2016年02月

2016年02月26日

e-4wd ジェネレーター異音 & maxisys

正寛です

冬の最後

暖かかったり寒かったりで、冬の肩こりが余計ひどくなった

塗り薬を大量に塗布しておるので、目にしみる今日この頃

さて、車検のキューブ、最近変な音がしますとご依頼。

エンジンをかけるとギューンという音。

音の発生源はe-4wdのジェネレーター。

e-4wdは後輪をモーターで駆動する4wd。

前輪が空転すると、エンジンの力で発電する専用の発電機で後輪のモーターに電気を送り駆動させる。

車が止まっていても呻っているのでベアリングかしら。

っということで、分解。

っといっても、取り外すのは意外に手間だったなぁ。・・・手がけたのは画伯ですけど

2016-02-24-11-08-56

分解してみると綺麗なもんですけど、ベアリングは少し引っ掛かりがありますねぇ。

交換。

それ以外は問題なし

2016-02-24-11-09-20

これで、大丈夫でしょう。まぁ・・駄目でも手間は画伯だしねぇ。んでも、駄目なら機嫌悪くなる?

頑張って取り付けてましたけど、異音は消えました。よかったよかった

・・・


さてさて、maxisys pro という診断機を購入。

2016-02-25-16-01-30
2016-02-25-16-02-01

この機械、なんとオンラインSCNコーディングが出来ちゃうから。

コンピューターのプログラムをオンラインでメーカーに繋いで変更するので、今までオンラインのコーディングはそれぞれ各メーカーのディーラーでないと出来ないものでしたんですけど・・・

どこまで対応してるかはまだ分からないけどねん

楽しみ楽しみの巻






kanehirajidosya at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!現場 | 

2016年02月16日

ローバーミニ3

どーも、ジンです。この前はミニが車検ラインに入ってから不機嫌になったところまで話したんだっけなあ。

えーと、なんだっけ? そうだ、ラッパとドライビングライトと、オーディオが死んだんさ。

なぜ、急に点かなくなった。あと、ハイビームのスイッチが固定できなくって・・・

まず、ラッパから見ていこうとしてグリル外して配線をチェック・・・。なにもおかしく有りません。ラッパ移植するときちゃんとしたもん。で・・・ラッパのカプラ―にテスターをあてて電圧を測ったら12ボルトきてました。移植したばかりのラッパがおかしいのかのう?配線をコネコネしてるうちにピーッとラッパが鳴るようになりました。

どういうこっちゃ? 配線を上流にたどっていくとヒューズボックス発見。ヒューズはおかしくないし、ヒューズの両端に12ボルトちゃんとあります。

ちなみにラッパのヒューズを見るとドライビングライトとオーディオも一緒になってる。おやっ?じゃあヒューズ関連か?ヒューズボックスをコネコネするとラッパやドライビングライトが良くなる時がある。不具合時にラッパのカプラ―を測ったら12ボルトきてましたが鳴らないということは電圧はきていても電流は流れてないのではといことで電球をつないで再びテスト。電球は点きません。でも12ボルトは来ています。配線の接触不良です。ヒューズボックスをいじると直ることからヒューズボックス内の接触不良が怪しい。
DSC_0041
そこで会長登場。古い車とかミニもそうだけどヒューズボックス内のカシメが緩んできて接触不良起こすことが多々有るとのこと。外して会長に渡すと30分くらいでヒューズボックスが帰ってきた。修理できたみたい。中をバラしてハンダを流しこんで接点を付け直してくれました。付けてみると良好良好。接点が微妙に浮いてた為にそこが電気抵抗になって電圧は来るけど電流が流れない状態になってたんですね。これで、ラッパ、ドライビングライト、オーディオ全て直りました。
もう一つ、ライトスイッチがハイビームで固定できないのは中で爪が折れてカチッていかなくなってたからです。これも会長に渡したらやっぱり数十分で帰ってきました。固定爪を直してくれました。良好良好。助かりましたカイチョ―。

ホッとしたところで次の日・・・今度は突然エンジンがかからなくなりました。二、三分前までかかってたのにエンジンを止めたらかからなくなりました。

手ごわいですね。なかなか車検テスタにたどり着けません。どうやら燃料ポンプが動いてないようです。でも燃料ポンプのカプラ―には電圧はきてます。また、昨日みたいに接触抵抗なのか?ポンプ本体を単体点検するとちゃんと動きます。車につなぐと動かないけど配線カプラ―には電圧が12ボルトきてます。

配線をたどると燃料ポンプの配線のつなぎ目のギボシが黒く焼けてます。ギボシの差し込みが弱く接触抵抗になって接点焼けを起こしています。ギボシを交換後クランキングしたらとっても良好。
DSC_0036
というわけで無事検査に合格したのでした。長い道のりでした。大事に乗ってくださいませ。ではでは。


kanehirajidosya at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月11日

W219 CLS500 エンジンかかりません

正寛です。

CLS500 W219

2016-02-09-10-55-26

ガソリンスタンドでガソリンを入れたらエンジンがかからなくなったっと電話

エンジンがかからないので走ってこれない。

なので積載引取

ガソリン入れてからなので、燃料ポンプかしらねぇ

現地でも燃圧の具合はみれるので、例によって燃圧テスト用のバルブを押してみると圧力が弱い

しかし最近燃料ポンプ続きますねぇ。

御入庫

まぁ一応燃圧テスト。0cmhg

2016-02-07-15-40-51

・・・分かってたけどね

エンジンまで燃料が来ていないので、ポンプ側を点検

燃料ポンプはリヤシートの下

燃料を作動させる信号パイロットランプで点検。

エンジンコンピューターは燃料を送ろうとしています。

2016-02-07-15-30-13

っということで、燃料ポンプの不良

この車は、プロペラシャフトとマフラーの上にタンクがあるので、左右にタンクユニットが付きます。



2016-02-09-10-55-342016-02-09-16-37-17

左側のガソリンはホースで吸い上げています。

交換

燃料ポンプは右側

2016-02-11-15-13-32

無事かかるようになりました。













さてさて、甥っ子が高校受験

先日合格したそうなので、プチお祝いの巻

image






kanehirajidosya at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場

2016年02月08日

ローバーミニ2

どーも、ジンです。この前のミニに続いてそののちの作業。

はい、ラバコンやステディロッドは解決したんけどそのほかたくさん。リバース灯はつかないし、スモールもだなぁ。

で、排気ガステスターオーバースケールが表示される位ガスが汚かった。これでは車検通りません。見るからに黒煙みたいの吹いてますもん。というわけでバキュームホースの破れを疑ってみた。ミニのエアクリーナー下のバキュームホースの根元よく砕け散って切れてることあります。吸入負圧をエンジンCUに入れる為のものでこれが切れるとエンジンCUに負圧が入らなくなって調子崩します。燃料噴射量が異常になってたんでしょう。案の定切れてました。修理後ガス数値は正常に。

このほかウォーターホースも水漏れ。プラグコードも被服が剥げてて、ちなみにオイラ感電しました。

ラッパも鳴らないなあ、などあなど。あとはご用命でダッシュパネルをウッドにしたいとのことなのでダッシュを外して、ついでにETC取付け作業もここで一緒にやりましょう。

おっと、マフラーも穴があいてるので、前に乗られていたミニから移植です。センター出しのシングル社外マフラーです。取付はリヤサブメンバーに穴をあけて加工してから取付けるやつです。
マフラーはエキマニより後ろを移植します。でもねえ、錆びててねぇ、ナット焼いてから頑張って回してみたんけど・・・折れたよ。というわけで何とか頑張って外してスタッドボルト入れ直して何とかなりました。

リバース灯はリバーススイッチがだめになってたので新品に・・・。スモール灯はヒューズ切れ。球も黒くなってたから交換して、プラグコードも移植。こんどは感電しません。

もんだいはウォーターホースです。下からも上からも手が入りません。入ったとしてもホースが通るスペースは無いなあ。というわけで泣く泣くラジエータとファンを外します。ベルトを取ってファンとってシュラウドとってラジエーターとってなんですが、ミニですからね。名前の通りスペースもミニです。かなり狭い・・・。付けるときどうしましょ。エンジンルームこんなんだもん。ホース見えないでしょ・・・
IMG_8767
DSC_0007
パーツから付けていってもどこかで手が入らなくなる。で、無事ホースを外しました。見えにくいけど小さな亀裂が入ってます。ステディロッドにガタがかなりありましたのでエンジンが頭振りしてホースに傷が付いたのでしょうか。というわけでホースを移植。ラジエータ内はサビてましたので二時間ほど水道につないでサビを落とします。で、これらを組んでと・・・狭い中の作業なので手がこすれてヒリヒリになったのは言うまでも有りません。

ちなみにエンジンオイルフィルターはグリルをはずしてベルトを緩めてスペースを確保してから外します。エンジンオイルでエンジンとミッションを潤滑する特殊な機構なのでオイル管理が大事になります。3000キロとかオートマだと2500キロくらいでオイル交換といわれている位です。
DSC_0018
DSC_0017
室内のウッドのダッシュも取り付けて、ウッドは傷つきそうで怖いですね。細心の注意を払って取付ます。一人で持てないときは窓を開けてウルウルした眼差しで助けを待ちます。ダッシュパネルはエアコンダクトを外して手を突っ込んで裏からネジを外す仕組み。無理に引っ張るとやばいのでご注意を・・・。

で、その他細かい作業はまだまだ有ったんけどメドが付いたので検査に回します。検査員の皆さんにおねが―いと頼んでホットしたまではよかったのですが、そんな簡単にはいかなかったのです。はい、それは次回のお話になるかなあ。突然ラッパが鳴らなくなり、ドライビングライトは消え、オーディオも死に、ハイビームのスイッチは固定できなくなり、「なんでー」ってなるわけでございます・・・。ではでは。





kanehirajidosya at 18:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月07日

W220 S320 エンジンかからない フューエルポンプ

正寛です。

日曜日。僕は休みっということになっている日。

春はまだかなぁ〜

さて

W220 S320

エンジンが止まったんだけど!っとご入庫

2016-01-10-13-23-00

クランキングすると一瞬かかって直ぐに止まります。

エラーコードは無し

この車はインジェクターのラインに燃圧テスト用のバルブがあるので、キャップを外してバルブを押してみる。

燃圧がかかっておりません。

通常フューエルポンプは、次の始動に備えるのと、パーコレーション(気化)防止の為にエンジンがかかっていないときでもフューエルラインには燃圧を保持しています。

なので、圧力が全く無いのはガス欠かポンプが作動していないということ。

ポンプリレーも正常に作動。ヒューズも切れていない。

この車のフューエルポンプはタンクの外にあって、簡単なのでポンプの点検。

パイロット球をポンプ電源に取り付けクランキングするとエンジンがかかってしまいました。

モーターに触れているので、例によって振動でブラシ接点がくっついたんでしょう。

電流は正常だけど、ポンプ故障

2016-01-29-11-04-17

モーターを分解してみると、ブラシも限界ですが、コミュテーターがすっかりなくなっておりました。

2016-01-29-11-04-07

超限界でしたねぇ。




さてさて

僕は牡蠣が食べれません。

食べれないというよりは、食べると大変な事態になります(今までは)

んですが、あまりにも美味そうに食べるので、かなり久しぶりに食べた。

んまい

永井の大黒さんの牡蠣フライ

image

やっと牡蠣デビューの巻





kanehirajidosya at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場

2016年02月06日

V70 メーター不良

正寛です。

今月も土日休まず営業しますよ

・・・寒いけど


さて、VOLVO V70

2016-02-05-18-01-40

メーターの様子がおかしいと御入庫。

時計デジタル表示の時間が凄まじい速さで変わる。(時刻設定ボタンを押しっぱなしの時みたいに)

ハイビーム警告灯が正常に点灯することもあれば点灯しないこともある

パーキングブレーキも同様

シートベルト警告灯も同様

といった感じ

新品交換は20万円超・・・たっけ〜

メーターECUは故障コードを拾っておりません。

実測値を確認すると、メーターのECUは点灯させようとはしているようです。

っということで、メーターの分解修理

半田飛びは無いようです。

カバーを外し基板のみ接続して点検。

ほぼLEDを使っていますが、ハイビームは電球。

電源電圧はかかっています。

制御はマイナス側。

電源がかかっているので、不具合もマイナス側。

不具合が複数なので、不具合装置のマイナス側が集中しているところがおかしいんでしょうねぇ。

っということで、近くが見えづらくなった目を振り絞り、回路を追いかけましたん。

見つけたのがここ。

BlogPaint

表面と裏面を繋ぐアルミ板。これは細いボルトで基板に固定されますが、構造の問題かしら?基板との接点の間に隙間が出来てしまうようで、接触不良を起こしてしまいます。

基板側の接点に半田を持って、しっかり接触するように加工。

BlogPaint

ちゃんと点灯するようになりました。

2016-02-05-17-52-05


kanehirajidosya at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場

2016年02月05日

A4 ABS不良

正寛です。

二日連続の日記は久しぶり

ジン君はもっとサボってたけどね

さて

アウディ A4  (8E)

2016-02-05-18-05-18

ESP警告が表示されますっと御入庫

ESPは(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)のこと

オーバーステアやアンダーステアの時、その状態に応じてコンピュータが適切な車輪にブレーキをかけ、横滑りを防止する装置。

本当にスピンしないんですよねぇ。

その装置が作動した時のブレーキはABSのポンプを使ってブレーキオイルを加圧するので、基本的にESPはABSにのっかた装置ということになります。

なので、ABSの不良はESPも作動しません。

今回のエラーはCANエラーの他、怖い故障コードFFFF (ABSコンポーネント故障)

2016-02-02-18-45-53

このエラーは当然バッテリの不良や電源電圧の低下、アース不良でもECUが十分に作動できず表示します。

んでも、今回電源回路、アース回路は全部正常。

ヤッパリエラーはユニット内部にあるようです。

チョット前は分解して半田飛びを直してましたけど、今のユニットは大電流もパワートランジスタを使うので、ほぼしなくなりました。

ABSユニット 38万円・・・

怖い怖い

っということで、中古を見つけましたので、そちらを。

image

金額は15分の1。それなら諦めも付くでしょ?

ユニットを交換しても、そのままでは使えません。

コーディングが必要です。

ABSのユニットは、その種類を減らす為に、同じユニットをいろんな車種に使います。

でも、車種ごとに仕様や装置が違うので、車種ごとにユニットのプログラムがそれぞれ変わってきます。

なので、そのプログラムを取り付ける車両に合わせる必要があります。

2


無事作動




さてさて、

フロント係のバンチの指定席は最近女子(モンチとガンチ)の指定席になっております。

どうぞよろしくの巻

image


kanehirajidosya at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場

ローバーミニ

どーも、ジンです。ホント久々のブログ更新。決してサボってたわけではないんです・・・って社長には言ってます。

みなさま、社長には内密に・・・。

で、ローバーミニご入庫。車検です。クルマはこの子。私のミニと瓜二つな外観。赤に白ストライプ。ハイセンスです。
DSC_0680

で、今までミニに乗られてたお客様でミニからミニへの乗り換えでございます。

では作業に入って行きましょう。といっても何日も前のはなし。まあ、いっぱい整備箇所有りましたからまずは最低地上高足りませんでしたから車高調整からと・・・

ミニは普通の車のようにコイルばねやリーフばねじゃないのです。ラバーコーンてのが付いてます。写真がこれ。トイレのカッポンみたい・・・
DSC_0009
このゴムが使ってるうちにつぶれてきて車高が下がってきます。最悪最低地上高が9センチ以下となり車検に合格できなくなります。なのでハイロ―キット(シャコチョ―)をつけて上げられるようにするのが多いです。このカッポンのロッドの部分がネジになってて長さ調整できるようになっている物です。

ちなみにオイラのミニにも付いてます。で、今回は後ろ側にそれが無かったので前にお客様が乗ってたミニから移植します。うーんとこれを外すのにショックを外すんけど左後ろは燃料タンクを少しずらさないとショックの頭のボルトが回せないのでトランク内のタンクを外して寄せます。

で、シャコチョ―を移植して・・・ちゃんとボール関節にグリスしてと・・・

車高は車検証と同じ高さに調整してます。回して測って回してはかって・・・ばっちりです。

で、次はエンジンの頭をつかんで揺すってみた。がたがた揺れます。ステディロットというエンジンの頭を押さえて頭振りを抑えているロッドのブッシュが劣化してます。エンジンはフレームという座布団に固定されていていますが下側しか固定されていなければアクセルオン、オフでエンジン自体がエンジンルームないで頭振りしてしまします。なのでステディロッドで頭を押さえますがこのブッシュが劣化して頭振りしてました。
DSC_0012

エンジンが頭振りするとパイプ、ホースとか動いてほしくない部分が動いて壊れる原因となります。地味ですが大事な部品です。このロッドを外すのに手も入りませんがそれ以上にボルトが噛んでしまっていて回せなくなっておりました。ベルトサンダ―でチュウィ―ンってして削って何とか外して修理しました。フ―・・・これでエンジンも振れなくなりました。まあ、このほかいっぱい整備箇所がありましたが何回かに分けて更新していきたいと思います。ではでは。




kanehirajidosya at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月04日

Bクラス W245 スターター

正寛です。

2月。この1ヶ月を乗り切れば、春も間近

んでも・・・雪は?どこ?

さて

W245 Bクラス

2016-02-03-17-36-50

昨日まで普通に走ったのに、朝エンジンがかかりませんっと御入庫。

動かないので積載引取。

キーをスタートの位置に回すとカチッっと鳴ってルームランプが暗くなります。

バッテリー不良かしら?ブースターケーブルで補電しても同じ。

スターターモータのプルインコイルは作動しているので、車はエンジンを掛けようとしています。

なので、スターターの不良。

・・・昨日まで普通にかかっていたのにねぇ。不思議。

っということで工場入庫

2016-02-03-17-36-26

リフトアップ。

しかしこの車、なしてこんなところにセルモーター付いてんだべ?

エンジンを載せているメンバーを半分傾け、できた隙間から取り外し。

2016-02-03-16-35-532016-02-03-16-35-18

そのままの状態では奥に見える程度。

んでも、作業はそれほど大変ではない。

取り外してみると

なるほどなるほど、予兆もなく突然かからなくなるわけですねぇ。

モーターのピニヨン部を抑えるボディーが割れて落ちてしまっておりました。

2016-02-03-17-22-332016-02-03-17-22-14

こんなこともあるんですねぇ。

しかしなんとまぁ華奢な・・・

しかも薄っ。アルミだし、カチカチ繰り返すと疲労するよねぇ。因みに今回50000km

このスターターのつくりでは、この故障は多いだろうね。

うちの爺は溶接するっといって溶接修理してましたけど、もう注文したので。

image

溶接したのは別な機会に使いましょう。

image





さてさて、

この前、BOSCH CAR SERVICEの東北オーナー会議で福島のいわきまで。

スパリゾートハワイアンズ

ドンドコドンドコとフラダンス観てきた

思っていた以上に凄い盛大なんですねぇ。

今日は少ない方っと言ってたけど、超混んでた。

映画になるのも納得の巻

2016-01-31-20-43-33








kanehirajidosya at 18:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場