2017年02月

2017年02月27日

AUSTIN COOPER S ちょこっと

正寛です。

日中、日が出ると春が感じられる

もうすぐだ。

もやもや感は消え去るだろうに


さて、以前ご入庫のAustin cooper S

2017-02-02-12-08-01


非常に年代物で超希少車

現オーナーがアメリカに行った時に寄ったカフェにあった車なそうな

ず〜〜っと置きっぱなしでありまして

乗れるようになるかなぁ・・・っと

っということで

ちょこちょこ手を掛け始めた

押さないと動かない車は非常に不便なので、取り合えずエンジンはかかるようにしましょう

バッテリーを繋いでクランキングしてみる

・・・まぁかかるわけないねぇ

初爆がないので点火から。

この車はポイント式

焼けてはいないが、錆びていた。磨いてあげて火花は飛ぶようになった。

かからない。

ガソリンはもう古い。

タンクを除くと錆とネトネトの塊でビッシリ。写真撮り忘れた。・・・見ないほうがいいかも

2017-02-23-17-22-47


おまけに接続している燃料ホースもパイプも内部でネトネトが粘土状にに固まっている。

image


ホースは全部交換。パイプは洗浄剤で掃除・・・古いガソリンの匂いは強烈

タンクは外し洗浄

2017-02-23-17-22-32


意外に綺麗になった

これなら流れるんじゃない?

っということで、エンジン側からエアーを通してみる。

ポンプも固着してしまって動かない

洗浄剤を流し一晩放置したら動き始めた

エンジンまではガソリンが通るようになった

まぁキャブレターも駄目でしょう

2017-02-27-13-30-17


っということで分解

2017-02-27-13-30-11

思ったほど汚れてはいないけど、確実に詰まっている

掃除

綺麗になったでしょう?

2017-02-27-13-56-32


これでなんとかエンジンはかかるだろう

浸透剤をガソリン代わりに呼び込みクランキング



おぉっかかったかかった

エアー吸ってるし、水漏れしてるし、ライト系、足回り、保安基準関係と先は遠い

まぁ取り合えず。





さてさて

先日、振興会青年部の寄り合い

さんさ踊りを披露する大通りの居酒屋さん

2017-02-24-20-14-09


季節はずれのサッコラチョイハヤッセ〜の巻




kanehirajidosya at 19:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場

2017年02月26日

アルファロメオ GT エンジン オーバーホール その

正寛です。

やっといろんな寄合がおさまった感

ɤGTPも下がるかな?

雪が融けないとなかなか春を感じない

んだけど刺さる痛い寒さは無くなった

もうすぐ凝った肩もほぐれましょう

さて、続き

組み上げは完璧なはず

何故音が鳴る!!

ニュートラルでは音がしなく、シフトしてクラッチが作動すると鳴る

音はキョロキョロ〜っと

どうにも納得いかん

っということで、スコープでクラッチの作動を確認



ん 問題なさそうだけどねぇ・・・

っということで、あれやこれや

キャリブレーションしなおすも同じ

ロッド調整してみるも同じ

・・・なんで?

っということでもう一度確認



お?

なんじゃこりゃ

レリーズベアリングが・・・

BlogPaint


ストッパーが無くなって、ベアリング本体が回転してしまっている。

BlogPaint


・・・なぜ?

・・・もう笑うしかないね。

再びエンジン下ろす

もう3度目。下ろすのなんて朝飯前!!的な感じ

クラッチを確認。

一見取り付け不良は見当たりません。

プレッシャープレートを最初に付いていたものと比べると、あれ?中心が広い?

元のものはすっかり削れてしまっていて分からなかったけど、よく見ると径が違う

これが原因。

早速部品メーカーに問い合わせると、どうやらマニュアル車用のプレッシャープレートと送り間違えたよう。すみません・・・との回答。。。。。

・・・マジ・・すか

2017-02-15-15-23-21


・・・仕方ない。

まぁ、原因が分かってよかった。

BlogPaint

マニュアルのプレッシャープレートはセレスピード用の物と比べ、中心の直径が大きい。

マニュアル用は45mmセレ用は40mm程

広い分レリーズベアリングが潜ってしまい、本体に接触していてストッパーを壊したようです。



再び組み上げて無事直りました。

いや〜なんでこんなに続いたんでしょう。

まるで見えない力が働いてるかのよう・・・

違うか・・やっぱりアルファ君によっぽど気に入られたんだなの巻








kanehirajidosya at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場

2017年02月23日

アルファロメオ GT エンジン オーバーホール その

正寛です。

今になって雪が降る

んでも気温は上がってきた

春が近いか?


さて、続き

2017-02-10-17-31-06

しばらくドキドキの日々を過ごし

・・・忘れかけたころ

「修正できたよ〜メタル取り寄せて〜」っと  

さすが伊藤ボーリング

職人ですね〜

それから暫くして戻ってまいりましたん

ここからが組み上げ。折り返し

2017-01-26-18-11-22

2017-01-31-14-03-18


クランクシャフトを組み上げ

ピストンを組み上げ

2017-01-28-13-53-02


リングは手作りSSTで挿入

2017-01-27-13-17-12


オイルポンプを分解掃除

結構メタルの削り破片が混ざっておりましたん

っということでエンジン完成

2017-02-01-18-41-20


この車はセレスピード

マニュアルクラッチを自動制御してオートマチックでシフトする。

プレッシャープレート、レリーズベアリングはすっかり破損していましたので、交換します

よくこれで走っていたな・・・

BlogPaint

2016-12-06-13-45-44



っということで

取り敢えずエンジンをかけることができる状態まで組み付け

ドキドキしながらクランキング

大きい修理の後の一発目は神様にお祈りする気持ち


ガソリンが圧送されるまでしばらくクランキング。

ブルルン〜 おっかかった〜・・・止まった

あれっ?ガソリンにエアー噛んだな。っと再びクランキング。

キュンキュンっと回すけど、徐々にゆっくりになる。

バッテリー上がったかな?っとジャンピング。

カチッっとマグネットスイッチの音だけ・・・・

チョ〜嫌な予感。・・・ロックしてる

なんで

すんごいブルーになり原因追及

どっちにしてもまた下ろす


オイルパンを再び取り外し、点検。

幸いクランクのロックではない。

ピストン突いたか?

スコープで確認するもピストンは問題ない。

オイルポンプか

っとオイルポンプを点検

image


トロコイド式オイルポンプ

偏芯の歯数の違うギヤを回転させてオイルを圧送するポンプ

破片が残っていたのか?

内側が欠けてしまってロックしてしまった・・・

・・・まぁクランクじゃないのは良かったけど

かなり慎重に掃除したんだけどなぁ・・・

リリーフバルブ固着だから最初から変えとけばよかったなぁ

っということで超がっかり交換

再び組み付け。

2回目。もう目を瞑っても載せれるわ

再びドキドキクランキング

ブルルン〜今度は快調〜!!

やっと解放される〜

っと仕上げ。

2017-02-09-21-36-15

エアコンガスを入れ、コンピュータの初期設定

セレスピードのクラッチキャリブレーション。

あれ?何この音・・・

キャリブレーションしたら鳴り始めた・・・

・・・え?なんで?〜・・・・・・


次回へ続く


















kanehirajidosya at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場

2017年02月22日

アルファロメオ GT エンジン オーバーホール その

正寛です。

2月22日

にゃーにゃーにゃの日だそうです

うちのシッポ族は相変わらずです。

白ちゃんは風邪を引いたらしく、3日目ダウン

インフル

ではないようだけど・・・



さて、続き

BlogPaint


いい加減見慣れた景色

うちには天井クレーンがあるので、まぁ下ろすのはそれほど手間ではないかな?

結果オーバーホールすることに決定

分解

シリンダーヘッドを割る

クランクシャフトは点検と修正と合わせで盛岡の老舗ボーリング屋さん、伊藤ボーリングさんへと

私の高校の先輩でございます。

「・・・メタル回ってるし、これかなり打ってるし減ってるし変形してるよ」 「そうですぅ、回っちゃったんです。でもなんとかいけますよね?」
「研磨してメタルサイズがあればいいんだけど、最悪無理かも・・・」 「・・・・・・・クランク25万なんですけど・・・」
「まぁ国産の合わせてみて何とかやってみるよ」 「お願いしまっす」的なやりとりで無理やり置いてきた。

BlogPaint


っということでシリンダーヘッド分解

やっぱりカーボンだらけで真っ黒

エンジンオイルがピストンリングを超えて燃焼室に入りガソリンと一緒に燃焼してしまうオイル上りが原因

1000kmで2噺困辰討い燭發鵑如∩蠹な量ですね

欧州車はオイル消費が多いといっても、この量は異常

BlogPaint


インテーク側はチョコレートの塊。

インテークバルブにものっこりとこびり付き。

BlogPaint


おいしそうでしょ?

でもまぁ柔らかいので掃除すると比較的あっさり取れる

BlogPaint

EXバルブはカーボンが焼かれ石化してこびり付き厚くはないものの取れん

1本掃除するのにもグラインダーのワイヤーブラシで10分は掛かる。

2017-01-21-14-24-24


他、損傷もなく綺麗にしてバルブシールを交換してヘッド側はOK


さてさて、オイル上りの原因

2017-01-26-18-11-27


新品のピストンリングのオイルリングと古いオイルリングを比べると全然違う

BlogPaint


シリンダー壁に残ったオイルを落とす役目のオイルリング。

ピストンリングの縁が減ってしまって効果を失ってしまっているという状況。

これで役目を果たせず燃焼室に流れ込んでしまっていたんですねぇ



さて、ここからがいろいろ

待つこと数日後、クランクシャフトが曲がってるっと連絡・・・

なんですと  2/10mm振れているそう

親メタルのクリアランスから見ると、このままでは新しいメタルを付けてもすぐに打つ結果に。

伊藤さん曰く、1分ももたないだろうと。

さて困った

曲がりを修正するには一点に力を加え押し付ける必要がある。

シャフトはとっても固いので、そんなことをしたら折れてしまう可能性が高い。

実際、意外に簡単に折れてしまうものなんです。

んでもしかたない。どちらにしてもどうにかしないと。

「お願い

折れたときは仕方ない。ある程度修正して、研磨で何とかしようっということに。


次に続く


kanehirajidosya at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場

2017年02月21日

アルファロメオ GT エンジン オーバーホール その

正寛です。

まだまだ冬

っというか久しぶりに日中も雪掻きした気がする

おかげで朝からロードサービス

田んぼに落っこちてしまった車の引き上げ

田んぼは風を遮るものが無いので、雪が降って風がふくと道との境が分からないからねぇ....



さて、アルファロメオGT

2017-02-19-17-46-10

ずっとオイル消費が激しいんだよねぇっと言っていた車

オイルが切れてオイル警告灯が点灯したことも数回…。

遂に今回。 エンジンオイルが入っているのにオイル警告灯が点灯。

プレッシャースイッチの故障なら良かったんだけどオイルプレッシャーを調べると、かろうじて流れている程度。

これはまずいぞ

あれれメタル打ってるか

....というような感じで、もう、しばらく前にご入庫しております

そういえばわたくし今年、八方塞がりの年なんだって。  …ほんと当たってる的な出来事がこの後次々。

そんで今に至るわけ。やっと仕上がったよん。。よっぽどアルファ君に気に入られたみたい…


っということで遡ること2か月ほど前。

最初は....これはちょっとまずいかも…っと思いながらも、メタル変えれば何とかなるかなぁっと軽く考えておりました。

オイルパンを外し状況を確認。

2016-11-27-16-12-06


まぁ、オイルパン外すといってもEXマニホールド、A/Cコンプレサー等々も。

とりあえず子メタルを外してみる…ビッグエンドメタル

…あらぁ…ダメかなぁ

メタルが回ってしまっている。クランクシャフトにもダメージがあるのが確認できる

BlogPaint


どっちにしてもエンジン下さないといけませんねぇ。


さてオイルプレッシャーが低下した原因は何でしょう

っということで、ストレーナーやオイルポンプを点検

基本的にスラッジは無くてエンジン内部は綺麗。

リリーフバルブを確認すると、

BlogPaint


ここが原因でした。

リリーフバルブは余分にオイル圧力がかかるとオイルを逃がすようにする為のバルブ

このバルブが固着してしまい、常にオイルを逃がすように働いてしまっていたのが原因。

BlogPaint


なかなか抜くのが難しく、タップを使って何とか抜けました。

ん〜ちょっとしたことなんだけど、残念。

さて、エンジンを下ろしましょう

…次回へ続く





















kanehirajidosya at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場

2017年02月15日

1007 ドア 修理

正寛です

今日の運勢。

溜まっていた仕事が終わるんだって

そうですか〜確かにボチボチいけそうな予感

2月

今年の春は早いかな?

来年度のことが聞こえ始めた

さて、peugeot 1007

2017-02-13-11-24-55


スライドドアが動きませんっとご入庫

この車は両側スライドドア。モーターでワイヤーを巻き開閉します。

ドアを開けようとすると、作動はするけど、途中でガーっとなって止まる。

モーターは作動するので機械的な故障

っということで分解

ドアアクチュエーターは後席の足下。

2017-02-13-11-32-43


構造的には難しくない

2017-02-13-11-36-10

変速ギヤはプラスチック製。

変速してるのでプラスチック製でも直接大きな力は掛からないので耐えるということでしょう。

んでも、そのギヤが一山欠けてしまっておりました。

2017-02-13-11-49-00


凍ったのかな?

新品で30000円。

まぁ驚くほど高くはないか。ユニットなら妥当妥当

でも一山のために3万円は高価だねぇ・・・・

っということで修理

一山だけの追加ではさすがに押さえきれない。

なので、欠けた隣の山も削り大きくえぐる。部分的な修理でも、個体が大きくなれば強度も増す。

2017-02-13-18-10-59


工作工作

こいつは直した歯のほうが丈夫でしょう

完成。無事作動しましたよん




さてさて

なんやかんやで休日なし。

んですが、日曜夜に行った盛岡駅前の”ももどり駅前食堂”

ももどり一番

2017-02-12-21-15-12


でっかい鶏肉が乗ったラーメン

美味しかったです。の巻






kanehirajidosya at 19:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場

2017年02月08日

不調なA4 

正寛です

2月

今月乗り切れば暖かくなる

寒い季節は気持ちも寒い

っとそんな中、画伯2等兵が帰ってきた

2017-02-08-19-02-53

どうやら燃料は片道分ではなかったらしい

無事に帰還2等兵になった

これで溜まった仕事が捗るだろう

意外に短い長旅だったのねん

これでカネジアイドル担当が戻ればフルメンバーだ!!

さぁ元気に行くよ



さて、A4

2017-02-07-18-13-00

アイドリング不調、パワステ異音、ヘッドレスト異音で御入庫

V型6気筒

エンジンをかけるとハンチングする

んでもエンジンもバフバフしてます。故障コード3番の失火とλの不良

これはセンサー云々よりも失火が原因

9155


爆発後なぜか跳ね上がる。これは点火ミスによるもの。

プラグがダメかな?

2017-02-01-12-28-49


芯は残っているものの、アース側が減っちゃっています。

交換

無題


っと正常な波形になりました。

んで、パワステ異音。

末切りしたときに甲高い笛のような音

リリーフバルブの振動音のようです。

image

おそらく弁が開いたときに踊ってしまうんでしょう。そのためスムーズにオイルが流れなくて、パイプに振動してしまう。

部品としてはどうしようもないなぁ。交換

この手はリビルトも多い。下手に修理するより安価

2017-02-07-16-15-21
2017-02-07-16-15-26








さてさて、超レアなミニがご入庫

並行輸入。車検とって乗れるまでにしてくれっとご依頼。

2017-02-02-12-08-01


AUSTIN COOPER S

現オーナーがアメリカに行ったときに立ち寄ったカフェになげてあったそうな

ボロっちいけどメチャメチャ味がある

こいつの希少価値はすさまじいっすよっとジン君

因みに、ここだけの話ジン君は3万円のオンボロミニ乗り

きっと、あなたの車が100台ほど買えることでしょう



・・・にしても、溜まった車を仕上げなくては・・・

っとそんな中

CVT不良で御入庫のTIIDA

内部故障。修理するより安価ということで中古CVTを載せ替えすることに。

午後に手をかけ始めた工場長のエース白ちゃん

image


はやっ!!ってか早すぎ

暗くなる前に仕上げてしまった

・・・すんげぇさっすがエースの巻







kanehirajidosya at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip! | 現場