在日朝鮮人から見た韓国の新聞

韓国の新聞を新米帰化人の目から見て、韓国で報道されている内容の中から気になることやウラ読みについて書き綴っていきたいと思います。

タグ:GDP

韓国経済、3年ぶりに3%台の成長率 (2018.1.26ハンギョレ)


昨年韓国経済成長率が3年ぶりに3%台に復帰したことが分かった。半導体など輸出と設備投資が大幅に増加した結果だ。ただし、第4四半期には9年ぶりにマイナス成長になったが、1.5%成長という業績を見せた第3四半期のベース効果のためと分析された。 (抜粋)

以前、少し書きましたが、南朝鮮のGDPの計算は日本と少し違っていて、およそ3%嵩上げされています。ですから、今年、ようやくプラス成長になった、と言うのがこの記事の本当の意味するところであり、また、この成長はお嬢様が行ってきた政策が身を結んだ結果、という事でもあります。

まぁ、今回はもう少し別な視点でこのGDPを見てみたいと思います。

他国の経済に興味を持っている人は、南朝鮮の経済成長に疑問を持つことが多いと思います。なぜ、南朝鮮の企業の売り上げなどから見た推測値よりもGDPが“低い”のか、というものです。もっと成長率は上がるはずなのに、何故だか低調である事に疑問を持つと思うのです。

特に、南朝鮮における貿易依存度は2016年で77.68%にもなります。貿易が堅調だった昨年はもっと成長できたハズ、と考えるのは自然な事なのですが、実は、南朝鮮にはGDPを押し下げるマイナス要素が存在しているのですね。良く知られているのは、腐敗とストライキです。

Transparency International という団体があります。国際透明性機構と訳されている団体で、日本語版のサイトには「汚職・腐敗と闘う」という勇ましいキャッチフレーズが掲げられています。結構、偏った団体なのであまり金田の好みではないのですが、この団体、腐敗認識指数(CPI)というものを出しています。その2016年版を見ると、南朝鮮はOECDの平均の68.6を大きく下回る53だったのです。

偏っている、から、南朝鮮の点数は53で済んでいると思うのですが、南朝鮮はこの腐敗がなくなるだけで、一気に経済にとってプラスに作用するのです。例えば、2015年、南朝鮮の防衛費における不正額は1兆ウォンに達すると報告されています。何せ、キムヨンラン法が施行されるだけで11兆6000億ウォンもの売り上げが下がると言われるくらいですから、腐敗の浸透度は相当なもので、この腐敗がなくなるだけでも経営効率化はかなり進むのではないかと言われています。


そして、何より経済成長の枷となっているのはストライキですね。例えば、2016年の現代自動車のストライキは会社に3兆1000億ウォンもの損害を与えています。こういった腐敗とストライキがなければ、南朝鮮経済はもっと拡大していたのでは、と言います。


ですが、もっと南朝鮮経済にとって足を引っ張っているものがあります。それは外交です。昨年十月、現代経済研究院は、2017年の1年間で、北朝鮮関連とTHAAD報復だけで28兆ウォンもの損失を与えた、と発表しました。もっと賢く外交を展開していれば、この損失はもっと抑えることができた事でしょう。

特にお月様は従北ですから、北朝鮮リスクでこれだけの経済損失を被ったのですから、今まで以上、北朝鮮に擦り寄ったのは自然な事だったのです、それが平昌オリンピックを平壌オリンピックに鞍替えしたもう一つの理由だったのですね。


腐敗をなくし、ストライキをせず、外交が上手くなる。どれも南朝鮮では達成不可能なものばかりですが、彼らが本当に生まれ変わってこれらを解消すれば、GDP4%なんて軽くクリアできるようになると思いますよ。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

8月の輸出17.4%増 8カ月連続で2桁の伸び=韓国 (2027.9.1 朝鮮日報)
韓国の4~6月GDP成長0.6%にとどまる=民間消費は回復 (2017.9.1 朝鮮日報)

【世宗聯合ニュース】韓国産業通商資源部が1日発表した8月の輸出額(通関ベース、速報値)は前年同月比17.4%増の471億1600万ドル(約5兆1900億円)だった。輸出の増加は10カ月連続。また、8カ月連続で2桁の伸びとなった。 (抜粋)

輸出は自動車や化学製品を中心に2.9%減少、輸入も原油が減り1.0%減となった。   (抜粋)

輸出は8ヶ月連続で前年同月比で2桁の伸び率。それにも関わらず、輸出は2Qは1Qよりも2.9%も輸出が減少。6月は月間基準で統計取って以来歴代2位の514億ドルもの輸出をしているにも関わらず、です。

この辺りは、きっとどなたかが解説してくれると信じて、金田は別の事を書かせて頂きます。


お月様の目標は年間1兆ドルの貿易額回復を "暗に" 掲げているのですね。で、1Qは前期比1.9%増だった事から1年の折り返しでいうなら、マイナスだった、という事です。ちょっと年間1兆ドル目標に暗雲が漂い始めました。

お月様は経済がダメダメな方なんですが、1年目に2014年以来遠ざかっている年間1兆ドル目標を達成し、国民に強くアピールしたいのですが、10月は中国メーカーの半導体工場が稼働を始める予定ですから、現代自動車だけでなく、サムスンも厳しくなるんですね。

さて、徳政令が国民消費を支えていますが、それがいつまで続くか。建設投資は6.5%も下げているし。やはり10月にはおきまりの成長率予想の引き下げが発表されるのでしょうかね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

韓国の昨年輸出額 世界6位に上昇=日本は4位維持 (2016.2.8 朝鮮日報)


【ソウル聯合ニュース】韓国の昨年の輸出額は5269億ドル(約60兆128億円)で、世界順位は前年より1ランク上昇し6位になった。

 世界貿易機関(WTO)が18日までに主要71カ国の昨年の輸出額を集計した。世界的な景気減速により、71カ国の輸出額は計15兆2150億ドルと前年に比べ11.0%減少した。韓国の輸出額も8.0%減ったが、世界全体に占める韓国の割合は前年の3.35%から昨年は3.46%に、小幅ながら拡大した。

今回は、りりーさんの覚えた違和感が違和感ではない、という事を書いていきたいと思います。その前にKEPCOの発電レポートから数字を引っ張っておきたいと思います。


2014年の発電電力量 単位:GWh
2014電力
2015年の発電電力量 単位:GWh
2015電力
ともにKEPCOより

2014年の年間発電電力量は51万7771GWhに対し2015年は52万2342GWh。増加量はわずか0.88%に過ぎません。ちなみに、2013年から2014年は0.84%増。おかしいですね。何がおかしいかと言うと、もちろんGDPとの関係です。

GDPは様々な要因から算出されますが、基本は何を生み出したか、で決まります。で、実質GDP成長率を見てみたいと思いますが、2014年の実質GDP成長率は3.3%で2015年は2.6%。

ですが、2014年の輸出は4.3%の増加に対し、2015年の輸出は8.0%も減っているのです。もう一度、前年度比での電力量を見てみると、2014年が0.84%増で2015年が0.88%増。


2015年は国民の借金奨励によりマンションと車をバンバン買わせました。それでも輸出減を補っての2.6%成長率は少し疑問です。もう少しじっくりと関連文書を読み込んでみようかな。ざっと見ではこんな数字が出るはずがないからで、2013年の変更がなければマイナス3%近い事は分かっていますが、実際はもっとひどい状況を示唆する材料が多すぎますから。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

総合景気予測値、MERS以前の水準回復 (2015.8.30 朝鮮日報)


全国経済人連合会(全経連)は30日、売上高上位の企業600社を対象に景況判断指数(BSI)を調べた結果、9月の総合景気予測値は95.1となった。中東呼吸器症候群(MERS)流行以前の水準を回復した。

BSI総合景気予測値は前月(89.6)を5.5ポイント上回り、MERS流行以前の6月(96.4)に近い水準に回復したが、景気判断の分かれ目となる基準値(100)は下回った。総合景気予測値は3月(103.7)がピークで、4月以降は6カ月連続で基準値を下回っている格好だ。

全経連のホン・ソンイル財政金融チーム長は「BSIがMERS以前の水準を回復しても、中国リスクなどで安心はできない。着実な構造調整と研究開発投資で実質的な競争力向上に努めるべきだ」と指摘した。

まぁ、9月には秋夕(チュソク)がありますから多少なりとも金回りが良くなってくれないと厳しいので「景気が回復して欲しい!」という願望が表れたんでしょうね。

例えば、7月の訪韓外国人数は62万9737人で前年同月比でマイナス53.5%、頼みの綱の輸出額も前年同月比マイナス3.3%、国内自動車販売も国内5社の前年同月比はプラス6.4%ですがこれは大幅値引きと金利負担などがあってこその数字。それなので販売額も対して増えない上に利益率も下がってしまうんですね。

実際に現代自動車の上半期における売上・利益率ともに対前年同期比でマイナスでしたし。要するに、昨年より厳しい状況に陥っているのです。


ちなみに、昨年から南朝鮮のGDP算出法が変更されたのは以前も少し触れましたが、もう少し細かく書くと研究開発(R&D)や武器類、文化コンテンツに対する支出がGDPに上乗せされ、その結果、4%ほどGDPが膨れ上がることになりました。

何せ、南朝鮮は結構、武器輸出は多いですからね。という事で、GDPは一応、プラスですが、従来の計算だと昨年から実質マイナスだったワケで、今年は更に厳しいのですから景気基準が標準を上回るはずがないのです。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが同胞と戦う支えになります!
人気ブログランキング

昨年のGDP成長率3.3% 建設業など低調=韓国 (2015.3.25 朝鮮日報)


【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が25日発表した昨年の国内総生産(GDP)の実質成長率は前年と比べ3.3%増だった。

四半期別の成長率は1~3月期が前期比1.1%、4~6月期が0.5%、7~9月期が0.8%、10~12月期が0.3%だった。10~12月期の成長率は速報値(0.4%)よりやや鈍化した。

ただ、前年はマイナスだった設備投資は5.8%増と好転した。(抜粋)

南朝鮮人は誰も実感していませんよ。3.3%も成長したなんて。

この記事を読んでも「それなら何でこんなに生活が苦しいんだ?」と思っている事でしょう。ですが、これってやっぱり現実と違うんですね。

どうしてこの記事には「いくらからいくらになった」、という数字がないか。GNIだけは数字が出ていますけど、なぜだかそれもドルになっています。そう、この記事は為替のトリックがあるからなんです。

それでは実際に年平均の為替を確認してみたいと思います。2013年は1ドル1094ウォンでしたが、2014年は1ドル1053ウォン。これだけで3.4%も上昇しているんです。ここで「あれ?」と思った方、素晴らしい!もし、ウォンベースでの実質成長率が0%であっても、為替の関係でウォンが3.4%上がれば、ドルベースでの成長率は3.4%になるんですね。

それなのに3.3%?

ウォンベースではマイナスだったんかい!という事でしょうか。そりゃあ、実感しないですよ。でも、政府としては「良かった!ウォン高で。」という感じなんでしょうね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

「韓国は経済力で人種差別」米紙が批判

(本文)

「韓国が人種を差別する基準は経済力だ。相対的に貧しいアジアの国々の人々がターゲットになる傾向がある」

米ウォール・ストリート・ジャーナルは12日、「韓国は経済力で人種差別する国なのか」と題した記事を掲載。「韓国は外国人が人口の3%しかおらず、皮膚の色が違うと目立つ場所だ。人種に対する韓国人の不理解が奇妙な形で表れることもある」と伝えた。

同紙は最近、ソウル市の梨泰院の飲食店で起きた「エボラ警告文」事件を例に挙げた。外国人客が多いこの店は「申し訳ありませんが、エボラウイルス(流行)のため、アフリカのお客様はお断りします」という告知を入り口に掲げたところ、外国人の強い抗議を受けた。

同紙は昨年6月、プロ野球ハンファ・イーグルスの金泰均(キム・テギュン)選手(元千葉ロッテ)がロッテ・ジャイアンツの黒人投手、シェーン・ユーマンについて、「黒い顔のせいで、彼がマウンドで笑うと白い歯とボールが重なり、ボールが打ちにくい」と発言し、国家人権委員会から警告を受けたケースも紹介した。

同紙は「今日の韓国社会の人種差別意識は1950年代以降に形成されたものだ」と指摘した。韓国戦争(朝鮮戦争)以降、経済成長に集中し、外国に対するイメージも徹底して「経済力」が基準になったとの説明だ。同紙は「最近の韓国政府の外国人在留許可もウズベキスタン、ベトナム、中国、フィリピンに対しては徐々に厳しくなっており、多文化の多様性を生かすのではなく、韓国社会に吸収することに焦点が合わせられている」と分析した。

インターネットに掲載されたこの記事には、読者から「韓国は教育熱が高いというが、その結果が行動に反映されないようだ」「韓国人は開発途上国で特に無礼な振る舞いをする」といった書き込みがあった。

(本文ここまで)

言論の自由では世界で70位(日本は32位)という南朝鮮。言論の自由と差別ってリンクするんですよね。やっぱり規制が強くなり抑制されると、その鬱屈した感情はどこかに向くものです。そういったモノって、自分たちが弱いと思い込んだ方向に向かうんですよ。その価値基準が数値化されたもの全般なのです。

ウリの中にも叙階があります。例えば、馬鹿らしいことに身長だったり、足の速さ、ラブレターの枚数から、大学の偏差値、TOEFLのスコア、会社の知名度や役職、そして年収。こういったツマラナイもので互いに比較しあってウリの中の叙階を作り上げて行くのです。

ウリの中でもそうなのだからナムであれば、その考えはより強くなって行きます。基本、ウリはナムよりも優秀でなければいけませんから。そのウリ(南朝鮮)から見たナム(他国)を比較する最もよく使われる指標がGDP。GDPが高ければ、ウリと同じ(決して"上"ではありません)であり、GDPが低ければ、ウリより下と考えるのです。

中国はGDPが世界第2位で南朝鮮の遥か上に位置するハズです。それなのに人種差別をする国として中国が含まれるのは、つい近年まで、南朝鮮の下に位置していたからで、順位を抜かれた今でも、相手を下に見たいからです。昔の平安貴族が力を付けた受領に向かって「受領のくせに!」と言っていたのと同じですね。日本に比べて1000年遅れているというのも分かる気がします。

こういった素地があっての鬱屈した感情+経済の低迷。そのハケ口にされたらたまったものではありません。

ただ、ここでいきなり教育熱心が出てきますが、全く関係ありません。教育も単にウリの中での地位を高めるためのモノですから、借金してまで大学に行きます。まだまだ、アメリカは南朝鮮を理解していないですね。


いつもお読み下さりありがとうございます。あなたの一押しが励みになります!
人気ブログランキング

このページのトップヘ