2014年05月

2014年05月26日

盗難防止装置取付の日

カーセキュリティーの取付で御入庫

VIPER 

セキュリティーONの状態でドアを開けるとアメリカ映画で聞くような けたたましいサイレンが鳴ります。

本体の配線は取り付け説明書の通りですが、車種によって取付の難易度が違います。

とりあえず作動確認と思ってコネクターを入れると、でっかい音にビクッとして電源を抜いてしまいました。

ドアスイッチに連動してセキュリティーを作動させるほか、ドアロック・アンロックとアンサーバックとしてスモールランプにも接続します。振動感知もあるんですけど今回は付けません。

最近の車はスモールランプにもECUを回しているので、強制で作動させるのは大変です。

リレーはECU内部についていましたので、そこを加工するよりは、ON・OFFのみのスイッチ部分で加工したほうが簡単。

っということで、スイッチユニットをテスターで調べて、配線を半田付け。

スイッチをセキュリティー本体からのアンサーバック信号でリレーを使って作動させました。


2014-05-26-12-58-11

2014-05-26-12-58-02

スイッチ部分だけはアナログだからね


kanehirajidosya at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場

2014年05月24日

エンジン交換

今週はエンジンやミッションを下ろす修理ばかり(個人的に)

っということで、ミラ 

エンジン交換で御入庫。

調子はいいのですけど、白煙を吐くということで、オーバーホールではなくて、リビルト品に交換のご依頼。

2014-05-15-17-55-16

リビルト品はオーバーホールして売られているエンジンです。

交換部品によってはオーバーホールするよりも割安になります。

今回の修理はオーバーホールしたほうが割安の気もしますけど・・・

まぁ、ご依頼。

っということで、リビルト交換

2014-05-16-18-17-20

2014-05-16-18-17-06

リビルト品は中古と違って、エンジン本体しか来ません。

なので、古いエンジンから移設します。

軽自動車でよくあるのが、EXマニホールドの歪み。

この部分は高温になりますもので、長年使用すると面が歪んでしまって、新しいガスケットを使っても排気ガスがもれてしまいます。

2014-05-19-14-07-29

この車も。

ストレートエッジで調べると、両端が1mm以上そってました。

このままでは取付できませんので、本当は交換が必要なんですけど生産中止部品でしたので研磨して平らにしました。

ターボ付でなければ簡単な方法はあったんですけどねぇ。

その他、クラッチ交換でOK




kanehirajidosya at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場

2014年05月23日

圧縮低下

ライフ

エンジン不調で御入庫

3気筒のうち1番が弱いようです。

全く動いていないわけでは無いのですけど、他に比べて弱い。

圧縮を調べると通常12キロくらいのところ1番だけ4キロしかありません

軽自動車の圧縮低下でよくあるのがバルブの溶損です

調子悪いまま走ったり、オイル上がりオイル下がりの状態が続いたりが原因でシリンダー内で以上燃焼してバルブが融けてしまいます。

っということで、シリンダーヘッドを外してみます。

2014-05-19-15-33-29

やっぱりEXバルブが一本融けちゃっていました。

2014-05-19-15-31-40

2014-05-19-15-32-17

調子悪いまま乗ったり、オイルメンテナンスしないとエンジンまで壊してしまうんで、しっかり整備しましょうね






kanehirajidosya at 19:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場

2014年05月15日

ゴルフR デイライトコーディング

BlogPaint

ゴルフR

デイライト化コーディングで御入庫

っといいますか・・再入庫・・で・・す〜

先日、ご入庫の時にササッっと終了!!

・・・っと言うはずが、あれれ?

LEDは点灯しますがHIDヘッドライトが一瞬ついて消えてしまいました。

あれやこれやのうちに、切れていないのに左スモール切れの警告と、スモール点灯時、後部霧灯が点きっぱなしに。

設定を元に戻しても戻りません。

・・・やっばい。どつぼにはまって脂汗・・・な・ん・で?

勉強させてくださいと、もう一度後日にっということに。・・・すみません

っということでGW挟んでしまっての再入庫です

期間中ドキドキ模索!

2014-05-11-11-44-04

設定を一つ一つ確認。

まずは、後部霧灯と警告灯を何とかしましょう。っということで、この車のテールはバイト18

調べた結果、どうやらここの設定を変更したのがいけなかったようです。再設定。

これでテール、警告灯はOK

さて次は、っと  また模索。もうバイト18はいじりません。

2014-05-11-11-47-05

っということで、やっと分かりました。

どうやら長々とフォグランプの設定に一生懸命だったようです。分かってみると単純なんですねぇ。

っということで再コーディング。点いたぁ

これは本気でほっとしましたねぇ。

2014-05-11-11-44-262014-05-11-11-44-16

パネルスイッチとサイドブレーキ消灯を設定してOK

2014-05-11-11-44-40

お客さんの帰り際、ブログ書かせてくださいね。と言うと笑顔で楽しみにしときます。っとご返答

いや〜ご迷惑をおかけしました。

この次こそは完璧です。。。のはず

・・・この事件、いい人でよかった〜










kanehirajidosya at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日常 | 

2014年05月14日

アルファード エンジン

2014-05-14-18-58-01

アルファード (エンジン2AZ)

冷却水の噴き返しで御入庫

エンジンをかけると、サブタンクにボコボコと冷却水と一緒に泡が噴き出します。

冷却水が噴き返してしまうのは燃焼室のガスが冷却水のラインに繋がってしまうのが原因です。

例えば、オーバーヒートしてヘッドガスケットが壊れてしまったり、シリンダーヘッドに歪みや亀裂があったりすると起こります。

さてさて今回。

以前にイプサムで経験しましたが、ヘッドガスケットからの冷却水漏れ。(インテークマニホールドの下辺り)

2014-05-07-13-43-42

調べてみるとシリンダーヘッドをとめる10本のヘッドボルトのうち3本のネジ山が崩れてしまって完全に圧着出来ずに冷却水が漏れていた事がありました。

今回も同じエンジンで同じ辺りからの漏れなもので、何より先にヘッドボルトを点検。

やっぱり3本のネジ山が崩れていました。

2014-05-14-18-58-45

このエンジンはたまにあるみたいですね。

ここのネジ山が崩れると、穴も深くて ヘリサート加工も厳しい。

できたとしても今後を考えると、長期では怖い。

自分の車ならダメ元でやるけど、お客さんにはねぇ…

っということで、エンジン交換しかないなぁ


kanehirajidosya at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場

2014年05月13日

SLK 走行不能

2014-04-30-10-55-37

SLK 走行途中でギューンと音が鳴り出して遂には動かなくなりますっと御入庫。

ギューンっと鳴り出して徐々に動かなくなるのと、しばらくエンジンを止めてるとまた動くっということから、オートマミッションのストレーナーが詰まってるのかな?

多分、ギューンという音はATFを吸えなくて、エアー噛みしてる音でしょう。

っということで、試運転。

症状がなかなか出ずに30km

後で再トライしましょっと1時間ほどおいて再走行すると、5分で音がなり出し1kmで動かなくなりましたました-_-b。

やはり、オイルが回らずエアー噛みしてる音です。

オイルが回らないので多板クラッチにも圧力がかからずに滑ってる状態。

オイルパンを外してみると金属片はありません。取り敢えずセーフです

ストレーナーを洗い油で掃除してみると
大量のクラッチの削れカス。

2014-04-26-15-05-05


2014-04-26-15-56-52


結構な削れカスなので、いずれは多板クラッチの交換は必要になるんですけど、多板クラッチの交換もオーバーホールになりまして、結構な金額になりますもので、幸い正常時は滑りも変速不良も無いので、オイルラインを洗浄してカスを取り除いて乗ることに。

洗浄作業を3回繰り返し、ようやく綺麗になりました。

無事動くようになりましたyo




kanehirajidosya at 15:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場