在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

タグ:強制連行

「日本軍が慰安婦を集団殺害」 韓国国定歴史教科書に記述へ (2017.2.1 朝鮮日報)


従軍慰安婦に関しては「水曜デモ1000回を記念して平和の少女像が建立された」(中学校歴史)、「(慰安婦が)日本軍に集団殺害されることもあった」(以下、高校現代史)などの内容が追加された。 (抜粋)


この元記事を読んでも分かると思いますが、実は、この記事の趣旨は慰安婦ではありません。一番の焦点は「大韓民国樹立」と「大韓民国政府樹立」であり、慰安婦問題は添え物扱いなのですね。

この建国に関する記載は「高校韓国史」だと246ページから252ページとかなりのページを割いて記述しています。大韓民国樹立だと1948年8月15日、大韓民国政府樹立になると1919年4月13日なのですから、少しでも自国の歴史を長くしたい私たちにとっては、「政府」が入るかどうかで歴史が一気に長くできるのです。

一応、「大韓民国」という名称は1919年に決まった、という逸話として、

「大韓で亡びたから大韓に興ろう。 日本に奪われた国名なのだから必ず取り戻さなければならない」とし、また、共和制にあたる「民国」を付け加えて国号を「大韓民国」にしよう」

というものがあります。が、一つ、これは捏造が加えられていて、「韓」を押し付けた清国の後継国である中華民国に倣い、「民国」を付けたというのが正しい理解でしょう。清国属国だった大韓帝国はまた中華民国の属国に戻るという、約束の元、中華民国は彼らを受け入れたのですから。そうでもなければ、彼らのような不穏分子を匿う理由がありませんから。


さて、本題。恐らく、"日本人として" 初めて読んだから書ける内容です。


実は、慰安婦像や集団虐殺(原文)だけでなく、次のような内容も追加されています。

「日本が慰安婦募集に際して官憲が直接加わった事実を認めた」

そう、日本が強制連行を認めたという捏造を教科書に記載するのです。外務省の皆さん!官邸の皆さん!ここは強硬な態度をとるべき事案ですよ!!

そう、今回、歴史教科書において慰安婦に関する記載は正直ウソばっか。集団虐殺の事例ってなんじゃらホイ?強制連行なんかありゃせんじゃろ?とツッコミを入れなければいけない記述ばかりのウソ教科書になっているのです。


これ、国定教科書、ですからね。朝日新聞とかそういった一企業が好き勝手に書けるものではなく、南朝鮮という国が認定した内容なのです。これを安倍首相がどう対応するか、是非、日本国民の期待に応えていただきたく存じます。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

慰安婦の強制連行の証拠ない 日本政府が国連機関に回答 (2016.1.31 朝鮮日報)


東京聯合ニュース】日本政府が旧日本軍慰安婦問題をめぐる昨年末の韓日合意後に、慰安婦を強制連行した証拠は見つかっていないとする公式の立場を国連機関に伝えていたことが31日、確認された。

来月15日からスイス・ジュネーブの国連本部で国連女子差別撤廃委員会の第63回会合が開かれる。国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)のホームページによると、日本政府は同会合に先立つ委員会の質問に対する回答の中で、「日本政府が確認できる書類のどこからも軍や官憲による慰安婦の『強制連行』は確認されなかった」と主張した。日本政府は関係官庁の関連文書や研究・調査、米国立公文書館(NARA)での書類検索、関係者への聞き取り調査などを行い、韓国の支援団体である「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が収集した証言も分析したという。

また日本政府は、慰安婦問題を教科書に記載し周知させる意向があるかとの委員会の質問に、国定教科書制度を採択していないため、学校教育で扱われる特定の内容と記述について答える立場にないとした。

日本政府の回答に昨年12月28日の韓日合意文が英語に翻訳され添付されていることから、回答の提出は最近のことと推定される。

2015020101
写真はyonhapnewsより

本当はもう少し明確に書けば良いのに。韓国政府も強制連行に関する証拠を持ち合わせていません、と。

一応、日本の答弁書全文はこちら。

金田もいろいろ見ていますが、韓国側の資料とやらも読みましたし、過去にも幾度か書いているので皆様もご存知だと思いますが、慰安婦ハルモニの証言を分析して強制連行を示唆するものはありません。というより、信ぴょう性のある証言すら皆無ですけど。

そういった事もあり、南朝鮮政府のこの件に関する回答が、「国際社会が明確に判断を下している」という何ともハッキリしないもの。証拠を出せばいいだけの話なんですけどね。そう言えば、こんな記事もありましたっけ


한선교 의원실에 따르면, 여성가족부의 한 고위관계자는 "일본군 위안부 문제에서 중요한 것은 위안소 안에서 일어난 성폭력 참상이고, 이 피해를 극복하기 위한 인권활동이다"라며 "'강제동원되었다'는 증거가 없어 강제로 끌려갔다는 표현을 직접 담기는 어렵다"라고 말했다고 한다.

ハン・ソンギョ議員室によると、女性家族部のある高位関係者は「日本軍慰安婦問題で重要なのは、慰安所の中で起こった暴力惨状であり、この被害を克服するための人権活動である」とし「 「強制動員された」は、証拠がなく強制的に連れて行かれたという表現を直接追加するのは難しい」と述べたという。(抜粋)

これに関しては後ほど釈明していましたが、その後も強制連行したという証拠は見つかっていないのが現状。本当なら、先日の歴史の先生がこれについて証拠を持っていたら教えて欲しいのですが。是非、お待ちしております。

ただ、金田が取り寄せられる範囲の南朝鮮側の史料及び資料とやらには強制連行の証拠はない。これが現時点での日韓双方の "政府レベルでの共通認識" と言えます。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

慰安婦合意:「日本の法的責任を免除、史上最悪の外交惨事」 (2016.1.20 朝鮮日報)


最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)代表は19日、「朴槿恵(パク・クンヘ)政権発足から3年で韓国は全般的危機に陥った」と診断した。  

さらに、「朴槿恵政権で経済は完全に失敗した。成長のない経済、深刻な不平等に韓国経済の火種が消えている。経済成長率も2%台に落ちた。韓国経済を支えていた輸出も史上最悪に落ち込んだ」と非難した。  

経済以外についても、「大統領は国民の圧倒的反対にもかかわらず、歴史国定教科書で親日・独裁美化に乗り出しただけでは飽きたらず、従軍慰安婦問題を売ってしまった。慰安婦被害者と国会の同意なしに『最終的かつ不可逆的』うんぬんし、歴史の真実を覆い隠し、日本の法的責任を免除させるという史上最悪の外交惨事を引き起こした」と痛烈に批判した。(抜粋)

南朝鮮議員はもう少し日本のネット情報を読んだほうが良いんじゃないでしょうか。

>3年で韓国は全般的危機に陥った

なんてお嬢様が就任後2ヶ月で日本のネットではすでに言われており、とても素晴らしいことに、ほとんどの予測は現実のものになっています。南朝鮮が "誇る" シンクタンクよりも正確な予想ができていますよ。

ちなみに、南朝鮮で流れる日本の予測はことごとく外れています。残念!

慰安婦合意:安倍発言に韓国野党が反発「事実上の合意無効宣言」

と合わせて読んでもらいたいのですが、この記事をそれこそ1000回読んだのですが、どう読むと「合意無効宣言」となるのか分からないんですね。これって金田が日本化したからなのかな?って喜んでいたら、南朝鮮の友人も「意味不明」って言っていたので、慰安婦問題は国民を置き去りにして、別な次元で問われているようですね。


慰安婦の証言をハングルで相当数読み込んでいますが、日本人日本軍が強制連行したケースは「0」です。


親に売られたか、朝鮮系日本人が行った連れ去りかのどちらかですね。これは彼女らの証言と史実からこれ以外の回答が得られません。


管理人によると、最近、南朝鮮のIPが増えているそうで、嬉しいですね。是非、彼らからの反論をコメント欄にて楽しみにお待ちしています。もちろん、反日在日同胞の方でも良いですよ。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

「産業革命遺産」施設で強制労働被害1516人=韓国政府 (2015.6.17 朝鮮日報)


【ソウル聯合ニュース】日本政府が世界文化遺産登録を目指す「明治日本の産業革命遺産」の全23施設のうち長崎市・端島炭鉱(軍艦島)など7カ所で、日本による植民地時代に1516人の朝鮮人が強制労働を強いられていたことが確認された。韓国政府機関の「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者ら支援委員会」が17日、明らかにした。

委員会は2005~2008年に受け付けた国内外の強制連行被害の申し立てについて事実確認や書類分析などを行い、被害者を集計した。(抜粋)


復習です。
国民徴用令による朝鮮半島における戦時徴用は1944年9月から1945年3月までの7か月間。これは日本の方も含めて私たちは知っておかなければいけませんね。

また、「在日朝鮮人の渡来および引揚げに関する経緯、とくに戦時中の徴用労務者について」という外務省資料には、


1939年末現在日本内地に居住していた朝鮮人の総数は約100万人であつたが、1945年終戦直前にはその数は約200万人に達していた。

そして、この間に増加した約100万人のうち、約70万人は自から内地に職を求めてきた個別渡航と出生による自然増加によるのであり、残りの30万人の大部分は工鉱業、土木事業等による募集に応じて自由契約にもとづき内地に渡来したものであり、国民徴用令により導入されたいわゆる徴用労務者の数はごく少部分である。
しかしてかれらに対しては、当時、所定の賃金等が支払われている。

元来国民徴用令は朝鮮人(当時はもちろん日本国民であつた)のみに限らず、日本国民全般を対象としたものであり、日本内地ではすでに1939年7月に施行されたが、朝鮮への適用は、できる限り差し控え、ようやく1944年9月に至つて、はじめて、朝鮮から内地へ送り出される労務者について実施された。

さて、基本的な部分はここまでにして、もう一つ、知っておいて欲しいことがあります。それは徴用の動員令状である徴用令、いわゆる「白紙」の存在です。ここまで、多くの裁判が行われてきましたが、この「白紙」の存在が出てきたことがありません。ちなみに、この徴用令書を徴用令と書くのは共産系が多いように思うんですね。そこまでして強制性を演出したいんでしょうか。

脱線してしまいましたが、確認できる裁判資料に中に、彼らがこれら令書を提出した記録が見当たらないのは不思議ですね。ついでに、「アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会」のサイトをみると類似のサイトに良く見られる資料集すらないなんて、これまた不思議。


南朝鮮がどういった史料を基にしたのか不明ですが、その史料を開示すれば良いだけなのになぜ出さないか。それは出した瞬間に論破されてしまうからです。今回の1516人も恐らく、全員が自由契約者なんだろうな、と金田は思っています。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

慰安婦:「連行のため歸那」 外務省調査資料から発見 (2015.4.8 朝鮮日報)


中学校教科書に「従軍慰安婦を強制連行した証拠はない」という主張を載せるなど、日本政府により歴史歪曲(わいきょく)が行われている中、「中国で慰安婦連行」と書かれた日本国内の文書が発見された。これは、韓日文化研究所のキム・ムンギル所長が、日本のある団体が編さんした「『従軍慰安婦』関係資料集成」で発見したと8日、明らかにしたもの。この資料集は、1997年に日本の財団法人である「女性のためのアジア平和国民基金」が発刊したもので、日本の外務省が当時、調査した資料をまとめたものだ。キム所長は全約600ページの資料集の152ページに「証明書」という題名の文書を発見した。この記事は1940年(昭和15年)、中国を侵略した日本軍・エン田兵団の林義秀部隊長が傘下の「慰安所」経営者に発行したものだ。

この文書には、「右の者は当隊付属慰安所経営者で、今回慰安婦連行のため歸那した(帰ってきた)。慰安婦は当隊慰安のため是非必要なので、慰安所経営者の渡航に際しては便宜を取りはからうように」という内容が書かれている。キム所長は「『連行』という表現に注目すべきだ。日本側が教科書で主張する『連行ではない』という表現と食い違うもので、日本はすぐに歴史歪曲の試みをやめなければならない」と語った。

スミマセン。最初に爆笑していいですか?

ウェーハッハッハーーーーー!!!

経済情報誌だけではなく他も追随しているようなんですが、日本ではこういった事を「墓穴を掘る」と言います。日本語話者ではない人が、良く分からないのに、たまたま知っている文言を見つけて大々的に報じちゃったんですね。

いいですか。「連行」という言葉は本来、一般用語ではないんですね。今は徐々に一般用語化していますけど、本来は「連れて行く」という漢字そのままの意味で使われている語なんですね。そして、強制的に連れて行くときは「強制連行」という言葉を使う。当時はこの両者を明確に使い分けているんですよ。

日本の主張は覚えていますか?

海馬が萎縮しているでしょうから書きますが、日本が問題にしているのは「強制性」の有無。この記事が引用した資料は、日本は強制連行をしていない、という資料になるんですよ!(大爆笑
しかも読者を誘導しようとして、2回目の記述を「連行ではない」とするあたりが記者の肝の小ささが滲んでいて涙が出てきます。


次いでなので、この資料を引っ張り出したキム所長が全く日本語を読めていないことをもう少し詳しく書きましょう。

この資料の全文を見てみましょう。(吉見義明『従軍慰安婦資料集』16より)


証明書

当年二十二歳
右ハ当隊附属慰安所経営者ニシテ 今回 慰安婦連行ノタメ帰台セシモノナリ
就テハ 慰安婦ハ当隊ノタメ是非必要ナルモノニ付 之カ渡航ニ関シテ何分ノ便宜附与方取計相成度 右証明ス
昭和十五年六月二十七日
南支派遣塩田兵団林部隊長 林義秀

口語訳してみましょう。
「右の者は当隊に附属する慰安所経営者であり、今回、慰安婦を連れてくるために台湾に戻ろうとする者です。就ては、慰安婦は当隊のために是非必要なものですから、この者の渡航に関しまして便宜を図っていただくよう取り計らいをお願いいたします。」

それでは、慰安婦を連れてくる人は誰ですか?
ー それは慰安所経営者です。

この人はどこに向かうのでしょうか?
ー それは台湾に戻ろうとしています。


大丈夫ですか。こんな重要なことを満足に読み取れないなんて。念のため、この「附属」は隊にくっついている、という意味で軍が経営をしている、という意味ではありません。しかも「塩田」を「エン田」って。

史実としてこの南支派遣塩田兵団は正確には「南支那派遣軍の隷下にあった塩田兵団台湾混成旅団台湾歩兵第一連隊」ですね。で、この「塩田」は南朝鮮で良く問題になる「エンデン」でないんですよ。台湾混成旅団の旅団長である塩田定七少将の名から「シオタ」兵団って呼ばれていたんです(大爆笑

お、お腹がヨジレル・・・

意味どころか発音すらまともに読めない人がこんな事を発表し、裏も取れない記者が記事にするから、こんな馬鹿らしい記事を書くんです。

あー笑った。。。涙


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ