在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

タグ:外貨準備高

韓中国交正常化25年…通貨スワップ延長は? (2017.8.26 中央日報)


韓中国交正常化25周年を迎えたが、今年2月のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備決定で両国関係が急速に冷え込んでいるため、10月10日に満期が到来する韓中通貨スワップの延長は不透明は状態だ。

一方、韓中通貨スワップは560億ドル規模であり、韓国が他国と結んだ通貨スワップのうち最も規模が大きい。 (抜粋)

現在、南朝鮮が交わしているスワップ総額は94.5兆ウォン。ドルだとおよそ840億ドル。ちなみに、中国とのスワップはウォンでいうと64兆ウォンなので、スワップ全体の67.7%にも及びます。中国がスワップ延長に応じてもらえなければ、一気に2/3を失う事になります。これだけ見ると、南朝鮮にとっては対中スワップは非常に重要なもののように思えます。

南朝鮮の外貨準備高は3837億6000万ドルですから、840億ドルのスワップって外貨準備高の21.9%を締めておいり、対中スワップだけで外貨準備高の14.6%にも及ぶのですから、この程度しか騒ぎ立てないのには不自然さを感じてしまうのです。

しかも南朝鮮の外貨準備高の大半は流動性のないもの。例えば、米国債。2017年6月の最新データでいうと968億ドル。これに預金やIMF特別引き出し権や疑惑の金など291億9000万ドルを加えると1259億9000万ドルにしかならない。最大見積もっても32.8%しか流動性のある資金と考えることができないのです。


それに840億ドルが加わると、とっても楽になるのですね(実際はソフトカレンシーが多いのでそうでもありませんが)。それなのに、そこから560億ドル分のスワップが更新されなければ、南朝鮮の支払い保証は、今の南朝鮮の交易額からすると保証というには脆弱すぎるのです。

さて、南朝鮮の信用度はこれで急落する可能性が高くなったのですが、ここで南朝鮮は中国に擦り寄るか、それとも敵国日本に頭を下げるか。どちらを取るのか、生温かい目で見つめてあげたいですね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

韓経:借金を返済できない「限界世帯」、158万世帯に急増=韓国 (2016.3.21 中央日報)


金融負債が金融資産を上回り、元利金償還額が処分可能所得の40%以上の「限界世帯」が、昨年、158万世帯に増えて全世帯の8.5%に達したことが調査された。限界世帯の44%は元利金償還が難しいことが分かった。

現代経済研究院が20日に発表した報告書「家計負債限界世帯の特徴と示唆点」をみると、2015年基準の限界世帯数は158万3000世帯で、2012年(132万5000世帯)に比べて25万8000世帯(19.5%)増加した。全世帯(1864万3000世帯)に対し8.5%、金融負債のある世帯(1069万3000世帯)の14.8%に達した。

研究院は限界世帯の増加が金融システムや住宅市場、民間消費に否定的な影響を及ぼす可能性が高いと明らかにした。2015年基準の総金融負債のうちで限界世帯の借金比率は29.3%だが、総金融資産における限界世帯の保有資産比率は9.4%にとどまった。総元利金償還額のうち、限界世帯の比率は42.4%、総処分可能所得のうち限界世帯の比率は12.5%にすぎなかった。

限界世帯の債務不履行の可能性も高まっていると研究院は指摘した。限界世帯の平均処分可能所得(3973万ウォン、約380万円)に対する元利金償還額(4160万ウォン)比率は104.7%だ。

所得で借金を返済することができず借金返済のために負債を重ねたり資産を処分したりしなければならない状況ということだ。研究院によると、韓国統計庁の家計金融福祉調査(2015年)で限界世帯の44.1%が「元利金償還が難しい」と回答した。

現代経済研究院のイ・ジュンヒョプ研究委員は「総金融資産のうち限界世帯が保有している資産比率は非常に低く、金融負債の満期延長が不可能な場合、実物資産を処分する可能性が高い」とし「住宅市場に否定的な影響を与えるおそれがあり、金融システムの不安につながる可能性を排除することはできない」と説明した。(抜粋) 

今回の記事に似た指標として信用不良者というものがあります。いわゆるブラックリストのことで、このリストに載ってしまうと信用情報会社が最大5年間、延滞記録を保管して金融取り引きが制約されます。

この信用不良者は2002年の263万人からクレジットカード大乱直後の2003年には372万名と最高記録打ち立てた後、信用回復支援プログラムが開始され2006年は297万5000人、2009年の193万4000人、そして2014年には108万715人と "明確な" 減少傾向が見られます。

こう見ると、一般に聞こえる「生活が苦しい」という声はなんなのか?と思われるかも知れませんが、それもそのはず、この数字には意味がないから。それは信用不良者が減ったのは登録基準が緩和されたからに過ぎないからです。

2005年に信用不良者登録制度が廃止されました。それまでは30万ウォンを越える延滞金が3ヶ月以上あったり、30万ウォンであっても3件以上の延滞記録があれば信用不良者に登録されていました。それが50万ウォンに引き上げられたことと信用不良者情報の保存期間が既存の最長 2年から 1年に短縮された。これによってカード大乱で急増した信用不良者の記録の大部分が削除されたからです。

そしてネズミ政権の時に行った庶民金融プログラムによって延滞された金額が1000万ウォン以下ならの延滞金を返済するだけで信用不良者の記録が削除されることになりました。これらによって数字上は信用不良者が激減したのです。これがこの記事の背景。


実際は信用不良者は減っていないというのに、お嬢様政権は借金経済を推し進めたのですね。「この信用不良者数ならまだまだカネを貸せるぞ!」という感じで。それによってマンションと車をドンドン買わせたのが、昨年、あれほど厳しかった南朝鮮GDPがプラスになった原動力でした。

で、そのしわ寄せがとうとう表面化してきた。それも4月の金融規制が始まる前に。

そうなると、4月以降の経済急落が思った以上に強く出てくる可能性が見えてきたということになります。それがここ最近の外貨準備高記事の増加につながります。このエントリーを読んでから外貨準備高の記事を読むとジワリときますよ。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

ドル高で金価格急落 (2015.12.19 朝鮮日報)


米連邦準備制度理事会(FRB)の政策金利引き上げ発表でドル高となり、金価格が急落した18日午後、ソウル市鍾路区の韓国金取引所でゴールドバーを紹介する職員。

2011年に大量の金を買い入れた南朝鮮。今年の4月に発表した金の保有量は104.4tにもなります。それも買い入れ価格が1800ドル/トロイオンスあたりで爆買いした事もあり金の価格変動にはちょっと敏感なんですね。

で、今日の価格が1066ドル/トロイオンス。1トロイオンスが31.1035グラムなので、104.4tというのは335万6535トロイオンス。ドル換算にすると2011年は60億4143万9000の資産価値がありましたが、今日は35億7806万6310になってしまい、24億6337万5690ドルもの資産が目減りしたという事で。ウォン相場は昨日、1182ウォンでしたから、

2兆9000億ウォン以上の損失

という事です。
まぁ、南朝鮮人は外貨準備高が3681億ドルあるから24億ドル程度の損失は問題ないと思っている人も多いと思うんですね。ですが、実際に流動資金としての外貨は現金がおよそ210億ドルと金の60億ドル程度でした。そのうちの24億ドルが失われたんですね。はっきり言ってチョーヤバイんですよ。本当は。

もう少しこの外貨準備高を見るともっと面白い事になる。本当はこの流動性資金として南朝鮮は2000億ドルほど必要になるのですが、有価証券として持っている外貨準備高のうちどれだけその2000億ドルに回せるのか。

このあたりの計算は少しだけ大変なので、年末の時間のあるときに。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

韓国の外貨準備高3699億ドル、世界6位に再浮上 (2015.5.8 朝鮮日報)


韓国銀行(中央銀行)は7日、韓国の外貨準備高が4月末現在で過去最高の3699億ドルに達したと発表した。同時に3月末現在で比較すると、世界の外貨準備高ランキングで韓国は4年7カ月ぶりに6位に再浮上した。韓国はブラジル(3627億ドル)を抜き、6位となった。1-5位は中国(3兆7300億ドル)、日本(1兆2453億ドル)、サウジアラビア(6980億ドル)、スイス(5824億ドル)、台湾(4178億ドル)で変わらなかった。

韓国の外貨準備高は昨年7月(3680億ドル)まで増加傾向を示して以降、ドル高でユーロ建て、英ポンド建て資産の米ドル換算での価値が低下し、今年1月に3622億ドルまで減少したが、再び増加に転じた。

一応、韓銀の発表する2015年4月末外貨準備高を見ると、

資産別に見ると
有価証券が3395億1000万ドル(91.8%)
預金は209億7000万ドル(5.7%)
金は104.4tを金額に換算で47億9000万ドル(1.3%)

などですね。
外貨準備高と言えば今までも幾つか記事を書いてきましたが、今回は別の視点で書いていきたいと思います。私がまだブログを始めていなかった昨年の4月にIMFから「外貨保有額を増やすな」というありがたい提言を頂きました。何と、年間7.3兆ウォンもの維持費が掛かっている、というのです。

この7.3兆ウォンもの維持費が掛るような外貨準備高といえば、有価証券ぐらいしかないんですね。ですが、韓銀はその内訳を公表していない。ということで、以下、推測になります。


有価証券で気になるのが、一般的に優良とされる米国債の保有に関して米国債国別保有残高を見てみると南朝鮮は2015年2月時点で国別ランキング22位。638億ドルに過ぎないんですね。ということは、残りの2757億ドル近い有価証券ってなんなのでしょうか?

昨年の聯合ニュースを見てみると、南朝鮮独自の制度である、通貨安定証券の残高がおよそ180兆ウォンに膨らんだというのですね。記事によると「政府が外国為替市場を安定させるために国債を発行し、外貨買い付け資金を調達する財源で、外貨資産を売買し、政府に代わって外国為替市場の急激な変動を抑制する外国為替平衡基金の役割を韓銀が発券力と通安証券を動員している。 」 とあります。

要するに、ドル高ウォン安の流れを持っていくためにウォンをどんどん刷るんですね。それでドルを買い付けて相対的にウォン安にする。ですがドルをそのまま持っていても仕方がないので有価証券を購入するんですね。もちろん、国内にもウォンが過剰になってしまいインフレをコントロールできなくなってしまう。

ということで、韓銀は通貨安定証券を発行することでウォンを回収しインフレをコントロールするのですね。で、残高が180兆ウォン。もちろん、証券を購入してもらうためには利息を支払うんですね。この利率がおよそ4.5%ですから、年間8.1兆ウォンもの支払いが生じることになります。昨年の記事よりも維持費が増えているってことです。


最近の為替は1ドル1085ウォン前後ですから、180兆ウォンは1660億ドル。これが2757億ドルの中に紛れ込んでいることになるので、実際の外貨準備高は2039億ドルっていうことになりアルジェリアなみになるんですね。本当はもっと少なくなるのですが、それはまたの機会に。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

外貨資産に占めるドルの割合 4年ぶり高水準=韓国 (2015.3.31 朝鮮日報)


【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が31日発表した報告書によると、昨年末現在の外貨資産に占めるドルの割合が62.5%に達した。1年前よりも4.2ポイント上昇し、4年ぶりの高水準を記録した。

韓銀の外貨資産に占めるドルの割合は2010年に63.7%、11年に60.5%、12年に57.3%と減少傾向にあったが、13年(58.3%)から増加に転じた。

昨年末現在の外貨準備高3636億ドル(約43兆7000億円)のうち、金(48億ドル)、IMFリザーブポジション(19億ドル)、SDR(33億ドル)を引いた3536億ドルが外貨資産となる。

韓銀は「米国の景気回復によりドル高になると予想されるため、ドル資産の割合を大幅に増やした」と説明した。(抜粋)


不景気真っ只中の南朝鮮経済。本来なら大量の資金を入れてテコ入れしたいハズなんです。そして、毎月のように外貨準備高がこれだけあるんだ!と発表する。どうしてなんでしょうね。


外貨準備高のうち、2014年12月末の有価証券比率は94.0%になります。ということは、外貨資産に占める有価証券比率は96.7%ということになるんですが、本当にそれでいいんですか?

南朝鮮は基軸通過であるドルのスワップが今ではCMIMのみ。それなのに、外貨資産での有価証券以外がたったの117億ドルだけ。それなのに貿易額からすると少なすぎるんですよ。

よく、外貨準備高基準値が南朝鮮は低い、と言います。フィリピンやタイよりも大幅に低い数字であることには間違いないんですが、これは輸出額の桁が違うからなんですね。それなので、現在の130%程度の準備高はそれ程悪くはない。悪くはないのですが中身が良くない、ということなんですね。

有価証券の流動性は高くありません。万が一の時にはやはり現金が重要。それなのにたったの117億ドル。しかも、南朝鮮の外貨準備高は購入時の金額で公表するんですね。例えば金の47億9000万ドル(こちらが正しい数字かな)はずっと、変わっていないんですね。国際金相場は暴落したのに。

バカのように金を大量に購入していた2011年、トロイオンスで1700ドルくらいでしたでしょうか。それが今年の2月は平均で1230ドル程度。28%ほど下がっているんですね。実は、長期債なんかも下がっている可能性が非常に高いんですよ。

しかもこの117億ドルのうち結構な割合で円建てなんですね。民主党時代、円は1ドル80円程度でした。そう、アメリカがドル安政策を行っていて、自民党以上にアメリカ様のポチであった民主党はアメリカ様に利益誘導を行っていたんですね。震災後も。

南朝鮮はそれに乗っかていたのですから、為替介入をする際は、ドルを買って、そのドルを使って円を購入していたんですね。そうすればドル高を維持できますからね。ところが時代は変わって円安に向かってしまい今は1ドル120円。

こんな為替の状態で円を売ったらどうなってしまいますかね。実はこの117億ドルというには実質80億ドル程度しかなかったりするんです。そう、実はこの外貨準備高は公表値よりも実際は少ないと見た方がいいんですね。


本当はね、南朝鮮の本音で言えば外貨準備高を取り崩して内政に回したいんですよ。ところが、為替差損が思いの外大きく、流動性の小さなものが多い。こうなってしまっては、見せ金としか使いようがないから、毎月のように外貨準備高がこれだけあるんだ!というホルホル記事になるんです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

韓国の外貨準備高 4カ月連続減=ドル高が影響

(本文)

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が3日発表した11月末現在の外貨準備高は3631億ドル(約43兆1254億円)で、先月末に比べ6億3000万ドル減少した。

外貨準備高は昨年7月から13カ月連続で過去最高を更新したが、今年8月に減少に転じた。4カ月以上の連続減は、リーマン・ショックの発生前後に重なる2008年4~11月(8カ月連続減)以来、約6年ぶり。

韓国銀行は減少の理由を、ドル高により、韓国が保有する外貨資産のうちユーロや英ポンドなどのドル換算額が目減りしたためと説明した。ドル高により、11月にユーロが対ドルで1.2%、ポンドが1.7%、円が7.3%下がり、韓国の外貨準備高を押し下げた。

また、リーマン・ショック時の外貨準備高減少は資金流出が発生した影響によるものだが、最近の減少はドル換算が減ったことによるもので、減少幅は大きくないと説明した。

外貨準備高の91.3%を占める有価証券は3315億3000万ドルで先月より6億5000万ドル減少した。国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)は4000万ドル、IMFリザーブポジションは2000万ドル、それぞれ減少した。預金は212億7000万ドルで、前月より9000万ドル増えた。金保有は昨年2月から変動がなく、47億9000万ドルだった。

韓国の外貨準備高は10月末現在、世界7番目の規模となっている。1位は中国の3兆8877億ドルで、日本(1兆2659億ドル)、スイス(5233億ドル)、ロシア(4286億ドル)、台湾(4215億ドル)などと続いた。

(本文ここまで)

確か、今年の1月、セヌリ党のチョン・モンジュンは「3400億ドルの外貨準備高」って言ってましたから積み増しできたんですね。それはヨカッタですねー

ただね、対外債務残高が1月に4100億ドル、IMF10月時点推計値で532兆6614億ウォン。今日の相場は1ドル1115.6ウォンですから4774.6億ドルの対外債務残高ですか。674億ドル債務が増え、準備高は231億ドルしか増えていないということですね。

それに対して預金残高が212億7000万ドル。

短期債が1000億ドル規模なのに手持ちの現金が少なすぎるんじゃないですかね。それに有価証券もアジアやインドなどの比率が高いのも気になりますし。外貨ですら人民元が多くなってますから、何かの時に身動きが取れなくなるんじゃないかなぁ。

最後の
>世界7番目の規模
という一文が、自分で自分を励ましているように見えてイタイですね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ