在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

タグ:朴槿恵

[아메리카 vs 동아시아] "남조선 정부가 없어지는 것이 진정한 평화다" (2017.10.23 朝鮮日報)
[アメリカvs東アジア]「南朝鮮政府がなくなることが、真の平和だ」

전쟁은 '진정한 평화'라는 고상한 목적을 이룩하기 위해 사용되는 최후의 수단이다. 평화는 전쟁이라는 수단을 써서라도 이룩해야 할 목표다. 전쟁은 수단이지만 평화는 안보 정책의 결과다. 마이클 하워드 교수는 '전쟁과 평화의 연구'라는 책에서 "전쟁은 필요악이다. 그러나 전쟁이라는 수단을 거부한 자는 자신의 운명이 그렇지 않은 자의 손아귀에 들어가게 됐다는 사실을 알게 될 것"이라고 말했다. 우리의 운명이 북한의 손아귀에 들어가게 할 수는 없다.

戦争は「真の平和」という高尚な目的を達成するために用いられる最後の手段だ。平和は戦争という手段を用いてでも成し遂げなければならない目標だ。 戦争は手段だが、平和は安保政策の結果だ。 マイケル・ハワード教授は「戦争と平和の研究」という本で「戦争は必要悪だ。だが、戦争という手段を拒否した者は、自分の運命が戦争を否定しない者の手に握られた事を知ることになるだろう」と述べた。 私たちの運命が北朝鮮の手の中にあってはいけないのである。 (抜粋)

先週、池袋で旧知の仲である人物と盃を交わしました。彼はまだ若いのですが韓国大好きで少し考えは異なるものの、金田とウマが合うというか、息子とも兄弟のように付き合ってくれる日本人です。かれこれ30年来の友人ですから、本当に珍しい人物ですね。

そんな彼と何を話したかというと、南朝鮮における反お月様運動が確実に進んでいる、という事。その運動のきっかけが「反戦争」だったのです。こういった流れが良く分かるものとして、今回、この記事を取り上げることにしたのです。


日本は戦争するな。自国は戦争すべき。

これが南朝鮮人の基本的な考えですね。日本に対しては、「反戦こそが平和の礎」と強要します。日本の左翼政党は、バカのようにこれを唱えますが、当の南朝鮮は、「戦争こそが平和の手段」と言うのですね。そんな彼らを前に、「反戦の誓い」をやってしまったのですから、トランプ大統領や安倍首相が呆れてしまう以上に、国民がお月様に対して背を向け始めたのです。

今、南朝鮮の中には「戦争やむなし」という考えが広がって来ている。それに合わせて、軍国主義を目指したお嬢様に再登板してもらいたいという運動も活発化し、釈放を求める大規模デモも始まりました。

今ここで北朝鮮と武力で向き合い真の平和を勝ち取るべきだ、という流れ。これの出所はやっぱりアメリカっぽいのですが、南朝鮮国民の総意の中で、アメリカは北朝鮮への武力制裁に踏み切る。完全にアメリカに都合の良い流れと言えます。

お嬢様もレームダック化してしまいましたが、お月様は就任半年ですでにお飾りであり、アメリカの武力行使に関して、ただの置物になってしまっている。それに気がついていないのはお月様自身んであり、何より、南朝鮮与党でもあるのです。


南朝鮮が開戦を求め始めた理由。それは戦争が平和に手段である事を正しくかどうかは別として理解できたからでしょう。まぁ、戦争に関しては、南朝鮮人は血に飢えていますから、単にそれを欲しているから、開戦を求めているのでしょうけど。


ちなみに、金田と彼で話した際の結論は、どうすれば戦争を回避できて北朝鮮に核を放棄させることができるか、というものについて。そのためには、南朝鮮は少なからずの犠牲は出てしまうだろうとなったのですが、皆様は、どうお考えになるでしょうか?


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

[속보] NHK 출구조사 "자민·공명, 281~336석 예상 '아베 승리 확실'…개헌발의선 310석 확보 가능성 커" (2017.10.22 朝鮮日報)
【速報】NHK出口調査「自民・公明、281〜336席予想「安倍勝利確実」...改憲発議ライン310議席の確保、可能性大きく」

아베 신조(安倍晋三) 일본 총리가 22일 치뤄진 총선거에서 압승할 것으로 예측됐다.

일본 공영방송 NHK는 이날 오후 8시 투표 종료 직후 발표한 출구조사 결과를 통해 아베 총리가 이끄는 자민당과 연립여당 공명당이 중의원 전체 465석 중 281~336석을 얻을 것으로 예상됐다.

安倍晋三首相が22日、受けられた総選挙で圧勝すると予測された。

日本の公営放送であるNHKは同日午後8時投票終了直後に発表した出口調査の結果を用いて、安倍首相が率いる自民党と連立与党の公明党が衆院全体465席のうち281〜336席を得ることが予想された。 (抜粋)

これには様々な意見が南朝鮮を駆け巡ったようです。

日本の従北政党や反日政党がいう「日本が戦争のできる国になった」という声は確かにありますが、南朝鮮ではその先を危惧する傾向が強く出ています。

お月様が「戦争放棄」をした事に対しての不安を覚えているようです。実際にこの記事へのコメントにも同じようなものが書き込まれています。中国の覇権主義に対して南朝鮮はどのように対抗すべきなのか、このまま中国に飲み込まれてしまうのではないか、と考えているのですね。

日本の改憲による脅威というものもあるのかも知れませんが、北朝鮮の脅威に対する不安は南朝鮮を覆ってしまい、その不安を取り除くには、やっぱりお嬢様の方が良かったのではないか。そんな声もネットの中では蠢き始めています。


今回の総選挙は、日本にとっても重要な選挙でしたが、南朝鮮にとっても国の進むべき方向に大きく影響を与える選挙になったのかもしれません。恐らく、お月様の支持率は、これを境に下落傾向を強め、お月様は戦争放棄を撤回する可能性も出てきました。

何より、ムンミクスを発表し、今の財政やアメリカの目を無視して為替介入を含めたウォン安を推進していく可能性も出てきました。これは安倍首相が今回の選挙に勝ったのは経済の立て直しが評価されていると考える人が少なくないからですね。そして、日本の経済が息を吹き返したのは円安誘導であるという短絡的な考え方が根強いからです。


流れとして、お月様の支持率下落、それを受けてウォン安政策が中心のムンミクス発動、こういった感じに進むのではないか、と金田は予想しています。


取り敢えず、今回の選挙の結果を受けて少し安堵しながら大阪に戻る事が出来ました。日本の有権者の皆様、選挙、お疲れ様でした。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

朴전 대통령, 추석연휴 구치소서 홀로 보낼 듯…특선영화는 '국제시장' (2017.9.30 朝鮮日報)
朴前大統領、秋夕連休拘置所で一人過ごすよう... 特選映画は「国際市場」

현재 서울구치소에 수감된 박근혜 전 대통령은 10일간의 추석 연휴 기간 접견자 없이 홀로 지낼 예정이다. 추석 당일에는 특식으로 나온 송편을 먹고, 박 전 대통령 본인이 재임 당시 '건전 애국영화'로 평하고 관람 후 눈물을 흘렸던 영화 '국제시장'을 다시 보게 될 것으로 보인다.

특선영화로는 '아이언맨2' '아이언맨3' '국제시장' '신비한 동물사전' '명량' '기술자들' '부산행' 순으로 방송될 예정이다.

現在、ソウル拘置所に収監されている朴槿恵前大統領は10日間の秋夕連休期間中、面会者がなく一人で過ごす予定だ。 秋夕当日は特別食に出てきた松餅(ソンピョン)を食べて、朴元大統領本人が在任当時「健全愛国映画」として評価し、観覧した後に涙を流した映画「国際市場」を再び視聴するものと思われる。

特選映画は「アイアンマン2」「アイアンマン3」「国際市場」「神秘的な動物事典」「鳴梁」「技術者」「釜山行き」の順に放送される予定だ。  (抜粋)

69D5490E-3CDA-483B-B679-F7E0E6FB4AD6

お月様、支持率は低くはないのですが、下落傾向がハッキリしています。で、そういった時の特効薬として出てくるのが、収監中のお嬢様。お嬢様を晒すことで「思い出せ、キャンドルを!」とでも言いたいのでしょうね。

ただ、この拘置所における映画の放映を行なっている服役者矯正放送の「ボラミ放送」内部にはお嬢様を慕っている人物がいるようです。何故なら、この映画リストは全て、お嬢様に縁のあるものだからです。

アイアンマンシリーズはmarvelの配信ですが、お嬢様はそのmarvelに大規模なソウルロケを全面協力したのですね。お嬢様の全盛期だった頃を思い起こさせるチョイスです。

「国際市場」は言うまでもなく、お嬢様の思い出の映画ですし、「神秘的な動物辞典」〜「釜山行き」は2016年に配信された映画で、全て、お嬢様が推進した南朝鮮の芸能文化コンテンツとしてアジアでヒットしたものです。あっ、「鳴梁」は南朝鮮限定でした。


どれも、お嬢様の権力が極大だった頃を思い来させるものばかり。記事自体はお嬢様を晒し者にするための記事ですが、その中から、お嬢様を力付けようという人がいることが分かり、少しだけ、南朝鮮を見直した記事でした。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

朴槿恵前大統領、法廷へ (2017.7.31 朝鮮日報)


親友の崔順実(チェ・スンシル)被告が絡む国政介入事件をめぐる収賄罪などで起訴された朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領が31日午前、ソウル市瑞草区のソウル中央地裁で開催される公判に出席するため、姿を見せた。 (抜粋)

IMG_0584

南朝鮮は北朝鮮と同質化してきました。これは左派政権時だけでなく、ネズミもまた従北に傾いていました。そこに軍事政権を目指し、日本と北朝鮮から「独立」を目指したお嬢様が登場したのです。南朝鮮を経済的・軍事的に完全に独立した国にしようとしたのです。

従北、特に北朝鮮の意向を強く受けている慰安婦対策にお嬢様は注力しました。そこで、賢くない面は多々ありましたが、慰安婦合意を締結する道筋を「陰口外交」を繰り返すことで国内に作り、2015年末へとつなげていったのです。

お嬢様の政権時は、この従北団体の力を削ぐことに費やされたと言っても過言ではありません。挺対協だけでなく全教組もそう。工業団地封鎖や地雷捏造事件などあらゆる手段を使い、北朝鮮へと向かう金の流れを止めて行きました。

北朝鮮からすれば目の上のタンコブどころか、目の中のゴミと言える存在で、暗殺指示まで出していたくらいです。


この "ゴミ" を弾劾し収監できた従北者はそれだけでは満足できなかったのですね。これが南朝鮮型儒教の本質。しかも悪というものは南朝鮮型儒教では絶対的なものではなく王によって悪の基準は変わります。しかも大きな悪に対して徹底的に懲罰を行うことは、王にとって権力を誇示する数少ない手段の一つで、国民もまたその懲罰を見ることで日頃の鬱憤を晴らすというものなのです。


この記事は、私たちの根本的な考え方がよく分かる記事であり、日本という国が南朝鮮という国を決して信頼してはいけないものであることを教えてくれる記事でもあるのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

釜山の少女像前で「日本の謝罪求める横断幕」破られる (2017.1.8 朝鮮日報)


釜山市内の日本総領事館前で6日未明、旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」の周囲にあった横断幕8枚のうち4枚が切り裂かれ、警察が捜査に乗り出した。横断幕には慰安婦問題に対する日本の謝罪と反省を求める文言が書かれている。  

切り裂かれた横断幕には、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の撤回、韓日政府による慰安婦合意の撤回、日本の謝罪などを求める内容と、日本総領事館前の少女像設立のために力を合わせた市民に感謝する内容が書かれていた。 (抜粋)

こういった記事を見ると、「慰安婦関係の人って自作自演が多いなぁ」と思ってしまいます。

このあたりのズルさは日本が本当に私たちが言うところの "兄弟国" ならば、あっても良さそうなのに、見当たらないですよね。

金田が日南両国を見てきての実感としてなのですが、北朝鮮に寄り添う人たちほどズルい奴らが多い。幼少からズルい奴は北朝鮮に感化される。そんな感じです。日本国内限定で言うならば、バカほど南朝鮮や北朝鮮寄りになる。これは頭の良さとかではなく、チョット考えれば分かるような嘘に騙されやすい人って意味。もちろん、ズルい奴は南朝鮮などの側につきます。どうしてでしょう?


で、この破かれた横断幕に書かれていることが相変わらずに内容なんですね。

大きく2つ。GSOMIAと慰安婦問題に関すること。不思議じゃありません?なぜ、慰安婦像の横断幕にGSOMIAが書かれているのかって。

これは北朝鮮にとってこのGSOMIAが脅威だからです。ちなみに釜山の市民はこの件をどう思っているのかと言うと、「お嬢様が強権的に締結したものなのだから日南慰安婦合意もGSOMIAもともに破棄すべき」という単純おバカな思想です。

完全に北側の思考に侵されてしまっているのです。

お嬢様が弾劾されるのであれば、今までの大統領は全員弾劾されるべき人たちでした。ところが、今回、ここまで反お嬢様が広がった理由は、お嬢様が歴代最強とも言える反北者だったからです。反日も相当でしたが、それ以上に北朝鮮に対しては厳しく当たってきた。時には捏造っぽい事までして北朝鮮を非難してきた。

北朝鮮にとっては目の上のタンコブだったワケです。そこで、経済の低迷に対する不満を背景に、自分たちだけ美味しい思いをしているという事を国民に吹き込んだのですね。だから、お嬢様のしてきた事はとことん否定しなければいけないのです。しかも、GSOMIAは北朝鮮軍事に直接関わる非常に重要な案件。だからこそ、慰安婦合意以上に破棄させたいので、横断幕の始めに書かれたのがGSOMIAだったのです。

※ 文中の単語を修正しました。1/9


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

国政介入:朴大統領の弾劾訴追案可決、賛成234票 (2016.12.9 朝鮮日報)


9日午後4時10分ごろ、韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の弾劾訴追案が国会本会議で可決された。大統領の弾劾訴追案が可決されるのは、韓国の憲政史上、2004年3月の廬武鉉(ノ・ムヒョン)大統領(当時)に続いて朴大統領が2人目となる。 (抜粋)

溺れている犬は棒で叩け。
武士に情けは要らぬ。
弱り目に祟り目は見ていて楽しい。

これが私たち。
それが全て。


情けない。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

英外相、韓国大統領の名前を聞かれしどろもどろ (2016.12.5 朝鮮日報)


ボリス・ジョンソン英外相が4日(現地時間)にインタビューを受けていた際、「韓国大統領が誰か知っているか」と質問されて困り果てた末に「逃亡」した。

ジョンソン外相は同日、英国のテレビ専門放送局スカイ・ニュースとのインタビューで、キャスターから「韓国の大統領の名前を知っているか」と質問された。その前に「フランスの外相は誰か」と問われた際には。「ジャン=マルク・エロー」と正しく答えていた。

ジョンソン外相は朴槿恵(パク・クネ)大統領の名前を挙げられず、動揺したようにしどろもどろになり、「世界の指導者たちに関するパブ・クイズ(パブで遊びでするクイズ)はしない。次にパブに行ったら、もっと話そう」と言い逃れをした。 (抜粋)

キャンドルデモの主催者からお嬢様と共に批判の対象となった経済情報誌。批判に耐えかねて反お嬢様側に寝返ったようですね。

この記事、いつもなら「ウリの指導者を知らんとは何事だ!」といった趣旨で書かれてきたのですが、この記事は、「お嬢様はここまで存在感がないんだよ」と読者に印象付けたいのですね。

その印象付けのスパイスが「パブ・クイズ」。

要するに、場末の飲み屋で交わされるような会話であっても答えられないほど、存在感がないんだよ、と言いたいのです。今さらそんなことを記事にしても太極は変わらないと思うのですが、ね。


ただ相手は、あの、ボリス・ジョンソンですから。このインタビューはイギリスのスカイニュースで行われたものですが、このスカイニュースは政治家に外国の指導者の名前を尋ねるのが恒例なのですね。ですから、ボリス・ジョンソンはインタビューを受ける時点でクイズを出されるのは分かっていた事でしょうに。ですが、彼は興味のない事には目を向けない御仁ですから。

一応、擁護するとしたら、イギリスの政治家はこの手のクイズは得意じゃない。昨年、イギリスが初めてシリアに空爆を行った際にアレッポを尋ねられてもまともに答えられない政治家もいましたし。ボリス・ジョンソンに限らず、イギリスの政治家は時事ネタであっても興味のない分野は徹底して無知という傾向があります。

まぁ、反対に政治家がクイズを連発するよりはマシだとは思いますけど。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

박 대통령 “사드는 자위권, 정쟁 대상 안돼” (2016.8.15 ハンギョレ)
朴大統領「サードは自衛権、政争対象ではない」

제71주년 광복절 경축사 존경하는 국민 여러분, 700만 재외동포와 북한 동포 여러분, 이 자리에 함께 하신 내외 귀빈 여러분, 오늘은 제71주년 광복절이자 건국 68주년을 맞이하는 역사적인 날입니다.

조국의 독립을 위해 모든 것을 바치신 순국선열과 건국을 위해 헌신하신 애국지사들께 깊은 경의를 표합니다. 독립유공자와 유가족 여러분께도 존경과 감사의 인사를 드립니다.

국민 여러분!
대한민국이 광복의 역사를 만들고, 오늘날의 번영을 이룬 것은 결코 우연히 된 것이 아니었습니다. 식민통치 36년의 고통과 설움의 긴 세월 동안 우리 민족은 가혹한 수탈에도 광복의 희망을 잃지 않았고, 나라를 되찾기 위해 목숨을 걸고 싸웠습니다. 안중근 의사께서는 차디찬 하얼빈의 감옥에서 ‘천국에 가서도 우리나라의 회복을 위해 힘쓸 것’이라는 유언을 남기셨습니다.

윤봉길 의사께서는
‘부모의 사랑보다, 형제의 사랑보다, 처자의 사랑보다도 강인한 나라와 겨레에 바치는 뜨거운 사랑을 따르기로 결심하였다’는 결사의 각오를 전하셨습니다. 두려운 죽음 앞에서도 애국 열사들이 그토록 초연할 수 있었던 것은 오로지 빼앗긴 나라를 되찾아 후손에게 물려주겠다는 간절함이 있었기에 가능했습니다. 조국의 광복은 한반도는 물론 세계 각지에서 이념과 종교, 신분과 계층, 세대와 지역의 차이를 넘어 온 민족이 하나로 뭉쳐 불굴의 투지로 이뤄낸 결과였습니다. 이렇게 광복을 되찾아 대한민국을 건국한 선각자들은 자유민주주의 헌법 질서를 바탕으로, 모든 국민에게 기회의 균등을 보장하고 경쟁과 창의를 촉진하는 나라의 기초를 세웠습니다. 우리는 이제 그 혼과 얼을 이어받아 자손만대가 자유와 행복을 누릴 수 있는 세계 속에 자랑스러운 대한민국을 만들어 가고 있습니다.

존경하는 국민 여러분,
저는 취임 후 여러 나라를 방문할 때마다, 우리 국민들이 이뤄낸 오늘의 대한민국에 무한한 자긍심을 느꼈습니다. 자동차, 철강, 선박 같은 전통산업부터 스마트폰과 같은 첨단 제품에 이르기까지, 메이드인 코리아는 가장 우수하고 신뢰할 수 있는 제품 중 하나로 세계인들의 사랑을 받고 있습니다. 한류로 대표되는 우리 문화는 세계인이 열광하는 새로운 문화로 자리 잡아가고 있습니다. 세계적인 문화 중심지 파리에서는 빗속에서도 한국의 K-POP과 우리 문화를 만나기 위한 유럽 각국 젊은이들의 행렬이 끝없이 이어지고 있었습니다. 아시아와 아프리카, 남미를 비롯한 많은 지역의 개발도상국들은 우리 대한민국을 발전 모델로 삼아 배우기 위해 노력하고 있었습니다.

한 세기 전, 우리는 헤이그에서 밀서를 품고 이리저리 뛰어도 호소할 곳조차 찾을 수 없었던 약소국이었지만, 지금은 G20의 일원으로 세계경제질서를 만들어가는 데 직접 참여하며 국제무대에서 주도적인 역할을 해나가고 있습니다. 반세기 전, 1인당 국민소득 67달러의 최빈국에서 지금은 경제규모 세계 11위, 수출규모 6위의 국가로 발전했습니다. 올해까지 3년 연속 혁신지수 세계 1위 국가로 평가받고 있고, 국가 신용등급은 프랑스, 영국과 같은 최고 수준까지 올랐습니다. 이러한 기적을 일궈내기까지 우리의 선조들은 가난 속에서도 모든 것을 바쳐 자식들을 교육시켰고, 부모님들은 머나먼 이국땅 캄캄한 지하갱도에서, 밀림의 전쟁터에서, 그리고 뜨거운 사막 한가운데서 피땀을 흘렸습니다.

그리고 이제 우리가 걸어 온 길과 우리가 미래를 향해 걸어가고 있는 이 길은, 세계가 따르고 배우고자 하는 길이 되고 있습니다. 이것이 바로 대한민국의 저력이자 자랑스러운 현주소입니다. 그러나 언제부터인지 우리 내부에서는 대한민국을 부정적으로 묘사하는 잘못된 풍조가 퍼져가고 있습니다. 우리의 위대한 현대사를 부정하고, 세계가 부러워하는 우리나라를 살기 힘든 곳으로 비하하는 신조어들이 확산되고 있습니다. 법을 불신하고 경시하는 풍조 속에 떼법 문화가 만연하면서 사회적 비용이 증가되고, 대외 경쟁력까지 실추되고 있습니다. 타인에 대한 배려와 양보, 신뢰를 바탕으로 하기보다는 불신과 불타협, 상대방에 대한 인신공격들로 사회를 혼란시키는 일도 가중되어 가고 있습니다.

국민 여러분,
우리 대한민국은 나라를 되찾기 위해 목숨까지 내던지고, 갖은 고통과 시련을 온 국민이 함께 참고 지키며 발전시켜 온 소중한 우리의 조국입니다. 자기비하와 비관, 불신과 증오는 결코 변화와 발전의 동력이 될 수 없습니다. 그것은 우리 스스로를 묶어버리고, 우리 사회를 무너뜨리게 할 뿐입니다. 이제 다시 대한민국 발전의 원동력이었던 도전과 진취, 긍정의 정신을 되살려야 합니다.

모든 것은 마음에서부터 시작됩니다. 자본도, 자원도, 기술도 없던 시절에도 맨주먹으로 일어섰던 우리가, 세계 최고의 기술력과 풍부한 자본까지 가지고 있는 지금 못해 낼 것이 과연 무엇이 있겠습니까? ‘할 수 있다’는 용기와 자신감을 갖고, ‘함께 가는’ 공동체 의식으로 함께 노력하면 우리는 할 수 있습니다.

우리 내부의 분열과 반목에서 벗어나 배려와 포용으로 성숙한 시민의식을 키워나가고, 모두가 스스로 가진 것을 조금씩 내려놓고, 어려운 시기에 콩 한쪽도 서로 나누며 이겨내는 건강한 공동체 문화를 만들어 간다면, 한 차원 높은 도약을 이뤄낼 수 있다고 확신합니다. 우리는 해낼 수 있는 저력을 갖고 있습니다. 할 수 있다는 신념과 긍지를 토대로 우리 앞에 놓여있는 변화와 개혁의 과제를 완수해 내고, 다시 한 번 힘차게 도약의 미래로 나아갑시다!

존경하는 국민 여러분! 글로벌 경제의 부진이 지속되고 있는 상황 속에서, 지금 우리 경제는 기업구조조정이라는 또 하나의 커다란 과제를 안고 있습니다. 비록 어려운 여건이지만, 우리 모두가 한마음으로 변화와 개혁을 통해 위기를 발전의 기회로 만들려는 노력을 해 간다면, 제2의 도약을 이뤄낼 수 있을 것이라고 저는 확신합니다. 그동안 정부는 경제혁신 3개년계획을 바탕으로, 4대 부문 구조개혁을 추진하여 우리 경제의 체질을 개선해왔습니다. 창조경제와 문화융성, 규제개혁과 신산업 육성을 통해 경제 재도약의 발판도 마련하였습니다. 지금 곳곳에서 조금씩 결실이 나타나고 있지만, 이러한 노력이 더욱 성과를 거두기 위해선, 신산업 창출과 노동개혁, 교육개혁을 해내는 것이 중요합니다.

신산업 창출은 곧 국가의 미래성장동력을 좌우하는 중요한 일입니다. 4차 산업 혁명이 도래하고 있는 지금, 기업들이 신산업 진출을 두려워하여 머뭇거린다면 경제의 역동적 발전은 요원한 일이 될 것입니다. 정부는 산업구조의 새 판을 짜는 적극적인 기업 구조조정, R&D 시스템의 근본적 혁신과 ‘파괴적 혁신’수준의 과감한 규제개혁을 통해, 기업들이 자신감을 가지고 신산업 창출에 나서도록 할 것입니다.

대기업, 중소기업, 벤처기업은 물론 소상공인과 자영업자들까지도 언제나 새로운 도전에 주저 없이 나설 수 있도록, 우리 경제의 생태계를 확실하게 바꿔 나갈 것입니다. 3차 산업혁명 시기까지 우리 경제는 다른 나라를 따라하는 추격자였습니다. 그러나 현재 진행되고 있는 4차 산업혁명에서는 전 세계가 과거에 없던 길을 만들어 가고 있습니다. 이런 상황에서 우리는 더 이상 추격자가 아니라 선도자가 되어야 하고, 우리가 노력하면 분명히 그렇게 될 수 있습니다.

저는 창조경제 전략이야말로 우리경제를 세계경제의 선도국가로 도약시킬 수 있을 것이라고 확신합니다, 창업을 활성화하고 패자부활전이 가능한 환경을 구축해서, 청년들이 스스로 좋아하고 잘 할 수 있는 분야를 찾아 우리나라는 물론 글로벌 무대까지 용기 있게 도전할 수 있도록 만들어 갈 것입니다. 또한, 교육이 진정한 ‘기회의 사다리’가 될 수 있도록, 꿈과 끼를 길러주는 현장 중심의 교육개혁을 지속적으로 추진하고 스펙이 아닌 개개인의 역량이 평가받는 사회를 만들어 갈 것입니다. 어릴 때부터 가치관과 바른 역사의식을 가지고 각자의 재능을 찾아내어 국가발전의 원동력을 만들어 갈 것입니다. 그러나 선도국가의 꿈은 정부의 노력만으로 이루어질 수 없습니다. 국민과 정치권, 노동자와 기업인 모두가 한마음이 되어 국가경제가 살아나도록 나서주셔야 합니다.

기업인 여러분,
정부를 믿고, 자신감을 가지고, 과감한 신산업 투자와 일자리 창출에 앞장서 주시기 바랍니다.
국민 여러분,
우리의 저력을 믿고, 해낼 수 있다는 신념을 가지고, 보다 진취적이고 적극적으로 미래를 개척해 주시기 바랍니다.포기와 좌절을 몰랐던 불굴의 정신을 다시 일으켜서, 다시 한 번 대한민국의 성공신화를 이뤄냅시다!

한걸음 더 나아가 우리나라가 보다 성숙한 발전을 이뤄내기 위해서는, ‘함께 살아가는’ 건강한 공동체를 만들어야 합니다. 글로벌 경제 환경이 급속히 변화하고 저성장이 고착화되는 어려운 상황에서, 모두가 ‘남 탓’을 하며 자신의 기득권만 지키려고 한다면 우리 사회가 공멸의 나락으로 함께 떨어질 수도 있습니다. 노동개혁은 국가경쟁력을 좌우하는 핵심요소입니다. 우리의 미래세대를 위해서는 물론이고 경제의 고용절벽을 막기 위해 한시도 미룰 수 없는 국가 생존의 과제입니다. 기업주는 어려운 근로자의 형편을 헤아려 일자리를 지키는 데 보다 힘을 쏟아주시고, 대기업 노조를 비롯하여 조금이라도 형편이 나은 근로자들께서는 청년들과 비정규직 근로자들을 위해 한걸음 양보하는 공동체 정신이 필요합니다.

우리에게 남은 시간이 별로 없습니다. 청년들과 비정규직 근로자들을 위해 우리 국민 모두가 자신의 기득권을 조금씩 내려놓고 노동개혁의 물꼬를 트는 데 동참해 주실 것을 간곡히 부탁드립니다.

존경하는 국민 여러분!
저는 진정한 광복은 8천만 민족 모두가 자유와 인권을 누리며, 더 이상 이산의 아픔과 고통이 없는 통일 대한민국을 만드는 것이고, 그것이 우리에게 주어진 역사적 과업이라고 믿습니다. 이를 위해서는 무엇보다 먼저 한반도에서 핵과 미사일, 전쟁의 공포를 걷어내야만 합니다. 이 땅의 평화는 물론, 민족의 장래를 위해서도 북한의 핵무기 개발은 결코 용납할 수 없습니다. 정부는 북한의 핵과 미사일로부터 국가와 국민의 안위를 지키기 위해, 국제사회와의 공조를 더욱 강화해 나가면서 필요하고 가능한 모든 조치를 다할 것입니다.

사드 배치 역시 북한의 무모한 도발로부터 우리 국민의 생명을 지키기 위해 선택한 자위권적 조치였습니다. 저는 국민의 생명이 달려있는 이런 문제는 결코 정쟁의 대상이 될 수 없다고 생각합니다. 만약 국가와 국민을 보호하기 위해 다른 방법이 있다면 대안을 제시해야 할 것입니다.

오늘 제71주년 광복절을 맞아 북한 당국에 촉구합니다. 핵무기를 비롯한 대량살상무기 개발과 대남 도발 위협을 즉각 중단하기 바랍니다. 우리 국민을 위협하고, 대한민국을 위협하기 위한 어떤 시도도 결코 성공할 수 없을 것입니다. 하면 할수록 국제적 고립은 심화되고, 경제난만 가중될 것입니다. 또한, 북한 당국은 더 이상 주민들의 기본적 인권과 최소한의 인간적 삶을 영위할 권리를 외면하지 않아야 할 것입니다.

우리는 북한 당국의 잘못된 선택으로 고통 속에 있는 북한 주민들의 참상을 외면하지 않을 것입니다. 이제라도 인류의 보편가치를 존중하고 국제적 의무와 규범을 준수하는 정상적인 국제사회의 일원이 되기 바랍니다. 우리 사회의 혼란과 갈등을 야기하려는 시대착오적인 통일전선 차원의 시도도 멈추기 바랍니다. 북한 당국이 올바른 선택을 하고 진정성 있는 자세로 나온다면, 우리는 언제라도 평화와 공동번영으로 나아가는 기회를 제공할 것입니다.

북한 당국의 간부들과 모든 북한 주민 여러분!
통일은 여러분 모두가 어떠한 차별과 불이익 없이 동등하게 대우받고 각자의 역량을 마음껏 펼치며 행복을 추구할 있는 새로운 기회를 제공할 것입니다. 핵과 전쟁의 공포가 사라지고 인간의 존엄이 존중되는 새로운 한반도 통일시대를 열어가는 데 동참해 주시기 바랍니다.

국민 여러분,
작금의 국제정세, 특히 동북아 지역의 안보지형 변화는 우리에게 엄중한 대응 자세를 요구하고 있습니다. 그 어느 때 보다도 우리의 전략적 사고와 국가적 역량 결집이 절실합니다. 우리의 운명이 강대국들의 역학관계에 의해 결정될 것이라는 피해의식과 비관적 사고를 떨쳐내야 합니다. 우리가 한반도와 동북아 평화 번영의 주역이라는 책임감을 갖고 주변국들과의 관계를 능동적이고 호혜적으로 이끌어 나가야 합니다. 한?일 관계도 역사를 직시하는 가운데 미래지향적인 관계로 새롭게 만들어 나가야 할 것입니다. 지금 우리에게 필요한 것은 막연한 기대가 아니라 냉철한 현실 인식에 바탕을 둔 선제적이고도 창의적인 사고입니다. 이것이야말로 오늘날 우리에게 요구되는 시대정신이며, 71주년을 맞는 광복의 정신을 되살리는 길이라고 믿습니다.

존경하는 국민 여러분,
우리는 절망 속에서도 희망을 잃지 않고 고단한 삶 속에서도 미래를 확신하면서, 세계가 말하는 한강의 기적을 일궈내 왔습니다. 우리는 지금의 도전과 위기도 반드시 이겨낼 것이며, 새로운 도약과 평화 통일의 시대로 힘차게 나아갈 것입니다.

손기정 선수는 일장기를 가슴에 달고 눈물의 월계관을 받아야 했지만, 지금 브라질 리우에서는 태극기를 가슴에 품은 대한민국 국가대표 선수들이 연일 승전보를 전해오고 있습니다. 우리의 젊은 선수들은 모두가 포기한 순간에도 스스로를 믿고 포기하지 않았고, 세계가 감동하는 기적의 승리를 만들어 냈습니다.

그들이 만들어내고 있는 역전의 드라마야말로, ‘불가능은 없다’는 우리 한민족의 불굴의 DNA를 생생하게 보여주는 것입니다. 할 수 있다는 자신감을 가슴에 품고, 작은 것부터 하나하나 실천하면서 우리 모두가 함께 나아간다면, 지금 우리의 한 걸음 한 걸음이 먼 훗날 또 한 번의 위대한 여정으로 기록될 것입니다.

우리 모두 위대한 ‘대한국인(大韓國人)’임을 가슴에 깊이 새기고, 힘을 합쳐 희망찬 미래로 함께 나아갑시다!
감사합니다.


第71周年光復節祝辞
尊敬する国民の皆さん、
700万在外同胞と北朝鮮同胞の皆さん、この場に共にされた内外貴賓の皆様、 今日は、第71周年光復節であり、建国68周年を迎える歴史的な日です。

祖国の独立のためにすべてを捧げた殉国烈士と建国のために献身した愛国志士たちに対して深い敬意を表します。 独立有功者と遺族の皆様にも尊敬と感謝の挨拶を申し上げます。

国民の皆さん!
大韓民国が光復からの歴史を作り、今日の繁栄を成し遂げたことは決して偶然起こった事ではありませんでした。植民地として統治された36年の痛みと悲しみの長い歳月の間、 私たちの民族は、過酷な収奪を受けながらも光復の希望を失わず、国を取り戻すために命をかけて戦った。 安重根義士※ は冷たいハルビンの刑務所で 「天国に行っても、韓国の回復のために努めていく」という遺言を残しました。

※ 日本でも知名度抜群の南朝鮮が誇るテロリスト

尹奉吉義士※ は
「親の愛よりも、兄弟の愛よりも、妻子の愛よりも強靭な国と民族に捧げる熱い愛に従うことを決心した」と決死の覚悟を伝えました。 恐ろしい死を前にしても愛国烈士がそのように初志を述べることができたのは、ひたすら奪われた国を取り戻し子孫に受け継がせていきたいという切実な思いがあったからこそ可能でした。祖国の光復は、朝鮮半島はもちろん、世界各地で 理念と宗教、身分と階層、世代や地域の違いを越えて全民族が一つに団結して不屈の闘志で成し遂げた結果でした。 このように光復を取り戻し大韓民国を建国した先覚者たちは、自由民主主義憲法秩序に基づいて、すべての国民に機会の平等を確保し、競争と創意を促進する国の基礎を構築しました。 私たちは、今、その魂と精神を受け継いで 子孫万代が自由と幸福を享受することができる世界中に誇りに思って大韓民国を作っていきます。

※ 上海天長節爆弾事件で爆弾を投擲した実行犯。自爆死をしようとしたが恐れおののき結局逮捕されてテロ全貌を自白した本来は裏切り者に分類される人物

尊敬する国民の皆さん、
私は就任後、複数の国を訪問するたびに、 私たち国民が成し遂げた今日の大韓民国に無限の自負心を感じました。 自動車、鉄鋼、船舶などの伝統産業からスマートフォンのような最先端の製品に至るまで、 メイドインコリアは、最も優れた信頼性の高い製品であると世界の人々から愛されています。 韓流に代表される私たちの文化は、世界の人々が熱狂する 新しい文化になりつつあります。 世界的な文化の中心地パリでは、 雨の中でも、韓国のK-POPと私たちの文化に会うためにヨーロッパ各国の若者たちによる行列が延々と続いていました。 アジアとアフリカ、南米をはじめとする多くの地域の発展途上国は、 私たちの大韓民国を発展モデルにして学び、努力していました。

1世紀前、私たちは、ハーグで密書を抱えて奔走しても訴えを聞き入れてくれる国を見つける事もできなかった弱小国でしたが、 現在は、G20のメンバーとして世界経済秩序を作っていくために直接参加し、国際舞台において主導的な役割をしています。 半世紀前、1人当たりの国民所得はわずか67ドルの最貧国でしたが、今では経済規模世界11位、輸出規模6位の国へと発展しました。 今年まで3年連続で革新的な指数が世界1位の国として評価されており、国家信用格付けは、フランス、英国などと共に最高レベルにまで上がりました。 これらの奇跡を収めるまで、私たちの先祖は、貧困の中でも、すべてのものを捧げて子供たちを教育を受けさせ、両親は遠い異国の地真っ暗な地下トンネルで、ジャングルの戦場で、そして、熱い砂漠の真ん中で血の汗を流しました。

そして、今、私たちが歩んできた道と私たちは、未来に向かって歩いているこの道は、世界がこれに続き、学ぼうとする道となっています。これがまさに大韓民国の底力であり、誇り高い現実です。しかし、いつからか、私たちの内部では、大韓民国を否定的に描写する誤った風潮が広がっています。私たちの偉大な現代史を否定し、世界が羨む韓国を住みにくい場所に卑下する新造語※ が広がっています。法を軽んじ重きを置かない風潮の中、無理強いさせる文化が蔓延して社会的費用が増加し、対外競争力まで失墜しています。他人への配慮と譲歩、信頼を土台にするよりも不信や妥協しない、相手に対して個人攻撃を行い社会を混乱させることも加重されつつあります。

※ ヘル朝鮮などといった新語

国民の皆さん、
私たちの大韓民国は国を取り戻すために命まで投げ捨て、いろいろな苦痛と試練を全国民が一致団結し発展させてきた大切な私たちの祖国です。自己卑下と悲観、不信と憎悪は決して変化と発展の動力になることはありません。それは私たち自からを拘束し、私たちの社会を崩壊させてしまうだけです。今、再び大韓民国の発展の原動力であった挑戦と進取、肯定の精神を復活させてください。

すべてのことは心から始まります。資本も、資源も、技術もなかった時代にも素手で立ち上がった私たちは、世界最高の技術力と豊富な資本まで持つまでになった現在、何をできない事があるのでしょうか。「できる」は、勇気と自信を持ち、「共に進む」という共同体的意識を持ち皆で努力すれば、私たちは実現する事ができます。

私たちの内部分裂と反目から脱し、思いやりと包容的に成熟した市民意識を育てて、誰もが自分のことを少しずつ置いて、困難な時期にも豆の片方を互いに分けあえながら※ 乗り越えられる健康な共同体文化を作っていけば、一段高い跳躍を成し遂げることができると確信しています。私たちは、仕事を得ることができる底力を持っています。できるという信念と誇りをもとに私たちの前に置かれている変化と改革の課題を果たし、もう一度力強く跳躍できる未来に進みましょう!

※ 互いに僅かなものも分けあう、という故事より

尊敬する国民の皆さん!
世界経済の不振が続いている状況の中で、今、私たちの経済は、企業の構造改革というもう一つの大きな課題を抱えています。たとえ困難な状況であっても我々はすべての心を一つに変化と改革を通じて危機を発展のチャンスにしようと努力をしていけば、第2の跳躍を成し遂げられると私は確信しています。これまで政府は、経済革新3カ年計画に基づいて、4大部門の構造改革を推進し、私たちの経済の体質を改善してきました。創造経済と文化隆盛、規制改革と新産業の育成を介して経済再跳躍の足場も用意しました。今あちこちで少しずつ実を結びつつあり、このような努力がさらに成果を収めるために、新産業の創出と労働改革、教育改革をこなすことが重要です。

新産業創出は直ちに国の未来成長動力を左右する重要事項です。4次産業革命が到来している今、企業が新産業進出を恐れためらっているのであれば、経済のダイナミックな発展ははるかに遠いものになるでしょう。政府は、産業構造の新しい版を組む積極的な企業の構造調整、R&Dシステムの根本的革新と「破壊的イノベーション」レベルの果敢な規制改革を通して、企業が自信を持って新産業の創出に乗り出せるようにしています。

大企業、中小企業、ベンチャー企業はもちろん、小商工人と自営業者にも常に新しい挑戦を果敢に挑めるよう、私たちの経済の生態系を確実に変えていきます。3次産業革命の時期まで、私たちの経済は他の国に従う追撃者でした。しかし、現在進められている4次産業革命では、全世界が過去になかった道を作っていきます。このような状況では、我々はもはや追随者ではなくリーダーとなるべきで、私たちが努力すれば、明らかにそうなる事が出来るのです。

私は創造経済戦略こそ、私たちの経済を世界経済の先進国家に跳躍させることができると確信しています。創業を有効にして敗者復活戦が可能な環境を構築し、青年たちが自分のしたい事を仕事にできる分野を見つけられる韓国はもちろん、世界的な舞台まで勇気を持って飛び立つ事ができるように作られていきます。また、教育が真の「機会のはしご」になるように、夢と才能を育ててくれる現場中心の教育改革を継続的に推進し、スペックではなく、一人一人の能力が評価される社会を作っていくことです。幼い時から価値観と正しい歴史意識を持ってそれぞれの才能を見つけ、国家発展の原動力を作っていきます。しかし、先進国の夢は政府の努力だけで行うことができません。国民と政界、労働者と企業の両方の心が一つになり国の経済がより活動的になる事が要求されます。

企業の皆さん、
政府を信じ、自信を持ち、果敢な新産業への投資と雇用創出を積極的に行ってください。
国民の皆さん、
私たちの底力を信じて、全てはなし得る事ができるという信念を持ち、より進取的で積極的に未来を切り拓いてください。放棄と挫折を知らなかった不屈の精神を呼び起こし、もう一度大韓民国の成功神話を成し遂げましょう!

一歩一歩進んで、韓国がより成熟した発展を遂げ出すためには、「共に生きていく」健康的な共同体を作り上げます。世界的な経済環境が急速に変化し低成長が固着化されている困難な状況にあって、誰もが「他人のせい」にして、自分の既得権だけを維持していくのならば、私たちの社会は共倒れとなり地獄まで一緒に落ちることになります。労働改革は国家競争力を左右する重要な要素です。私たちの将来の世代のためにはもちろんのこと、経済の雇用絶壁を防ぐために一時も先送りできない国家生存の課題です。企業主は難しい労働者の都合を察して雇用を守るために、より力を注いでいただき、大企業の労組をはじめ、少しでも立場が良い労働者の方々は、青年と非正規労働者のために一歩譲歩するパートナーシップが必要になります。

私たちに残された時間はあまりありません。青年と非正規労働者のために私たち国民誰もが自分の既得権を少しずつ譲歩し、労働改革の扉を開くために参加していただくことを切にお願い申し上げます。

尊敬する国民の皆さん!
私は真の光復は8000万民族※ すべてが自由と人権を享受し、さらに、離散の痛みと苦しみがない統一大韓民国を作るものであり、それが私たちに与えられた歴史的な課題と考えています。そのためには何よりもまず、朝鮮半島における核とミサイル及び戦争の恐怖を蹴散らかさなければなりません。この地の平和はもちろん、民族の将来のためにも北朝鮮の核兵器開発は、決して容認することはできません。政府は、北朝鮮の核とミサイルから国と国民の幸福を守るために、国際社会との協力をさらに強化しながら必要と可能なすべての措置を行います。

※ 国民 + 在外同胞 + 北朝鮮国民。帰化人はこれに含めておらず、お嬢様の「帰化人は裏切り者」という思想がここにも出ている

サード配置も、北朝鮮の無謀な挑発から私たち国民の生命を守るために選択された自衛権的措置でした。私は、国民の生命がかかっているような問題は、決して政争の対象になることができないと思います。もし国家と国民を保護するために、他の方法があるのであれば代案を提示しなければいけません。

今日の第71周年光復節を迎え、北朝鮮当局に促します。核兵器をはじめとする大量破壊兵器の開発と対南挑発脅威を直ちに中断して下さい。私たちの国民を脅かして、大韓民国を脅かすためのいくつかの試みも決して成功することはないでしょう。挑発をするほど国際的孤立は深刻なものとなり、経済難のみが重くのしかかります。また、北朝鮮当局は、もはや住民の基本的人権と最小限の人間の生活を営む権利を無視すべきではないでしょう。

私たちは、北朝鮮当局の誤った選択に苦しみの中にある北朝鮮住民の惨状を無視する事はないでしょう。今からでも、人類の普遍価値を尊重し、国際的な義務と規範を遵守する通常の国際社会の一員になって下さい。私たちの社会の混乱と葛藤を生じようとする時代錯誤的な統一戦線次元の試みも停止してください。北朝鮮当局が適切な選択をして真正性ある姿勢で出てくるならば、私たちは、いつでも平和と共同繁栄に進む機会を提供します。

北朝鮮当局の幹部とすべての北朝鮮住民の皆さん!
統一は皆さん方すべてがいかなる差別や不利益なく同等に扱われ、それぞれの能力を存分に広げ幸福を追求するための新たな機会を提供します。核戦争の恐怖が消え、人間の尊厳が尊重される新しい朝鮮半島統一時代を拓いていくために参加してください。

国民の皆さん、
昨今の国際情勢、特に北東アジア地域の安全保障体系の変化は私たちに厳密な対応への姿勢を要求されています。これまで以上に、私たちの戦略的思考と国家的力量結集が切実な問題です。私たちの運命が強大国の力学関係によって決定されるといった被害意識と悲観的思考を振り払う必要があります。私たちは、朝鮮半島と北東アジアの平和繁栄の主役という責任感を持ち周辺国との関係を能動的に、そして互恵的に導いていかなければなりません。また韓日関係も歴史を直視する中で未来志向的な関係を新たに作り出していくべきでしょう。今、私たちに必要なのは、漠然とした期待ではなく、冷徹な現実認識に基づいた先制的かつ創造的思考です。これこそ、今日の私たちに要求される時代精神であり、71周年を迎える光復の精神を活かす道だと考えています。

尊敬する国民の皆さん、
私たちは、絶望の中でも希望を失わずに苦しい生活の中でも、将来を確信し、世界が語る漢江の奇跡を収めてきました。私たちは、今の課題と危機も必ず乗り越えられるものであり、新しい跳躍と平和統一の時代に力強く進むことです。

孫基禎選手※ は日の丸を胸につけて涙の月桂樹を受けなければならなかったが、今、ブラジルのリオでは、太極旗を胸に抱いた大韓民国国家代表選手たちが連日勝利のニュースを伝えてきています。私たちの若い選手たちは、誰もがあきらめるような瞬間であっても自分を信じて諦めなかったことで、世界が感動する奇跡の勝利を作り上げました。

※ 日本統治時代の1936年ベルリンオリンピックで金メダルを取った男子マラソン選手

彼らが作り出している逆転のドラマこそ、「不可能はない」という、私たち朝鮮民族の不屈のDNAを生き生きと示しています。何事も成し得ることができるという自信を胸に抱き、小さなことから一つ一つ実践しながら、私たちが皆と共に歩んだ時、今、私たちの一歩一歩が遠い将来、再び偉大な旅程として記録されることでしょう。

我々は、すべての偉大な「大韓国人」であることを胸に深く刻み、力を合わせて希望に満ちた未来へ一緒に進みましょう!
ありがとうございます。  (抜粋)

年々、日本に言及することが減っているお嬢様でしたが、今年はとうとう1行のみ。それだけ、国内の問題が山積状態なんですね。

ただ、お嬢様も自信喪失状態のようで、最後の最後で本音を漏らしてしまったようです。「遠い将来」って、どういうこと?という声は未だ聞こえてこない南朝鮮のネット民ですが、こういう時に日本に擦り寄るのが歴史を見れば一目瞭然。

どんなに弱っていても、哀願をしても、南朝鮮には絶対に支援しない。そういった思いを日本の売国政治家も含めて理解すべきだというのがこの演説から読み取ることができます。何せ、日本の事は言及しなくても日本サゲだけはしっかり行っていますからね。冒頭と終わりに日本サゲを持ってくるあたり、さすがは告げ口外交の名手なだけあると感心してしまいました。



いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

朴大統領の支持率35.6%に上昇 イラン訪問で回復 (2016.5.5 朝鮮日報)


【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社、リアルメーターは5日、国会議員総選挙(4月13日)後から3週連続で下落していた朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率が前週より4.6%上昇した35.6%になったと発表した。不支持率は4.6ポイント下落した59.8%。

リアルメーターは「朴大統領のイラン訪問に伴い大規模経済効果などをめぐる報道が急激に増え、景気回復に対する期待感が高まったため」と分析した。(抜粋)

南朝鮮という国の人たちは新聞などを読むとき、見出し部分しか読まないような人が多いのですね。以前も少し書きましたが、

ひらがなしかないような ぶんしょうをよむと かんじになれている ひとにとっては よみにくいとおもいますが よめているとおもっている みなみちょうせんじんにとっても じつはぶんしょうをうまくよみこめないのです。

たったこれだけの文章でも、ひらがなだけだと意味が掴みにくくなりますから、最後まで記事を読んでいても正しく理解している可能性は極めて低くなるので、実質文盲率は "OECD 최고 (OECDの中で最高)" という見出しを付けながら、記事の中は中高年の文章読解力は途方もなくひどい、という記事を書けたりします。こういった国民の背景を知ると、この記事の内容はグッと分かりやすくなります。


この支持率調査の前に「4兆円規模の事業受注、イランで光る朴槿恵「セールス外交」」といった報道が経済情報誌を始め多くのメディアで繰り返し流されました。これはネズミの時代に開発された支持率を上げるための成果水増し手法なのです。

ネズミ政権が資源外交の成果だと誇った了解覚書(MOU)は96件ありましたが、このうち本契約につながったのは16件と16.7%にしか過ぎません。それというのも、MOUというのはまったく拘束力のない覚書のようなものですから、本契約に至る割合はそれからの "お付き合い" の状態に大きく左右されます。

南朝鮮の場合は、取り敢えず国民に提示できるオミヤゲが欲しいだけなので、本契約率は極めて低くなるのです。

で、実際に「4兆円規模の事業受注~」の記事を読んでみると、いやぁ、素晴らしい成果のように見えますが、実際は了解覚書(MOU)13件、取引条件協定(MOA)4件、業務協力最高合意覚書(HOA)3件、仮契約2件などといった感じで、本契約は1本もなし。「一括請負契約」とはありますが、これは一括請負方式でのMOUの事ですね。仮契約はHOAよりは一歩進んだ契約段階ですが、破棄されることも少なくありません。

ですが、そんな事は少しも触れず、また読者に余計な疑念を抱かせないために覚書の種類は詳細を語らず金額だけを前面に押し出す。そりゃあ、「よくやった!お嬢様!!」となるでしょう。今回の支持率はこのようなカラクリがあって上昇したのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

【記者手帳】被災地入りしなくても支持率を上げた安倍首相(2016.4.20 朝鮮日報)


地震速報や通常の放送の合間に、NHKでは国会の主要会議を生中継した。与野党の議員たちが図表やメモ、政府報告書を見ながら実務的な地震対策を問い詰めた。揚げ足を取ったり、個人攻撃をしたりという方向には流れない。東日本巨大地震以降で最悪の自然災害に見舞われたが、そのことで国のリーダーシップまで満身創痍(そうい)になるようなことはない。安倍首相はまた強くなった。(抜粋)

できれば、ブログを読む前に、リンク先から記事全文を一度お読みください。それから、この内容を読まれることをオススメします。


与野党逆転し(= 与小野大)、完全にレームダック化したお嬢様政権。途端にお嬢様から離れ反お嬢様化してきた経済情報誌、というのがよく分かる記事です。

南朝鮮では強者 = 善 ですから、選挙に負けたお嬢様は悪ということになります。通常であれば、経済情報誌は政権のプロパガンダ紙ですから反政権記事は書くことがほぼないのですね。ですが、女王は王よりも下に見るという南朝鮮の "流儀" も踏まえ、まだ2年近く政権に居座るというのに、こんな記事が出てしまったのです。


一見、安倍首相を評価している様に見える記事ですが、実はこれはお嬢様サゲの記事。他者をアゲることで対象者をサゲる私たちに良く見られる表現技法の一つです。日本サゲをして南朝鮮を相対的にアゲているかの様に見せるいつもとは反対のパターンですね。アノ、安倍首相が強くなった、というのは相対的にお嬢様が弱くなったと書きたいのです。


安倍首相は14日夜9時41分にカメラの前に立った。大地震が熊本を初めて襲ってから15分後のことだった。被害がはるかに大きかった16日の本震の時は、午前3時28分に記者会見するために出てきた。地震発生から2時間3分後だった。「住民救出に全力を尽くしたい」という短い言葉を、緊張感をもって言い、戻っていった。安倍首相は熊本には来ていないが、「では、その時間にどこにいたんだ」「誰と何をしていたんだ」という言い合いで国論が割れることはない。日本では首相の毎日の動向は翌朝の新聞に分単位で発表されるのが慣例になっている。記者が首相官邸執務室のエレベーター前に24時間張り込み、出入りする人々の氏名や肩書きを確認する。執務室のある階の廊下にも監視カメラが設置されており、誰が何時にどんな表情や足取りで出入りしたか、階下の記者室のモニターにリアルタイムで映し出される。(抜粋)

この部分はセウォル号事件の際のお嬢様の不可解な行動を揶揄しています。不倫をしていたかどうかが話題になったお嬢様と違い、日本の安倍首相は分単位でスケジュールが国民に知らされている、というのですね。加藤元局長に罪をなすりつけた経済情報誌は未だにお嬢様の疑惑を晴らしたいと思っている様で。


この様に過去の疑惑をサラッと思い起こさせるような内容を織り交ぜながら、安倍首相を持ち上げ、お嬢様をサゲているのです。日本側から見れば悪い気はしませんし、経済情報誌としたらお嬢様を批判できている、という記事です。もう一度記事を読み返すとアラびっくり!記事全体の印象がガラッと変わってしまいます。

ただ、こんな記事に日本を持ち出して欲しくない、というのが金田の正直な気持ちではあります。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ