在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

カテゴリ: 軍国主義

MeToo:文大統領「告訴がなくても捜査せよ」 (2018.2.27 朝鮮日報)


韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、性暴力被害を明らかにする「MeToo(私も)」運動について「被害事実を明らかにした被害者らの勇気に敬意を表し、MeToo運動を積極的に支持する」「司法当局は、被害者らの勇気ある行動に呼応して積極的に捜査に乗り出すべきだろう」と語った。MeToo運動について文大統領が公式の立場を打ち出すのは、今回が初めて。  

文大統領は26日、韓国大統領府(青瓦台)で首席・補佐官会議を主宰し「(被害者らの)刑事告訴の意思を確認し、親告罪条項が削除された2013年6月以降の事件については被害者の告訴がなくても積極的な捜査をお願いする」「とりわけ、強者たる男性が弱者たる女性を力や地位で踏みにじる行為は、いかなる形の暴力であれ、いかなる関係であれ、加害者の身分や地位がいかなるものであれ厳罰に処すべき」と語った。

いよいよ文在寅による軍国主義が顕在化してきました。

一見すると、セクハラやパワハラから女性を守る、という現代南朝鮮に横たわる強烈な性差別との闘いの幕開けのように見えるかもしれません。ですが、それはあくまで表面的なもので、実際は自分の政敵や敵対するグループを潰し、自分の政権をより強固なものへとする礎としようとしているのです。

例えば、お月様の元クラスメートで北朝鮮の詩人として知られる李潤澤も告発された一人。やったことは朝鮮人らしい下劣な弱い立場にある逆らえない女性限定でのレイプですから、全くもって弁護しようがないクズですが、そんな彼が告発されたのも、お月様にとっては邪魔な人物だったから。目障りな人物で、なおかつ、「認知度がある人」だったから、初期の標的として選ばれたのですね。


正直なところ、この人物程度のセクハラは南朝鮮では珍しくない日常的なもの。そう言った私たちの最暗部にメスを入れることは1000年前には終えていなければいけない事です。ですが、レイプが社会の潤滑油である南朝鮮においては、これをなくすことは社会を滅する事に繋がる。だからこそ、数十年前から冤罪であろうが痴漢に対して一方的な厳罰が処されて問題になっている日本を横目に、“レイプ”犯を野放しにしてきたのです。


韓国警察は26日、「MeToo暴露」で明らかにされた性暴力加害者について、本格的な捜査に乗り出す意向を明らかにした。イ・チルソン警察庁長は、記者懇談会で「ある程度の認知度がある人々を中心に、現在19人を調べている」と語った。 (抜粋)

今後も、南朝鮮はレイプ犯を野放しにするでしょう。ですが、今後はお月様の政敵などにだけは厳罰を下し、あたかもレイプ犯に厳しいイメージづくりとともに、自分の基盤を強化していく事になるのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

【社説】文大統領を早速試練に追い込んだ金正恩氏 (2017.5.15 朝鮮日報)


北朝鮮は文在寅(ムン・ジェイン)大統領就任からわずか4日後となる昨日、またもミサイルを発射した。このミサイルは高度2000キロまで上昇して落下したが、通常の形で発射を行っていれば最大射程距離は5000キロ、つまり米国アラスカ州の一部がすでに射程圏内に入ったことになる。昨年6月に発射された中距離弾道ミサイル「ムスダン」の最大射程距離は3500キロだったが、今回は射程距離が一気に伸びたわけだ。しかも今回のミサイル発射は米空母カールビンソンを中心とする艦隊が東海(日本海)で韓国軍と合同軍事演習を行っている最中に行われたため、これは北朝鮮・朝鮮労働党の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国に対し「北朝鮮は方針を変えない」「交渉したいなら譲歩せよ」などのメッセージあるいは要求を突き付ける形にもなった。

金正恩氏が米国を射程圏内に置くミサイルを開発する目的は、韓半島(朝鮮半島)の主導権をめぐって米国と直接の交渉をする意図があるからだが、裏を返せば韓国を攻撃するミサイルはすでに開発が完了したとも考えられる。表向きは米国を狙っているようだが、実際は韓国にとって非常に深刻な脅威となっているのだ。

文大統領は昨日国家安全保障会議を招集し「KAMD(韓国型ミサイル防衛)」の開発を急ぐよう指示した。文大統領は米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」に否定的な考えを持っていることから、THAADなしに国土を守るためKAMDの開発を急ぐよう指示したと考えられる。KAMDは米国のミサイル防衛(MD)に組み込まれていない韓国独自のミサイル防衛システムであり、その中心的な役割を担うのはTHAADよりも高度が低い40-60キロで敵のミサイルを迎撃する長距離地対空誘導弾(L-SAM)だ。しかしL-SAMの開発が今後順調に進んだとしても、これが実戦配備されるのは2023年ごろとみられる。そのためL-SAMの迎撃を受けない北朝鮮のミサイルは大気圏外で打ち落とすか、あるいはPAC3で迎撃することになるが、この計画の実効性については今なお疑問視されている。いずれにしてもKAMDの配備を完了させるには最低でも今後6年以上の時間が必要となるため、文大統領の任期中は在韓米軍保護用に導入されたTHAADに依存するしかないのだ。 (抜粋)

大いなる誤解がありますが、THAADは南朝鮮を守りません。KAMDは北朝鮮より日本を攻撃するためのミサイル攻撃システムですね。

ちょっとだけ解説ですが、THAADは大気圏外での迎撃に特化しています。北朝鮮が南朝鮮を攻撃する際にはミサイル砲だけでコト足ります。要するに、THAADは北朝鮮、もしくは中国によるアメリカ本土への大陸間弾道ミサイルからの防衛システムです。

KAMDはキルチェーンを含む総合ミサイル "先制攻撃" システム。射程距離が800kmとも1000kmとも言います。完全に日本を標的にしているとしか言いようがなく、対北で考えるならもっと安価なもので十分なんですね。


要するに、北朝鮮によるミサイル防衛のためにはTHAADもKAMDも不要。「THAADに依存」なんかした日には、首都防衛なんぞ夢のまた夢で、KAMD導入後は、いつでも日本の主要施設を狙ってくるでしょう。この社説は現状を全く理解していない記事、ということです。


で、今回の北朝鮮によるミサイル実験はお月様に一つの試練を与えた事は間違いありません。何せ、ロフテッド軌道での打ち上げはTHAADでもPAC3でも迎撃は困難。ロケット砲だけではなく、核によるテロや核ミサイルというオプションが用意されている、というものではなく、それを口実にした対日攻撃力を蓄えよ、というもの。

お月様の願望は南朝鮮主体に見せかけた朝鮮半島統一と、その統一後の実権の掌握。従北者であるお月様が金王朝の代わりを画策するのは理解できない方もいると思いますが、従北者は金王朝に忠誠を誓っているのではなく、金王朝という集権集金システムに対しての畏怖。

北朝鮮規模の経済で、南朝鮮財閥以上の生活と南朝鮮とは比較にならない権力。これを手に入れたいと思わないはずがないのですね。以前、南朝鮮のウリは "金のつながり" に特化したものに成り下がったと書いた事があります。従北も同じ。人のつながりというよりも利益供与の関係だと考えると分かりやすいかも知れません。

そして、核をお土産に金王朝の代わりになんちゃって民主主義国家樹立を宣言すればお月様は統一朝鮮の初代大統領になれるという算段。実際は北朝鮮のシステムを踏襲するんでしょうけどね。


今までの流れから言うと、左派政権は軍事費が膨らむ。それはどの政権でも敵国日本への攻撃を想定したものであり、2023年以降、南朝鮮は日本に戦争を仕掛けてくる可能性が高い、という記事でもあるのです。お嬢様は南朝鮮を掌握する軍国主義を目指していましたが、お月様は独裁統一朝鮮の軍国主義という全く異なるものを構築しようとしているのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

アノニマス「朝鮮半島で第3次世界大戦起きる可能性」 (2017.5.11 朝鮮日報)


国際的ハッカー集団「アノニマス」は9日(現地時間)、韓半島(朝鮮半島)情勢の悪化によって、近く第3次世界大戦が発生する可能性があると警告した。  

アノニマスはインターネットに公開した動画で「今後発生することに備えよ」として「韓半島に戦争が潜んでいることを示すあらゆるシグナルが表れている」と主張した。英紙インディペンデントなどが報じた。  

アノニマスは「この戦争は全世界的な結果を招くだろう」として「環境的な面と経済的なレベルの双方で、世界的に非常に破壊的な出来事が起きる可能性がある」と主張した。 (抜粋)

お月様が大統領に就任し、手始めに軍部の掌握をしようと試みていますが、うまく進んでいないようですね。以前も書きました通り、16日前後がXデーと考えていますが、残り数日でそれを阻止できるか、お月様の政治力にかかっていると言って過言ではありません。

アルダーフェにとっては存亡の危機に立たされている。お月様にとっても同様に政権存亡の危機に立たされている。どちらに正当性があるのかですよね。

南朝鮮では2006年からの10年間で20件もの "武器紛失"があるのですね。しかも、つい先月には「ハナフェもクーデターを起こしたのだからアルダーフェがクーデターを起こさないとは言い切れない」という懸念記事もでています。


本当はもう少し踏み込んだ事を書きたいのですが、、、


南朝鮮軍は骨抜き、と言われる人が日本には少なくありません。確かに、今の徴兵されている人は人に銃を向ける事は難しいでしょう。ですが、職業軍人は違います。彼らの練度は高く、非常に統制が取れているのですね。さすが、旧日本軍のやり方を踏襲しているだけあります。

アルダーフェが、国家情報院長や米韓連合副司令官、特戦司令官、など実戦訓練を積んでいる部隊の要職を占めている事は以前も書きました。今はまだ彼らは静かにしていますが、彼らを隠れ蓑にしている別なクループの存在にお月様が察知できるか。これによってクーデターが起こるかどうかが決まると言えそうです。

ここまで書いたのですから、あとは、あなた方次第。米朝非公式会談も不調に終わっていますから、クーデターを起こすには良い状況ではある。お月様も表向きの軍部掌握ではなく、もっと掘り下げていかないと意味がないんですよ。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

문재인 대통령, 낮 12시 국회서 취임선서만 하고 바로 집무 (2017.5.10 ハンギョレ)
ムン・ジェイン大統領、正午に国会で就任宣誓だけ行いすぐに執務を開始

문재인 대통령은 오늘 낮 12시 취임선서만 하고 바로 국정 운영에 들어간다. 행정자치부는 제19대 대통령 취임선서 행사가 10일 낮 서울 여의도 국회의사당 중앙홀(로텐더홀)에서 열리고 문재인 대통령은 그뒤 바로 청와대로 향한다고 알려왔다.

ムン・ジェイン大統領は本日の正午、宣誓だけを行い直ちに国政運営に入る。 行政自治部は、第19代大統領就任宣誓行事が10日正午、ソウル汝矣島国会議事堂の中央ホールで開かれ、ムン・ジェイン大統領はその後すぐに大統領府に向かうと知らせてきた。 (抜粋)

クーデターが怖いお月様。

そこで彼は宣誓もそこそこに軍部掌握に動きました。宣誓してすぐに大統領府に入ったのは、いえ、簡素な宣誓式だけでばく、大統領職引継ぎ委員会もなしに先ずは「中央選挙管理委員会から第19代大統領当選者に確定され、軍統帥権者としての法的な権限を行使することで大統領の公務に着手」したのですね。

軍部掌握に動いたのはもちろん、クーデターが怖いから。政治的空白期がどうの以前に、軍部の掌握を急いで、不穏な空気を一層するのとともに、不穏分子を1日も早く更迭すべく動いたのですね。自分の力を誇示できる大統領就任式が大好きな南朝鮮政治家が、その就任式を簡略化までしたのは、少しでも保身する必要性が危急だったからなのです。


このお月様はお嬢様とは違った軍国主義思想をお持ちのようです。お嬢様はお父様をなぞった軍国主義国家樹立を考えたようですが、自分が女性である事を嫌という程味わう事で、失意の弾劾受け入れとなった。

ところが、お月様は従北者でありながら、彼は金王朝に対する帰依ではなく、最終的に自らを王とする王朝樹立を目指しています。そのためには、太陽政策の回帰に舵を取り、南北の平和的統一を目指す事になります。そうやって日米を目を眩ましながら、自らを王にする地盤作りをしていくのでしょう。


さて、今年の光復節、きっと例年にない盛大なお祭りとなるでしょうが、その際に彼の口からどういった言葉が吐き出されるか。生温かく見守っていきたいと思います。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

モンスターペアレントと戦う韓国軍はまるで「国防幼稚園」 (2017.4.16 朝鮮日報)


韓国陸軍の工兵部隊の指揮官が、前方地域での地雷撤去作戦に投入する将兵の親から事前同意書を受け取った事実を明らかにして、物議を醸した。韓国軍の幹部は「明らかに当該指揮官の誤り」と述べつつも「子どもを軍隊に送った親の干渉があまりにひどかったから、あそこまでいったのだろう」と舌打ちした。軍に入隊した子どもを過剰に保護する、一部の「軍父母」の行動が度を越しているという指摘だ。  

危険な作戦に先立って兵士の親に同意を求めるというのは、今回が初めてではない。2013年2月、ある工兵部隊は、京畿道抱川の訓練場で不発弾の撤去作戦を実施するのに先立ち、兵士の親一人一人に電話をかけて説得した。当時、任務に当たったある大尉は、『国防日報』に「最初はいかにも心配そうな声だったが、部隊や軍、そして誇らしい息子を信じると同意してくださったご両親、そしてご両親を説得するたくましいわが中隊員全員に感謝するとともに、誇らしかった」と寄稿した。陸軍のある幹部は「最近、兵士の自殺や銃器の事件・事故が増えており、子どもを軍隊に送った親を安心させることが優先課題の一つになった」と語った。  

韓国軍当局は、親が部隊の位置や訓練の日程、軍の装備などを外部に漏らして保安事故を起こしかねないと懸念している。息子を軍隊に送った親の一部も、過度なコミュニケーション活動に懸念を示している。ある主婦の長男は、昨年末に兵役を終えた。この主婦は「訓練所のサイトで息子の訓練写真や訓練内容、毎日3度の食事の献立を確認して、息子と話をした。軍隊は画期的に変わったという思いを抱いたが、一方では『国防幼稚園』に送ったような印象もあった」と語った。  

韓国陸軍の関係者は「息子が入隊したら、訓練所の前に家を用意して暮らし、行軍についてくる両親の姿は、今では割とよく見られる」「いまさら、ネイバーのBANDやカカオのグループトークをなくすこともできず、また兵士についてもっとよく理解できる良い機能もある。親が理解を示して自制してくれることを願うばかり」と語った。ある主婦は「軍隊が兵士をうまく管理していれば、どうしてこんな関心が要るだろうか。兵営内の暴行や死亡事故を減らすための努力からやるべき」と語った。  (抜粋)

2017年◯月✖️日、北朝鮮が核実験を強行、それを受け、アメリカ軍が北朝鮮の軍事施設の爆撃を決行。事前に南北連絡トンネルに待機していた北朝鮮軍が南朝鮮に侵攻を開始。その時に南朝鮮軍はどうなったのかーー


南朝鮮軍に多量の電話が殺到、それは軍役に就いている兵士の親達であった。親達は「息子を作戦に参加させないで欲しい」と一方的に伝え、その結果、60万人とされる南朝鮮軍は一気に半数以上を失う事になったのである。

「兵士の親の同意」を得る為であり、どの親も国よりも我が子の安全を優先したからの結果なのだ。

装備では圧倒するはずの南朝鮮軍は、急激に兵士が減った事で持ち場を維持できなくなり、北朝鮮兵士を見ただけで逃走する事になり戦線は崩壊。ソウルは陥落し、南朝鮮は実質、敗戦を迎える事になるーー


アメリカが空爆しても北朝鮮を掌握する前に、南朝鮮はこの世から無くなってしまう可能性もあり、その原因が、このモンスターペアレントという事です。戦う以前に崩壊する軍隊って、流石、お笑い南朝鮮軍だこと。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

"朴정권이 군 사조직 '알자회'를 부활시켰다" (2016.12.22 viewsnnews)


지난 1992년 해체된 육사출신 사조직 '알자회'가 박근혜 정권에 의해 부활됐다는 의혹이 제기됐다.

박범계 더불어민주당 의원은 22일 국회 국정조사특위 국회 청문회에서 우병우 전 민정수석에게 "육사 34~43기 출신들이 만든 '알자회'를 알고 있냐"고 물었고, 우 전 수석은 "들어봤다"고 답했다.


去る 1992年に解体された陸士出身者による私的組織である「アルダー会」が朴槿恵政権によって復活したという疑惑が申し立てられた。

朴犯戒、共に民主党議員は、22日、国会国政調査特委国会聴聞会でウ・ビョンウ前民政首席に 「陸士の34~43期出身者が作った「アルダー会」というものを知っているか」と尋ねたところ、この前首席は「聞いた事がある」と回答した。 (抜粋)


"알자회 (アルダー会)" という組織があります。この会は1979年12月12日に起こった粛軍クーデター(通称「12・12クーデター」)を主導した軍内軍事組織「 ハナフェ(ハナ会) 」の後継組織。34期から43期の陸軍士官学校出身者で構成され、各期から10名ほどが参加し計120名からなる軍内軍事組織です。

日本ではあまり知られていませんが、2015年9月に国防長官が不在時を狙って軍内の人事移動が行われました。お嬢様の溺愛する弟は37期でアルダー会の中心的人物ですが、この37期は軍内の多くの重要な役職を占めていて、大将だけでも3名も輩出し、国家情報院の局長にも就いている。中将も4人。陸軍の中核をほぼ独占しているといってよいでしょう。

世論としては、アルダー会はクーデターを起こすだけの力がない、と言われていますが、実際は要職を占めており、しかも統制が取れている事から、十分にクーデターを起こすだけの力を持っているのです。そのアルダー会はお嬢様支持に回っている。


クーデターがいつ起こるかというと、一番可能性が高いのは新大統領が選任されてから1週間後。これは粛軍クーデターがそうだったからですね。今回、お嬢様が逮捕されたのも、この軍事クーデターを抑え込むための人質として逮捕されたという声もありますが、それだけ、共に民主党はこのアルダー会を警戒しているのです。

アルダー会自体も、共に民主党政権が発足してしまうと、金泳三がハナフェを潰したのと同様に解散させられる事になりますから、組織の維持・拡大のためにもクーデター選択はあり得る。そうなると、4月26日が投票日になる可能性が高い事から、クーデター決行日は5月1日もしくは2日と予想されます。


金田は南朝鮮は法治国家であり、民主主義国家であると信じていたいのですが、、、逮捕された際のお嬢様の余裕の笑みの裏を考えると、どうしてもクーデターの文字が消えないのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

ローマ法王「国民が選出したヒトラーが国民を破滅した」 (2017.1.23 中央日報)
【社説】ポピュリズム政権発足の可能性、韓国は世界第4位 (2017.1.14 朝鮮日報)

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が最近、米国・欧州など世界各地で強まっているポピュリズムがヒトラーのような指導者の選出につながるおそれがあると懸念を表明したと、AFP通信が22日(現地時間)報じた。

ローマ法王は20日、スペイン日刊紙エル・パイスのインタビューで、ポピュリズムの危険性を尋ねる質問に対し、「人々は危機が迫れば判断力を失い、自分を守る救援者を探す」とし、ナチスの指導者ヒトラーが選出された1933年のドイツをポピュリズムの極端な事例に挙げた。法王は「当時のドイツは1930年に経済危機を迎えて崩壊した状態だった。ドイツ人は国を再起させる指導者を望み、この時にヒトラーが『私はできる』と叫んで登場した」とし「ヒトラーは権力を盗まなかった。ヒトラーは国民によって選出され、その後、国民を破滅させた」と述べた。 (抜粋)

英国の経済分析機関「オックスフォード・エコノミクス」が、韓国など各国でポピュリズム政権が発足する可能性を警告する報告書を出した。同報告書は、20の経済大国のうち11カ国で2-3年以内にポピュリズム政権が登場する可能性があるとして、韓国を第4位に挙げた。 (抜粋)

今、アジアで一番危険な状況にある国は中国でも北朝鮮でもありません。もちろん、日本でもありません。最も危険な国、それは南朝鮮です。

実は、様々な状況が、ヒトラーを生んだ時のドイツの状況と酷似しているのです。普段からドイツを見習えと言っているからと言って、こんな事まで真似なくても、と思うのですけどね。


ナチスは民主主義から生まれました。ドイツ人は否定するでしょうが、ナチスはドイツ人がその誕生を望み、そして孵化させたものです。何故、民衆が現代では危険思想と思われるナチスを選んだか。それはひとえに生活の苦しさと選民思想、ベルサイユディクターによる"恨み"が融合し、高まった負のエネルギーがナチスを生む後押しとなったのです。

これは今の南朝鮮にも言える事ですね。

南朝鮮の生活は1980年代よりも豊かになった、と言いますが、実際は苦しくなっています。平均給与も上がり、GDPも世界の中では上位国でしょう。ところが、実際の生活は毎年のように国民の借金は過去最悪を更新し、失業者も増えている。そんな生活の苦しさに合間って性来の気性の荒さ、そして日本に対する見当違いな恨みが渦巻いている現状は、21世紀のヒトラーを誕生させるには十分なほど材料が揃っているのです。


現在、大統領選に意欲を見せている候補者はどれもヒトラーに成り得る人たちです。恨みから生まれるものは破滅しかありません。世界一優秀だと言い続けてきた選民思想の持ち主だからこそ、他の人の言葉には耳を傾けないのでしょうけど。

「韓国民がこの事件をきっかけに倫理的・霊的に生まれ変わることを望む」

最後にローマ法王が南朝鮮に送って下さった言葉を今一度噛み締めてみて欲しいと、強く、強く、願うばかりです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

国政介入:退陣拒否の韓国大統領府、16日の聴取にも応じず (2016.11.16 朝鮮日報)


大統領府は朴槿恵(パク・クネ)大統領の即時下野や「秩序ある退陣」は考えていないことを明言した。検察の捜査についても「書面聴取」を原則とし、聴取時期を遅くらせてほしいとの意向を検察に伝えた。

大統領府の鄭然国(チョン・ヨングク)報道官は15日、政局収拾案について、「あらゆる可能性を閉ざさずに苦心している」と述べた。だが、報道陣から「大統領下野や退陣の可能性も閉ざしていないのか」という質問が出ると、同報道官は「それはない」と答えた。大統領府関係者は「下野すれば憲政秩序が断たれ、国家的混乱を招く」と語った。朴大統領が自ら辞任期限を示して過渡期の内閣を構成し、国政と次期大統領選の管理を任せる「秩序ある退陣」についても、大統領府は否定的な見解を持っている。朴大統領は今後、3回目の国民向け談話などの形で首相権限などについてあらためて見解を明らかにするなどの追措置を検討しているという。政界から声が上がっている「弾劾」については、大統領府関係者は「弾劾は国会が憲法上の手続に基づいて検討するもので、我々(大統領府)が何か言える事案ではない」と述べた。

一方、朴大統領の弁護人に選任された柳栄夏(ユ・ヨンハ)弁護士は同日、ソウル高等検察庁庁舎前で記者会見をして、「あす(16日)の聴取は物理的に不可能だ。大統領関連の疑惑が整理された時点で大統領への聴取が行われるのが妥当だ」と述べ、聴取延期を要請した。 (抜粋)

一つ、気になる話しを某所から聞く事ができました。あくまで、可能性、という事ですが、お嬢様が現状を強権的に打破する確実な方法の一つとして、戒厳令を敷く、という内容です。

南朝鮮の憲法下では次のように規定されています。


第77条① 大統領は、戦時、事変又はこれに準ずる国家非常事態において、兵力をもって軍事上の必要に応じ、又は公共の安寧秩序を維持する必要があるときは、法律が定めるところにより、戒厳を宣布することができる。

前回のキャンドルデモ、必ずしも平和裡に終えられたわけではありませんでした。やはりというかやっぱりというか、警察との小競り合いも起きていたりしたのですね。次、同規模のデモが起きたらどうなるか。今度は暴動が起きる可能性が非常に高いのです。というより、暴動を引き起こす事は簡単なので、そのように仕向ける事も可能でしょう。

お嬢様側も北朝鮮と共に民主党の関係を相当洗ったようですし、実際にキャンドルデモの移動用バスは共に民主党が手配していた。もちろん、以前、エントリーした通りこのデモは従北団体である「民衆総決起闘争本部」やペク・ナムギ闘争本部、そして民主労総が主催したもの。

嗤えるのが、デモに参加している人たちが、主催者が従北団体だと知らないという点。ちょっとした暴動を演出し、このデモが従北団体主催である事を公表すれば戒厳令を敷く大義名分は立つ。北朝鮮による国家騒乱とすればなんでもOKな国ですから。


そにためには、もう一度、キャンドルデモを行ってもらわなければいけない。という事で、時間稼ぎをしているのだ、と言うのです。それでなくてもお嬢様は "不通" という事で知られている御仁。今回のように聴取時期を遅らせるのは "考えない国民" にしてみれば油に火を注ぐ事にしかならない。

戒厳令を敷いたら、政権中枢は軍部に移行する。現在、軍部にはお嬢様の弟やその同窓、同級生が幹部の多くを占めているので軍部統制自体は容易にできる。戒厳令下では共に民主党も満足に動けないし、前回、デモにおいて演説をかましていた議員たちは全員、身柄を拘束される事になる。それどころか、党そのものが内乱陰謀罪で解党される可能性も否定できなくなる。


お嬢様が目指すのは軍国主義国家ですから、これを良い機会と実行に移す可能性が少なからずある、というのですね。

次のデモ次第で南朝鮮という国は大きく変わってしまうのですが、それに気づいている国民はどれだけいるのか少し生温かく見つめてみたいと思います。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

宗教的兵役拒否、韓国国防部は徴兵逃れを懸念 (2016.10.21 朝鮮日報)


韓国では、最近10年間(2006-15年)に兵役を拒否した人の数は6088人に上り、このうち宗教的信念に従って拒否した人が99.3%(6049人)を占めている。毎年平均600人ほどで、年間の現役兵入営対象者25万人の0.24%となる。こうした人々は、大抵が懲役1年6カ月の刑を言い渡され、刑務所で服役する。

宗教的兵役拒否者を処罰してはならないとする立場からは、代替服務制度の導入が代案として提示されている。韓国国防部(省に相当)でも一時、これを検討したことがある。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の07年、国防部は「病院または施設において、泊まり込みで現役服務期間の2倍働く」という形で代替服務制度の導入を検討した。しかし政権交代後、わずか1年で「国民感情に合わない」と、自らこの案を撤回した。国会には、代替服務制度導入を盛り込んだ兵役法改正案が何度も発議されたが、議論すらされずに廃棄されている。

ドイツは1960年に代替服務制度を導入し、台湾は2000年に宗教的兵役拒否者の代替服務を認めた。しかし、こうした国の事例を韓国へ適用するのは不当、という声も少なくない。昨年7月に憲法裁で公開弁論が開かれた際、高麗大学ロースクールの張永洙(チャン・ヨンス)教授は「韓国とは条件が全く異なる外国の事例に言及して代替服務制度導入を主張するのは正しくない」と語った。国防部も今月初め、国会に提出した資料で「代替服務制度は、国民的コンセンサスが十分でないだけでなく、特定の宗教に対する特別待遇と認識されている。兵役忌避の手段として悪用される可能性もある」と主張した。 (抜粋)

特定の宗教。これはエホバの証人を指している言葉です。エホバの証人が言うには今までに1万8000人もの信者が服役しているそうで、10月末現在395人が服役中なのだそう。現在、南朝鮮のエホバの証人の信者数は公称およそ10万人。そこから見た不条理を"한국사회와 양심적 병역거부: 역사와 특성, 강인철, 종교문화연구 제7호" などを参考に少し書いてみます。


南朝鮮における良心的兵役拒否の始まりは、1959年、入隊者による抗命罪(命令に従わなかった罪)による処罰が初めてとされています(エホバの証人側は1953年と言います)。本格的に良心的兵役拒否が問題になったのは1961年の5.16軍事クーデターから。

年間600人弱もの信者が投獄されている事になりますが、実は少し数字が合わないのです。公称10万人ですから、性別では恐らく7割が女性。その上、宗教から離れる傾向が強い19歳~29歳という世代が毎年600人。冒頭で書いたようにエホバの証人の服役者は395人。

以前はエホバの証人意外でも宗教的兵役拒否を行っていましたが、この良心的兵役拒否は現在はほぼエホバの証人の独壇場に近い。


何を言いたいのかというと、この数字から兵役拒否をしたいがために宗教を利用している人が一定以上いるという事が分かるのです。その割合はおよそ3人に1人。現在、この良心的兵役拒否における服役期間はおよそ1年ですから兵役に就くよりも半年も短いという利点もある。

その上、兵役を拒否することで服役した場合、その後の民防衛(およそ40歳まで縛られることになる)の義務もなくなる。こんな一粒で2度美味しい事をエホバの証人の信者だけに味あわせるのは可笑しいとでも思っているのでしょうね。


ただ、南朝鮮社会は兵役拒否者には冷たい社会です。エホバの証人という社会に住むのならそれなりに過ごせるでしょうが、宗教を利用するだけの人間がその後の長い人生においてどれだけ不利益を被るのか計り知れません。

損得ばかりで考えている私たちらしい行動といえば行動ですが、せめて南朝鮮という戦地に住むのなら、自国防衛の義務は果たせば良いのに、それじゃあ、在日を「腰抜け野郎」だなんて嗤えないよ、と思う金田でした。

※ 読みにくくなりますが意図的に宗教的兵役拒否と良心的兵役拒否を使い分けしています。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

村民に侮辱される気の毒な韓国海兵隊員たち /済州 (2016.5.2 朝鮮日報)


先月28日午後4時30分ごろ、韓国海軍済州基地戦隊が指揮する今年2回目の済州軍民複合港防衛訓練に参加しようとした海兵隊員たちが、基地に隣接する済州道西帰浦市江汀村の近くで住民たちの反発に遭遇した。

海兵隊第9旅団の将兵8人はこの日、軍用トラックに乗り、江汀村を通過した。正平たちは周囲に敵がいるかどうかを探索する姿勢を取り、重工はトラックの外に向けられていた。済州の海岸に上陸する敵軍を掃討する状況を仮定した訓練だった。(抜粋)

この記事を読むときに知ってもらいたいのは、この村民も兵役経験者、いわゆるOBなんです。そのOBがイチャモンをつけてきたというのがこの記事の背景ですね。

要するに、
・自分も過去にしてきた事を棚に上げている
・どうせ戦争ゴッコだろ?とバカにしている
・反論できないのを知っていての嫌がらせ
というのがこの記事の真相。

軍政時のように民衆を撃つ事がないのを知っているからできる。訓練と知ってはいるものの銃口を向けられた怒りを "絶対弱者" に向けているだけ。

そして、トラックから降りて部隊展開からの掃討作戦練習ではなくトラックの中から敵軍掃討って、、、(笑

いえね、こういった訓練はしない事はないけどトラックなんて格好の標的ですから、実践的な訓練ではないですよね。彼らもどれだけ真剣にしていたか分かりませんが、OBとして「ナニ、ヌルイコトシテルンダ!」という思いもあったのかも知れません。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ