在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

カテゴリ:慰安婦 > 慰安婦教育

「慰安婦事件を彷彿」 激怒の裁判長が量刑引き上げ=ソウル高裁 (2017.6.23 朝鮮日報)


22日午後、ソウル高裁第404号法廷。判決文を読み上げていたハム・サンフン裁判長が長いため息をついて被告を見た。裁判長はハン被告(22)ら11人の被告に「13歳の少女にどんな力があるというのか。人にはできることとできないことがあるが、私は被告が人としてやってはならないことをしたと思う」としかりつけた。  

ハン被告らは高校生だった2011年、ソウル市道峰区の山で、女子中学生2人に酒を飲ませて集団で性的暴行を振るったとして起訴された。はじめは4人が入れ替わり女子中学生2人を暴行し、あとの7人は女子中学生が抵抗して未遂に終わった。残酷な仕打ちだった。8日後の夜遅く、ハン被告らは再び女子中学生を呼び出した。11人だった加害者は22人に増えた。この日は6人が「悪事」を働いた。残りは横で見守った。  

この事件が明らかになったのは5年後のことだった。親にも話せずに胸を痛めていた被害者の少女たちがカウンセリング・センターや警察の助けで昨年3月に告訴状を提出したのだ。  裁判長は、主犯のハン被告とチョン被告(21)にそれぞれ懲役7年を、共犯2人には懲役6年を言い渡した。ハン被告を除く3人は一審よりも量刑が1年ずつ増えた。また、一審で執行猶予付きの判決が出た共犯には懲役2年6月を言い渡して法廷拘束した。ハン被告らは犯行時未成年だったため、成人だった場合よりも量刑が軽い。  

さらに、「ハン被告らは列を作って性的暴行を振るおうと待っていたという捜査記録を見て、『慰安婦事件』を思い出した。被害者たちにとっては何十年過ぎても忘れられない犯罪だ」「ハン被告らが楽しく笑い、食べ、にぎやかに過ごしている最中も、被害者たちは怖がって家から出られずに退学にまでになった」と語った。  

裁判長は「ハン被告らに有利な情状は、犯行当時に少年だったということだけだ」「成人だったとしたら、はるかに重い刑を言い渡さなければならない」と述べた。そして、「見ていただけで、犯罪に加担したという証拠が不足している」として無罪を言い渡した5人に対しては「どれだけ自由でいられるかは分からない。(ハン被告らが)そのように悪事を働いている間、誰も通報しなかったし、止めもしなかった」と言った。  

一部の被告の親たちは判決直後、傍聴席で「なぜ一審より量刑が増えるんだ」「裁判長はひどすぎる。若い子どもたちに何の過ちがあるというのか」と抗議した。 (抜粋)

日本を震撼させる強姦事件や強姦・殺人事件の多くに私たちが関与しています。

私たちは強姦を止められない民族ではないと信じたい。信じたいですが、年々強姦が増え続け、海外でも強姦を行う民族なのですから、失望ですら感じることを許されません。強姦魔民族と言われてそれに反論できる術を金田は持ち合わせていないのです。


この記事の事件はそんな南朝鮮社会に大きな波紋を呼び起こした事件でした。中学生2人を最大22人で取り囲み強姦をする。

しかも、その強姦主犯は反省の「い」を見せはしましたが、実質反省をせずに、この記事にもあるように重大な犯罪を起こした故に罰せられたというのに、量刑が重くなったと抗議して懺悔をしようとはしないのです。


今回の量刑アップは、増え続けている性犯罪をなくすために、執行猶予ではなく実刑で臨む、という南朝鮮司法の強硬な姿勢を見せようということで行われたものです。ところが、これは恒久的に続くのではなく。この場限りのパフォーマンスに過ぎないのですね。何故なら、刑事施設の収容率が目一杯だからです。

平成14年。日本も増える犯罪者の対応に苦慮した年です。この年の収容率は驚きの106.5%。日本も治安が悪くなった、という言葉が聞かれるようになった年ですね。

ですが、日本はここから犯罪対策を行い、犯罪認知率などが年々下がり、最新のデータでは収容率が69.6%まで減ったのです。まぁ、この裏には、犯罪者の人権とやらのために施設の増設などもあったので収容人数のピーク自体は平成18年だったりしますが。


で、南朝鮮はというと122.5%。犯罪者には厳しい環境で良い、という事なのでしょうが、これはある意味正しい処罰。日本の刑務所は快適すぎると言いますし、刑務所飯の方が、生活保護を受けていない基礎年金だけの高齢者世帯よりも良いものを食べていたりします。

少し横道に逸れてしまいましたが、122.5%というのは刑務所内で暴動が起こり得る数字で、実際に南朝鮮では定期的に暴動が起きて死者も出ている。強姦魔を律儀に収容していたらどうなるか分かりますよね。それなので、加害者家族は余計に抗議熱を帯びたのでしょう。


慰安婦は自らが志願し、もしくは当時の私たちのよくある就職活動の一つとして親に売られた人たちです。今回のような下劣な犯罪とは違い、日本の風習とも違い、私たち独自の生活風俗の中で自然発生的に慰安婦は生まれたのです。

ただ、少しだけ違う点があり、従来のように娼館で働くよりも日本軍の慰安婦として出向いた方が遥かに、遥かにお金になったという点。だからこそ、南朝鮮女性は挙って慰安婦を目指したのです。

実は、南朝鮮の高齢者女性に中には慰安婦に対して厳しい見方をする人が少なくありません。この辺りは報道で紹介されることはないのですが、実は、慰安婦になれなかった人が少なくないからです。1〜2年働けば店が持てる。こんな美味しい仕事は当時の南朝鮮では慰安婦だけでした。というより、現代南朝鮮でもそんな美味しい仕事は存在しません。ですから強制連行なんぞしなくても募集すればいくらでも集まったのですね。

ですが、いくら戦場でも醜女と普通の容姿の女性ならばどちらを兵士は選択するでしょうか。こんな当たり前の生理的な選別を女衒がしないはずがなく、だからこそ多くの資料に「なかなか美人だから、200円貸してあげますよ」(日下公人 『一問百答』より)のような台詞が出てくるのです。

今の南朝鮮売春婦とは待遇も質も全く異なるもので、こんな事件や今の売春婦と同じにしては、本物の慰安婦に対して申し訳ないと思わないのでしょうか。


話を戻しますが、慰安婦になれなかった悔しさ、というものがあるのです。慰安婦ハルモニは友達が少ない事が知られていますが、慰安婦になれれば2度美味しい状態になる。それに与る事ができなかったその怒りや恨みは相当なものですね。それ故、慰安婦ハルモニは友達が少ないのです。


気になるのは、今の慰安婦ハルモニたちの若い頃の写真、当時の慰安婦たちの写真に比べると顔のレベルがワンラン以上、下のように思います。こういった点からもやはり米軍慰安婦と見た方が良さそうですね。実際に米軍慰安婦は顔の選別はあまりなかったようですし。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

<韓国大統領選>支持率急上昇の安哲秀候補「韓日合意、修正を」 (2017.4.7 中央日報)


安候補が韓日合意を批判したのは今回が初めてではない。安候補は昨年12月28日の慰安婦に関する韓日合意1周年を迎え、自身のフェイスブックに「慰安婦合意は被害者の方の意志を無視して強行した不通の結果文」とし、「廃棄されて当然だ」と批判した。引き続き「日本政府が真正性のある謝罪を行い、その責任を全うするまで歴史の流れを正すために先頭に立っていく」と明らかにした。

彼は少女像の撤去も反対している。昨年9月8日、慰安婦被害者に会った場で「韓日首脳会談で安倍首相が少女像の撤去を要求すること自体が適切でなかったと考える」として「少女像は象徴だが、その象徴をなくそうとするいかなる試みも許されない」と指摘したことがある。  (抜粋)

南朝鮮は「戦勝国」という立場に固執しています。面白いことに「被害国」であるとも考えているのですね。リンク先は朝鮮日報と契約していないと見られないので、それぞれ少し引用すると、


李議員は「1951年9月8日に締結された『サンフランシスコ講和条約』は韓国に対する不平等条約だ。韓国が戦勝国であるのにもかかわらず条約締結に参加していなかった1951年の条約を修正し、韓国が直接参加する2014年の『新サンフランシスコ講和条約』を締結することを米国と日本に要求する」とも語った。  (抜粋)

これまで光復節(8月15日、日本による植民地支配からの解放を記念する日)を含め、在任の4年間に一度も戦争加害国として謝罪していない安倍首相が、漫画やゲームのキャラクターのように明るく、マリオの象徴である赤い帽子をかぶって現れたのだ。   (抜粋)

てな感じ。戦争には勝ったけど、被害者?まぁ、あり得る話ですが、ですが、戦勝国なら、サンフランシスコ平和条約第14条bに


(b)この条約に別段の定がある場合を除き、連合国は、連合国のすべての賠償請求権、戦争の遂行中に日本国及びその国民がとつた行動から生じた連合国及びその国民の他の請求権並びに占領の直接軍事費に関する連合国の請求権を放棄する。

とあり、これにより請求権は存在せず、元々、請求権協定により被徴用者による個人的権利は存在しないというのが南朝鮮の正式な立場。ちなみに、元々、慰安婦は徴用者扱いで、慰安婦のような売春婦を同じカテゴリーに入れたくないという事から分離したでしょうに。


ちなみに、日本人だけが知らない請求権協定にある「徴用者」の定義の変化について少し書かせて頂くと、この徴用者には元々、「国が国民を兵役以外の業務に就かせること」でした。徴用者、というだけで、私たちは日本国民であることを暗に肯定しているのですね。

で、この徴用者というのは本来、炭鉱も工場もそして慰安婦も国がその業に就かせたもの全般を含めた言葉なのですが、慰安婦だけは「女子挺身隊」などと "誤用" して、慰安婦を徴用者から分離。今では、慰安婦と徴用者は完全に別物といった扱いとなっています。請求権協定を締結時に慰安婦に関しては話し合われていない、と私たちは主張しますが、慰安婦についてはもちろん言及していますし、慰安婦はこの徴用者に含まれていたのですね。


慰安婦が徴用者でなければ、「国が」の部分が担保されなくなるので、単なる私娼に過ぎなくなるのですが、そこには触れずにいる。ですが、徴用者であれば、南朝鮮政府の公式見解通りに個別的権利は存在しない。

結果として、戦勝国でも被害者国でも、徴用者でも慰安婦でも、彼女らは一切の個別的権利は存在しないのです。


ちなみに、私たちがよく持ち出すドイツの個別補償について目を向けてみると、5万6000人に対して7億2000万ユーロの補償金でした。1人あたりおよそ160万円。それに対して慰安婦合意では1人あたり1000万円。この他にも、今まで1人あたり500万円の支給や医療費補助などとドイツに比べて相当手厚い内容となっています。

それでも足りないからもっと出せ!という南朝鮮。それを乞食と見るか、当たり屋と見るか、正しい認識を私たちは行わなければいけません。


最後に、この売春婦像に関しての日本の要求を勝手に置き換えないでほしい。日本は国際条約に基づき、撤去を求めているだけであり、「なくそう」としているのではない。要するに、この安某氏も正しく相手の要求を理解できる能力が不足しているということがこの記事から分かるのですね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

慰安婦被害事例集の刊行記念講演 22日にソウル市庁で (2017.2.10 朝鮮日報)


【ソウル聯合ニュース】ソウル市とソウル大の人権センターが22日にソウル市庁で、旧日本軍の慰安婦被害の事例集刊行を記念した講演会を開く。 

昨年末に刊行された事例集には、慰安婦を強いられ苦しみ続けた10人の被害者の生々しい証言がつづられている。昨夏に米国やタイの調査で見つかった公文書や捕虜尋問の資料、写真、地図などの関連資料も掲載された。 (抜粋)

一昨年の12月、南朝鮮にとって "屈辱的" な合意である日南慰安婦合意を締結しました。その1年後の昨年12月月はその1周年と言う節目だったこともあり、様々なイベントがありました。今も尾を引いている釜山売春婦像の違法設置もそうですが、その影となりあまり日本では報道されなかった "문서와 사진, 증언으로 보는 ‘위안부’ 이야기 (文書や写真、証言で見る「慰安婦」の話)" が29日に刊行されています。

最近は、南朝鮮も反慰安婦運動を警戒しており、こういった資料を作るは作るのですが公開を制限しているのですね。この事例集も例に漏れず、単に非売品というだけではなく配布先は国公立図書館に限られ、その図書館ですら配布先が限定されている。

実は、あれから今年に入って数度も南朝鮮に行っていると言うのに、未だに断片的にしか現物を見ていないと言うあり得ない状況だったりします。コピー不可、貸出不可のようで、金田は写メを見ただけ。よほど日本に知られたくない内容みたいですね


一応、この事例集の概略に関してはこちらをどうぞ。ここで紹介している例はこの中で一番若い女性であり、25歳とかそういった女性のデータは人目に触れないようにしているのです。


全く関係ない話ですが、この事例集に出てくる19歳の女性、身長と体重が、アノ若槻つばささんと同じだったりします(身長5フィート・体重77ポンド、およそ150センチ・35キロ)。少し痩せてはいますが、いわゆるモデル体型なんですね。

よく耳にする「慰安婦は栄養状態は劣悪で・・・」は、この体重BMI(15.56)が一つの根拠となっていますが(飢餓は一般に16未満とされています)、戦争末期の日本本土の女性に比べて同程度か栄養状態は良かった事が分かります。


この記事にある「強いられ苦しみ続けた」という言説の一翼はこの事例集自らによって否定されているのですね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

韓国国定歴史教科書の編纂基準公開 独島領有権記述など強化 (2016.11.26 朝鮮日報)


【ソウル聯合ニュース】韓国教育部が25日、国定歴史教科書の編纂基準を公開した。教科書執筆時の留意事項などをまとめたガイドラインで、28日に公開される国定教科書の見本本の記述内容を予想することができる資料となっている。

教育部は編纂基準で、「歴史的な事実を間違うことなく叙述するために学界の最新の学説を忠実に紹介しなければならず、偏向がないように叙述しなければならない」との原則を示した。

最も大きな論争を巻き起こしていた韓国の建国時期と関連しては、1948年を従来の「大韓民国政府樹立」ではなく、「大韓民国樹立」とした。1948年を韓国樹立とし、1919年の日本による植民地時代の臨時政府は排除したとの批判が出そうだ。

1961年5月16日の軍事クーデターについては、「軍事政変」という表現を使った。

独島については、日本の領有権主張の不当性や日本の歴史歪曲(わいきょく)の実態と問題点などを指摘し、韓国の固有領土であり、紛争地域ではないことを明確する方針を明らかにした。

また、旧日本軍の慰安婦問題に関しては、「戦時体制下で日帝が展開した抑圧政策を徴用、徴兵、日本軍『慰安婦』の強制動員などの事例を調査し把握する」とした達成基準(中学校)に基づき、慰安婦が日本官憲の関与のもと、強制的に連行された事例を中心に内容を構成することを編纂の留意点として示した。 (抜粋)

過去にも紹介させていただいている言葉があります。それは、E.H.カーの『歴史とは何か』に書かれている、「歴史とは歴史家と事実との間の相互作用の不断の過程であり、現在と過去との間の尽きることを知らぬ対話である。」というものです。

元々、現代の感覚では極左だった金田は、日本をどう効率よく非難するかを考え、南朝鮮近代史を大学時代には専攻していました。大学を卒業して以降も働きながらもその道の専門家にも教えを請い、そして独自に史料を集めたりもしてきましたが、結果として、日本側の主張を覆すどころか、南朝鮮側の主張の異常さが際立っていくのです。

その異常さが際立つ理由の一つに、史料をどう読むか、というものが根本的に外国の歴史家と南朝鮮の歴史家に違いがあります。


基本、歴史とはその時代の支配者に都合の良い歴史が描かれるものです。残されている複数の史料に同様の記載が残されていれば、歴史家はその記載を真史であると仮定します。ところが、支配者によるバイアスがかかっているかどうかを他の史料を読み込むことで、その記載の真実性を見極めていく事で学説が生じていきます。

ところが、南朝鮮の歴史家は、自分の考えを裏付ける史料のみを引き合いに出し、もしくは、解釈を変え、時には捏造することで、学説を作り出します。そして、声が大きければ、それが有力学説となっていく。歴史は作り変わる。変える、ではなく、歴史家が自らの手で歴史にバイアスをかけ、将来的に歴史を変えていこうとしています。

慰安婦の強制性は現在はその裏付ける史料は何一つありません。ですが200年後どうなっているか。現在の学説やそれに関する論文がわんさかと出てくることになる。そう、200年後には慰安婦の強制性は史実となるのです。それが南朝鮮歴史家の狙いなのですね。

ちなみに、太文字の箇所、金田が知りうる根拠・史料などはありません。特に「(南朝鮮人女性が)強制的に連行された事例」は現在、1例もありません。公開されている元慰安婦の証言を全て調査しましたけど、強制連行の事例は「0」。どんな事例が出てくるか楽しみですが、またまた教科書に捏造史を掲載するのでしょうね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

韓国外交部が「慰安婦合意Q&A」 サイトで公開 (2016.1.21 朝鮮日報)


【ソウル聯合ニュース】韓国外交部が旧日本軍の慰安婦問題をめぐる韓日合意について、合意の意味や議論になっている争点をまとめ13項目のQ&A形式の資料としてウェブサイトに公開したことが20日、確認された。韓日間の合意文全文をホームページに掲示したことはあるが、説明や反論を添えた資料を載せるのは初めて。合意の無効を訴える集会などが続くことを受け、積極的な対応に乗り出したとみられる。

外交部はソウル・日本大使館前の慰安婦被害者を象徴する「少女像」の移転を条件に日本側から10億円を受け取るという一部の主張に対し、10億円と少女像の移転問題は関係がないとした上で「全く事実ではない」と反論した。

慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」については、合意の内容と基本精神が守られるという前提の下、両国政府が確認した文言とした上で「不可逆的という表現は日本が今後、合意を覆したり、合意に逆行する言動をしたりしてはならないという意味を内包している」と説明した。

さらに日本政府が表明した旧日本軍の関与認定や責任表明、安倍首相の公開・公式謝罪と反省表明、日本政府の予算拠出などが今後もしっかりと実践されなければならないとし、それが今回の合意の基本精神だと強調した。

慰安婦問題に対し、国連など国際社会で互いに非難、批判を控えるとしたことについては「合意の誠実な履行を前提に、政府レベルで限定してなされた約束」と説明。その上で「政府は戦時における性暴力など普遍的価値としての女性の人権を保護し、増進するための国際社会の議論には今後も続けて積極的に参加する」との立場を表明した。(抜粋)

元々は日本社会党(社民党)の売名行為で、解決済みの慰安婦軍票問題だったものが、いつの間にか強制連行(狭義の強制性)へ移行し、それが広義の強制性へ(これも途中で拡大解釈しています)、そして、PTSD問題も付け加え、そして、戦時性暴力に "格上げ" しようとしている。


慰安婦問題は戦時性暴力ではありません。

朝鮮系日本軍人が行った、占領地におけるレイプは戦時性暴力です。このレイプをなくすために日本人を中心に連れてこられた慰安婦精度は、この戦時性暴力をなくすためのものであり、当時、世界的に見て、この戦時性暴力をなくそうとした、画期的な制度の一つと言えます。


アメリカもドイツも、イタリアもオランダその他の国は占領地でレイプを繰り広げました。例えば、アメリカ軍は占領時の最初の10週間に神奈川県だけ分かっているのだけでも1336件ものレイプを行いました。戦勝国云々関係なく、これは国際法に基づく明確な違反行為であり、完全なる犯罪行為です。


韓国軍によるベトナムでの強姦やライタイハン問題も明確な戦時性暴力です。これは歴史的に数ある戦争の中でも卑劣な戦争行為の一つで、韓国軍はベトナムに対して宣戦布告もせず、韓国軍として軍隊を送り込み、虐殺、略奪、強姦を繰り返しました。

いいですか、南朝鮮同胞の皆さん、そして、在日同胞の皆さん。

このベトナム派兵はアメリカからの要請ではなく、南朝鮮から参戦したいとアメリカに申し入れ、しかもアメリカ軍として参加したのではなく、韓国軍として参戦しているんですね。ですから、掲げる軍旗はもちろん、太極旗。ハーグ陸戦条約に明確に違反し、いきなり軍隊を送り込んでベトナムで蛮行を展開したのです。

1950年10月14日、南朝鮮はある条約に加盟しました。虐殺を禁じたジェノサイド条約です。ベトナム戦争は1960年。条約に加盟しているにも関わらず、一般人だけの村を殲滅させたりしたのです。これこそ、戦争犯罪であり、お嬢様がいう戦時性暴力の代表例なんですね。ですが、南朝鮮は公式な謝罪を一切していません。それにも関わらず、「積極的に参加」って笑い話ですか?


日本ほどハーグ陸戦条約を遵守した国はなく、そして、戦時性暴力を防止しようとした国はないのです。



追伸 : 先日、「お前は日本人か!」とDMを送ってくださった方がいました。ハイ。金田は帰化しましたので日本人です。ですから、祖国だった国が行っている間違った歴史修正には加担したくありませんし、過去に私たち朝鮮人が行った犯罪を認め、謝罪すべきという、当たり前の主張をしています。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

【社説】日本のダーティープレーと韓国外交部の無能 (2015.11.7 朝鮮日報)


首脳会談の後日談が日本メディアを通じて連日伝わってくるというのも正常とはいえない。「日本側が『慰安婦問題のために首脳会談ができないというのなら、なすすべがないと意地を張ったため、韓国が譲歩した』「日本側が昼食会を提案したのに、韓国側が拒否したため、安倍首相の周囲では『昼食会ごときで国益を損なうことはできない』という話が出ている」などと、一方的な内容ばかりが伝わってくる。日本はいつでも堂々と構えてきたというわけだ。このような後日談は、日本が果たして今回の首脳会談に真摯(しんし)な姿勢で臨んだのかという疑問を生じさせている。中・日首脳会談の結果に対する後日談がほとんど出てこないことを考えると、日本が韓国と中国をどう区別しているのかを推し量ることができる。

韓国の外交部(省に相当)も嘆かわしいのは同じだ。外交部が最初から、(首脳会談について)全てを透明な形で明らかにしていれば、日本のダーティープレーがこれほどひどい状況にはならなかったはずだ。韓国政府は何を心配したのか、南シナ海での中国による海洋進出問題や、日本産水産物の輸入規制問題、産経新聞の前ソウル支局長に対する裁判の問題など、首脳会談で議題になった懸案を公開せず、日本の外務省が公開した後になってそれを認めた。3年6カ月もの間首脳会談を拒否したことで、何ら成果を得られなかったことが恥ずかしかったからなのか。日本はこのような外交部の弱点を見透かして、つまらない後日談を流しているのだ。韓国政府は首脳会談で何ら成果を得られなかった上、事後の管理にも失敗した。外交部の無能ぶりは、到底隠しようがない病だ。(抜粋)

こういったメディア戦術も含めて外交なので、今回の外交戦は南朝鮮の完敗、ということで臍を噛んでいるに過ぎません。日本の諺では負け犬の遠吠え、と言うんですよ。。。


いや、正直、この一言で終えても良さそうな記事ですが、それではつまらないので、なぜ、南朝鮮外交部が議題になった懸案を公開しなかったか。それは、どれも日本から責め立てられているものばかりであり、南朝鮮としては慰安婦しかカードがなかったからなんですね。

なぜなら、如何しても日本に経済協力を仰がないと立ち行かなくなってきているからなんです。

今年は一貫して輸出不振でした。そこでお嬢様政権は内需拡大に急いで舵を切ったんですね。それが今行われている借金経済であり、そのおかげで前半はマンションが、後半はマンションまでは出せないけど車は買えるということで自家用車の販売が好調なんですね。

現ナマで買っているのではなく、あくまで借金。新興国の中で家計負債は一番深刻な状況に置かれてしまっている。先進国の中から見てももちろん悪い。これは昨年末の話しで今はさらに悪化していて、しかも以前なら、"返ってくる借金"から、今は"純粋な借金"に移行しているんですよ。

そう、内需拡大も限界がきているんですね。

輸出もダメ、内需もダメ。

ということで、今までの反日を詫びずに支援だけして欲しいから開催したのが今回の首脳会談だったわけです。それ故に、南朝鮮側の懸案事項は慰安婦問題だけで、日本側に攻め込まれる感じになってしまったのです。

助けて欲しいならまずは謝罪。法を遵守して、もう2度と補償などは一切求めないと文書を交わす。これがスタートラインなんですよ。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

北のサイバーテロ、韓米が協力強化へ (2015.10.17 朝鮮日報)


グローバル分野での協力関係について朴大統領は先日の国連総会で「少女たちのより良い生活」と呼ばれる新たな構想を発表し、これをのミシェル・オバマ夫人による「レット・ガールズ・ラーン(Let Girls Learn)」(世界の貧困少女たちのための教育支援運動)と連携させる方策についても積極的に検討することにした。(抜粋)

どうしてお嬢様は"少女たち"とワザワザ性を強調したのでしょうか。
そしてオバマ夫人も"貧困少女"と性を強調しているのか。

実はその根本の理由は全く異なるものなんですね。

南朝鮮外交上で"少女"というのは慰安婦を指して使用してきましたし、今後も使用し続けることでしょう。ですからこの「少女たちのより良い生活」は慰安婦の不遇な生活を想起させる手段の一つとして、"日本が行った"従軍慰安婦の人権侵害をより広く知らしめるために少女を使います。

アメリカは国内において病的な性差別の対象である少女を保護する事で、自国の差別を減らしていこうという考えがその根底にある。

ところがwordが同じ"girls"を使うもんだから、単純な人たちは米韓が共同歩調を取っている象徴と思い込んでしまうんですね。実際は韓国が今後5年間で、ネパールやセネガル、ボリビアなど15カ国の少女を対象にたちに2億ドルも拠出して、反日教育を展開しようとしているんです。

子どものうちに教育した方が反日を刷り込みやすいですから、、、
ついでにもう一つの目的も果たせますし。


そんな事にお金を使うなら16万人もの売春婦を助けたらどうですか。まぁ、一人当たり15万ウォン程度にしかなりませんが。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

朴槿令氏発言に挺対協「歴史を学んでいない人の発言」 (2015.8.6 朝鮮日報)


朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の実妹、朴槿令(パク・クンリョン)氏による親日的な発言が論議を呼んでいる中、韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)が主催する集会でも、これを批判する声が相次いだ。

挺対協は5日午後、ソウル市鍾路区の在韓日本大使館前で、旧日本軍の慰安婦問題解決を願う1190回目の定期水曜集会を開催した。

挺対協の尹美香(ユン・ミヒャン)常任代表は、歴史問題についてこれ以上日本に謝罪を要求すべきではないという槿令氏の発言について「あきれてものが言えない」と一蹴した。

その上で尹代表は「歴史をきちんと学んでいない人の発言にすぎない。植民地時代の考え方から抜け出せない一部の人たちの誤った視点をそのまま反映している」と批判した。

続いて、韓国政府が元慰安婦たちに対し十分に面倒を見るべきだという発言についても「政府が制度的にどれだけ、(元慰安婦の)おばあさんたちに配慮しているのかも知らない。おばあさんたちは生活費や住居費など、十分な支援を受けている。問題は日本政府だ」と付け加えた。

集会に参加した市民団体の理事長パク・ヘスクさんも「謝罪とは、謝罪を受けるべき当事者側が認めて初めて成立するものだ。歴史の歪曲(わいきょく)を続け、被害に遭った当事者たちが補償を受けられない状況にあるというのに、どこが謝罪だというのか」と主張した。

残念なことに挺対協は自国の制度を全く、分かっていないですね。

私たちの欲はマリアナ海溝よりも深く、被害者様は贅沢三昧な生活を送ることができなければ満足できませんし、贅沢三昧な生活ができるようになれば、名誉と奴隷を欲するようになります。

政府がどれだけ慰安婦ハルモニに支援しているか知っていますか?金大中政権時に生活支援一時金として3150万ウォンと当時としては破格の支援金が支払われましたが、毎月の生活支援金は50万ウォンに過ぎないんですね。

ちなみに公務員は毎月214万ウォン、軍人だと240万ウォンを貰っていますから、顔を出し、恥を上塗りして、日本に対して「謝罪しろ!金を出せ!」と言い続けているのであれば、月々100万ウォン程度で十分とみなしますかね。

いえね、軍人並みに支給されていたら、きっとここまで意地汚く活動していないと思うんですね。月々たったの100万ウォンで「十分な支援」と言える挺対協って、どんだけ慰安婦ハルモニを奴隷のように思っているんでしょうか。問題はあなた方にあります。

もう少し分かりやすくあなた方にハルモニの現状を教えてあげますね。南朝鮮では慰安婦ハルモニは売春婦の行く末を投じた存在としか見られていません。だから、憐れんでくれる人はいても尊敬する人がいません。


挺対協はここ20年の南朝鮮政府が行ってきた慰安婦施策すら学ぼうとしない。そんな人たちが、「歴史」に言及するのは笑い話ですよ。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

「慰安婦」問題に関する日本の歴史学会・歴史教育者団体の声明 (2015.5.26 ”歴史学関係16団体")


『朝日新聞』による2014年8月の記事取り消しを契機として、日本軍「慰安婦」強制連行の事実が根拠を失ったかのような言動が、一部の政治家やメディアの間に見られる。われわれ日本の歴史学会・歴史教育者団体は、こうした不当な見解に対して、以下の3つの問題を指摘する。  

第一に、日本軍が「慰安婦」の強制連行に関与したことを認めた日本政府の見解表明(河野談話)は、当該記事やそのもととなった吉田清治による証言を根拠になされたものではない。したがって、記事の取り消しによって河野談話の根拠が崩れたことにはならない。強制連行された「慰安婦」の存在は、これまでに多くの史料と研究によって実証されてきた。強制連行は、たんに強引に連れ去る事例(インドネシア・スマラン、中国・山西省で確認、朝鮮半島にも多くの証言が存在)に限定されるべきではなく、本人の意思に反した連行の事例(朝鮮半島をはじめ広域で確認)も含むものと理解されるべきである。

第二に、「慰安婦」とされた女性は、性奴隷として筆舌に尽くしがたい暴力を受けた。近年の歴史研究は、動員過程の強制性のみならず、動員された女性たちが、人権を蹂躙された性奴隷の状態に置かれていたことを明らかにしている。さらに、「慰安婦」制度と日常的な植民地支配・差別構造との連関も指摘されている。たとえ性売買の契約があったとしても、その背後には不平等で不公正な構造が存在したのであり、かかる政治的・社会的背景を捨象することは、問題の全体像から目を背けることに他ならない。

第三に、一部マスメディアによる、「誤報」をことさらに強調した報道によって、「慰安婦」問題と関わる大学教員とその所属機関に、辞職や講義の中止を求める脅迫などの不当な攻撃が及んでいる。これは学問の自由に対する侵害であり、断じて認めるわけにはいかない。

日本軍「慰安婦」問題に関し、事実から目をそらす無責任な態度を一部の政治家やメディアがとり続けるならば、それは日本が人権を尊重しないことを国際的に発信するに等しい。また、こうした態度が、過酷な被害に遭った日本軍性奴隷制度の被害者の尊厳を、さらに蹂躙することになる。今求められているのは、河野談話にもある、歴史研究・教育をとおして、かかる問題を記憶にとどめ、過ちをくり返さない姿勢である。 当該政治家やメディアに対し、過去の加害の事実、およびその被害者と真摯に向き合うことを、あらためて求める。

2015年5月25日
歴史学関係16団体
 日本歴史学協会
 大阪歴史学会
 九州歴史科学研究会
 専修大学歴史学会
 総合女性史学会
 朝鮮史研究会幹事会
 東京学芸大学史学会
 東京歴史科学研究会
 名古屋歴史科学研究会
 日本史研究会
 日本史攷究会
 日本思想史研究会(京都)
 福島大学史学会
 歴史科学協議会
 歴史学研究会
 歴史教育者協議会

まず、河野談話を持ち出すのなら、正しく伝えないといけません。

なぜ、河野談話は強制性を認めた談話と言われるようになったのでしょうか。リンク先をお読みくださると分かる通り、河野談話自体には強制性を認めた文面はありません。ですが、その後の官邸記者の質問に対する河野洋平氏の回答がいただけないのです。

官邸記者は次のように質問しました。「今回の調査結果は、強制連行の事実があったという認識でよろしいわけでしょうか。」

それに対して河野洋平氏は「そういう事実があったと。結構です」 その上、「強制には、物理的な強制もあるし、精神的な強制もあるんです。精神的な強制は官憲側の記憶に残るというものではない。しかし関係者、被害者の証言、それから加害者側の話を聞いております。いずれにしても、ご本人の意思に反した事例が数多くあるのは、はっきりしておりますから」 、と。

河野洋平氏は客観的史料はないと断言しているのです。証言しかない、と。

ですが、16団体は「多くの史料」と言います。その史料は客観的思考に耐えられるものなのでしょうか。残念ながら、南朝鮮側、そして16団体からそれら「多くの史料」が提示された事実は今までありません。


次に慰安婦ハルモニが「筆舌に尽くしがたい暴力を受けた」という客観的史料を見た事がありません。残念ながら、すべての慰安婦ハルモニの証言は検証の結果、信用に値しません。そう、誰一人としてです。史実に沿った完全なる証言を1例でも提示できるでしょうか。客観的慰安婦史料もなく、証言も信用できない中で、どう理解されるべきものなのかご教授願いたい。


そして、誤報と捏造は異なります。自由は全てにおいて完全なる自由ではなく、責任という枷がある中での自由が保障されているにすぎません。ウソの報道を行ったのなら、それに対して社会的責任を負うのは当たり前です。また、教職に就くものが、ウソの情報に基づく教育を行う可能性があるのなら、それを排除しようとするのは教育を受けるものの権利です。

教職側の権利だけを振りかざして、受ける側の権利を踏み躙る事は断じて認めるわけにはいかない。


歴史研究を標榜するなら、批判的立場にあるものを説得できる史料を提示する。それが本来の歴史学のあるべき姿ではないでしょうか。それとも、"アマチュア"には史料は提示できませんか。それだけ、歴史というのは特権者にのみ許された学問とでも言いたいのでしょうか。

慰安婦問題を日本国民、そして私たち在日朝鮮人が正しく理解できるよう、「多くの史料」を誰もがフリーアクセスできるよう、開示されることを要望します。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

[インタビュー]第二次世界大戦を知らない日本の若者たちに戦争の実状知らせたい (2015.5.21 ハンギョレ)


「講演者の一人が、日本の代表的な知識人であるが、良い話もたくさんして下さったが、最後にはあまりにも『慰安婦』の話がたくさん出て失望したという風に述べた。その瞬間、慰安婦問題を日韓だけの問題に縮小して見ているという気がして、自分の考えを多少言わせてもらった。実際、韓国でベトナム民間人虐殺の真相究明と謝罪運動に長く関わってきたが、日本の市民社会では、はるかに多くの良心的な知識人たちが日本の戦争犯罪について謝罪する運動を行っている。日本の右翼は韓国もベトナムで虐殺をしたから、日本の戦争犯罪を問題にする資格がないと主張している。残念ながら、その韓国軍の指揮官は、日本帝国主義から虐殺を学んだ。虐殺の責任に民族や国籍を介入させてはならない。日本軍慰安婦の問題も同じだ。日本が犯したとしても、韓国が犯したとしても、米国が犯したとしても、虐殺と従軍慰安婦問題は、大きな過ちであることに変わりはない」(抜粋)

なかなかウマイやり方ですね。ヘドが出そう。

日本軍慰安婦と対比するなら韓国軍慰安婦ではないですか。虐殺を慰安婦問題として矮小化するなんてその性根の腐り具合が気持ち悪い。

慰安婦問題は後述するとして、「ごめんなさいベトナム」運動、これは民間運動ですね。国としての謝罪や賠償では決してない。日本は総理大臣から慰安婦ハルモニに対して謝罪の手紙を書いています。賠償も協定以外で追加して払いました。

南朝鮮は公式には虐殺も少女を強制的に連行して慰安婦にした事について、賠償はおろか謝罪以前の問題として認める事すらしていません。

虐殺に関しては南朝鮮同胞は日本人を虐殺しました。戦争を逃れ、日本に難民としてやってきた避難民一世は、進駐軍と称して、日本人から略奪、レイプ、そして殺人を起こしました。これは軍人が行ったのではなく、朝鮮民間人が行った事です。

もちろん、朝鮮系日本軍も、終戦と同時に、日本人を虐殺しています。要するに、私たちは軍人・民間人を問わず、日本人を虐殺しました。ですが、日本人が統治時代、私たち朝鮮人を虐殺した史実はない。


そして、日本軍朝鮮系慰安婦と韓国軍ベトナム人慰安婦の違いをまとめてみたいと思います。

日本軍朝鮮系慰安婦
募集:任意であり人気の職種であった。また、一部は朝鮮系女衒が介在して集めていた
給与:高額
年齢:17歳以上
相手:朝鮮系日本軍人
自由:買い物など自由が与えられた
性病:避妊具などを配布し性病予防や妊娠予防に努めた
人数:237人(この内149人は慰安婦動員時の年齢すら不詳。また証言は全てが史実と合わない)

韓国軍ベトナム人慰安婦
募集:知る限り全てが強制連行
給与:支払われず
年齢:10代前半の少女
相手:韓国軍
自由:拘束され自由はなかった
性病:多くの少女が妊娠し性病に罹った
人数:30万人から50万人

ベトナム人慰安婦に関してはまだ、正確な資料という段階ではないのですが、私がベトナムで聞いてきた話しも加味してあるこの内容で、ほぼ確定でしょう。日本の若者は慰安婦に関してこの正しい史実を知る必要があります。


ちなみに、日本の方があまりご存知ない事に「慰安婦は人気職種であった」というものがあります。

李朝時代には妓生庁が置かれ、妓生は国の制度として組み込まれていました。日本統治によって、これは解体されましたが、私たちの生活から妓生制度が消えることがなく、そのまま存続したんですね。特に、女の子のいる家では働かない父親の借金のカタに女衒に売られることが常態化していたのです。あの故金学順ハルモニもそうでしたよね。

また、日本軍慰安婦として長期働くことがほとんどなく、数年で今で言う億万長者になっていたんですね。その話しを聞いた女の子の親が慰安婦として売らないはずがないでしょうに。実際、南朝鮮の慰安婦人気は非常に高く2004年まで国営の妓生があったほどですから。

ちなみに、一部の反日同胞は妓生は芸妓と同じだ、といいますが、それは妓生の一面であり、その実態は娼婦です。妓生外交を展開していた私たちが、日本に妓生を突っ込まれる事を避けるために妓生制度をなくし、その代わりに売春婦外交を展開している。

李朝から現代に至るまで、名前は妓生、慰安婦、売春婦と変えましたが、常に娼婦は人気職種だったのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ