2018年11月17日

audi A6 4G DSG DCT S−トロニック メカトロニック故障

正寛です。

ついに氷点下になった盛岡

超寒い🥶冬がもうすぐな今日この頃

ベトナム同居人

先に家に帰っているのだけど

後から帰ると、イラッシャイマセェ!っとお出迎え。

ちょこっと日本語違う気がするんですけど…ま、いっか





さて、audi 4G A6

IMG_1507


DCT故障。AudiなのでS-トロニック故障

シフトをRにしてもバックしなくなってしまった。

変速も不良っと非常に遠方からご入庫

IMG_1510


DCTの故障はほぼ国内には個々の部品供給が無いので普通に交換となるとユニット供給なので、とっても高額だったりするわけ

メカトロニックにしてもASSYとなると数十万円はするからねぇ

部品供給が少ない国内の状況にも要因はあると思うんだけどね

なので普通に数十万円の部品でも、ASSY交換が必要です!っと簡単に言われちゃうから恐ろしい

っということで

故障コード

IMG_1509


P174F00 ギヤトレーン2バルブ4

マニュアルトランスミッションと同じ平行シャフトで、変速は2系統のクラッチで作動制御する

2系統のうち一方が奇数段側、もう一方が偶数段側を制御する

ギヤトレーン2系統のうち2番のソレノイドバルブ4番の不具合とのこと



故障コードから以前の記事を見て盛岡からは遠い山形からお問い合わせをくれた

A6 DSG DCT S-トロニック 故障

っということで詳細点検

IMG_1505


メカトロニック取り外し

メカトロニックはバルブボディとECUが一体となったもの

なので、コンピュータが言っている故障箇所はここの何処か。

IMG_1489


IMG_1490


故障箇所を特定する

故障箇所はECUからの信号供給回路基板

回路基板2箇所の断線

回路基板修理

IMG_1504


他、ソレノイドバルブ本体も通電テスト

ソレノイドバルブは異常が無い

IMG_1491


ECUは本体付きなので外部テストではなく組み付け、作動テスト

っということで、純正よりも信頼のルブテック

IMG_1508




バックした

直った









さてさて、

モンチとバンチはいつも。リトルココは時々だけど

最近残りのしっぽ族が順番に体調が良くない様

やっぱり猫は寒いのは苦手なのかねぇ

朝晩の冷え込みで風邪をひいてしまったみたい

IMG_1515


ベンツとガンチは今まで病気ほぼ無しですが

ちょっとお腹の調子が。

カメさん🐢も最近陣地から出てこないので、冬眠?したの?

秋から冬に季節の変わり目

そろそろ雪が降る

体調にはお気をつけての巻













kanehirajidosya at 23:43│Comments(0)clip!現場 | 独り言

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔