島ビール不買運動も (2017.3.7 朝鮮日報)


韓国への終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に反発する中国が経済面での報復を強める中、韓国国民の反中感情も高まり始めている。

ロッテなど韓国企業が中国当局の標的になって膨大な被害を受けているにもかかわらず、韓国政府は大統領の弾劾問題など国内政治に右往左往して外交力をほとんど発揮できずにいるため、国民の怒りは中国人・中国製品への反感となって噴き出しているのだ。

中国を代表するビールブランド「青島ビール」も反中感情のターゲットになっている。 (抜粋)


南朝鮮の中小企業庁資料によると2015年の中国企業による投資は総額2兆9606億ウォン。この殆どがインターネット関連会社に向けられています。それ以前から、南朝鮮の金融機関の多くは中国資本が入り込んでいるのですね。本気で中国が南朝鮮を潰そうと思えば、金融と通信インフラの両方を壊滅的な状態にすることができます。

中国が対南制裁を始めているのに、南朝鮮はというと青島ビールの不買運動。ただね、中国ビールは輸入ビールの中で9%程度しか占めていなく、青島ビールは元々、南朝鮮はオマケみたいな市場なので、不買運動されても痛くもかゆくもないんですね。

それよりも貿易戦争は中国にも損害、と宣うのならば、一層のこと男らしい有言実行に移せば良いと思うのですけどね。

その上に、人口ではインドは中国を追い越そうとするのだから、インドにウエイトを移せば良いとか、日本市場に目を向けようとか、何を今更なんでしょうか。例えばタタのような安い車を作ることもできず、日本が求めるような高品質の商品も作れない、そこそこ安く、そこそこ良いものを提供してきた中途半端な立ち位置にいる南朝鮮が、どうしようというのか良く分かりませんね。


結果として、中国からいいように蹂躙されても仕返しができない。中南経済戦争の結末はこんなかんじになるんだろうなぁ、って思わせる記事でした。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

韓経:「韓中通貨スワップ、延長されない可能性も」 (2017.1.18 中央日報)


宋寅昌(ソン・インチャン)企画財政部国際経済管理官(次官補)が17日、「韓中通貨スワップが延長されない可能性も排除できない」と述べた。

宋管理官はこの日、政府世宗(セジョン)庁舎で開かれた記者懇談会で、「(韓中通貨スワップ延長に関し)政治的な状況など不確実性がある」とし「最大限に努力して不確実性をなくし、延長する方向で努力中だが、確定的に話すことはできない」と説明した。

中国とは560億ドル規模の通貨スワップを締結しているが、今年10月に満期を迎える。柳一鎬(ユ・イルホ)副首相兼企画財政部長官は昨年3月、中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁に会い、原則的に延長に合意した。  (抜粋)

この記事では、中韓スワップの位置付けは「延長する方向」という表現ですが、実際にソン某氏が語ったのは「我が国が締結した通貨スワップ全体の半分ほどを中国が占めている事から、必ず延長されなければならない」と言うもの。

「日本がダメでも中国様がいるからいいもんね〜!」

と言うのが、南朝鮮の中にはあるものの、現場ではかなりの悲壮感が漂っていて、中南スワップは「必ず延長」しなければいけない、と言う、交渉の場では圧倒的弱者だと理解しているのですね。そこを国民に悟られるとヤバいというのが滲み出ている記事なのです。


中国自体は先月、アイスランドと660億クローナ、エジプトと470億エジプトポンドとそれぞれスワップ協定を締結している。本来、この流れなら南朝鮮とのスワップ協定の延期に応じるハズなのですが、、、


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

韓国、中国の「THAAD経済的報復」に対抗の構え (2017.1.8 ハンギョレ)


韓国政府が中国産製品に対する輸入規制と反ダンピング調査に着手するなど対抗に乗り出す可能性もあると予想されている。また、別の産業通商資源部関係者は「通商懸案の場合、(THAADとの関連性など)その措置の意図や背景は重要でない。両当事国が協定の趣旨である自由な交易を制限しているかなど、結果が重要だ」として「THAADが原因ではなくても、反ダンピング・非関税障壁については、以前から韓国と中国が互いに(問題を)提起して調査している」と話した。THAAD配備への報復と疑われる通商問題を自由貿易協定の約束に違反する「差別的処置」とみて、韓国側も中国を圧迫する攻勢的態度に切り替える可能性を示唆したのだ。昨年末現在、韓国産製品に対し、中国が発動中の輸入規制は合計13件(反ダンピング12件)で、化学製品(7件)が最も多い。 (抜粋)

米中の間を "バランス外交" とやらでやり過ごそうとしたお嬢様。それはそれで一つの外交スタイルとして南朝鮮に利益をもたらそうとしたのは理解できます。正直、"フラフラ外交" としか見えず一貫性はなく、当初は媚中で後半は親米でしたから。特に中国軍事パレードの出席は米南関係を危うくさせていました。

ところが、その親米の象徴でもあるTHAADは反北の一手でもあり、従北に対する楔でもあるのですね。で、その従北者は再び親中に傾かせたい。それに抗うためには対中制裁を行い、離中に傾かせる事で、今後の従北側の活動に制限を加えさせようというものです。


経済戦争でいうなら、中国は南朝鮮がなくても困りません。ですが、南朝鮮は中国が正常な交易をしてくれないと死活問題です。ですから輸入規制を13件も行われているのにその規制を甘んじていたのです。

ここで、南朝鮮も対抗処置として中国製品に規制をかけたらどうなるか。行く先は輸出前年度2割マイナスという結果です。ついでに言うなら、中国現地工場の接収も可能な契約ですから、一気に中国拠点をそのまま失う可能性もある。


このところ反北・従北という単純な分類で語れるほど国中が火病に罹っている南朝鮮ですが、もう少し落ち着いて周囲を見渡した方が良いですよ。反北の意図は分からなくもないですが、国益を考えると大きなマイナスでしかない。中国は制裁実行をしなくてもなく、その姿勢を見せただけで対南規制を強化する国ですから。

従北の最終的結末は経済の没落と専制。反北の最終的結末は経済の没落と動乱。どちらにしろ今年の、というか今後の南朝鮮の未来は明るくない事は確かです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

韓流締め出し、中国当局者が明かした「五つの理由」 (2016.11.23 朝鮮日報)


高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に反対する中国が韓国への報復措置として韓流スターの中国での活動を規制しているとの報道に関連し、韓流コンテンツの規制を主導しているとされる中国国家新聞出版広電総局(以下、広電総局)の当局者が、これを事実上認める文章を中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」に書き込んでいたことが23日までに分かった。

広電総局で編集を担当するイェン・ウェイ氏は今年8月、自身の微博に、韓国の芸能人の中国進出を制限する目的を書き込んだ。この書き込みが最近、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて急速に広まっている。

イェン氏は「韓国の芸能人の中国進出を制限する目的は、第一に、民族文化産業を保護し、産業の健全な発展を促進するため。2番目の理由は、中国の芸能人の国民的影響力と訴える力を拡大するため」と書き込んだ。

さらに「3番目は、男性が過度にソフトに表現される非正常的な現象に歯止めをかけるため。4番目は、華流が韓流に代わって中華文化圏を主導できるようにするため。5番目は、無分別な行為に対して警告するため」と続けた。

これらが書き込まれた時期は、THAAD配備をめぐる論争が拡大し、中国で韓流スターの出演禁止措置が下されたとの疑惑が浮上した時期と一致する。このとき広電総局からは公式の文書は出ていないものの、口頭で指示があったと中国メディアは報じた。

イェン氏の微博アカウントは広電総局の職員としての公式アカウントだ。広電総局は中国全土の新聞・テレビ・ラジオ・出版社を管轄している。

先ずは問題の書き込み全文を紹介します。


限制韩国艺人来华的意义:一是保护和促进民族文化产业健康发展,二是扩大国内艺人明星在国民中的影响力和号召力,三是淡化男性阴柔化的非正常审美口味,四是推动“华流”代替“韩流”主导文化话语权,五是警示某些不知轻重的行为所要付出的代价。

1〜4に関しては、まぁ、こんな訳なんでしょうけど、5はチョット違いません?

"所要付出的代价"

警告をするために韓流外しをしたのではなく、「支払わなければならない代価」として韓流外しを行うと書いているんですよ。原文の方も日本語版と同じ訳し方なので、そう見ると中央日報の方が経済情報誌に比べるとまだ真実を報道していたということですか。


それだけ、国民に対して中国の本気度を伝えられないような状況だということです。

一般にはTHAAD配備による報復と書いてしまうと、国民に反対運動が強まるから、「代価」とは書けない、と書くのでしょうが、それもありますが、国民を失望させないため、という考え方もできます。

お嬢様就任直後は媚中政策を行い、それに戸惑った南朝鮮同胞でしたが、観光客やら輸出やらでほんのヒトトキだけ潤ったかのように感じましたが、実際はカード決済を中国に押さえられたので美味しい思いはできなくなり、輸出も激減、観光客も同様に抑制がかかり、最後の砦ともいうべき韓流も終焉を迎える。

それを国民に伝えられないもどかしさをこの記事に感じ取ることができます。経済情報誌の記者も苦悩の中に生きているのだなって、今回の記事ばかりは哀れみを覚えてしまいます。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

韓国海警、違法操業中国漁船に威嚇射撃700発=初の共用火器使用 (2016.11.2 朝鮮日報)


違法操業を行う中国漁船に向けて、韓国海警が初めて「共用火器」を使用した。先月7日、海警の高速ボートが中国漁船に体当たりされて沈没する事件が発生したのをきっかけに、韓国政府が対応策を発表し、今回初めてこれを実行に移した。

政府海洋警備安全本部機動戦団は1日午後6時47分ごろ、仁川市甕津郡小青島から南西に49カイリ(約91キロ)離れた海域で、違法操業中の中国漁船2隻を拿捕(だほ)した。その際、周囲にいた別の中国漁船およそ30隻が集まってきて威嚇を加えたため、M60機関銃でおよそ600-700発を発射した。発砲当時、現場には3102艦など機動戦団の警備艦5隻(3000トン級2隻、1500トン級1隻、1000トン級2隻)がおり、このうち4隻がM60機関銃を撃った。 (抜粋)

M60機関銃、懐かしいですね。映画「ランボー」でスタローンが無双状態で、撃ちまくっていたのがこのM60機関銃でした。で、この機関銃、1分間の連射速度が600発ですから、4隻から撃ったとなると1隻あたり15秒。まぁ、威嚇するには十分な時間でしょうか。

機関銃掃射と言えば思い出されるのが「九州南西海域不審船事件」で、この時、20mm機関砲と64式7.62mm小銃で応戦していました。しかも威嚇射撃は20mm機関砲で行っていた。

中国の武装漁船には40mm機関砲が装備されているという話もあるので、日本の海保の装備でも心持たないというのに、よくもまぁ、M60機関銃だけで取り締まったものです。ちょっと命知らずというか、情弱というか、、、可能性としては中国との出来レースっぽいんですけどね。


今回の威嚇射撃は国内向けに「強硬に取り締まっているよ!」というポーズに過ぎないものなので、今後は威嚇射撃もせずに見逃すのだろうなぁ、って思うんですけどね。使えないイージス艦などに予算を割かないで、もう少し予算を海警に割いてもらえるようにすれば良いんですけどね。

何せ、600発の機関銃の弾丸、今の海警にはちょっと重い経費負担ですし。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ