2016年05月03日

憲法記念日2016

これがちょうど一年前か……今は「改憲か護憲か」に二分されているとも言い難く、もっと複雑に思えるが、もうこうなったら現政権下では護憲だ。

単純投票が迫っているんだから、分かり易くまとめるしかない。

戦争をしないと決めた憲法を、戦争をするために変えてはならない。

戦争しても仕方無い、と思うのは、殺人しても仕方無い、と思うのと同じことで、そう思うのは人間として狂っている時である。現政権は狂っている。

憲法を変えなくても自衛権はあると証明されている。
自衛隊が外国に行って銃を撃ったら戦争なのだから、何としても止めなければならない。
先ず自衛隊員に犠牲者を出して、世論を操作しようとしている動きを止めなければならない。

「スターウォーズ」で、帝国が銀河を支配することになったのは「緊急事態条項」が可決されてしまったからだ。そんな条項はいらない。
狂った権力者に全権を委任したら危険過ぎる。

憲法記念日2015(同文)
昨日、憲法記念日に何か呟こうと思ったが、どうにも世の中が「改憲か護憲か」に二分されてしまっているので言いにくい状況だ。十年以上前から憲法9条に関しては「戦争放棄はそのままで、自衛隊の存在を明記し、同時に集団的自衛権を禁止する」というふうに一部改変しておかないと、いつか全とっかえされちゃうから考え直した方がいいよと警告したのに全くスルーされたのを恨みごと言っても仕方無いが、今からでも遅く無いから戦略立て直した方がいいんじゃないのか。
「守る」ばかりで「攻め」が無いと負けるだろ。それに今現在、この瞬間て、考えると「憲法停止状態」と言えるのではないか?三権分立の世の中で、最高法規である憲法に即して様々な法律が施行され、その法律で我々の市民生活が守られているのに、現行憲法の良い悪いは別にしても、これだけ行政府の代表が最高法規を否定していのるって、実はつまり今の日本は「無法状態」になっているとは言え無いのだろうか?日々の不安感は、そこから来ているのではないか。裁判官たちも何が正しいのか分からない状態になっているのでは?……いえ、安心して下さい、天皇陛下は「憲法を守る」と仰ってますから、と答えればこの不安感は安らぐのだろうか?

kaneko_power009 at 03:08|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)社会 | 歴史

2016年04月26日

スキャナーキャンペーンからガメラ爆音上映に忍ちゃん

4/21福岡に入りTジョイ博多で『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』試写会で挨拶、翌22日KBCラジオ「カブリナ」(12時〜)に出演。

その後那覇に入り沖縄映画祭に参加、23日シネマライカムでの上映に宮迫博之&ちすんさんと挨拶。

4/24は札幌プラザ2・5地下にて平成ガメラ3部作を10:45から本格爆音上映、3本上映の後18:35までには沖縄から着いてトーク。前日の4/23(土)は前夜祭18:00~ガメラ2上映。
札幌での撮影から20周年。

Tジョイ博多での試写後挨拶を終え、沖縄映画祭に向かおうとしたら、中山忍さんから『警視庁捜査一課長』のゲスト出演が終わったところなのでツイッターで見た札幌ガメラ爆音上映に行こうかな、監督も来られるんですよねという連絡あって、では札幌でと言って那覇へ飛ぶ。

沖縄映画祭上映後挨拶で、僕も宮迫さんに突っ込みを入れてみたが、やっぱり上手いな、笑いにするのが、掬ってくれるから「マイティーズをまた見たいからヒットさせてパート2で会いましょう!」とまとめられた。

翌朝から那覇〜羽田で30分のトランジットで札幌に着いたのは4時頃で、ガメラ3の後半に間に合う。
一日で沖縄から北海道という移動って、今後の人生でもあまり無いだろう。
「爆音」というと凄く大きな音を想像したが、奇麗な音で細部も聞こえるし、特に音楽が引き立つ。

満員のお客には、20年前の画面と、殆ど変わっていない……どころか、更に美しさを増しているヒロイン忍ちゃんの登壇はビッグサプライズであった。
CgzY_EXUUAEOyyQ


2016年04月18日

なんで止めない川内原発

川崎エフエム「岡村洋一のシネマストリート」に出演。

もちろん『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』宣伝だが、本番前に熊本地震をどう話すべきか打合せ。

一昨日も「上野淳の東京夜会」で、警報が入ったら中断するが、再開は普通に行こう、みたいに言っていたが警報は無かった。

今日も朝からTVのニュースショーは地震一色。
でも、震源が動いてるっていうのにスグ近くの川内原発大丈夫なのか、何で止めないの、ガスは止めてるのに。念の為という発想すら無いのか、という話になっていかないでウヤムヤのままだから、ラジオではそこから話した。

今、この状況と情報で原発を止めないという事は、そこには大地震が来ないという方に賭け、多分その賭けには勝てるだろうと思っているに過ぎない。
勝率は高いのかも知れないが、その通りになるかは「神のみぞ知る」だ。
賭けられているのは日本国の運命だ。
いい度胸してるとも言えるが、博打打ちに国の運命を委ねている我々はどうなるんだい……

2016年04月16日

広島キャンペーン〜原爆ドーム

4/13のカープVSドラゴンズ戦を見に広島入りしたが雨で中止でした。無念……
翌日、ピーカンに晴れたが予備日では無く、広島ホームテレビや中国新聞の取材で『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』を宣伝しまくり岡山に移動してまた宣伝、夜は大阪入り。そこで地震の報。
4/15は朝から大阪朝日放送、東映関西支社で取材、そして名古屋へ移動。久しぶりに会えたラジオパーソナリティの方々とスキャナーの話が出来た。面白がってくれてるのが分かるので、話が弾む。
でも、広島の街を歩いて始めてナマで原爆ドームを見たら、改めてショックを受けた。
今まではすべて映像だった。
こんなに生々しいとは……一瞬にして消滅した十万以上の人生の思念を感じて不意に涙が出た。
平和祈念公園の「過ちは繰り返しませぬから」に、更に重たさを覚えた。
愚を繰り返してはならぬ。

2016年04月08日

バラカ

桐野夏生の『バラカ』に衝撃を受けた。
震災原発事故以降、日本が異世界に沈んでゆくのを止められないので焦る……という感覚を僕は持っているが、この小説は、それが震災前から既に始まっていた、という事を解き明かす。宮尾登美子の『平家物語』も、源平の騒乱の時代は保元の乱から始まったのではなく、爛熟した貴族社会の腐敗から始まっていたという事を解き明かしていた。『バラカ』のプロットは、偶然性に頼っているように見えるが、それが悪魔的必然だったとして書かれる。東日本全域が放射能で汚染され荒れ果て治安も乱れ、権力に自由が奪われているという描写も、誇張されていながら誇張を感じない、百年以上経った後の世の人は、今の日本とはこういう世界だったのだ、と認識するだろう、と思う。2020年のオリンピックは大阪で行われようとしている……

kaneko_power009 at 10:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)社会 | 小説

2016年04月05日

スイートハートチョコレート〜ちはやふる

お蔵出し映画祭グランプリの篠原哲雄監督『スイートハートチョコレート』を見たが、とにかくリン・チーリンがキレイよ、有難い美人よ。ホントに「あなたが好き」という濡れた目をしているよ。入浴シーンもやってるし偉い。日中関係修復してリン・チーリンの映画撮りたい……
18773720_423x636

チャン・ツィーイで『上司は中国人』をやろうとして上海に行ったのは2011年で震災の直前だったが潰れたよ。それでもこれは、ちゃんと出来てるんだから篠原偉い。
『ちはやふる』前編見ると、三鷹高校1年の正月百人一首大会で僕は男子一位だったのだ(上に女子7人いたが)と名歌を思い出しつつ、ちょっと感動してしまう……何?後編が『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』と同日の4/29公開だと!?
負けられぬ カルタとゾンビとゴキブリに
スキャナ好きやな萬斎にGO

kaneko_power009 at 10:18|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2016年04月03日

マジカル・ガール

『マジカルガール』ネタバレ注意
スペインの少女が日本の魔法少女アニメが好きで……という話題にひかれパロディっぽいものかなと予想、天使のような映画を想像して行ったら悪魔の映画だった……ヤラレタよ……心が痛むよ……だって、その子は白血病で元教師の父親と二人暮らし、見る予定の人はここで先を読むのを止めようね……日本語のアニメ主題歌を鏡の前で踊っていたらバッタリ倒れ、父親が日記を読むと魔法少女のドレスが欲しいと分かったがン十万、それをゆきずりの情事の女を恐喝することで金を得ようとするが、その女も問題あって……と悪魔の連鎖……最後は「ヒド過ぎる」と思わず呟きたくなる……
見る人は覚悟して見て下さいね。

kaneko_power009 at 10:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)見た映画 | 女優

2016年03月29日

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』完成披露試写会@丸の内TOEI

3.27は『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』(4.29公開)の完成披露試写会が丸の内TOEIであり、始めて一般のお客様に有料公開、野村萬斎・宮迫博之・安田章大・木村文乃・杉咲花・高畑淳子・ちすん らの出演者らと共に脚本・古沢良太と登壇した。
news_header_DSC_0041
萬斎さんの壇上から客を惹き付けるオーラが、宮迫さん安田くんの関西弁コンビをもり立て、チームワーク抜群な感じに見えたであろう、実際その通りだったんですから、お客は沸きに沸く。
僕は「こんな素敵なキャストが頑張ってくれたんだから面白くなかったらすべて僕の責任です!面白かったらみんなに拍手を下さい」と断言。
驚いたのは司会者が「どんな超能力が欲しいですか?」の質問に、木村文乃ちゃんが「過去に戻って『ガメラ3』に出演してイリスと共演したい、私ガメラファンなんです」って言ったことで、そんなこと現場では言わなかったじゃん、監督殺し〜!二度惚れします〜!ふみの〜!……
news_thumb_DSC_0024と興奮冷めやらず帰れず後半から客席にもぐりこんで観ていると凄く見入ってくれてる感じだがホントはどう思っているのかは分からないからドキドキ。そしてラストへ…監督クレジットで拍手…ホッとして、ロビーに出ると、今作の須藤泰司プロデューサーが帰るお客に「ありがとうございました」と丁寧に挨拶する姿に感銘を受けて僕も脇に立つが、実は監督はガラスのハートなのでお客の目は見られないでいると、イジワルなところもある須藤さんが「返金のご要求はこちらにどうぞ」と笑って僕を指す。すると「良かったです!」と若い女性らが買ったパンフレットにサインを求めてくれるのでやっとお客の目を見てサインすると、その後に一斉に列がダーッと出来てしまい「安田くんじゃなくていいの?」なんて言いながらサインするが、本当に良かったです!感動しました!と皆さん目を潤ませているではないか。
しかも腰が砕けるほどになって帰るお客を見て、ああ本当に喜んでくれているんだと実感、バンバンサインしまくったり写真撮られたりして、数十分間も続けたのであった。
その後、小劇場も経験し『相棒』のプロデューサーから『探偵はBARにいる』でヒットを飛ばした須藤さんと飲んだビールは旨かった。
「小劇場でもお客の目を見て、ありがとうございますと言って来た」と言う一人づつのお客を大事にする映画プロデューサーの姿に再度感銘を受け、429の公開目指して頑張らねば、と誓うのであった!

2016年03月25日

小学校の卒業式

近所を歩くと小学校の卒業式。
テレビでも廃校になる小学校の卒業式をルポしていて、少ない卒業生たちの何人かが歌いながら泣いているのを見て、自分も泣いたのを思い出した。
旅立ちの爽やかな涙だとか大人は言うが、僕はあの時は卒業したくなくて純粋に悲しくて泣いたのだ。
クラスのテーマソングを歌って泣いた。
修ちゃん泣いてたね、私ももらい泣きしちゃったよ、と母が言った。
初台の小学校から、仲間のいない三鷹の中学校へ行くのが、暗闇に吸い込まれるような気がしていた。
先生の前で「暗闇に光を持って行くような気がします」と言って泣いたら「そこは光の国かも知れんぞ」と先生は仰った。
そんなバカなことがあるはずは無い、そんなことはこのクラスへの裏切りだ、と思って中学校へ入ったら、ホントに田舎っぺばかりだ!と愕然とした。
今思い返すと三鷹だってイトーヨーカ堂があってそんな田舎では無い。
でも当時はブタが鳴き気温が二度くらい低く道が真直ぐな田舎が許せなかった、三鷹センターなんてダサ過ぎる名前だと軽蔑した……三鷹のみんな、すまん、ひどい差別主義者だった……48年前か……

kaneko_power009 at 00:08|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)思い出 | 社会

2016年03月18日

根岸吉太郎監督自薦シリーズ@フィルムセンター

フィルムセンターで始まった根岸吉太郎監督自薦シリーズの初日、監督のデビュー作である78年の『情事の方程式』と81年『女教師・汚れた放課後』を学術的な感じの人々のなかで見た。

ガードマンの指示によって整列入場するアカデミックな雰囲気のなかロマンポルノ2本立て上映が開始…『情事の方程式』は僕にとってもカチンコデビュー作。
学芸大学出てスグ4月の仕事だ。
(チーフ上垣保朗 セカンド那須博之 サード金子修介)

山口美也子さんのお宅に台本を届けに行って夕食をご一緒した…ロケバスで亜湖さんの隣りに座って緊張してお喋りした…戸浦六宏さんに「始めてなんだって?」と優しく声をかけて頂いた…那須博之さんに「明日はロケーションだから忘れ物をしないように」と言われたのに忘れ物をして「だから言ったじゃねえか自分でなんとかしろ」と言われて焦って買い物に走った…西新宿ロケ見物の人に「何の映画?」と聞かれて「日活ロマンポルノです!」と大声で言ったら制作の人に「バカヤロウ内緒でやってるんだ」と叱られた。

主役の加納省吾は同じ年だったが今どうしているんだろう…亡くなったスタッフも多い…様々な想いが駆け巡る…最後にエキストラで自分が出て来るが、今の息子と同じ姿でアル…
明日のセット撮影の勉強を那須さんと二人でして、根岸さんはこう撮るに違い無いクマシロだから、と言って、翌日それにかなり近い撮り方だったので二人で笑った、というのを今思い出した…根岸さんスイマセン……

休憩挟まず『汚れた放課後』は始めて見た。風祭ゆきさんの本当にイイ女ぶりとリアルな演技に引込まれる。教育実習生時代に強姦にあった女教師が、告発した相手・三谷昇が無実だったという事を知り、罪の意識にさいなまれ、浮浪者に堕ちてしまった彼と最後に海辺でセックスして解放されるというロマンポルノでしか有り得ない物語で、フィルムセンターで上映されるにふさわしい作品であった…
NFC201603_Calendar003

kaneko_power009 at 11:10|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)日活 | 思い出

2016年03月12日

「古澤利夫&中子真治のスターウォーズナイト」第二部に飛び入り参加

3/10新宿ロフトプラスワン「古澤利夫&中子真治のスターウォーズナイト」第二部に飛び入り参加、今私がこうしてあるのも古澤さんのおかげです!と言って『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』の宣伝もさせて貰った。

古澤さんはルーカスやキャメロンから御指名で頼まれる元20世紀フォックスの大宣伝マンだが、角川映画などの采配をされていた事を知る者は少ない。
監督選定は殆ど古澤さんによるものだ。春樹氏が監督になる事には反対されたらしいが……
撮影所崩壊時代の撮影所長的役割をされていたとも言えよう。
昼はフォックス社員のまま夜はサンダンスカンパニー(企画から配給まで手がける制作会社)を設立したのは、 Butch Cassidy and the Sundance Kidに『明日に向かって撃て!』と命名したことに由来する。
角川映画の森田芳光監督へのオファーは『家族ゲーム』の前だったが数年後に『メインテーマ』で実現、僕はそのチーフという関係から目をかけて頂き『恐怖のヤッちゃん』は『スダンドバイミー』、『どっちにするの。』は『ワーキングガール』を見て撮れ、と言われた恩人。

そして中子真治さんはアメリカの現場を取材しSFXという言葉を世に広めた人で『学校の怪談』のSFXプロデューサー。昨夜は中子さんだけに言っておいてサプライズで乱入、始めて古澤さんを驚かしたが喜んで頂き、「この子にはセンスオブワンダーがあるんだよ」と、久しぶりにこの子と言われたのだった。
『香港パラダイス』『毎日が夏休み』『学校の怪談』も古澤さんの手によるサンダンスカンパニー作品なのだ。
CdMqGZ3UYAAFvlh

2016年03月10日

『セーラー服と機関銃〜卒業』

前作が、日常から始まり「殺戮」という非日常的な世界へ堕ちてゆく嘘のような物語を…もちろん大嘘なんだが、当時は客も共有して笑えるヤクザ映画の常識やパロディ…ヤクザ映画が飽きられてパロディも終わろうとしていた時代に、スタイル未発達な少女のエロスの萌芽を重ね、最後に機関銃をぶっ放す事でカイカンに繋げて男子を屹立させ、少女の成長をメタフィクションとして見せながら逆に実感させる構成だったということが、今作を見て良く分かった。ワタシ、ヤクザな女になりそうです、と結ばれ、星泉=ひろ子を多くの男子が愛した……

今作は殺戮から始まり、日常へ還り、また殺戮の世界へとカムバックする物語なんだが、ヤクザ映画のパロディも忘れられている時代に、これを少女が更に大人の女になろうとする事に重ねようとしたのではないか、という推測は出来るが、意識的にそのカムバックをテーマにしているようには見えず、殺戮が少女の美を際立たせているのか否か、そうであったとして、それにこの物語が必要だったのか、ワタシ、良く分からない。

でも、橋本環奈が相当な美人だという事は良く分かった。

kaneko_power009 at 10:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)見た映画 | 女優