2018年09月15日

E71 X6 エンジン不調 インジェクター

正寛です

高校野球秋季、岩手県大会が始まった

母校は今日試合。見に行きたかったけどお仕事だし・・・一回戦勝った

今年は大船渡高校が注目

ピッチャーの佐々木君はMAX154kmの剛速球投手だしね

この前の休み、地区予選を大船渡まで行って見てきたよ

きっとプロ入りする選手だしね、超有名になる前に!っとミーハーな心情





さて

E71 X6

IMG_0347


エンジンが非常に調子悪くてご入庫

エンジンをかけると回転は上がるもののボフボフボフボフっと

ピコーンとエラー表示が出る

IMG_0320


白煙がひどいので長時間かけていられない

白煙はほぼガソリンの香

っということで故障コード

IMG_0289


複数シリンダーのミスファイヤーと他に高圧側のプレッシャーセンサーの妥当性

また高圧ポンプの不良か?

実測値で高圧側プレッシャーセンサーの値を見る

IMG_0281


値はほぼ高圧ポンプが作動していない値で供給側のポンプの圧力値

やっぱりポンプ不良かな?っと

んでも回転を上げると圧力が上がる

IMG_0581

IMG_0318


ラフアイドル

決め付けるには引っかかるねぇ・・・白煙凄まじいし、ガソリン臭だし、なんか違うなぁっと

エンジンのかけ始め一番最初に失火のエラー入力されるのは4番らしい

プラグとコイルは問題ない

インジェクターがお漏らししているのか?

フェイルセーフに入るまでのちょっとの間で波形を確認

IMG_0465


信号は良さそうだね

燃料カットした後、全プラグを確認

調子悪いので全体的に煤けているけど、お!4番だけずぶ濡れです

燃料カットしているはずなのにずぶ濡れはオカシイネん

やっぱりインジェクターの不良か!

このインジェクターはピエゾ式インジェクター

ピエゾ素子は圧電素子の一種で、振動を加えると電流が起きる物質の総称。ノックセンサーにも使われている。

逆に電圧をかけると振動する。

ピエゾ式インジェクターはこの特徴を使ったインジェクター。

ソレノイド(電磁式)バルブに比べ、応答が速いのが特徴で、噴射間隔でいうとソレノイド式が900分の1マイクロ秒、ピエゾ式が1万分の1マイクロ秒なんだそな。

因みに多段噴射が必要な理由は、燃焼を段階的に発生させることで、完全燃焼と燃焼温度を低減させるため。

tyoku


ピエゾ式インジェクタは、ガソリンを超微細噴霧にして燃焼室に噴射するので、燃焼室内に成層状態の混合気をつくることができ直接点火することができるということ。



点火プラグ周辺に燃料濃度の高い混合気を持ってくることで少ない燃料で燃焼を行うことができるわけ。(成層燃焼)

なので燃費向上になるのね

っということで、燃焼室をスコープで確認

IMG_0313




イグニションオンで燃焼室に雨が降ってくる

っということは、常に燃料を落としていたということ。・・・恐ろしい



供給ポンプでこれなので、高圧ポンプ作動ゼロな程のダダ漏れって事は…

こんなことも起きるんですねぇ

インジェクター交換

エンジンオイルにはガソリンが混入してるのでインジェクター交換してもリッチ

エンジンオイルも交換

IMG_0322


安定したっと







さてさて、

今年も夏は終わったなぁ

IMG_0154


今年最後に食べたことになるだろうスイカと思われるの巻





kanehirajidosya at 23:03│Comments(0)clip! | 現場

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔