自由韓国党代表「文大統領が米国で冷遇された…『文在寅パッシング』」 (2017.9.20 中央日報)


自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表が20日文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国連総会の参加のために米ニューヨークJFK国際空港に到着した時、米国側から事実上冷遇されたと主張した。

洪代表はこの日。党代表および最高委員・3選議員連席会議で「昨日(19日)、韓国の大統領が米ニューヨーク空港に到着した時、米国側から歓迎客がただ1人も出なかった場面を見た」と話した。

彼は「韓国の歴代大統領が米国を訪問する時、そのような光景を演出されたことはなかった」として李明博(イ・ミョンバク)元大統領の米国到着時は軍楽隊儀式、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の米国訪問などと比較した。  (抜粋)

レコチャイにはこんな記事も。

「グテレス氏との会談後には在米韓国人らとの懇談会が予定されていたが、この会場に向かう道中も激しい渋滞、文氏はとうとう車を降り徒歩で移動することになった。」

IMG_0510


渋滞をコントロールできないのもアレですが、冷遇されているのは確実でしょう。それを指摘されても、冷遇される事は「悪」だから認めたくない、政府側、という構図。

北朝鮮支援を行うような国ですから、せっかく棚上げしたFTA撤回も白紙に戻すかも知れない。12月にアメリカが北朝鮮を攻撃するかも知れない。いろんな噂が飛び交っていますが、全ては南朝鮮にとって最悪のシナリオ。

ジリジリ支持率を落としているお月様ですが、問題解決能力が欠如している事が露呈しつつある今、南朝鮮が国としての苦難に揉まれていく道しか残されていないのは、誰もが想像していなかったのではないかと思います。

日本に難民が押し寄せないためにも、少しはプライドを持って、立ち向かって欲しいですね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング