在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

タグ:クーデター

アノニマス「朝鮮半島で第3次世界大戦起きる可能性」 (2017.5.11 朝鮮日報)


国際的ハッカー集団「アノニマス」は9日(現地時間)、韓半島(朝鮮半島)情勢の悪化によって、近く第3次世界大戦が発生する可能性があると警告した。  

アノニマスはインターネットに公開した動画で「今後発生することに備えよ」として「韓半島に戦争が潜んでいることを示すあらゆるシグナルが表れている」と主張した。英紙インディペンデントなどが報じた。  

アノニマスは「この戦争は全世界的な結果を招くだろう」として「環境的な面と経済的なレベルの双方で、世界的に非常に破壊的な出来事が起きる可能性がある」と主張した。 (抜粋)

お月様が大統領に就任し、手始めに軍部の掌握をしようと試みていますが、うまく進んでいないようですね。以前も書きました通り、16日前後がXデーと考えていますが、残り数日でそれを阻止できるか、お月様の政治力にかかっていると言って過言ではありません。

アルダーフェにとっては存亡の危機に立たされている。お月様にとっても同様に政権存亡の危機に立たされている。どちらに正当性があるのかですよね。

南朝鮮では2006年からの10年間で20件もの "武器紛失"があるのですね。しかも、つい先月には「ハナフェもクーデターを起こしたのだからアルダーフェがクーデターを起こさないとは言い切れない」という懸念記事もでています。


本当はもう少し踏み込んだ事を書きたいのですが、、、


南朝鮮軍は骨抜き、と言われる人が日本には少なくありません。確かに、今の徴兵されている人は人に銃を向ける事は難しいでしょう。ですが、職業軍人は違います。彼らの練度は高く、非常に統制が取れているのですね。さすが、旧日本軍のやり方を踏襲しているだけあります。

アルダーフェが、国家情報院長や米韓連合副司令官、特戦司令官、など実戦訓練を積んでいる部隊の要職を占めている事は以前も書きました。今はまだ彼らは静かにしていますが、彼らを隠れ蓑にしている別なクループの存在にお月様が察知できるか。これによってクーデターが起こるかどうかが決まると言えそうです。

ここまで書いたのですから、あとは、あなた方次第。米朝非公式会談も不調に終わっていますから、クーデターを起こすには良い状況ではある。お月様も表向きの軍部掌握ではなく、もっと掘り下げていかないと意味がないんですよ。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

과거지향(過去志向)의, 그것도 잔인한, 한국인들의 미래 C2017.5.8 Chosun.com)
過去に縛られ、そして残酷になった、韓国人たちの行く先

박근혜 보도를 보고 든 생각...우리 민족이 유례를 찾아볼 수 없을 만큼 잔인해졌다

朴槿恵報道を見ても思う...私たち民族は類い稀なほど残酷になった


1986년, 아시아에서 두 번째로 아시안게임을 개최하고 1988년, 역시 아시아에서 두 번째로 서울올림픽을 준비하던 한국인은 1964년 도쿄(東京)올림픽 때의 일본인들과 비슷했다. 당시 세계에서 두 번째로 힘세다는 일본을 20년이면 따라잡을 수 있다고 믿었다. 모두가 활기찼다. 모두가 희망을 가졌다. 모두가 무엇이든 할 수 있다는 자신감에 충만했다.

그런데 10년 새 우리는 확장 지향은커녕 ‘과거지향(過去志向)’의 한국인이 되고 말았다. 그 징조가 처음 나타난 것은 우리의 역사를 “정의가 패배하고 기회주의가 득세한 나라”라고 규정한 한 정치지도자에 의해서였다. 국군 총사령관이던 그는 스스로 자기가 지켜야 할 나라를 ‘지킬 가치가 없는 나라’로 규정한 뒤 지킨 셈이 되고 말았다.

성격 잔인한 과거 지향의 한국인들은 지금도 멈출 줄을 모른다. 구치소가 지저분하다고 안 들어가고 ‘시위’를 벌였네, 구치소장이 도배를 새로 해주는 ‘특혜’를 베풀었네 하며 연신 조롱의 풍악을 울리고 있다. 그 모습을 보며 북한의 김정은은 “마침내 할아버지 때 못 이룬 뜻을 이룰 날이 왔다”며 희희낙락하고 있을 것이다.

고래(古來)로 관용이 없는, 과거 지향의 잔인한 민족은 살아남은 적이 없다. 관용이 없는 민족에게 관용을 베풀 이웃이 있을 리 없다. 집단으로 광기(狂氣)에 빠져 뒤로 행진하며 휘청대는 바보들에게 구원의 손길을 베풀 이웃이 있다면 웃기는 것이다. 평소 잔인하고 제멋대로 굴어온 민족은 도와주기는커녕 조롱의 대상이 되고 말기 때문이다.

현재 대한민국이 처한 상황은 엄중하기 짝이 없다. 우리는 왜 미래를 바라보지 않고 뒤만 돌아다보는 것일까. 그것은 자신감 부족이 아닐까 싶다. 정해진 과거를 복기(復棋)하는 것은 쉽다. 미지의 세계를 개척해 나가는 것은 웬만한 용기가 없으면 할 수 없다. 우리는 어느새 확장 지향의 DNA를 잃어버린 것이 아닐까. 그것을 회복하는 것이 가능할까.

<본 칼럼은 칼럼니스트 개인의 견해임을 밝힙니다.>


1986年には、アジアで二番目にアジア大会を開催し、1988年には、やはりアジアで二番目にソウルオリンピックを準備していた韓国人は、1964年、東京オリンピックの時の日本人たちと似ていた。当時、世界で二番目に勢いがあるとされていた日本に、20年で追いつけると信じていた。誰もが活気に満ち溢れ、そして希望を持っていた。誰もが何でもできるという自信に満ちていた。

ところが、それから10年経った今、私たちは、拡張志向どころか「過去に縛られた」民族になってしまった。 その兆候が最初に現れたのは、私たちの歴史を「正義が敗北し日和見主義が台頭した国」と規定した政治指導者によってであった。 国軍総司令官だった彼は、自ら守るべき国を「守る価値がない国」と規定した後、守ったことになってしまった。

正直、残忍で過去に縛られた韓国人たちは、今も止まることを知らない。 拘置所が汚いからといってどうにかしろと「デモ」を行なったり、拘置所長が壁紙を新たにしたからといって「特恵」を施したと嘲笑の風楽を鳴らしている。 その姿を見て、北朝鮮の金正恩は「ついに祖父でさえ成し遂げられなかった志を成し遂げる日が来た」と嬉々としている事であろう。

古来より寛容に乏しく、過去に縛られた残酷な民族は生き残ったことがない。寛容がない民族に寛容を施すような隣人があるはずがない。集団的狂気に陥って後退していく馬鹿に救いの手を差し伸べる隣人がいたら笑い話だろう。日頃から残忍で勝手にふるまってきた民族は助けどころか嘲笑の対象となってしまうからである。

現在、大韓民国が置かれた状況は、厳しいの一言では言い表せられない。 私たちは、なぜ未来を見つめずに後ろばかりを振り返るのだろうか。それは自信の無さが招いているのではないかと思う。過去をなぞることは容易だ。未知の世界を切り拓いていくことは、かなりの勇気がなければできない。 私たちは、いつの間にか拡張志向のDNAを失っていたのではないだろうか。そして、それを回復することは可能なのだろうか。

<本コラムは、コラムニスト個人の見解に基づきます>  (抜粋)

2017050801

お嬢様は正直なところ、過去の大統領に比べて小者でした。ネズミはもっと大胆に資金を還流させましたが、お嬢様は追い詰めるどころか返り討ちにあいました。現職が負けたというのは、お嬢様が初めてなのですね。

そして、歴代大統領に比べてカワイイ資金操作で弾劾され、今は容疑者として拘置所にいるのです。裁判費用を捻出するために自宅まで売らなければいけないほど、大統領職にあった際に蓄財をしてこなかったお嬢様は、小者が故に過去の資産まで全てを捥ぎ取られる事になったのです。これを残酷と言わずになんと表現すれば良いのでしょうか。

「女王の治世は乱れる」という言葉の裏には、女性を軽んじる朝鮮男性の本質、欲望に言い換えても良いでしょう、それが肥大化するからこその言葉なのです。欲望を最大限に満たすためには、より巨大化した集団とならざるを得なく、その流れ乗り遅れるな!という欲望の集団が弱者から残された僅かな物も奪っていく、という民族へと変貌させていったのですね。それが、この半年ほどで行なったのですから、「強欲で残酷な民族」という誹りを私たちは免れることができないのです。


慰安婦も、
徴用も、
この肥大化した欲望を満たすためのものです。

たった10億円で終わるはずがないだろう、俺たちを甘く見るんじゃねぇ。もっと金を出せよ!

という本音が滲みどころか文何某の顔に大きく書かれています。捏造された過去を振り返り、これからの努力よりも、他者に寄生虫のようにタカリ続ける事を選んだ私たちは、チンピラでしかありません。そんな国に日本が、アメリカが、もちろん、中国が寄り添ってくれるはずがないのです。


南朝鮮軍は明日の結果を見てどう動くのか。あなた方は口だけの腰抜けか、単なる無法者の集まりか。国の守護者たる南朝鮮軍は、明日、どう動くのか個人的には楽しみです。

もし、彼らが動かないという選択をしたのなら、明日の選挙によって、南朝鮮という国は北朝鮮によって飲み込まれ、表向き南朝鮮先導による朝鮮半島統一という流れになってしまうのでしょうね。その先にある南朝鮮の未来は闇黒しかないのです。


念のため、金田はクーデターを望んでいるワケではありませんが、クーデターが起きた方が、私たちの未来はまだマシになるとは思います。ですが、クーデターがあってもなくても、明るい未来がないことだけは確定なのですが。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

【コラム】崔順実事件、日本メディアの報道に見る他者の視線 (2016.12.11 朝鮮日報)


最近ソウルを訪れる日本人記者が当時のように悪意を抱いているとは思わない。そうかと言って、好意的に見ているわけでもない。我々が自らさらけだしている恥部がそのまま日本の放送を通じて伝わっている。あざ笑いの対象だ。新聞はそんなふうに皮肉ったりはしないが、問題を政界では解決できずに広場の集会に依存することに懐疑的な見方を示している。  

韓国は客観的に日本よりも小さい国だ。日本よりも開放されており、位置も危険だ。それでも視線は常に内部へと閉じ込められている。内紛が起きると、極端まで突っ走る。今の世の中は激変期だ。我々がこの世の外に出て、外の人々がどのように変わり、どのように適応するのかを研究しなければ、あすを生き残ることはできない。しかし、世界との間に垣根を設け、独自の論理で戦い、変わろうとしている。その独特な変化に関心を持ち、世界の記者がソウルに押し寄せている。 (抜粋)

い。

単なるワープロミスではなく、思わずそう打ったんじゃないかと思うんですよ。金田は。

多分、金田だけではなく、普段から日本語と朝鮮語両方の言語を使う人で、特に男性はきっと同じような経験があると思います。つい、普段の言葉遣いが文章に、というか文字起こしに影響されたりしませんか?彼が普段から日本人記者に感じている「彼らは好意的ではない」という思いがワープロミスにつながった、そう思えて、読んでいて笑ってしまった箇所です。


さて、日本のメディアは南朝鮮を嘲笑いの対象としては報じていません。

在日が要職を占めるメディアにおいて、祖国を悪くいう報道をするはずもなく、そんな報道をしているのなら見て見たいですね。そして、南朝鮮人だからか国内の、というか民族としての問題が客観的に捉えていないようです。

日本メディアが「政界では解決できずに広場の集会に依存することに懐疑的な見方」を示す理由も、日本の報道を見てそう感じた理由も、共に彼は書いていませんが、南朝鮮が民衆を巻き込むのは数の理論(=声が大きくなる)を持ち込むからですね。

その間に経済は停滞します。ですが「そんなの関係ねぇ。」とパンツ一丁で国民総出で行うのが、私たちなのですね。そこにあるのは他者の視線は全く関係なく、あるのは私利私欲だけ。「独自の理論で戦い」ますが、変わろうとはしない。そんな滑稽な私たちを不思議に思っているのです。


世界の記者がソウルに押し寄せて、はその通りかもしれません。先進国に片足を突っ込んでいた国が、発展途上国のような革命を起こしたからですね。キャンドルデモは、国民が支配階級を倒す、まさに革命のように映ったでしょうから。

実際は、北朝鮮主導によるクーデターですが、どちらにしろ、前近代的な行為であることは間違いない。


これで、世界は南朝鮮に対する評価を変えることになったでしょう。そう言った致命的なマイナスを国民はもちろん、経済情報誌の中ではまだマトモな彼でさえ、理解できていないという事がこの記事で読み取る事ができるのです。

私たちの国民性である「ウリは注目すべき民族だ!」というものが記事の行間から強く滲み出ていて、そこも笑える点でした。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

「民心を甘くみるな…100万人でだめなら200万人でデモを」 (2016.11.16 ハンギョレ)


100万人でだめなら200万人が出ていかなければ。寒くなればろうそくを灯してもっと暖かくすればいいんです」

大統領府がこの日「大統領の退陣はない」という立場を明らかにし、大統領の対面調査を回避するなど「100万人キャンドルの民心」を真っ向から拒否する動きを見せると、「民心」は激しく反発した。大統領府の「疑惑だけで退陣することはできない」という立場について、就職活動生のチェ・ヨンスさん(26)は「あきれてしまった。国民がどうして疑惑を持たざるを得ないのか、解決する考えはなく…。こんなことでは国民はもっと背を向け、大統領はより大きな打撃を受けるほかない」と話した。台湾に出張中のパク・ソンヨンさん(30)は「台湾のタクシーですら、小さな画面に朴大統領のニュースが出ていて恥ずかしい」と言い、「外国に出ている大韓民国の国民はパスポートを捨ててしまいたい気持ちだ」と話した。  (抜粋)

19日、この日もキャンドルデモが計画されています。

今週、お嬢様に対する聴取は事実上困難にし、その上に、GSOMIA締結問題など、どうも民衆の火に油を注いいでいる1週間という様相を呈しています。


南朝鮮で非常に大切にされている3.1クーデターがあります。アメリカにそそのかされた人たちが、表面上、非暴力主義っぽく見せてはいるが、実際は暴力主義であったものです。最終的には官警8名が死に及ぶなど朝鮮半島全土に暴力主義が波及したのです。

なぜ、非暴力を前面に出していたのにもかかわらず、惨殺や暴行が行われるようになったのか。それは人が集まると統制が取れなくなるからですね。実際に先週のデモでは警察との小競り合いもおき、性暴力も起きていた。一度、こういった行為が行われると、次のデモでは更に暴力行為が増えてしまう。

だからこそ、民衆に火を付けたのか、と勘繰らせるほど、お嬢様の行動はそれに一貫していたのです。


前回、大統領府に向かう道路は封鎖されていました。

前回以上の人数が集まるのなら、あの区域には前回以上の人数は集まることができません。そうなると、唯一、人が入り込めるスペースを作るために、大統領府に向かう道路に入り込むしかありません。その時、恐らく暴動であるという判断がなされ鎮圧が行われる、という算段になるはずです。

従北団体も、この戒厳令を出させようとしている節があります。人数を集め、数による圧力を行おうとしているからです。金田の希望は、平和裡にこの問題が解決され、お嬢様が任期満了まで大統領に就いている、というものです。しかし、保守と従北のガチンコになり、南朝鮮という国の混乱、下手したら内乱にまで至る可能性が見えてきてしまっているのは、私たちの業によるものなのかも知れません。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

韓国、世界一の武器輸入国に=9割が米国製 (2015.12.28 朝鮮日報)


韓国が昨年、世界最大の武器輸入国になっていたことが調査の結果、明らかになった。米国のニューヨーク・タイムズ紙(NYT)は、米議会調査局(CRS)が公表した報告書を引用し「韓国は2014年に78億ドル(約9400億円)相当の武器購入契約を締結し、世界で最も巨額の資金を武器購入に使用した国だった」と26日付(現地時間)で報じた。

韓国が昨年、世界の武器輸入国ランキングで1位となった理由について、NYTは「米国の超ハイテク無人航空偵察機や輸送ヘリなどを購入したため」と分析している。NYTは「米国にとって重要な同盟国である韓国は、ここ数年で北朝鮮による核兵器開発の脅威や数々の軍事行動に苦しんできた」と前置きした上で「韓国は昨年、武器の輸入に78億ドルを使ったが、そのうち70億ドル(約8400億円)相当以上は米国のものだった」と伝えた。(抜粋)

昨日今日の経済情報誌の日本語版は慰安婦問題とすっぽかし客の記事ばかりですが、ハングル版ではそんなことはないんですね。

そういった中で日本語版にも顔を出している記事を取り上げたいと思います。


2014年、南朝鮮の国防費は344億ドルでした。そのうち、武器購入に使用される金額はおよそ30%とされていますから年間100億ドルもの武器購入費となりますが、そのうち8割近くを外国から購入したということになります。

ここから読み取れることは、
・軍拡へと進んでいる
・自国の武器に対する信頼度が低い
・米韓同盟への献金の役割

といった感じでしょうか。

ただ、実際は日本に対する対抗心というか、真似っ子というか。日本が導入するから南朝鮮も導入しよう!ということで購入費が膨らんでしまっただけ、という気がするんですね。

武器購入費は実は日本もほぼ100億ドルと同レベルだったりします。国防予算は477億ドル。人件費は日本の方が高いですが人件費を差し引いても、日本の方が多く残るのですね。これは何を意味するのかというと、メンテナンスなど維持費に南朝鮮は費用を割いていないことが分かるのです。

なぜ、メンテナンスにお金をかけられないほど、武器を購入するかというと、その答えが真似っ子なんだと思うのです。


南朝鮮の軍備を良く見てみると、日本の軍備構成にそっくりなのが分かります。日本は海洋国で、南朝鮮は陸続きの北朝鮮に対峙しているにもかかわらず、です。単に対日戦争をしたいからという思いだけでなく、「日本と同じ装備を持っていれば戦争に負けない、と思っているのでしょうか。その関係で、日本が導入を決めると、後を追って南朝鮮も導入を決めるんですね。

例えば、F35やイージス艦、大型輸送艦そしてAWACSなどもそうですし、日本が戦車開発すると、自国にはその技術がないので外国から技術を多額の費用で買ってまで自国生産しようとしますし、同様に国産戦闘機開発や潜水艦開発・・・。正直なところ、その多くは南朝鮮に不必要な軍備が多い。

ところが、整備費まで使って購入費を捻出するから余計におかしなことになって、F35は自国整備に誓約が大きくなってしまい、AWACSに関してはE-737を購入したものだから、生産終了に伴って部品の調達にまで支障をきたしている。


真似っ子ばかりして身の丈に合わない軍拡に突き進むから、共食い整備なんて揶揄されることになってしまうのです。


ただ、やはり怖いですよ。

理性的な人間は "暴力" をどう使うか考えますし、ルールというものを考える。ですが、キレやすい人間はどうでも良いところでも暴力に訴える。私たちは火病の民族ですから、非常にキレやすい。そんな人間に満足な整備ができていないとはいえ武器を持たせているのですから、近い将来、日本に攻めてくるか、もしくはクーデターを起こすかどちらかでしょうね。

現在のところ、金田は日本侵攻2、クーデター8と見ていますけど。


慰安婦問題を南朝鮮がそれ程騒いでいない理由、それは、今の交渉が昨年から金田が書いている様に、南朝鮮に阿る内容である程度合意しているから。それなので、今回は南朝鮮メディアは然程騒いでいないと読んでいます。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

【社説】「他人を信頼」22%、不信の沼に落ちた韓国 (2014.1.3 中央日報)
【コラム】韓国の先進国入りを妨げる不信の壁(1) (2015.12.4 中央日報)

他人を信じられるという韓国人は10人中2人にすぎないという調査結果が出た。1日に韓国統計庁が出した「韓国の社会動向2013」の中の内容だ。「あなたは一般的に人々を信頼できると思うか」という質問に、22%だけが概してまたは常に信頼すると答えたというものだ。一方、他人が自分を利用したり害したりすると思う人が圧倒的に多かった。深刻な不信の沼に落ちた韓国の憂鬱な姿を見せる数値だ。

国家的に見ても、信頼資産が貧弱ならば過剰な葛藤の代価を払わなければならない。今回の調査で、国会に対する信頼度は31%、中央政府に対する信頼度は56%とそれぞれ出てきた。 (抜粋)

大韓民国の社会に広まった不信の泥沼が、深刻な状況に達した。最近あるオンラインリサーチ機関が全国の満19~59歳の成人男女2000人を対象に社会的信頼についての認識調査をした結果、回答者の21%だけが他人を信頼すると答えた。特に政府に対する信頼度はそれよりはるかに低い8%にとどまった。 (抜粋)

同じ中央日報の記事ですが、掲載日に注目。
1年11ヶ月も時間が経過しているというのに、他人の"信頼"に関しては全く改善していなかった、ということですね。

ところが政府に対する信頼は大幅に悪化。
56%から8%と、1/7にまで信頼度が低下してしまったのです。

>「誰も信頼しない者は、誰の信頼も受けられない」という言葉が唯一この頃、耳元をぐるぐる回っている。

とは今日の中央日報の記事からですが、分かっているじゃないですか。いつも他人を信用できない。だから慰安婦でも徴用でも日本が出す資料を信用できない。いや、自分たちの持っている資料ですら日本が言っていることが正しい事を示している。

慰安婦の証言すら日本の正しさを裏付けてしまったしね。

私たちは、人を騙すことを美徳と教えられてきました。嘘をつく事は自分のため、人を引き摺り下ろすのも善と教えます。

ウソだ!と言われる同胞もいると思いますけど、私たちはそれを口に出す出さないはあるかも知れませんが、小さい頃からそのように教え込まれているんですよ。それが偽証罪の多さにつながるし、他人を信じられない事につながるんです。

しかも、政府がウソをつき続けているから、本来は嘘つきの隣人よりは信頼できるはずの政府信用度が個人の信用の半分以下になってしまったんです。これでクーデターが起きないのが不思議なくらいです。というより、起き始めていますね。暴力デモというクーデターの予兆が。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ