2018年12月10日

W124 ヘッドオーバーホール

正寛です

トリプルアクセル並みの気温変動なので

夕方から気温と共に活動力が低下して

早くシャッター閉めちゃいたい今日この頃

んでも、まだ気温的にはそれほどでもなく

今時期を乗り切ると唇カサカサ💋になって

一日中氷点下でも身体が慣れるんだっけ

なので、今が体感的には一番キツイ時期なのね

それはそうと手を上に上げてクルクルジャンプはカッコいい😊






さて、W124

IMG_1750


エンジン不調と共にオイル漏れでご入庫

オイル漏れは大きくないものの、漏れているのがシリンダーヘッドガスケット部分と厄介

IMG_1418


冷却系に吹き返しはなくて圧縮抜けもない、不具合とすると若干の漏れのみ

ルブテックなセラミック粒子的漏れ止めが効果発揮しそうな案件ではあるのですけど、もはや124的に納得いかない様

っということで

ヘッドオーバーホール

IMG_1407


30年ほど前のクルマだけど、この頃のクルマは素材寿命も今のクルマより遥かに長いだろうと思われ、この先30年経っても、これから作られるクルマが年老いても動いていられるだろうなぁ

っということで、ヒエウに面を磨いてもらい

IMG_1458


IMG_1455


ストレートエッジで歪みを点検

IMG_1529


…残念

やっぱり歪みを起こしてくれてるようで、シリンダーヘッド側は許容基準を超えている

ヘッド側で8/100が許容だったかしら?

IMG_1530


10/100mmのシクネスゲージが通ってしまう

ブロック側も基準値ギリギリ

…あらまぁ

少なくともヘッド側は面研磨が必要でしょ

ブロック側研磨となると、エンジンASSYのオーバーホール

ヘッドオーバーホール的なレベルではなくなるのでね

とはいえヘッドも削り過ぎると標準ガスケットが使えないのでねぇ

研磨は伊藤ボーリングへ

IMG_1591


ピッカピカなピッカピカ

バルブもすり合わせ



エキゾースト側は小さな虫食いがある

IMG_1691


キレイに密着するまで意外に時間かかり

IMG_1692


IMG_1725


きっと元気になるでしょう

インジェクターはルブテックインジェクションクリーナーにつけ置いてから超音波洗浄

IMG_1665


きっと元気になるでしょう

EXマニホールドもなんかキレイにしてみた

IMG_1724


きっと元気になるでしょう…んてねん

6CA2773C-37F4-46CC-8F37-1DF638394C97


んで、組み付け、ガス調節で直った







さてさて、

カネジ2号も着々と

4539004F-6B1C-45B6-B49E-59D81B48BF9E


アクセントはカネジトルネード螺旋階段

なぜか頭ぶつけそうな位置になってしまったけども、まぁいい

築35年の工場の中は自分で真っ白に塗ってしまいましょう!

っな最中なのですけど、時間が作れなくて全く進まない

6C40447A-1E46-436F-90DB-1DE2FF1ACBFF


…さぁどうしよう

年末。いつか総出でペンキ塗りしよう。

っということで、

944D2CAC-E2EF-4798-97E9-AE2335EF1E70


スタッフ募集!の巻

kanehirajidosya at 23:19│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔