在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

タグ:自殺

[여성조선] 학원에서 일어난 초등학생 자살사건 (2016.9.3 Chosun.com)
【女性朝鮮】学園で起こった小学生の自殺事件

서울 노원구에 위치한 한 학원 건물 화장실에서 초등학생이 숨진 채 발견됐다. 수업시간 중간에 화장실에 간다던 아이가 가방끈에 목을 맨 채 발견됐는데, 검찰 부검 결과 자살로 판명이 났다. 초등학생 아이가 스스로 죽음을 선택할 수밖에 없었던 이유는 무엇인지, 요즘 학생들의 스트레스 수준은 어느 정도인지 알아봤다.

ソウル、蘆原区に位置したある塾の建物トイレで小学生が亡くなったまま発見された。 授業時間中にトイレに行くと言って出て行った子供がカバンのひもを首に巻きつけたまま発見されたが、検察解剖検査の結果、自殺と判断した。小学生という子供が自ら死を選択するほかはなかった理由は何なのか、最近に見る学生たちのストレス水準はどの程度なのか調べてみた。

통계청에 따르면 지난 2000년부터 2014년까지 스스로 목숨을 끊은 초등학생 해당 연령 아동은 641명에 달한다. 매년 적게는 20명에서 많게는 70명에 이르는 아이들이 스스로 세상을 저버렸다. 2000년 23명에서 2009년 77명으로 최고치를 기록한 뒤 감소세로 돌아섰으며, 2014년에는 31명으로 집계됐다.

統計庁によると、2000年から2014年まで、自ら命を絶った小学生は641人にのぼる。 毎年、少ない年でも20人で、多い時には70人にのぼる子供たちが自から命を絶った。2000年の23人から2009年には77人と最高値を記録した後減少に転じ、2014年には31人と集計された。  (抜粋)

内閣府によると日本の小学生が平成26年に自殺した人数は17人。それまでは2006年の14人が最多でしたから日本も危機感を持って子供の死を予防しなければいけません。

南朝鮮の保健医療データなどを調べても、小学生のうつ傾向が顕著に増えたとかそういった高校生の自殺に見られる要素が増えた、という事は見当たりません。ところが、小学生が自殺したという記事を集めて読んでみると次にような傾向が見られる事に気がつきました。

・親が共働きや離婚による片親状態で子供と接する時間が短い
・成績不振状態をなじられた後に自殺する

大きくこの2点が共通した傾向として浮かび上がっているのです。

小さい時から受験への準備として睡眠時間が削られ、遊ぶ時間もなく、ひたすら勉強を強いられる状況にあるにも関わらず、非常に未熟な精神状態である子供を支えるだけのマンパワーが両親に備わっていない。それ以上に、離婚や不仲などで子供の精神をより不安定にさせるのですから、なじられた時にちょっとした理由が加われば自殺を選んでしまうのも分かるのではないでしょうか。


どの国に取っても子供はその国の未来を拓く貴重な人材となります。その子供たちが、人生の酸いも甘いも経験する事なく自死を選択する事ほど悲しいものはありません。

日本は最近、物欲が減ってきたといい、身の丈に合った生活を送る若い人が増えてきましたが、これには内需縮小という問題はあるものの、精神的には余裕が生まれます。反対に南朝鮮はお金がないから良い生活はできないができるなら良い生活を送りたいという思いが強く、それが若いうちからの飲酒やクスリへと進ませてしまう。

南朝鮮は若者にとって非常に生活しにくい環境となっているのを親は肌で強く感じ取っていますから、親はそういった中から少しでも良いから勝ち組に入って欲しいと、より勉強をさせようとする。しかしフォローは不十分。だから自殺を予防できないのです。


勉強は大切です。

ですが、子供のうちに体験させておきたい事は山ほどあって、自然の中で友達と駆けずり回り、虫取りや、時には喧嘩などを通して社会性や自然の不思議を体験していく事も子供の成長には必要なのだと思います。それがないから、今の南朝鮮の若者は社会性が欠如している人が多いのです。

もっと、子供と向き合い、そして、触れ合う時間を作って欲しい。それが日本のそして南朝鮮の親御さんにお願いしたいのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

練炭販売規制がない韓国で練炭自殺者が急増 (2015.9.20 朝鮮日報)


練炭は海外でもこのように容易に購入できるのだろうか。台湾新北市にある大型スーパーの陳列台を見たところ、練炭は見つからなかった。ここでは練炭は、ほとんどが鍵の掛かったケースに保管されているか、常時店員がいる陳列台に置かれているからだ。練炭を買うためには店員になぜ練炭を買うのか使用目的を説明しなければならない。台南市では2010年から練炭を販売する店員に対し、練炭とアルコール度数の高い酒を同時に購入したり、顧客にノイローゼなどの症状が見られたりするようなら、ホットラインを通じて自殺予防センターに連絡するよう「自殺予防教育」が施されている。その結果、同都市では2006年に127人だった練炭を利用した自殺者が12年には71人にまで減った。こうした動きは、お隣の日本でも同様だ。練炭の購入時には、ほとんどの店で使用目的と使用場所を確認するよう指導されている。香港では、練炭を利用した自殺を予防するために、野外で炊事する際には練炭の代わりに電気グリルを使用するよう勧めている。

練炭を利用した自殺者が毎年増加していることで、韓国国内でも練炭の購入制限マニュアルを導入すべきだといった声が上がっている。保健福祉部(省に相当)によると、練炭を使った自殺者は2004年の50人から05年に62人、06年には64人と増加した。そして13年には1825人と、10年間で実に30倍以上にも増えた。7月18日には、国家情報院(国情院)の職員イムさん(45)もスーパーで何らの制限なしに練炭を購入して自ら命を絶った。ソウル牙山病院応急医学科のソン・チャンファン教授は「国内では練炭ボイラーの使用地域と関係なく大型スーパーやコンビニなど、どこででも練炭を購入することができる。こうした点は練炭を利用した自殺を増加させる要因となっている」と話す。(抜粋)

練炭が自殺を誘引しているワケでも、自殺の敷居を低くしているワケでもありません。単に自殺者のニーズを満たす手段だから選ばれるだけで、多少の規制は障壁にはならないのです。


南朝鮮の死亡原因を統計庁のデータから見てみると、
1位 悪性新生物
2位 心疾患
3位 脳血管疾患
に次いで2012年以降4位となっています。そして、世代別死因を見ると、10代から30代までは1位、40代と50代は2位となっているんですね(40代以降は悪性新生物が死因の1位となっています)。

このあたりのデータは日本も非常に似た構造なので、若い世代がもう少し生きるのに辛くない世界を作る必要があるのだと強く、つよく思うのです。

南朝鮮の2013年の自殺者は1万4427人で練炭自殺者が1825人ですから死因の12.6%と非常に高い割合ではあるのですが、日本の20歳代~60歳代の自殺手段の1位はやはり「練炭など」なんですね。ここからも分かる通り規制があるハズの日本でも自殺の手段として選ばれている事から、多少の規制は手段として排除するのは困難、という事です。


自殺者は死後の自分の肉体がどうなるかを分かっているのかも知れません。南朝鮮の場合、女性よりも男性の方が2.3倍多く自殺するのですが、南朝鮮男性は普段からきれいな死に方を考える傾向があり、過去には物議を醸したこともあります。

金田も首吊りの現場を見たことがありますが、正直きれいではありません。飛び降りも同様です。そうなれば"比較的苦しまずにきれいに死ねる"練炭を選ぶ、という事です。

自殺は遺された人の悲しみを考えているとは思えません。お辛いかも知れませんでが生きる道は必ずあります。正しい道を是非選んで欲しいと切に願っています。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

【社説】北朝鮮の実情、韓国政府は把握できているのか (2015.5.2 朝鮮日報)


北朝鮮・朝鮮労働党の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が、5月9日にモスクワで開催される対ドイツ戦勝70周年記念式典への参加を見合わせた。これについてロシア・クレムリン宮の報道官は「金正恩氏の不参加は、北朝鮮の内部事情によるもの」とコメントしたが、正確な理由はわからない。いずれにしても核問題で中国との関係が行き詰っている中、北朝鮮は唯一の頼みの綱とみられたロシアに対しても、外交面で不快感を抱かせたことだけは間違いない。

金正恩体制の北朝鮮から聞こえてくる衝撃的なニュースはこれだけではない。韓国の情報機関・国家情報院によると、金正恩氏は今年に入ってから15人の高官と、銀河水管弦楽団の総監督など4人の芸術家を公開処刑したという。幹部らが自らの指示と少しでも異なった見解を示せば、金正恩氏はそれだけで「自らの権威に挑戦した」とみなし、見せしめとして公開処刑を行っているようだ。公開処刑された高官は2012年には17人、13年10人、14年は41人に上っている。

金正恩氏は権力を握ってから4年が過ぎた今もなお、孤立した生活を送りながら恐怖政治によって権力を維持している。例え北朝鮮のように閉鎖された体制であっても、これほど異常な状況が今後も永遠に続くことはないし、またいつか突然何らかの大きな事態が発生する可能性も当然考えられる。そのため我々は北朝鮮の現状について常に鋭意注視しておかねばならない。ところがその中心的な役割を担うはずの国家情報院は、ロシアが「金正恩氏は戦勝記念日に出席しない」と発表する前の日まで「金正恩氏はロシアに行く準備をしているようだ」などと国会に報告していた。このようにずさんな情報収集能力では、北朝鮮で何らかの事態が発生した場合、適切に対応することなど到底不可能だ。(抜粋)

なるほど、北朝鮮は昨年、41人も処刑したんですね。それでは、南朝鮮が1年で殺す将兵の数は何人ですか?10人ですか?それとも20人でしょうか。

答えは5年間では368人です。

そう、自殺、という手段で殺していくんですね。自殺せざるを得ないように仕向ける。北朝鮮の倍近い将兵を"処刑"しているんですね。で、この人数は減っていますか?増加傾向にあるんですよね。気にくわないヤツは自殺に追い込む。これは軍隊だけではないんですね。

前議員や元大統領も自殺に追い込む。

上手いものです。自らの手を汚さず、自殺してくれりゃあ、裁判も省けますしね。そこはさすが徳治の国です。法なんてものは関係ない。邪魔な奴は暗殺しないで自殺に追い込む、というのが今の南朝鮮の流行ですよね。

これだけの人間を追い込んで自殺させて、それも軍や官だけでなく民にも広がっているんですよね。

>孤立した生活を送りながら恐怖政治によって権力を維持している。

これだけ読んだら、お嬢様の事じゃないですか?(ここ、一応、?、ですからね!断定していませんよ!)
成完鍾を自殺に追い込み、次はネズミですかね。それとも元秘書室長でしょうか。はっきり言って、南朝鮮が北朝鮮のことを嗤うことなんてできる立場じゃない。

それは心に刻んでおいたほうが良いんじゃないですかね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

野外公演転落事故:実務担当者が死亡、自殺か

(本文)

野外公演中に換気口が崩落し16人が死亡する事故が発生した「第1回板橋テクノバレーまつり」の実務担当者オさん(37)が、遺体となって発見された。

18日午前7時22分ごろ、京畿道城南市の板橋テクノバレー内の道端で、京畿科学技術振興院に勤めるオさんが死んでいるのを通行人が発見、警察に通報した。

オさんは今回のイベントの企画担当者で、前日に警察の捜査本部で調べを受け、帰宅した。警察はオさんが板橋テクノバレー内のビル10階から飛び降り自殺をしたものとみて、事故の詳しい経緯を調べている。

死亡したオさんは、京畿科学技術振興院運営企画本部に在職していた。同院は、換気口崩落事故が発生した「第1回板橋テクノバレーまつり」の主催者で、ステージの設置費用などとして1950万ウォン(約195万円)を、同まつりを主管するイーデイリーに提供していたという。

(本文ここまで)

キリスト教では人は神の創造物の一つであり、それ故、命の選択は神に属するという考え方になると思いますが、本来、儒教的な思想においては、絶対的な神の存在がないので、命の選択は個人に属すると考えます。

もちろん、親から受けた肉体に傷をつけることは儒教的な教えからすると、もちろんダメで、そういった考えから見た場合、親より受けた命を自らの手で終わらせることは反儒教的な行動ということになります。

それなのに、何故、南朝鮮では自殺が多いのでしょうか。

先ず、本来的な儒教の教えが既に崩れてしまっているからです。"スペック"を上げるためには、自分の体を傷つけても良いという風潮。親に対する恩や崇敬の念の喪失。こういった事から、体を損壊することに対しての罪意識がなくなってしまったのです。

もう一つは南朝鮮独自のキリスト教的自殺観です。

先ほども書いた通り、本来、人の命の所有権は神にあります。それを自らの手で終わらせることは罪、というのが従来の考えだったのでしたが、ここまで自殺が多くなると、遺された家族は罪の意識を強くせざるを得ません。そこで、自殺の種類、という考え方が広まることになるのです。

例えば心身衰弱状態での自殺は罪なのか。余命短く苦しみを避けるための自殺はどうなのか。キリストを受け入れた人が自殺をしたら未信者と同じになるのか。そう、苦しみの中で自殺を選ぶのは罪ではないという意識が彼らの中にはあり、特にクリスチャンであれば自殺をしても天国に行けるという考えがあるようなのです。

だからこそ、自殺への敷居は低く、ちょっとした困難で自殺を選択してしまうのです。

同胞に声が届くか分かりませんが、キリストは自殺を勧めていません。神を受け入れれば天国に行けるという契約ではありますが、キリストを受け入れたものはその行いで宣教を行っていく命令を受けた身でもあります。苦しみの中であってもあなたと共に居て力を与えてくれるキリストと困難を乗り越えて欲しいと私は強く願います。

神の御許にて平安がオさんと共にありますように。。。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

韓国軍:また要注意兵士が自殺、言葉の暴力に悩む

(本文)

今月19日、江原道江陵市の陸軍部隊に所属する上等兵(22)が、休暇中に光州市の自宅で首をつって自殺していたことが分かった。この兵士は「要注意兵士」に分類されており、所属部隊では「言葉の暴力」に悩んでいたことが分かった。

~~

上等兵は部隊内で7回にわたって自殺を図ったが、部隊側はこれを家族に説明していなかったことが分かった。遺族は「要注意兵士に対する十分な管理を怠ったため、先輩兵士による言葉の暴力に苦しめられた」と主張している。

(本文ここまで)

上等兵の自殺が日本語訳されたにもかかわらず、金中佐という指揮官の自殺は日本語訳されていないのはなぜでしょうか。

それはさておき。

正直、安い給料でいつ戦争が起こるか分からない現場に投入されるのですから、精神状態もおかしくなってしまいますよね。しかも、自殺未遂7回も行っているんだったら、一刻も早く精神科に回した方が良かったのではないかと日本人なら思いますよね。

そこが、南朝鮮人との違いです。

日本人は恥の文化ですが、南朝鮮はそういった面では名誉の文化かもしれません。自殺未遂なんか起こされたら「よくも俺様の名誉を傷つけたな!」となるのが南朝鮮人の指導官なのです。自殺未遂を繰り返せば繰り返すほど、南朝鮮では風当たりが強くなり、逃げることが容易ではなくなってしまいます。

日本も自殺は少なくありませんが、ここまで多くの人が他者のいじめで自殺を選ぶ国は南朝鮮位なものだと思います。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

サムスンソウル病院「韓国人のうつ病は危険水位」

(本文)

韓国人に自殺を伴ううつ病が多いことが分かった。

サムスンソウル病院は12日、精神健康医学科のチョン・ホンジン教授チームがこのほど米ハーバード医大精神健康医学科のチームとともに韓国と米国のうつ病患者5300人余りを対象にした比較研究結果を発表したと明らかにした。今回の研究結果は国際臨床精神薬理学会最新号に掲載された。

韓国ではサムスンソウル病院など14の大学病院で1592人の患者が、米国ではハーバード大学付属マサチューセッツ総合病院など14の主要大学病院と41のクリニックを訪問した患者3744人が研究に含まれた。韓米両国が協力して大規模なうつ病研究を進めたのは今回が初めてで注目される。

教授チームによると、うつ病の尺度の総点が韓国の患者の場合14.58点で、米国の患者の19.95点に比べ全般的に30%ほど低かった。だが、同時に測定した生活の質の尺度(Q-LES-Q-SF)でうつ病の深刻度は韓国が39.15点で米国の37.33点に比べ高かった。

韓国のうつ病患者は米国の患者に比べ同程度のうつ病でもうつ病の深刻度が低く評価されているとみることができるが、不眠症、食欲低下、不安、体重減少、健康不安などの症状を多く訴えていると調査された。

特にうつ病が自殺のような最悪の状況に達するケースは韓国がはるかに深刻だった。自殺を深刻に考えていたり最近自殺を図ったことがあると答えた比率は韓国の患者が6.9%で、米国人の3.8%の2倍近くになった。チョン教授は、「感情が抑圧されあまり表現をしないので自殺の兆候が現れる程度になってから気付いて病院を訪れる患者が多い。病院に来てもこうした指向が明確に現れるため治療を難しくする要因として作用する」と話した。

(本文ここまで)

南朝鮮で自殺が多いのは遺伝ではありません。今のところ。

自殺が増えた要因は、深刻な経済的状況ももちろん関係しますが、
・過度な競争社会
・他人を信用できない
事が自殺を増加させる原因だと思うのです。

過度な競争社会は脱落者に対するセーフティネットが極度に不足します。
成績が良くないとイケナイ。
一流の大学を出なければイケナイ。
一流の企業に就職できないとイケナイ。
職場で一番の出世頭でないとイケナイ。
小さい頃から死ぬまで競争を強いられる社会です。そこから道を外れたら挫折しかない、というのが南朝鮮の社会です。挫折から立ち直るすべはありません。

それにも関わらず、心を割って自分の葛藤を受け止めてくれる人がいないというのも南朝鮮社会の特徴です。理由は簡単。人を信用できないから。
感情を抑圧する事を小さい頃から叩き込まれます。これは、在日朝鮮人も同じですが、彼らはその抑圧度は更に高いのです。感情を表出しても受け止めてくれるか分からない。だから内に込めてしまい、爆発すると手が付けられない、もしくは精神を崩壊させるのです。

自殺が多いのは遺伝ではありません。
それは、あくまでも今のところで、次世代には遺伝しているでしょう。
natureに畏怖は遺伝するという論文が紹介され話題になったことがあります。南朝鮮人の自殺へ駆り立てる衝動性は次世代に遺伝することになります。

日本人と南朝鮮人のIQはあまり変わらないことが知られています。南朝鮮教育界の7不思議の一つです。どうして、勉強に明け暮れているはずの南朝鮮人のIQと遊んでいる日本人のIQは同程度なのか、というものです。今の南朝鮮の教育システムは過剰で、そこまで頑張らなくてもIQが上がることを意味しているのです。

これ以上壊れていく同胞の姿を見たくありません。
いつか気づく事があるのでしょうか、、、


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ