在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

タグ:差別

押し寄せる難民…韓国はアジアで初の難民法制定国 (2018.6.20 ハンギョレ)


韓国は1992年12月に難民条約に加盟し、アジアの国では初めて2013年7月から難民法を施行している。しかし、難民として認められる場合は非常に少ない。1994年4月に初めて難民申請を受けて以来、先月末までの難民申請者は延べ4万470人だ。このうち2万361人に対する審査が終わったが、839人だけが難民として認められた。難民認定率が4.1%と極めて低い。人道主義的在留許可をもらった外国人も、審査対象者の7.6%の1540人に過ぎない。

日本はアジアで初めて難民条約に署名したが、難民認定率は低い。これまで30年間、日本では1万人以上の人が難民保護申請を行ったが、全体の認定率は5%に過ぎないという。 (抜粋)

34CC7434-AD53-44A0-9801-6648AC746EF7

こんな記事の中でも“不当に”ディスられている日本。

パッと見の数字でも、認定率は日本は5%で南朝鮮は4.1%。南朝鮮よりわずかに高いのにそれでも「認定率は低い」と書いてしまう。しかも、よくよく記事を読むと分かりますが、日本は保護申請数に対する認定率であり、一方の南朝鮮はというと申請者ではなく審査終了者における認定率。日本と同じ計算をするなら2.1%という結果になります。

で、どうして、この記事をハンギョレが取り上げたかというと、南朝鮮人の他者理解の貧しさを取り上げたかったからですね。


イエメン、という国は女性の社会的自立が少し困難な国と言えます。そうなると、15歳以下で結婚する早婚率というものが上がってしまうのですね。イエメンではこの早婚率が内戦以降45%まで急増したのです。どうして早婚率が上がったかという原因を見つめる事なく、数字だけを見る南朝鮮人は「イエメンという国は女性人権を侵害している!」と思い込んじゃうのです。しかも、イエメンは南朝鮮人が大嫌いなイスラム教国。

そんな非人道的でイスラム教徒の“男性”は隔離できる済州島だけで就労できるようにする、とした事でこの記事の写真コメントにあるように済州島で就労説明会を受けているのです。だから、ほぼ男性しか写真に写っていないんですね。


思い込みで差別をする。真実には目を向けない。そんな南朝鮮人の本質が浮き彫りにした記事と言えます。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

出入国管理事務所 「出入国・外国人庁」に名称変更へ=韓国 (2018.5.7 朝鮮日報)


出入国管理事務所という名称は、1954年に金浦空港に金浦出入国管理事務所が開庁してから本格的に用いられたとされる。だが、この名称に対し、外国人を管理するといったマイナスのイメージが持たれやすいこと、出入国の審査以外にも滞在管理や難民、国籍など多様な業務を担っていることを指摘する意見が少なくなかった。 (抜粋)

差別に対する考え方が日本とは大きく異なることを教えてくれる記事です。

出入国管理事務所
出入国外国人庁

前者は国民も含めた出入国を管理していると感じますが、後者は確実に外国人だけをターゲットにした役所であると思わせます。どちらが、「外国人」を管理しようとしているか。

実は、私たちにとっての差別と日本人にとっての差別には大きな違いがあります。

日本人は区別と差別は違う、と考えます。日本人は区別されても差別に感じる人は少ないと思います。これは日本人は「自分に不条理な不利益を被る」状態を差別と考え、「合理的な理由」があれば区別と考えるからです。

南朝鮮はそうは考えません。例えば、外国人参政権。南朝鮮国内では、ごくごく一部の外国人だけが参政権を認められています。これに関して南朝鮮人は外国人を区別し、また、その外国人の中でもほんの一握りの人を区別し優遇します。ですが、それは区別であり差別ではないと考えます。

ですが、自分たちが外国に逃亡し、その国で参政権が与えられなかったら、それは差別と考えます。要するに、合理的な理由があろうがなかろうが「自分たちに不利益を被る」状態は全てが差別とするからです。


私たちは他人を差別するという意識は希薄ですから、私たちが外国人差別の酷い国民性を持っていてもそれには気が付かない。それ故に、よりマイナスイメージを持たれやすい名称に変更しても、それを差別とは感じないのです。どれだけの南朝鮮人がこれに対して違を唱えるか。多分、殆どの人がなんとも思わないんだろうなぁ。。。



いよいよ明日、発売です!
差別された韓国で気づいたふるさと日本』 桜の花出版

672E09CB-0922-4139-98D5-A140F1922B65




いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

大変ご無沙汰しております。

管理人も無事回復して、まもなくブログも再開できると思います。
今回はこのブログのデータから管理人を割り出したのではなく、
管理人の個人的な慰安婦活動から狙われた可能性が高いと考えています。

そこで、新たな管理人をお願いして、再出発を図りたいと思います。


そして、もう一つ報告を。

5月8日、皆様のご支援のおかげで書籍を発刊する事になりました。
内容はお手に取ってからのお楽しみで。

また、今回、印税は発生せず、印税相当から
・南朝鮮に関する書籍の出版に関する費用
・日本の被災された方々に対する義損金
のみに使っていただくようになっております。
書籍を買ってくださった方の思いが、少しでも、日本のためになればと願うばかりです。

この場をもちまして、
上記のような契約を受けてくださった出版社の方々、
そして、本の執筆・編集に際して、間に入ってくれた朋友に深い感謝の意を表します。
ありがとうございました。


書籍の情報は下記の通りです。
皆様のご支援のほど宜しくお願い致します。

 金田正二


『差別された韓国で気づいたふるさと日本』
桜の花出版

 https://www.amazon.co.jp/dp/4434245104/
672E09CB-0922-4139-98D5-A140F1922B65
 

韓国法務部「整形した中国人の出国不許可騒動は偽ニュース」 (2017.10.11 朝鮮日報)


今月8日に中国メディア「アジア・ワイア」などが、「韓国で美容整形手術を受けた中国人女性3人が、パスポートの写真と顔が違い過ぎて韓国の空港から出国できなかった」と報じた件で、韓国法務部(省に相当)は11日「事実無根であり、フェイク(偽)ニュースだ」と事実を否定した。 (抜粋)

先日、こちらでも取り上げた内容が「フェイクニュースだ!」という内容。そりゃあ、否定したいですよね。正直、この記事が事実なら差別ですから。


まぁ、前回も書きましたが、南朝鮮の出入国では結構な差別的発言をされる事がある。まだ、日本人ではなかった時は、「ハンチョッパリが何しに来たんだ?」と言われたことは数知れず、バック一つでの入国なのに、荷物検査で数時間待たされたり。これって、何かを検査しているのではなく、純粋に放置されていただけ。

中国人の友人にも聞きましたが、南朝鮮の出入国はあまり評判が良くありません。しかも、南朝鮮は20代女性が彼氏のパスポートを使って出国できるような国ですから。「指紋で確認」とか以前に、男女の区別もできないようなセキュリティですし、この事実を半年隠していた法務部の言うことをすんなり受け入れる国民ってどれだけいるんでしょうね。


現実、差別的で、セキュリティもザルで、信用度も高くない法務部。「フェイクニュースだ!」という声に呼応する経済情報誌の読者の反応は今ひとつで、この記事を書いている時点でコメントはたったの11。金田ブログと同じくらいだなんて、どれだけこの記事に対する関心が低いのかが分かると思います。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

お礼を言うどころか人種差別発言を浴びせる韓国人 (2017.4.5 朝鮮日報)


2001年から韓国で暮らしているコロンビア国籍のレオ・メンドーサ(Leo Mendoza)さん(43)は先月31日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「フェイスブック」に「(韓国在住)外国人たちへ。警察に逮捕されないよう警告する!」と書き込んだ。

夫妻はその後、フェイスブックに今回の騒動の一部始終について説明する文章を掲載、「(韓国では)他人の生活に介入したり、他人を助けようとしたりしてはいけない」と外国人たちに伝えた。この記事は1700回以上「シェア」され、2000件以上の「いいね!」を得て、共感と慰めのコメントが800件以上書き込まれた。

メンドーサさんは3日、フェイスブックに「(蓮堤警察署の)署長が昨夜と今朝、直接電話して謝罪し、外国人の人権を守るための教育にもっと力を入れると言ってくれた」と報告した。メンドーサさんの妻は「横行していたり、無感覚のまま受け入れられていたりする韓国社会の人種差別や外国人に対する偏見を示した小さな事件。韓国で人種に対する差別や偏見がなくなるきっかけになればうれしい」と語った。メンドーサさんは釜山外国語大学の教授を務め、韓国に来る前は米アトランタでCNNの記者をしていた。 (抜粋)

差別が酷い南朝鮮では、ディスカウントジャパンの一環として「日本人は差別的である」というランキングを良く作ります。また、そういったランキングがあれば組織的に日本人に投票するという素晴らしい事を行います。民団もこれはよく行っていて、金田のところにも良くそういった動員メールが来ていたものです。

ですが、実際はどうかというと、少し古いのですが2013年に南朝鮮寄りのワシントンポスト紙が "A fascinating map of the world’s most and least racially tolerant countries" という記事を書いているのですね。
IMG_0501



ここでの南朝鮮の評価はというとーーー、

South Korea, not very tolerant, is an outlier.

アジアで最も差別的な国である事が分かります。なんと言っても "outlier" ですからね。アジア圏で突出している、異常値とされているのです。実際に3人に1人は外国人を望まないという国。それが南朝鮮という国です。こういった差別的な背景が、今回の記事に書かれたような事件の裏にはあるのですね。


ただ、この記事はそれだけでは済まないのです。もし、これが普通の外国人だったら警察署長が謝罪するのか、はたまた、新聞記事に取り上げられたりするのか、というとそんなことはないのですね。このメンドーサ氏が大学教授でその背景がCNNの記者という私たちにとっては眩ゆい立場にいたからこそ、そういった立場の方に対して差別的な以上行動を起こしたからこその記事なのです。

南朝鮮の権威主義政権に関する歴史はこの論文に詳しいので、興味のある方は読んでいただくとして、この長期的な権威主義政権の継続と、また、現代においてもその流れが途絶えていない南朝鮮では、権威に対して非常に阿る傾向が強過ぎるのですね。結果として、権威から外れると差別が生じる。これが異常値と揶揄されるほど強烈な差別が生じる原因となっているのです。


要するに、南朝鮮というのはその個人に権威というものが付帯していなければ差別されるし、差別に対して抗弁ができないという国だという事。私たちから差別がなくなるのはきっと1000年後でも無理なのかも知れません。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

朝鮮籍の在日コリアン 韓国への入国承認率35%にすぎず (2016.9.26 朝鮮日報)


ソウル聯合ニュース】朝鮮籍の在日コリアンに対する韓国当局の入国承認率が35%にすぎないことが分かった。最大野党「共に民主党」の姜昌一(カン・チャンイル)議員が26日、外交部に対する国会の国政監査で指摘した。

姜議員によると、今年に入ってから9月までに朝鮮籍の在日に対する旅行証明書の発行率は34.6%だった。これは全体の旅行証明書の発行率(92.2%)に比べ、極めて低く、朝鮮籍者の母国訪問を制限しているとした。

日本による植民地時代に渡日し、韓国の国籍も北朝鮮の国籍も持たず、日本に帰化もしていない無国籍状態の人やその子らを日本はで朝鮮籍と呼称し、韓国に入国するには関連法により旅行証明書の発給を受けなければならない。 

姜議員が外交部から受け取った資料によると、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の2005~08年の朝鮮籍者への旅行証明書発行率は99~100%だったが、李明博(イ・ミョンバク)政権となった09年には81.3%に下がり、11年には39.0%まで低下した。

朴槿恵(パク・クネ)政権1年目の13年には46.5%、翌14年は43.6%、15年は51.1%となり、今年に入ってからは34.6%に低下し、この12年で最も低くなっている。

日本の法務省の統計によると、昨年12月現在、在日外国人のうち韓国国籍は約45万7700人、朝鮮籍は約3万3900人となっている。 (抜粋)

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、北朝鮮は南朝鮮にとっては自国領であり、そこに住む北朝鮮人もまた南朝鮮人として扱うことになっています。


さて、この記事では3段目で私たちを3つに分類しています。南朝鮮籍、北朝鮮籍、そして朝鮮籍なのだそうです。そして、この朝鮮籍の定義が「帰化もしていない無国籍状態の人やその子ら」なんだそうで!!

北朝鮮籍ですか。日本の制度でそんなものがあるなんて初めて知りました。

昭和22年に外国人登録令(勅令第207号)が施行されたことにより日本に在住する通称、朝鮮戸籍に載っている登載者は「国籍等」の欄に「朝鮮」と記載されることになりました。そして1950年以降、本人希望の上で「韓国籍」と変更するに至り、それ以降、「韓国籍」と「朝鮮籍」の2つに分類されることになったのですね。

日本人以外が日本に住む場合、在留資格がなければ、健康保険や年金問題以前に、まともに就職すること自体が困難ですが、朝鮮籍の人たちは年金どころか違法状態な生活保護まで受給しています。

そして、朝鮮籍は日本においては朝鮮半島出身者を意味しますので、これは本来南朝鮮にとっては自国民であるのと同義なのですが、2008年以降は「無国籍」扱いになっています。この無国籍扱いは日本ではなく南朝鮮国内での話だったのですね。

旅行証明書についてですが、これは在日韓国人であってもその出生における届け出などに問題があれば、その子もまた旅行証明書の発行が必要になるので、証明書発行を受けた多くはこういった人たち。ですからこの3段目の説明は非常に問題の多い記述と言えます。


で、この朝鮮籍に対する差別が酷くなった、という事です。朝鮮半島出身者でも国籍として南朝鮮を選択しないようなヤツらには南朝鮮の地を踏ませてなるものか!という差別ですね。南朝鮮人からすれば、在日韓国人はハンチョッパリで差別の対象。その更に下に朝鮮籍の人を置く事にして、彼らは朝鮮人ですらないと言っているようなものなのです。


ちなみに、北朝鮮も入国に関しては差別があります。同じ韓国籍でも南朝鮮人は北朝鮮への入国は大変みたいですが、以前の金田のような在日南朝鮮人は意外とすんなり入国できます。まぁ、両国はホント根が一緒というか、、、


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

在日同胞 韓国留学で民族アイデンティティーどう変化するか (2015.12.11 朝鮮日報)


【ソウル聯合ニュース】韓国の在外同胞社会は移民1世から2~4世の時代へと移行する中で次第に現地化し、民族アイデンティティーが薄れ母国とのつながりも途絶えがちだ。これに対し韓国政府は在外同胞の支援政策として次世代のアイデンティティー確立に重点を置いている。語学研修や学業のため母国を訪れる在外同胞は増えている。ただ、アイデンティティーの確立や同質性の回復を必ずしもできるわけではない。

ユンさんは「論文のために会った在日同胞の留学生は一様に、韓国人が在日同胞に無知であるか、『在日同胞=日本人』といった偏見を持っていると話した。これによる失望やショック、怒り、いらだちを見せた」とした。友好的な韓国人と出会って得た肯定的な経験よりも否定的な経験による影響のほうが大きくあらわれ、それが在日としてのアイデンティティーの強化につながったと分析した。

在日同胞は母国での経験を通じ、民族アイデンティティーが「韓国的」、あるいは「在日的」、「日本的」に強まるという。このうち在日的アイデンティティーは、「私は在日だ」「私は韓国人ではない」「否定的な在日から肯定的な在日に」「決めなくてもかまわない」の四つに分類されるとした。

韓国に来るまで自分を日本人と考えたことは一度も無かった人たちが、韓国で生活しながら差別や偏見、文化的な違いなどを経験し、自分の中に日本的な要素があることに気付いて自身が驚いたという。ユンさんは「結果的に、日本人だと自覚したというよりは、在日的な民族アイデンティティーと日本的な民族アイデンティティーを併せ持つようになったことが分かった」と述べた。

在日同胞の母国修学は、在日本大韓民国民団(民団)が韓国政府に要請して1962年に始まった。かつては民団幹部の養成が目的だったが、現在は在日同胞の民族教育の軸の一つとして語学留学や大学・大学院への正規留学、短期・長期の母国研修などが行われている。(抜粋)

かつては民団幹部候補だったと思しき、金田です。今はこんなですから人生って分からないものですね。

この記事、無駄に長いのでカットしてしまいましたが、在日が南朝鮮に行って、「自分は南朝鮮人だ!」と認識したという人に出会ったことが一度もありません。で、この記事も同様に南朝鮮に"学び"に行った在日は「自分は南朝鮮人だ」とは思っていないようですし、南朝鮮人からの差別を受けたようです。

正直なところ、在日同胞の若者は全員、南朝鮮に行くべきです。そうすれば私たちが日本でどれだけ恵まれているかを嫌という程実感できるでしょう。このユンさんは22人の在日同胞にインタビューしたそうですが、人数としてはかなり少ないですね。それでも、在日同胞の南朝鮮から感じた差別を読み取った。

ただね、その差別に対してどう対応していくか。在日は少数派だから日本人に対する差別、というのは難しい。だから、南朝鮮人に対する差別意識というか下に見るようになるんですね。

そりゃあ、日本に住んだら分かりますよ、民度がどうのの前に生活レベルが南朝鮮よりもはるかに上なんですよ。これは現時点でもそう。全ての面で、とは言いませんが、ほとんどの面で日本の方が上なんですね。そんな所に住んでいる在日が南朝鮮に行ったら下に見るのは自然な話しです。

もし、これで南朝鮮人が在日を差別しなければ、「かわいそうな南朝鮮のために何とかしないと」と少なからずの在日は思うかも知れません。ですが、差別の恨みは差別につながる。それを、日本人としてではなく在日として行ってくれるんですね。それが先日のエントリーにも繋がるわけです。


日本にははっきり言うと在日朝鮮人はいない方が良い。金田も本来は日本には不要な存在なんだろうと思う時があるけど、そうだからこそ、日本に尽くし、日本のためになるような人材になろうとしてきた。それが、日本に住む、という事であって、アメリカに住むならアメリカのためにと考えるべきなんです。

私たち在日は"在日アイデンティティ"のために、と考える人が少なからず出てくる。これはこのユンさんもよく見ているなと思います。

自分のルーツはルーツとして持つのは良いと思います。ですが、自分が南朝鮮から差別を受けたからといって、「日本を舞台に互いに差別し合う」というのは迷惑でしかないんですよ、日本からすれば。だからこそ、在日は南朝鮮に一度は行き、日本の良さに目を向け、私たち民族が持つ恨みの心は南朝鮮に置いていって欲しいのです。


南朝鮮人のような嫌なヤツとは距離を置くことで、自分の心が清浄化される。わざわざ、そんな嫌なヤツに向き合おうとするから在日はいつまでも特殊な存在になってしまうと、一人でも多くの若い在日が理解してもらえると金田はブログを続けている意義があると言えます。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

「在日は多文化共生社会の開拓者」 大阪のNPO事務局長 (2015.12.7 朝鮮日報)


【大阪聯合ニュース】大阪市生野区にあるコリアンタウンの食堂でNPO法人「コリアNGOセンター」の金光敏(キム・グァンミン)事務局長が4日、インタビューに応じた。同センターは大阪を中心に在日韓国人や日本で暮らす外国人の支援を行っており、多文化共生に関する問題にも取り組んでいる。

「在日コリアンなのになぜほかの国から渡ってきた人々のためにそれほど多くの力を使うのか」という質問を受けることがあるという金氏は、そのたびに「私たちが経験したことを再び経験させたくない」と答えるという。「在日同胞がフロンティア(開拓者)として日本の多文化共生社会を引っ張っていくことが日本の発展に寄与することになる」との思いを強調した。

金氏は「在日韓国・朝鮮人政策が日本の多民族社会を引っ張っていくためのある種の枠組みなった」とした上で、「在日同胞社会から日本政府・社会が多くのことを学んだ」と説明した。

日本の外国人政策は多文化の共生より、同化を進める傾向にあり、在日同胞はその影響を強く受けた。在日3世として日本で生まれ育った金氏は少年時代に、自分の中にある韓国的なものを徹底的に排除しなければならないと考えたことがあるという。

金氏は「私たちは顔立ちが全く同じなため、自分を証明する手段と方法が多くない」と指摘。その上で「同化の圧力をより強く受けるが、このようなところから在日同胞のアイデンティティー問題を解決することが重要だ」と説明した。

在日同胞の人権問題のためには「韓国社会が人権、平和のために努力してほしい」と訴えた。金氏は「韓国が少数者のために開かれた社会を作れば、巡りめぐってわれわれを助けることになる」とした上で、「このような関係が互いに有機的につながれば、韓日間で望ましい市民社会が形成され、日本社会にも良い影響を及ぼすだろう」との考えを示した。

韓日関係については在日同胞という立場から「なぜ(国交正常化50周年の年である)この時期に関係が悪くなったのか。韓国と日本の間に住む者として心苦しい」と話した。

その上で「声高に叫ぶ右翼のような言動ではなく、韓日関係がよくない中でも韓国について知るべきだという成熟した(日本の)市民の姿のように、韓国社会が(日本に)アプローチしてほしい」と力を込めた。

いやぁ、知らん人じゃないから書きにくいけど、何年、日本に住んでるんでしょう?

曇った目をしていると本質を見極められなくなる、と思うんですけどね。

金田が若い頃、私たちはヤンチャ、とは一言で言えるような集団ではありませんでした。特に民族学校に通っている"輩"は、愚連隊と言った方がよいように感じた程です。万引きや暴走族に所属していたというのは正直、カワイイ程ですから。

そういった私たちであるなら、金田は差別を受けるべき一員だったはずですが、近所のおばちゃんやおじちゃんも在日である私の家族を受け入れてくれました。集団ではなく、個として見てくれていたんですね。南朝鮮では絶対にあり得ない事だったと思います。

「私たちが経験」というのは日本で行ってきた犯罪行為を在日外国人にはさせないという意味で言っているなら素晴らしいですが、差別を受けてきたという意味なら、それ、本音とちゃうやろ?


日本の社会には緩やかなつながりが常に存在します。一般には絆と言いますが、金田は単なる人と人との繋がりのようには感じていないんですね。韓国人とか中国人、アメリカ人といった国籍による枠組みではなく、一つの意思共同体のようなものを感じるのです。

それが災難に見舞われた時の行動として"サスガは日本人"となるのだと思います。

この共同体的つながりを「同化の圧力」と感じるハズがないんですね。ただ単に、自分たちが行ってきた犯罪を覆い隠そうとするから、素直に謝罪してこなかった心の傷が日本に対して複雑な思いを抱かせているんでしょうに。


在日社会がもっと日本的な事を理解し受け入れる事とアイデンティティの喪失とは全く関係がありません。そんな犬でも分かることを理解できない人が在日社会には少なくないから、いろんな問題をいまだに引き起こすんです。だからこそ、50年という節目だからこそ、今までの禊をしなければいけないから関係悪化が起こったのです。

常に、日本側からの譲歩があり、私たちは過保護にされてきました。そろそろ、私たちは過保護の対象ではなく、日本に住むなら日本的な枠組みの中に入り、社会を混乱させない。そういった道に進むべきなのです。

ちなみに、この記事は在日社会から南朝鮮に対する苦情記事だったりします。メズラシイので取り上げてみましたが、本音とタテマエが交叉してい個人的には面白かったですね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

在日女性 子どもの保育料めぐり憲法訴願審判を請求=韓国 (2015.11.17 朝鮮日報)


【ソウル聯合ニュース】韓国人男性と結婚し韓国に定住する在日韓国人3世の女性2人がこのほど、子どもの保育料支援の対象外とされるのは差別だとし、憲法訴願審判を請求した。

キム・ヨスンさん(36歳)とキム・ミョンヒャンさん(34歳)は韓国籍で、日本の特別永住者だ。韓国留学などを経て韓国人男性と結婚し、韓国で子どもを育てているが、今年、子どもの保育料支給を申請したところ支給を拒まれた。日本の特別永住者であることが理由だ。

2人は聯合ニュースのインタビューに対し真っ先に、「日本で多くの差別を耐えながらも国籍を守ってきたという自負心が一気に崩れた気がする」「憧れてきた母国が在日同胞を差別するなら、私たちはどこで暮らせばいいのか」と訴えた。

政府の保育料支援政策によると、満0歳は40万6000ウォン(約4万300円)、満1歳は35万7000ウォン、満2歳は28万5000ウォン、満3~5歳は22万ウォンを支給される。韓国国民だけでなく、多文化家庭(国際結婚、移民者の家庭)や難民の子どもも対象だ。

日本の特別永住者は昨年まで住民登録番号がなかった。しかし、韓国で生活する場合、各種の権利付与は住民登録番号が基準となる。これが差別にあたるという指摘を受け入れ、政府は今年から韓国に居住する在外国民が申請する場合に住民登録番号を付与している。

この在日韓国人女性2人も住民登録番号の付与を受けた。韓国で生まれた子どもも住民番号があるが、今年保育料の支給を申請したところ認められなかった。政府の保育料支援対象の選定基準で、「住民登録法6条1項3号(在外国民)に基づき住民番号の発給された者」を支援対象から除外すると定められているためだ。ここでいう住民番号とは、昨年まで住民登録されていなかった人に新たに付与されたもので、特別永住者など海外で永住権を持つ人が該当する。

キム・ヨスンさんは「住民登録謄本をみると、子どもの住民登録番号の後ろに『在外国民』」と記載されている。母親が特別永住者であることを示すものだ。区庁は特別永住権を放棄すれば保育料支援が可能だと言う」と指摘する

日本による植民地時代に日本に渡り、第2次世界大戦後も日本に残った朝鮮半島出身者について、日本政府は1947年に日本国籍喪失を決めた。朝鮮半島出身者は1965年の韓日国交正常化前までは朝鮮籍だったが、現在はその多くが韓国籍を選択している。また、日本政府は1991年から在日韓国・朝鮮人を特別永住者とした。

こうした経緯がある在日同胞と異なり、ほかの国の在外同胞は居住国の国籍を取得するか、あるいは住民登録番号が残っているため、韓国で保育料支援の対象となる。

満3~5歳の子どもの保育費を支援する教育部の関係者は「居住国で永住権を持つ在外国民は(韓国で)住民登録番号が付与されても基本的に除外対象だ。永住権を持つということはその国に永久居住するという意思を示したものだからで、これを放棄するならば支援できる」と説明した。(抜粋)

在日同胞の皆さん。


この記事を見て分かりますか?
私たちが祖国だと思っていた国は、とうの昔に私たちを国民でないと決めていたことを。
なぜ、難民の子供は受け取れるのに、
私たちはその行政サービスから除外されてしまうのでしょうか。

私たちは後生大事に南朝鮮籍を大事にしてきましたが、
これで分かりましたよね。
私たちにとって南朝鮮籍はゴミでしかない、ということを。

ちょっと行政サービスが分かれば、この件は違法な決定なのが分かる事ですよね。
この女性の子どもの父親はどこの国の人でしょうか。
記事からも分かる通り、南朝鮮人なんですね。

南朝鮮の家族関係登録簿(日本でいう戸籍の事)には父親の子として
登録されている筈なんですよ。
そうなると、母親の特別永住者資格では受給資格はなくとも、
父親の南朝鮮籍での受給資格は生じる事になるんですよ。

そう、それなのに、特別永住者という事で父親の持つ権利すら奪ってしまうんですよ。
それでも南朝鮮のためにデモに参加しますか?
あなたの事を南朝鮮は絶対に守らないですよ。

まぁ、「日本で多くの差別」ってウソばかり言うから、お天道様からバチが当たったんでしょうけど。



いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

コリアンドリームはなかった…ある外国人路上生活者の哀しい死 (2015.5.19 ハンギョレ)


先月22日夜、ソウル地下鉄1号線のソウル駅2番出口。近くの花壇で一人座り、時間をつぶしてきたあるホームレスが、他のホームレスが残して行ったマッコリの瓶を口に当て、はたいた。 そして数時間後、このホームレスは遺体で発見された。ポケットからはカザフスタンのパスポートと国際電話の受信記録だけが残った携帯電話が発見された。

 彼が外国人居所登録をした所はソウル・城東(ソンドン)区のあるモーテルだ。 医療機器製造会社で働いた彼は約2年前にカザフスタンに一時帰国し、交通事故に遭った。完治しないまま韓国に戻ったが、後遺症のせいでまともに仕事はできなかったものとみられる。

先月10日、ヨム氏はソウル・大方(テバン)洞で野宿をしていて警察に発見された。 当時ソウル駅の自立回復センターで相談を受けたが、ヨム氏はセンターが提供する医療・被覆支援などを拒否したという。 外国人ホームレス支援団体を紹介しようとしたが、ヨム氏はそれについても「結構です」と言ってセンターを出た。亡くなる5日前にヨム氏に会った社会福祉士が「ご飯は食べたか」と尋ねると、ヨム氏は「ご飯が喉を通らないので、ご飯の代わりにマッコリを飲む」と答えたという。

ソウル市は今年3月、外国人路上生活者に対する概略的実態調査を行った。把握された外国人路上生活者20人のうち、半分は中国の朝鮮族だった。 “白人”のホームレス3人の存在も確認された。 ソウル市はコミュニケーションが可能で容貌が韓国人と似ている場合、内国人ホームレスと一緒に一時保護施設などを利用できるようにした。 そうでない場合には“応急簡易宿泊所”等で寝起きできるよう支援している。当事者が希望する場合は、大使館等を通して出国手続きを支援する方針も立てた。

イ・ジョンマン自立回復センター室長は「外国人の場合、コミュニケーションの問題で相談が難しいのが実情だ。その上、把握された外国人ホームレスの90%程度は韓国に仕事をしに来たが身体上の問題で野宿することになったものと見られる」と話した。そのために支援団体は民間次元の助け以外に政府の関心も必要だと指摘する。(抜粋)

南朝鮮においてホームレスが多い場所はソウル駅と永登浦駅でしょうか。特にソウル駅なんかだと無銭飲食だけでなく飲酒暴動を起こしたりしますよね。また、ソウルー仁川の広域バスに乗ろうとすると、結構な確率でホームレスが無賃乗車して騒いでいたりします。

以前、10年間に及ぶ無銭飲食でようやく捕まったホームレスの記事を紹介しましたが、基本、ホームレスになると法から良くも悪くも外れるので、こういった不法行為から次第に犯罪行為の片棒を担ぐようになるんですね。例えばビザ取得時にホームレスを使って偽装するというケースがあったりします(だから余計に南朝鮮同胞に対するビザの厳格化が必要なんですが)。


2011年の住宅弱者全国実態調査によると、いわゆるホームレスからビールハウス居住者などを含めると26万1038人にもなるんですね。日本は平成24年で9576人。日本の27倍近い人数のホームレスが南朝鮮にいることになります。


で、南朝鮮ホームレスの多くが不法行為に染まるわけではなく、大半は真面目な(?)ホームレスなんですね。ですが、この不法行為ホームレスの存在がホームレスに対する偏見を強めてしまい、真面目なホームレスにとっては少し大変な状況になる。ましてや言葉が不自由な外国人ホームレスにとっては更に過酷な状況になってしまうんですね。

もちろん、法の外に置かれる彼らは奴隷にされることも少なくなく、奴隷で名高い塩田に売られたりもします。しかし、こういった体の不自由なホームレスは奴隷にもなれない。実は、南朝鮮という国はホームレスの中にも階級があるんですね。


この記事のヨム氏はホームレスの中でも最下層のホームレスだったから、強烈な差別を受けていたから、53歳という若さで世を去ることになったのです。


どうして、白人を"  "で囲んだのか。それはアノ白人様でさえ、ホームレスになるのだ、という意味で使われています。で、朝鮮族サゲを強調しているんですね。言葉や健康もそうでしょうが、ホームレスという差別の他に外国人という差別を行う。だから、液体しか口にできないまで衰弱した人を見殺しにできたのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ