在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

タグ:仁川アジア大会

숙소 물 안나와 항의하자 "그 정도면 다행" (2016.8.1 Chosun.com)
宿泊施設で水が出ないと抗議「それくらいならマシじゃない?」

지각한 버스 기사, 훈련장 길도 몰라… 한국 女배구팀 황당한 경험

遅刻したバスの運転手、練習場への道も分からない...韓国バレーボールチーム理不尽な経験

한국 선수단은 교통 문제로 혼란을 겪었다. 40년 만에 올림픽 메달을 노리는 여자 배구 대표팀은 30일 선수촌에서 한 시간 정도 떨어진 훈련장으로 갈 예정이었으나, 버스가 예정 시각보다 15분 늦게 도착한 데다 운전기사가 훈련장 가는 길도 찾지 못해 곤욕을 치렀다. 적어도 한 시간 전에 도착해 스트레칭 등으로 몸을 풀어야 할 선수들은 훈련 개시 10분 전에야 도착했다. 이정철 배구대표팀 감독은 "이런 법이 어디 있느냐"고 분노했다.

韓国選手団は交通問題で混乱を経験した。 40年ぶりにオリンピックメダルを狙う女バレーボール代表チームは 30日選手村で一時間くらい離れた練習場に行く予定だったが、バスが予定時刻より15分遅く到着したうえに運転手が練習場に行くまでの道にも迷ってしまうというひどい目にあった。 少なくとも一時間前には到着してストレッチングなどでウオーミングアップしなければならない選手は訓練開始 10分前に到着した。 李正鉄バレーボール代表チーム監督は「こんな不条理がどこにあるのか」と怒った。  (抜粋)

多くの懸念どおり、リオ現地では様々な問題が発生しています。

分かっていて行くのですから、その辺りは「想定内」と言えば良いだろうにと思うのですが、日本代表選手団は一応、南朝鮮という国を信用して行ったのに同じ様な対応をされたのを金田は忘れません。

当時、金田はまだ日本国籍ではありませんでした。ですから、"祖国" が行った人として行ってはいけない様な行為の数々に顔から火が出るほど恥ずかしかったのですね。例えば、

・日本選手の部屋は高層階なのに蚊が大量発生
・その上、エレベーターが動かない
・もちろん、エアコンも使えない
・シャトルバスが2時間も来ない
・泥棒に仕立て上げられ選手生命を絶たれる

他にも色々やってくれました。10分前に着いたのならそれこそ「マシじゃない?」と思うのですけど。


いよいよ開幕となるリオオリンピック。世界の選手がベストなパフォーマンスを披露し、そして安全にそれぞれの祖国に帰ることができます様に。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

競泳の冨田選手に有罪判決 カメラ窃盗罪=韓国地裁 (2015.5.28 朝鮮日報)


【仁川聯合ニュース】韓国・仁川で昨年開催されたアジア大会でカメラを盗んだとして窃盗罪に問われた元競泳日本代表の冨田尚弥被告(26)に対し、仁川地裁は28日、検察の求刑通り罰金100万ウォン(約11万円)の有罪判決を言い渡した。

冨田被告は昨年9月25日に仁川の競泳会場で韓国メディアのカメラを盗んだとして略式起訴され、罰金100万ウォンを納めた。日本帰国後に「見知らぬ人物にカメラをバッグに入れられた」と無実を主張し、正式裁判を申し立てた。

地裁は「プールの防犯カメラでは(被告のほかに)正体不明の人物を確認できない」などと指摘し、被告の主張を退けた。

冨田被告は判決後、取材陣に対し「真実は一つ。主張が受け入れられず非常に悔しく、やりきれない」と語った。控訴するかどうかは弁護側と相談して決めるという。

まず、法治国家の場合、こういった窃盗事件の立証責任は検察側にあります。それを今回の判決では果たしていないんですね。

争点として挙げられるのは、
・なぜカメラ本体だけが入っていたのか
・切り離された望遠レンズに冨田選手の指紋がないのはなぜか
・映像はどうして原本を提示しないのか
・映像から本人と特定するのが非常に困難

これら疑問点が何一つ解消されず、有罪確定というのはあり得ないことです。「正体不明の人物を確認できない」ではなく「冨田選手が窃盗を働いた瞬間が写っているか」が問題になるのです。


バーローではないですが「真実は一つ」です。裁判所も、普通のプロセスを踏んで窃盗を特定しているかの確認をしないというのは、司法権の放棄にしかなりません。

冨田選手の無念が良く分かります。希望を捨てず、是非、戦って欲しいと思いますし、日本のメディアも、この異常な判決のどこがおかしいかについて、きちんと説明すべきです。そうしないと第二、第三の冤罪事件に日本人が巻き込まれてしまいますよ。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

カメラ窃盗:「動機ない」 冨田被告、初公判で否認 (2015.1.13 朝鮮日報)

(本文)

昨年秋に開催された仁川アジア大会で、韓国人記者のカメラを盗んだとして起訴され、罰金を支払って帰国した競泳の元日本代表選手、冨田尚弥被告(25)の初公判が12日午後、仁川地裁で開かれた。冨田被告は韓国では盗んだと供述していたが、日本に戻った後にこれを否定、韓国での正式裁判を請求したため、今回公判が行われた。

省略

(本文ここまで)

南朝鮮人ですら違和感を覚えた、超スピード判決。何せ、事件発覚から判決が下り、日本へ帰国するまでにたったの6日ですからね。

南朝鮮国内では、この事件に関して「一度認め罰金まで払ったのに証言を覆すというのはおかしい」といったような論調が多いですが、やはり、超スピード判決を問題視する声も一部ではあるようです。

で、昨日の初公判は20分で終了し、件のビデオは公開されず、肩透かしを食らった形になりました。当初の超スピード判決とはうって変わっていつもの、というよりもそれ以上に遅くなりそうな気配が濃厚な初公判でした。

ちなみに、最初は略式だから超スピード判決だったわけではないので。普通は事件発覚から略式起訴まででさえ6日なんてことはありませんから。

来週、ビデオが公開されるらしいのですが、手を加えていそうな予感がします。どうなるか、分かり次第、また記事にしたいと思います。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

“カメラ窃盗”競泳・冨田 急性ストレス反応に…弁明会見

(本文)

今年9月に仁川アジア大会でカメラを盗んだとして略式起訴処分を受けた競泳男子平泳ぎの冨田尚弥(25)が6日、名古屋市内で弁明会見を行った。

中略

冨田は5日、窃盗行為を否定。大会中の9月25日にプールサイドで練習を見ていた際に「後ろから左手をつかまれ、バッグから手を離して振り払った時に変なものを入れられた」と説明。問題の人物は「濃い緑色のズボンをはいたアジア風の男。40歳前後」と語った。韓国警察の事情聴取で容疑を認めた理由は「認めれば刑は軽くなるし、大ごとにはならない」と言われたからと説明した。



(本文ここまで)

できればこちらの記事からお読みください。
カメラ窃盗の冨田選手、やはり冤罪だった?


この会見を見て、一つの疑惑が生まれました。それは日本側も結託していた可能性があるということ。

まずは、仁川アジア大会事務局は件のカメラ映像を提出せざるを得なくなりました。

事務局側 : バッグの中に冨田選手が入れた
冨田選手 : バッグの中に入れられた

ですから、カメラ映像を持っていると言っている事務局がその内容を公開すれば良いだけですから。

朝鮮日報も「仁川南部警察署が盗難届けを受けて監視カメラを確認したところ、冨田選手がカメラに取り付けられていた望遠レンズを外した後、本体のみを持ち去った様子が映っていた。」と報道しているのですから、きちんと白黒をつけるためにも「持ち去った様子」を公表しないといけなくなるでしょう。

ただ、一つ言えることは、日本水連や日本オリンピック委員会は大切な選手を守ろうとしなかったこと。
日本語が十分にできない通訳しかいなかったり弁護士をつけないなど、水連やJOCも南朝鮮と結託して冨田選手を前科者にしようとしたのだと勘繰りたくなります。

もし、適切な通訳と弁護士がついていたのなら、冨田選手は「容疑を認めないと出国させない」と脅されても、本当に潔白であれば、容疑を認めなかったでしょう。孤立無援の状態におかれてしまったのなら、まだ20歳代の青年がどれだけ南朝鮮の警察と戦えるかは分かることでしょう。

事務局はカメラ映像の提出
水連やJOCは通訳と弁護士を付けなかった理由

これがセットで解決してこそ、同じ冤罪を生まなくなると思うのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

バラ色の経済効果は幻に…アジア競技大会が仁川市に残した借金

(本文)

2014年仁川(インチョン)アジア大会は14個の世界新記録とサッカーなど球技種目の劇的な場面、北朝鮮高位級要人の閉幕式出席など、歴代大会に劣らない話題を残した。 だが、祭りが終わった後、主催側が受け取った計算書は悲惨なものだった。 「アジア大会で韓国第3の都市というブランド価値の上昇と20兆ウォン(1ウォンは約0.1円)の経済波及効果が予想される」という仁川市の“バラ色の展望”は夢想に終わったと見られる。 2兆ウォン以上を投じた今回の大会が興行に失敗したせいで、地域経済全体が沈滞の泥沼に陥る危機を迎えている。

「アジア大会後に残ったものは借金ばかり」。大会真っ最中の先月26日、ペ・ククァン仁川市政務副市長は予算担当公務員など約200人を招集した緊急会議でこう話した。 今回の大会にかかった費用は大会運営費4800億ウォンを含め何と2兆5000億ウォンに達する。 競技場16か所の新築など、大会関連施設の建設だけで1兆5216億ウォンがかかった。 政府は「文鶴(ムナク)競技場のリモデリング」を勧告したが、仁川市はそれを無視して主競技場を新たに建て4673億ウォンを使った。 監査院が競技施設と関係がないと指摘した体育公園敷地の買い入れ費用には1311億ウォンなど、見当違いのところに血税を注ぎ込んだ。 大会組織委は「大会運営費が2006年のドーハ、2010年の広州大会と比較して4分の1に過ぎない」と“倹約した大会であった”と主張しているが、費用削減の発端が主競技場をはじめとする無理な設備投資という点で説得力に欠ける。

こうして使われた費用はそっくり仁川市民が背負わなければならない“借金”として残った。 大会組織委は『ハンギョレ』との通話で「政府支援金2007億ウォン、市支援金1282億ウォンをはじめ、スポンサーシップ(470億ウォン)、放送中継権(245億ウォン)、チケット販売(265億ウォン)、その他収入(290億ウォン)などで運営費を賄った」と明らかにした。 運営費だけで見れば赤字ではないという説明だ。 問題は施設関連費用だ。 国庫補助金4677億ウォンなどを別にしても1兆ウォンを越える金をそっくり税金で賄わなければならない。 仁川市が出した「競技場建設地方債の発行および償還計画」を見ると、競技場などの建設費用を返済するだけで来年から15年間にわたり毎年600億~1500億ウォンがかかる。


緻密な事後管理計画を持たずに作られた競技場は、大会後にも苦労の種に転落する可能性が高い。 仁川市は新築競技場16か所の管理費用として、毎年数百億ウォン台の損失が発生すると見ている。 仁川市は借金論議に対して「主競技場の場合、慰安娯楽・ショッピング・文化施設などに活用して、最大限赤字を減らす」と話した。 国内でオリンピックやアジア大会のような大会が数兆円台の経済効果をもたらす“如意棒”のように宣伝されてきたが、大型スポーツ イベントが地域経済を蚕食する逆効果になりうるという事実を如実に示したわけだ。

仁川アジア競技大会後の論議は一層高まるものと見られる。 仁川市の今年末の予想債務額3兆1991億ウォンのうち、1兆ウォンほどが競技場などアジア大会関連施設を用意する過程で生まれた。 今回の大会余波で、仁川市の債務比率は39.5%に達し、これは安全行政部が指定する財政危機地方自治体基準(40.0%)に肉迫している。 財政危機地方自治体に指定されれば、地方債の発行や主要地域事業執行の度に中央政府の統制を受けることになる。 アジア大会の余波で300万市民が暮らす大型地方自治体の核心権限である財政運営権を失う危機に立たされることになったわけだ。

被害は結局、市民が背負うことになる。 ペ・ククァン政務副市長は最近、バスの準公営制、出産奨励金・社会団体補助金支給などを縮小するため、関連事業を原点から再検討しろと指示したと伝えられた。 当面の借金返済費用を用意するために市民の生活の質と直接関わる福祉事業に手を付けることにしたわけだ。

仁川アジア大会は予告された失敗という指摘が多い。 政治家出身の地方自治体首長が大会の効果を大幅に膨らませ“功績積み上げ”のために大会を誘致したことが発端になった。 大会誘致当時、3選を狙ったアン・サンス前市長は「アジア大会で20兆ウォンの付加価値効果と約27万人の雇用誘発効果がある」と広報した。 アジア大会は種目別、国別競技力の偏差が激しいうえ、オリンピックやワールドカップの影響でスポーツファンの目が肥えて興行効果が大幅に下落している。 大会の効果を過度に評価したといえる。

いくつかの人気種目を除けば、地上波放送会社が生中継もせず、ネイバーやダウムなどのポータルサイトと放送会社の中継権交渉がうまくいかなかったことも興行の失敗に一役買った。 広報効果を期待しにくくなると企業スポンサーと後援までが失敗する悪循環にはまった。 平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックを睨んで中央政府が積極的な支援に出なかったことも今回の大会に大きな打撃を与えた。 キム・ソンウォン仁川経済正義実践市民連合事務局長は「大型スポーツ大会の誘致を決める時、市民の意見を積極的に反映する装置が必要だ」と指摘した。

(本文ここまで)

別な意味で盛り上がった仁川アジア大会。個人的には意外と楽しめたのですが皆さんはいかがでしたでしょうか?

この大会に関して、私も結構記事を書いていたみたいで、この記事を入れると20本にもなっていました。結局、予想通りの展開で見ていた方としては特にこれといったサプライズがなくて「いつもの南朝鮮」なのですが、できればどうにか外れて欲しかった予想も、サプライズなく予想通りに事が進んでしまいそうです。

9月の時点で、仁川市の負債額は、今年の末で3兆3000億ウォンと言われていましたが、実際は昨年度末の時点ですでに3兆1500億ウォンになっており、このまま行くと末での負債総額は3兆3000億ウォンを大きく上回ることが確実となっています。

また債務比率は9月で35.7%だったのがこの記事では39.5%。ギリギリまで帳簿をいじってようやく、負債危機団体(負債比率40%超えの団体のこと)入りを免れている状態です。やっぱり、来年には財政危機団体入り確実でしょうね。

それなのに、南朝鮮は失敗に学びません。

仁川アジア大会後も

2015年 光州ユニバーシアード 
2017年 U-20 サッカーW杯 
2018年 平昌冬季オリンピック 
2019年 光州世界水泳

と国際大会が目白押しなのです。
このうち、2つの大会を光州が誘致。そのために必要な"予算"が、ユニバーシアードで建設費だけで4330億ウォン、水泳大会で929億ウォン。これに大会運営費などを加算すると仁川アジア大会ほどの出費にはならないものの、光州の財政を破たんに導くには十分な負債額となってしまいます。

>スポーツファンの目が肥えて興行効果が大幅に下落している。

とこの記者は分析していますが、F1でさえ不人気で開催権返上という憂き目にあっています。南朝鮮人は元々、スポーツ観戦にはそれほど興味がなく、ウリが出場する種目だけ"お祭り"になるだけなのです。

まさか、平昌オリンピックも設備にだけお金をかけて運営費をケチるなんてことは国の品格を疑われますからしないとは思いますが(断言できませんが、、)、仁川アジア大会同様、国内でのチケット販売は不調になる可能性が非常に高く、結局は大きな負債だけが残るオリンピックになってしまうのでしょうね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

<アジア大会>試合もマナーも負けた北朝鮮サッカー…判定に何度も抗議

(本文)

仁川アジア競技大会に出場したサッカー北朝鮮代表が審判の判定に何度も抗議し、南北間のサッカー祭りに汚点を残した。

北朝鮮は2日、仁川文鶴競技場で行われた韓国との2014仁川アジア競技大会男子サッカー決勝で、延長後半終了直前に韓国DFイム・チャンウ(23、大田)にゴールを許し、0-1で敗れた。

北朝鮮はイム・チャンウの決勝ゴールを認めた主審の判定を問題視した。北朝鮮のユン・ジョンス監督は終了ホイッスルが鳴った直後、競技監督官に詰め寄って激しく抗議した。決勝ゴールの直前、韓国FWイ・ヨンジェ(23、Vファーレン長崎)のシュートを北朝鮮DFが手で払ったため試合を止めてPKを与えるべきだったが、主審がホイッスルを鳴らさなかったという主張だ。

~~

これに関し、サッカー協会のある関係者は「イ・ヨンジェのシュートを北朝鮮のDFが手で防いだのは事実。主審はこれを認知し、すぐにホイッスルを口にくわえた」とし「PKを与えることもできたが、すぐに韓国の選手がまたボールを確保すると、アドバンテージを適用して中断なく試合を続けさせた。攻撃中のチームにどちらがより有利かを決めるのは審判の固有の権限」と説明した。

一方、この日出場しなかった北朝鮮MFキム・ヨンイルは試合終了直後、グラウンドを向かう審判陣にペットボトルを投げ、競技場のセキュリティー要員に止められた。主審は直ちにレッドカードを取り出し、キム・ヨンイルを退場させた。

(本文ここまで)

結局、この仁川アジア大会は、自分たちがホルホルできればよい、という大会でした。
開催時に、「運営ミスではなく人種差別か」と書いた通り、自分たちより"格下"の国々なのだから、待遇を落としても良いし、判定も南朝鮮よりでも良いと考えたのでしょうね。

それは同胞であっても北朝鮮も他国と同じく格下の国

経済格差は21倍もあるのですから、そりゃあ、審判を買収しても構わない相手と映ったのでしょう。タイでも不可解なPK疑惑がありましたし。

サッカーで金を取れないと困るんですよ。視聴率が取れる唯一のコンテンツですし、選手にしたって何て名誉以上に何よりも徴兵免除がかかっている試合ですから。アジア大会は金でないと兵役免除になりませんからね、例え同胞だろうと、これから南北協議開催を切望している政府の思惑など全く無視して、自分たちの利益だけを追求している、いつもの南朝鮮がそこにいたんですよね。

恐らく、週明けにミサイルを日本海に打ち込むかも知れませんね。他にもいろいろ情報が入っているのですがサッカーアベック優勝を汚い手段で妨げられたのは十分な報復理由ですから。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

仁川ア大会:カメラ盗んだ冨田選手「やってない」

(本文)

韓国人記者のカメラを盗んだとして略式起訴され、罰金100万ウォン(約10万円)を支払った競泳の日本代表・冨田尚弥選手(25)が日本人記者の前で犯行を否定するような発言をして再び世間を騒がせている。同選手は1日、出発前のソウル・金浦空港で「お騒がせして、誠に申し訳ありませんでした」と頭を下げながらも、「僕、やってないですよ」と発言した。

その後、東京・羽田空港に到着した際、発言の意味を問う報道陣に問われたが、何も答えずに空港を後にした。同選手は帰国してすぐ、所属チームから謹慎処分を受けた。日本オリンピック委員会(JOC)は大会後に作成する報告書から同選手の成績を除外することを検討している。

(本文ここまで)

窃盗罪で100万ウォンの罰金刑となった冨田選手。起訴猶予ではなく略式起訴でしたね。本人も罰金を即日納付したそうなので、ここまでの流れ"だけ"を見たら完全に黒といえます。「やってない」発言も本人がそんなこと言っていないという報道もありますので、恐らく本人が行ったのは事実だとは思います。

ところが、おかしな事もチラホラ。事件に流れを簡単にまとめて見てみましょう。

9月25日 : 午前11時盗難事件発生
                カメラが盗難に遭い冨田選手の部屋から見つかる
9月26日 : 夜、事情聴取を行う
9月27日 : 未明に釈放、書類送検
9月29日 : 仁川地検から罰金100万ウォン 
                冨田選手 即日納付
10月1日 : 冨田選手帰国

わずか6日で帰国ってどう思いますか。

〉韓国検察は「アジア大会期間中であり、被害者も刑事処罰を望んでいないことから起訴猶予を検討したが、被害額が高額だったこともあり、最終的に韓国人と同等の基準を適応することにした」と説明した。

という報道もありましたが、25日の午前11時に盗難事件が発生して、なぜだか同日には犯人特定。南朝鮮の警察ってこんなに優秀でしたっけ?それも記者席に向かって監視カメラって、、、

基本、カメラマンはカメラを複数台持ち込むこともありますが、望遠レンズを付けたまま放置はあまりしません。なぜならレンズに負荷がかかってしまうから。それを"記者席"に置きっ放しだったわけです。自分の目の届かない所に置きっ放しはマズ、ありません。
そして冨田選手は選手が普段入ることのない記者席にまで行って、カメラを確認して盗んだと。それも25日って競泳6種目の決勝がある人目の多い日です。

盗人ってこんな日をワザワザ選ぶものなんでしょうか?

日本よりも勾留期間が長いことで問題になる南朝鮮。判決決定までも日本より無駄に長い南朝鮮。それなのに事件発覚から判決までわずか4日。これって日本に対する配慮なのか、それとも持って行くように仕向けたものなのか。真実は闇の中、ということなんでしょうね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

インド選手、判定不服で銅メダル拒否 ボクシング女子

(本文)

アジア大会ボクシング女子ライト級の表彰式で1日、サリタ・デビ(インド)が、前日にあった準決勝での判定を不服として、銅メダルの受け取りを拒否したことが物議を醸している。

組織委員会によると、大泣きしながら表彰式に現れたデビは、メダルが首にかけられるのを拒否し、前日の準決勝で自らが敗れた2位の韓国選手に銅メダルを手渡し、立ち去った。

問題の準決勝は乱打戦となり、デビがやや優勢に試合を進めたようにも見えたが、判定は3―0で韓国選手の勝利。インドのコーチ陣が激しく抗議したが、受け入れられなかった。

デビの職業は警察官。銅メダルを拒んだ理由を「今後も競技を続けていくために、この屈辱的な記憶を消し去らなければならなかった」と自国メディアに語った。

(本文ここまで)

朝日新聞らしい、南朝鮮の立場に立った記事です。

まずは、実際の試合をどうぞ。
http://sports.ndtv.com/asian-games-2014/videos/asian-games-2014-is-south-korea-cheating-to-win-boxing-golds-340100

誰の目で見てもインドの選手の方が"圧倒的"に優位な居合展開でした。と言うより、南朝鮮選手はサンドバック状態。手は出すものの完全にインド選手が押しいいるようにしか見えません。このような不可解な判定はこの試合だけでなく、インドだけでなくタイやモンゴルの選手も同様に黒い判定で負けを喫しています。

要するに、南朝鮮選手はダウンさえしなければ勝てたということなのですかね?

フェンシングでも日本のトップ選手が何故だか負けていますし。インドやタイの試合なんかは南朝鮮よりに見ていても「これはないでしょ!」とツッコミを入れてしまいました。

あぁ、これで平昌オリンピックも黒い判定続出になるんでしょうね。正直、これから南朝鮮が行おうとしていたアジア政策もこれでおじゃんになるかも。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

本来は南朝鮮資本の会社による見本市となるべくスポーツ大会が、
経済不振を背景に、中国に乗っ取られてしまうことになりました。

開会式でもそうですが、中国のスポーツメーカー361°の看板が本当によく目立ちます。
全くもって仁川アジア大会は南朝鮮がお金を出して361°のための舞台を用意したようなものです。南朝鮮経済として見ても、このアジア大会は失敗と見て良いでしょう。

361°にとってはこのアジア大会は成功と言えます。その成功は単に南朝鮮国内だけでなく、日本市場も視野に入れたいという願望は現実のものになりそうです。

気になっている人もいると思いますが、日本のネット上でも361°について話題に上ることが多いのですが、そのほとんどが、一方的に質問して誰かが答えるという、口コミを利用したもの。以前から問題になっていた手法です。

実際に「アジア大会 361°」と調べると、知恵袋を筆頭に口コミ系がズラリ。日本人の旺盛な知識欲を逆手にとった広告戦略ですが、知名度を上げるには十分な成果と言えるでしょう。正直、この広告戦略は悪くないですね。

日本進出は年明け、という情報もありましたが、低価格を武器に日本でも一定のシェアを獲得できるかもしれません。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

 

仁川ア大会:「日本の国歌は耳障り」孫楊発言が波紋

(本文)

「日本の国歌は耳障りだ」。中国競泳界のスター選手・孫楊(22)の発言が波紋を呼んでいる。

香港経済新聞などによると、孫楊は24日、競泳男子400m リレーで金メダルを取った後、自国メディアとのインタビューで優勝について「スッキリした。正直言って、日本の国歌は本当に耳障りだ」と言ったとのことだ。孫楊は200m自由形で日本の新星・萩野公介(20)に金メダルを奪われている。

日本のメディアやネットの反応では「孫楊は日本に対し敵意を持って試合に臨んでいる」と強く批判した。中国のネットユーザーの間でも「五輪メダリストとして教養や品位に欠けた発言だ」という批判が多く寄せられている。中国の主なメディアでは孫楊のインタビューから日本の国歌に関する部分はカットして報道された。

(本文ここまで)

애국가(愛国歌)というものがあります。南朝鮮の国家として歌われているのですが、この歌の作曲者、安益泰は日本の天皇陛下崇拝や賞賛をし続けた親日家としても知られる人物です。歌詞は誰が作ったか不明と言われていますが、2013年に尹致昊という政治家が作詞したという"証拠"が出てきました。

私も、この説は正しいと思うとともに、この愛国歌は本来は聖歌として作詞されたのだと思うのです。

愛国歌の1番の歌詞は

동해물과 백두산이 마르고 닳도록  하느님이 보우하사 우리 나라 만세
日本海が乾き白頭山がすり減るまで  神が守護してくれる国 万歳

実は、作詞当初の歌詞は戦後、修正が加えられているのですが、元の歌詞のエッセンスは色濃く残るものなのです。

どうして、国家の1番にいきなり"神"が登場するのでしょうか。それはこの歌はそもそも愛国心溢れた歌ではなく、神を讃えた歌だったからです。実は尹致昊という人物、親日家の政治家として知られていますが、もう一つの顔として宣教家として活動していた時期があり、キリスト教信仰が彼の心情の根幹を為すからです。だからこそ、キリスト教国ではなかった20世紀初頭の作詞にもかかわらず、神、という言葉が登場したのです。

反日国家にも関わらず親日家によって作詞と作曲が行われた、神を讃える愛国歌。
それに比べて、日本人としての矜恃を示し、愛国精神をあの歌詞の長さで見事に表現した「君が代」。
国家を愛する南朝鮮人にとって、この事実は消し去ることのできない汚点でもあるとともに、日本の国歌は羨望の対象でもあるのです。

そういった背景があるからこそ、新宗主国の中国様の選手の一言は自分たちが言うにも言えない事を代弁してくれたので、ニュースに値するものとなったのです。

ただ、中国の国歌「義勇軍行進曲」は作曲者が中国から追われ日本に亡命した際に書かれたものですから、これも本来は抗日が目的ではなく日本への感謝を込めて書かれたとも言われているんですよ。孫選手も日本への感謝を込めて、国家を声高く歌ってくださいね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ