2020年10月23日

ゴルフ DSG

正寛です

最近のコロナ禍における人のいなそうな名所な自由研究

外山は薮川のそばで本州で一番寒い地域

盛岡市内からは大分離れているけど盛岡

幼い頃からよく聞こえていた外山節という民謡があって山中の牧場で働いた女性が唄った唄なそう

わたしゃ外山の 日陰の蕨
誰も折らぬで 榾(ほだ)となる 
コラサーノサンサ コラサーノサンサ
(榾 ほだは木端や焚き木)

誰も手を出す人がいないので年取って枯れてしまうわっということらしい

意味もわからいままで耳に残っていた岩手の有名な民謡けど

なんか面白い

意味勘違いならごめんなさい




さて

ゴルフ

image


エンジン付近物凄いガラガラ騒音ですっとご入庫

騒音はこの前の別車と同じ・・・続くと繰り返されるミステリーだよね本当にこれは不思議

今回もエンジンとミッションの付け根からの異音

この車もDSG的なフライホイールなのでこの前よりもかちゃがちゃ音なので判断は難しいところだけど

やっぱり同じ不具合だな

まぁ分解しなくてもクラッチかフライホイールかなっと思われるほどの大きな音なのでね

ミッション側に不具合があるならすぐわかる感

image


これダメねぇっとトゥさん

手で動かせる程なガタガタなフライホイール

そっかぁ。。。うちで続いたのでこれもどうぞリコール?になってくださいませ

これも当時の新技術

新技術は経年でこういう不具合は致し方ないと思われる。

image


便利機能なんていうものは付いていなければ壊れることもないからね。

堪忍ね。。。これが進化だぞ。そういう不具合。

っということでフライホイールは交換必須なんだけど

image


クラッチも交換することに

ある程度はコンピューターが学習補正してくれますが

クラッチはクリアランス調整範囲がとってもシビアなので、組付けじは実作動を想定して調整するのが必須

image


正直いうとディーラーマニュアルな方法では誤差が多すぎるからね

マニュアル通りではそりゃ不具合も多いわけ

なので一回で決まる調整には確信がない微調整

ではあるのだけど、マニュアル以上な実作動を想定した微調整だし、私的にはもう5回やったしもういいんじゃね?

image


なところ

トゥさんがダメでしょ的な顔でとってもこだわるもんで目標数値の100分5ミリまで詰めたのだけど

・・・多分そこまでは大丈夫だよコンピューターが補正してくれるからね

っというように頑張ったので絶対に間違いないぞ








さてさて

再びレトロブームなのかもね

image


117クーペって最後いつ触ったっけっと思った最近

そうなんだよ

昭和的感覚的技術な感覚がいい

診る人の技量で調子が変わるような

追いつけないんだよ

本当に昭和な職人は本当にすごいんですよ









カネジはメカニック募集中



車整備・修理






































kanehirajidosya at 00:57│Comments(0)clip! | 現場

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔