在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

タグ:海洋投棄

환경단체, 해수부 '준설토 해양투기' 중단 요구 (2016.5.31 yonhapnews)
環境団体、海洋水産部「浚渫土海洋投棄」中断要求

해양수산부가 바다의 오염원을 준설토로 덮어 깨끗한 바다를 복원한다는 계획을 내놓은 데 대해 환경단체들이 반발했다.환경운동연합 바다위원회는 '바다의 날'인 31일 오후 서울 종로구 광화문광장에서 기자회견을 열어 해수부에 "준설토 해양투기를 중단하라"고 요구했다.올해부터 폐기물 해양투기를 전면 금지한 해수부는 이달 초 오염된 바다를 복원하고자 준설토로 해저 오염물질을 덮어 주변과 분리시키는 '준설토 피복' 작업을 하겠다고 발표했다.

海洋水産部が海の汚染源を浚渫土で覆ってきれいな海へと復元する計画を発表したことについて、環境団体が反発した。環境運動連合海委員会は、「海の日」である31日午後、ソウル鍾路区光化門広場で記者会見を開き、海洋水産部に対して「浚渫土海洋投棄を中断しろ」と要求した。今年から、廃棄物の海洋投棄を全面禁止した海洋水産部は今月初め、汚染された海を復元するために浚渫土を海底の汚染物質に上塗りして周辺と分離させる「浚渫土布」を行うと発表した。

그러나 해수부 관계자는 "준설토는 런던협약 상 해양에 버릴 수 있는 폐기물로 분류된다"며 "환경단체의 주장과 달리 해양투기 준설물의 양도 2008년 이후 지속적으로 급격히 줄어드는 추세를 보이고 있다"고 반박했다.

しかし、海洋水産部の関係者は、「浚渫土は、ロンドン条約上において海洋に捨てることができる廃棄物に分類される」とし「環境団体の主張とは異なり、海洋投棄浚渫物の量についても2008年以降、継続的に急激に減少という傾向を見せている」と反論した。  (抜粋)

この記事を知るためには、改訂ロンドン条約を知る必要があります。そこに書かれている内容を引用すると、


改正海洋汚染防止法の施行により、浚渫土砂の海洋投入に関しては、以下の点について規制が強化されます。
 1.政令で定める基準を満たす水底土砂以外の浚渫土砂の投入禁止
 2.浚渫土砂の海洋投入処分を実施する場合には、「環境大臣の許可」が必要
 3.実際に海洋投入処分する前には、「海上保安庁長官の事前確認」が必要
 4.監視計画の策定、実施及び報告

この記事に出てくるキーワードは "浚渫土" ですね。一般に使われている言葉に置き換えるとヘドロになります。イメージ通りドロッとして臭くてなんか汚染されていそうな感じがする、あの、ヘドロ。それを海洋投棄の現場に投棄しちゃおう!という記事です。

日本と南朝鮮の基準値は若干違い、日本は「検液1リットル」に対して、南朝鮮は「(浚渫土)1キロあたり」と比較しにくいのですが、南朝鮮国内に目を向けると、このヘドロが大きな問題になっているのですね。


2014年、あの四大河川事業において発生したヘドロにより、基準値以上の硝酸性窒素や大腸菌に地下水が汚染されるという報道がありました。そもそも、南朝鮮はヘドロの基準は決めますが、投棄するヘドロに対してその基準を遵守しようなんざこれっぽっちも考えちゃあいません。

大体、汚染されたヘドロを海洋投棄すれば、その汚染物質はヘドロから海水に以降し、その周辺海域は一気に汚染されてしまいます。

なぜ、こんな汚いもので海底を覆おうとしたのかというと、汚染されたヘドロの処分地の選定が困難になってしまったからですね。

リンクは既存のヘドロ処分場が飽和してしまったという記事ですが、南朝鮮はこういった処分場が全体的に飽和状態なんですね。だからこそ、海洋投棄を禁止はしたものの、条約で認められている項目を巧く使って廃棄してやろう、という魂胆なのです。


だから、この海洋水産部の関係者とやらは「浚渫土は、ロンドン条約上において海洋に捨てることができる廃棄物」の発言に "基準を満たす" という文言を入れなかったのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

"서해바다를 기업들의 폐수처리장으로 여긴 것" (2016.3.11 newscham)
西海の企業海洋投棄場について思ったこと

2016년 1월부터 육상폐기물의 해양투기가 전면 금지되었다. 이로서 한국은 산업폐기물을 바다에 버리는 세계 유일의 국가라는 딱지를 떼게 됐다. 하지만 바다에 투기된 폐기물이 바다 바닥에 20Cm이상 두껍게 쌓여 있고 중금속 오염이 상당 복원이 시급한 상황이다. 한국은 이제 오염 수역의 바다 생태계 복원이라는 중요한 과제를 남겨두고 있다.

2016年1月から陸上廃棄物の海洋投機が全面禁止された。 これにより韓国は産業廃棄物を海に捨てる世界唯一の国家というレッテルを剥がすことになった。 だが、海に投機された廃棄物が海底に20cm以上厚く積まれていて重金属汚染が深刻であり早期の復元が緊急な状況だ。 韓国は汚染水域の海生態系復元という重要な課題を残している。

2016年から海洋投棄が全面禁止になった "らしい" ですが、今まで散々投棄してきた後片付けが大変だ、ということに気がついた人たちがいるという記事ですね。

記録上、群山沖合西海兵投棄海域だけで4105万トン。この量は海洋投棄の31%に過ぎないので全体では1億3388万トン。もちろん不法投棄はこの数倍に及びますから実際の投棄量は10億トンを超えます。だからこそ、この広い海域に20センチ以上も厚く堆積することになったのです。


ただ、この記事はどの程度の汚染なのか明確に記されていないのです。日本海側の投棄場に比べて銅と亜鉛、鉛、クロム、カドミウム、水銀の重要重金属の汚染度は1.5~2倍以上、としか書いていない。ざっと調べると日本海側の投棄場でカドミウムが20.7ppmであり、西海兵はこの1.5~2倍といいますから31~41.4ppmという事になる。

少し古いですが、今より汚染がまだマシだった2005年の南朝鮮産ズワイガニは6.4ppmと基準の3倍のカドミウム汚染がありましたから、今はもっとひどい状況。


不法投棄はまだ行われているようなので、これからもこの汚染は進んでしまう事になるでのしょうね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

「新安郡産のり召し上がれ」 (2015.11.26 朝鮮日報)


ソウル市内の大手スーパー「イーマート」竜山店で25日午前、モデルたちが、全羅南道新安郡産ののりを紹介した。

南朝鮮の海洋投棄、2014年の実績は49万1000トン。OECD加盟国唯一の海洋投棄国なんですね、南朝鮮という国は。

で、一応、南朝鮮は"自国"の環境を守るために、海洋投棄ができる投棄区域が決められていて、「東海・丙」「西海・丙」そして「東海・丁」の各海域なんですね。で、問題なのが「東海・丙」海域。海洋投棄の全体の60%がここなんですね。まぁ、海流としては「西海・丙」はこの全羅南道新安郡を直撃だから、記事的にはここが一番厳しいけど。

念のため、この49万トン云々は「合法的」に捨てられたものなんですね。非合法は海洋警察の弱体化で残念な状態ですから、実態はそれこそ闇。

そんな海でとれた海苔だから、南朝鮮産の海苔は大腸菌や重金属、そして発がん性物質。よくそんな海苔を食べられるものです、私たちは。それだけ体が丈夫なのに、日本の水産物は危険というのだから笑えます。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

韓国近海のクラゲ、昨年に比べ倍増 (2015.6.14 朝鮮日報)


海の「招かれざる客」クラゲが今年、これまで以上に猛威を振るう見通しだ。気候変動によって韓半島周辺の水温が上昇し、クラゲが巨大化するとともに個体数も増加したためだ。(抜粋)

日本で問題になるのはエチゼンクラゲですよね。この記事もやはりエチゼンクラゲを名指ししていました。

で、この記事が私たちに教えてくれるのは、南朝鮮の沿岸部は相当キタナイ、という事なんですね。クラゲはプランクトンが多いと繁殖しやすい事はよく知られています。特に窒素とリンが多くなると増殖するんですね。

もちろん、元は中国ですね。中国の揚子江河口付近の汚さは閉口しますが、その汚染度が南朝鮮も同等だからこそ、まだ、この時期なのに巨大化&個体数の増加が起こったのです。海水温の上昇はオマケですよ。オマケ。


で、どうして、南朝鮮沿岸の海水が汚染されているか。それは未だに企業が海に排水を垂れ流したり、海洋投棄を続けているからですね。それなので、南朝鮮でも「海は企業の排水処理場ではない!」という運動もない訳ではありません。

一応、来年から海洋投棄は全面禁止にはなっています。それでも、今年は319の工場が25万3624トンの海洋投棄申請があったんですね。そんな状態ですから、南朝鮮沿岸部がキレイなハズがないんですね。その証拠としてクラゲが巨大化して増殖しているのです。


ちなみに、そんな沿岸部で取れるのが海苔、ですよね。韓国海苔。私は以前は必ず食卓にあったのですが、5年ほど前から日本の海苔に変わっています。やはり、キレイとはお世辞にも言えないですから。大腸菌さえなければ良いのではないから、ですよね。

どうして、スーパーに未だに韓国海苔が並ぶのか。祖国の製品を応援したいとは思いますが、金田家は買う気になれません。



いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

「海洋投棄」についてリクエストがありましたので、現在はどうなっているのか書いていきたいと思います。

海洋水産部(海洋警察庁海洋投棄量集計データ)を見ていきたいと思います。


StrataChart_1276011
韓国:海洋水産部HPより

ここにある、
* 액상류 : 분뇨, 축산분뇨, 폐수, 음식물류 처리폐수
* 오니류 : 분뇨처리오니, 폐수처리오니, 가축분뇨처리오니, 하수처리오니
* 무기물 : 광물성폐기물
* 기타폐기물 : 수산가공 잔재물, 원료동식물 폐기물

というのは、それぞれ、
*液状類:糞尿、畜産糞尿、廃水、食物類処理廃水
*糞尿類:し尿処理汚泥、廃水処理汚泥、家畜糞尿処理汚泥、下水処理汚泥
*鉱物:鉱物性廃棄物
*その他の廃棄物:水産加工残滓、原料動植物廃棄物

で、
음식물류폐기물 처리폐수 : 2013년 1월부터 해양투기 전면 금지
・ ‘음식물류폐기물 폐수 해양배출 개선대책’ (2007년 9월 국정현안정책조정회의) 
・ 산업폐수 및 폐수오니 : 2014년 1월부터 해양투기 전면 금지(2012년 7월 국무회의 및 해양환경관리법 시행규칙 개정)
食物類廃棄物処理排水:2013年1月から海洋投棄の全面禁止
・「食物類廃棄物、廃水海洋排出の改善対策」(2007年9月の国政懸案政策調整会議)
・産業排水や排水汚泥:2014年1月から海洋投棄の全面禁止(2012年7月閣議の海洋環境管理法施行規則の改正)

と言うことに表上はなっていて、廃棄量も2012年の250万㎥から2013年には120万㎥まで減っていることになっています。2014年の統計はこれからになると思います。


これらは表向きのデータです。これだけ見たら頑張っていると思いますが、実際はそうではないんですね。

해경 사라진 바다, 단속 손길도 실종(2015.3.12 busan.com)
海警が消えた海、取り締まる人手も不足

구체적으로 폐어선 방치 등을 단속하는 공유수면관리법 위반 처리 건수가 2013년 3천988건에서 지난해 70건으로 줄었다. 해양 쓰레기 투기 등에 관련된 폐기물관리법 위반도 1천198건에서 12건으로 줄었다. 무허가 조업 등과 관련된 수산업법 위반 처리 건수도 1천128건에서 408건으로, 어민과 선원 등을 상대로 한 각종 사기 사건 처리도 612건에서 79건으로 급감했다.

具体的に廃棄漁船放置などを取り締まる公有水面管理法違反処理件数が2013年の3千988件から昨年70件に減った。 海洋ゴミ投棄などに関連した廃棄物管理法違反も1千198件から12件に減った。 無許可操業などに関連した水産業法違反処理件数も1千128件から408件に、漁民と船員などを相手にした各種詐欺事件処理も612件から79件に急減した。(抜粋)

どうして、こんなことになったかと言うと、事件が減ったのではなく、セウォル号事件によって海洋警察が解体され、海洋上の取り締まりの空白が起きてしまっているのです。ですから、海洋水産部の2014年データが出たとしても、それは全く信用に値しないものであり、実質は2013年よりも大幅な増加があったと考えられます。

名目上は2014年1月からは全面禁止になっているはずですが、取り締まり自体を放棄しているのだから、完全に不法状態になっていると思っても良さそうです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ