2015年01月26日

奇跡の歌姫「渡辺はま子」@横浜ランドマークホール

横浜ランドマークホールにて五大路子さん座長の横浜夢座「奇跡の歌姫・渡辺はま子」を観ました。
渡辺はま子の「ああモンテンルパの夜は更けて」という歌は知っていたが、それがフィリピンでBC級戦犯になった死刑囚の手によるものだったという経緯は良く知らず、勉強になりました。
img_0
渡辺はま子も子供の頃、既にお婆さんだったので、若い時の写真を見ると、こんなに色っぽかったのかい、こりゃ人気出るわ……





舞台は、その戦犯たちを帰国させようと尽力するはま子の「歌の力」を描き出し、静かに厭戦の感情を訴える。



五大さんがアカペラで歌うところは思わずグッと来た。朝ドラの『いちばん星』で昭和の流行歌手第一号・佐藤千夜子を演じられたんですもんね、歌上手い。
五大さんとはかつてディズニーランドで家族ぐるみで出会い、『デスノート』でライトの母親役でお願いしたらそれが映画初出演、即ち処女作、セットでスタッフキャスト全員の前で「監督は処女破りなんです!」と大声で仰ってさすがに赤面しました、僕でも…女子高生役の満島ひかりの前だったし…そういう面白い方です。
五大さんも渡辺はま子も横浜生まれ。31日まで。
IMG_0228
写真右は、五大さんを支える今橋由紀さん(舞台『偽伝・樋口一葉』WOWOW『結婚詐欺師』にちょっと出演)

kaneko_power009 at 00:23|この記事のURLComments(1)TrackBack(1)女優 | 演劇

2015年01月21日

中村由利子さんNEW YEAR CONCERTに西村由紀江さん!

1/10横浜ゲーテ座での「中村由利子NEW YEAR CONCERT」に西村由紀江さん(『101回目のプロポーズ』音楽担当)がサプライズゲストで登場、お二人で「哀しみのラプソディー」(『1999年の夏休み』劇中メイン曲)を連弾された。正月から何という幸福感。それまでも『百年の時計』に『おそろし』のテーマを奏でられていたので、まるで僕のための演奏会のような……いや、それは主観に過ぎるか、一人のための音楽では無い。B6_OK1ACQAAVc--OoJ5XpwzsLpXCuz0veZV4Ah5E-2sZo1Q7xj3oubDI3c=w650-h640
連弾は西村さんの男性的とも言えるパフォーマンスが中村さんの真の女性と化学反応を起こし、新たなユニットの誕生を感じさせた。
見よ、お二人の成熟した美しさを。凡百のアイドルもひれ伏すホンモノの芸であり美!。
こうして女優の写真と並べても何の違和感も無い。
Nishimura_sanphoto
聞けば、五月には西村さんのコンサートに中村さんが参加されるという。ここに新たな芸術アイドルユニットの誕生の予感を感じるのは僕だけではなかろう。注目せよ!プロデュースしちゃうぞ。

2015年01月17日

給食のミルクはブタのエサ

先日(1/7)はザンネン会で痛飲……何がザンネンかはごカンベン。
そこで食べ物の好き嫌いの話になり、そう言えば小学校低学年までは肉も魚も嫌いウナギもカキもピーマンも嫌いで、当然、学校給食も嫌いで「給食のミルクはブタのエサ」だってビラをガリ版刷って配ったりするような子供だったんだが、高学年でハマノ先生に徹底的にやられて好き嫌いが全く無くなり、何でも食べられるようになったのだった…というところからハマノ先生の話になったら止まらない…あの三年間を短く言い表す事は無理だが、オヤジが組合新聞に「食事の自由が無いのは刑務所と学校だ」と書いたため、ハマノ先生がウチに殴り込みをかけた日の事を講談調で話した。
僕は襖から覗いていたら、普段は長幼序有りなんて言ってるくせに10才以上離れているはずのオヤジを先生はお前呼ばわりするうち意気投合して飲み出し、オヤジは「オマエは子供を遊ばせているんだろ」と言うと先生は「よう見た!オマエ」と叫んで立ち上がった……その日からオヤジはハマノ先生を「昭和の吉田松陰」と呼び、先生は「その言葉は俺にとって何よりの勲章ぞ」と仰った……野田秀樹はその変人教師の全人教育によって性格が破綻したと書いたら、クラス会に来た野田のアタマを後ろから殴った…このくらいで止めないと止まらんぜよ……と、何故か高知弁……
あ、宮尾登美子先生、ご冥福をお祈りします……

kaneko_power009 at 16:34|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)思い出 | 歴史

2015年01月10日

『Sの悲劇』&『スタニスラフスキー探偵団』 1/12まで

サンモールスタジオで再演の『Sの悲劇』を観劇。
アタマ使う推理劇で面白い。
作・演出の佐山泰三さんは、今井正監督『海軍特別年少兵』やNHK少年ドラマ『暁はただ銀色』に主演していたので良く覚えている。
気になるシブい刑事がいたので調べたら、
電撃戦隊チェンジマンの河合宏が和興さんと改名した人だった。
チェンジマンは世代では無いのだが、監督になりたての頃、
ダイナマン→バイオマン→チェンジマンをビデオに録って結構熱心に見ていたのだ。
チェンジマン悪の女王アハメス黒田福美さんに注目していたら、先に伊丹十三監督『タンポポ』で撮られてしまった。伊丹さんも息子さんと見ていたんじゃないかと想像した。
バイオマンのバイオイエロー田中澄子(JAC)さんには
『みんなあげちゃう♡』で女忍者桃影をやってもらったら、やっぱりアクションが凄かった。
黒田福美さんには田中美佐子&柴田恭平のTV
『マイフェアレディーズ』に殺される娼婦で出て貰ったら、金子修介を名乗るイタズラ電話がかかって来た事がある、と言われた。チェンジマンの事をいろいろ聞いて来て、黒田さんが怪しむと「ふくみ〜」とキモチの悪い声を出したという。
いかん、スグ昔話になってゆく傾向がある……
1/12まで。

翌日は、いろいろと知り合いが出ている細野辰興(『シャブ極道』監督)作・演出による『スタニスラフスキー探偵団』を観劇。
映画監督と映画製作にまつわるストーリーだから批評しにくいよなあ……細野さんに「映画監督」役を演出するのって、どうやるのか聞いたものである。プロデューサー役(山田キヌヲ)が「そんなことは自主映画でやってくれ!」と言ったら「映画は最初に誰かが作りたくて作るんだから総て自主映画だ!」と監督役(草野康太)が咬みつくが、似たような場面は自分史のなかにもあったかも……私はもうちょっと素直な監督ですが……
ロールプレイという方式で、かつて起きた顔切り事件を当事者になったつもりで演じてゆくのを演じる…というのは前日観た『Sの悲劇』でもやっていて、二重の芝居は役者の力量を試されるから演出する方は面白い。刺激に満ちた舞台であった。
これも高円寺明石スタジオにて12日まで。

kaneko_power009 at 09:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)演劇 | 俳優

2015年01月05日

紅白歌合戦2014雑感

<大晦日の呟き>
紅白歌合戦をナンダカンダ言いながら見ている……
「ありのままで」May J の演出って失敗したんじゃないのか……
舞台上で動かないのが不自然だ、伸び上がる仕掛けだったんじゃないか……
「島根恋歌」水森かおりは見事に上がったが、島根と何の関係があるんだろ‥出雲大社かい?
SMAPのメドレーに突っ込み……
ナンバーワンにならなくてもいい、て歌った後は、トップオブザワールドかい……
ちょっと奇妙な表情の中森明菜は、歌ったら中森明菜の顔になった……

そして、今年は最後の演歌合戦が無かった……
サブちゃんが卒業したんで、それに対抗して紅が演歌を出さなくても良いから、終盤の演歌の応酬が無くなり、他局へザッピングする暇が無くなって、スッキリした構成になったのではないか。

ただ、いくらAKB勢力が人数で圧倒しても、ジャニーズ勢力を応援する客が白に投票して、紅組は勝ち目無い。

デジタル投票では紅に入れたんだが……
BzkcY8NCEAAu0uU


<そして新年の呟き>
大晦日に仕事上のナンダカンダあり、紅白をナンダカンダ言いながら見て、年賀状も書けずに正月はオワリ、気がつくとブログでも新年挨拶していないが、しなければいけないものでもないだろ…と思っても何故か気になるブログ……

あ、でも、書こうと思ったのは紅白のことで、もう1日からいろんな記事が出ていて、May J.が動かなかった理由は未だ出て来ては無いみいたいだが、中森明菜は録画だったとか、桑田佳祐の出場は直前に決まったとか、しかも平和へのメッセージで「ピース&ハイライト」のタイトルからして反・平和勢力への揶揄だった、キノコ雲が映っていたとか、いろいろ面白いドラマがあったようである。

年末の「さよならミラノ座」で見た『アラビアのロレンス』で思ったのは、この時(映画が出来た時)は世の中は米ソ対立が軸で、僕らが子供の頃はその世界だったが、映画で描かれる時代はそれより過去、アラブが分裂しているからトルコから独立出来ない、それをアラブ側に立って助けるイギリスのスパイ・ロレンスの男気、でも実はイギリスに利用されていたのだった、そのイギリスが三枚舌でイスラエルを産み、アラブは過激になり現在の矛盾に至り、今やソ連がなくなりイデオロギー対立も消えて平和になるはずだったのに、イスラムと欧米の対立が激しくなり、気がついたら解決策が全く見え無いという状況になっている恐ろしい……というような事であった。

日本は、なんとしても、このイスラムと欧米の対立に関わらないようにしなければ平和は維持出来ない。十字軍からやってるんだから根は深い。いったん関わったら泥沼。そこに行くのだけはやめましょう、という事を、桑田さんに応えて言っていかねばならんだろうと思う正月開けであった。

「年明けに ピース願えどハイライト 企む悪夢 ケムにまかれず」
58e04867-s

kaneko_power009 at 20:11|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)テレビ | 音楽

2014年12月26日

TBSこのミステリーがすごい/残されたセンリツ PART3

TBS12/29/9PM『このミステリーがすごい/残されたセンリツ』でTVデビューの高崎翔太君は、イッセー尾形刑事の部下役。
IMG_0186
『ミュージカル・テニスの王子様』青学五代目菊池役でコレ娘と見てるんじゃないかと思うが、初めて本人と会ったのは窪田将治監督の『夜明け前朝焼け中』大阪イベントで、こちらも『ジェリーフィッシュ』の大阪キャンペーンで行っていたところ、たまたまそのイベントに顔を出したら窪田サンに舞台に上げられ、出演のイケメン君らの公開オーディションになってしまい、その中にいたのであった。
爽やかな笑顔の若手刑事くんである。

kaneko_power009 at 09:56|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)テレビ | 俳優

2014年12月18日

TBSこのミステリーがすごい/残されたセンリツ PART2

12/29オンエアのTBSドラマ『このミステリーがすごい/残されたセンリツ』を解決する刑事はイッセー尾形さん演じる河原崎。
どんな難事件も30分以内に解決する『刑事くん』以来のスーパー刑事ですね。
昭和天皇のイメージに直立不動!
IMG_0177
…て…解説が必要でしょうか……
『刑事くん』は桜木健一さん主演の連続テレビドラマで、刑事もの全盛の時代に、誰が一番優秀な刑事か、そりゃ刑事君だろ30分で事件を解決するんだからという笑い話がありまして、今回もオムニバスの1話なんで30分以内に解決しなきゃならんもんで……

イッセーさんはソクーロフ監督の『太陽』で昭和天皇役を演じられ、強烈でした。
images










スクリーンデビューは森田芳光監督『それから』で、その後何本も森田作品に出ているので、森田さんの話に花が咲きました。

イッセーさんの川原崎刑事シリーズ、温泉からめてやりませんかスタッフ慰労で、局プロ様
…て…友達にはいないか…

kaneko_power009 at 01:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)テレビ | 俳優

2014年12月17日

TBSこのミステリーがすごい/残されたセンリツ PART1

TBS12/29/9PMの『このミステリーがすごい/残されたセンリツ』を撮りましたが、ピアノ初めてのとよた真帆さん、川口春奈さんに天才的ピアニスト母娘を演じて貰ってます。

天才ピアニストに見えるんだってば、これが。
俺は演出上手いんだから…ナンチャッテIMG_0174



でも、演出上手いってだけじゃ、渡っていけないんだからね、知ってるよね。

アーウィン・カシュナーって、演出上手かったよな、ルーカスより……

日活で上手かったのは加藤彰さんかな…

根岸さんも、俺はタイトルバックまでは上手いんだって言ってたな…

池田敏春さんも上手かったな…
下手だったのは……やめとこ…

kaneko_power009 at 09:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)テレビ | 女優

2014年12月02日

菅原文太さん

高校2年生で封切で『仁義なき戦い』を見た!…という衝撃というものを想像して下さい。

ちょっと政治活動かじってデモ行って8ミリも回した高校生が、“ヤクザも自民党も共産党も過激派も皆同じじゃ”と思って銀玉鉄砲買って撃ったのよね。
生徒会新聞に”仁義なき〜はゴッドファーザーより凄い”と書いたが、誰か理解してくれたのか……ギターでテーマを弾いたのよね……

日活に入って先輩の那須博之さんに出会って「フカサクしかいないだろ」と言って兄弟盃交わしたのよね……

監督になって東映京都太秦撮影所に『恐怖のヤッちゃん』を撮りに行った時、一瞬、撮影所前の喫茶店で文太さんと接近遭遇…
「まだ性懲りも無くクザの映画撮らせんの」と担当プロデューサーに仰ってたな、笑って…

ご冥福をお祈りします。

kaneko_power009 at 22:17|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)俳優 | 思い出

2014年11月28日

アバウトタイム〜愛しい時間について

アバウトタイム』最終回に間に合った。
d9d99c8115df9c7b2eb8f13b35d27522
何度もやり直しが出来る近過去にしか行けないタイムトラベラーの物語で、手塚治虫『ザ・クレーター』の中の一編『大当たりの季節』を読んだ人が関係者にいるか、或はアイデアがなんらかの紆余曲折を経てこの脚本に至ったのではないかな〜と思うな……
images
僕も昔『大当たりの季節』は映画にならんか、と思った事がある。まあ単なる偶然という事も有り得るが……似てる。
誰か追跡調査お願いします。
良い映画で貶める気持ちはありませんので。
レイチェル・マクアダムスの代表作かな、でも「真面目で面白く無い人…マット・デイモンみたいな?」で笑った人いなかったな…笑えよ。
今書いてるホンにも参考になったし、ね。

kaneko_power009 at 22:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)見た映画 | 俳優

2014年11月26日

アポロフェイク説

Apollo-11-Moon-Landing
子供時代の息子を論破!したアポロ11号フェイク説が、またぞろ浮遊しておる。

実は読むと何となく面白いのは確かだが、11号がフェイクだとしても
13号をのぞいて17号まで5回も着陸して無数の写真があるんだけど、それとの関連性はどうなってるのか無視してるんだよ、フェイク説は。

かつて自分より10才以上年下の人たちって殆どアポロを信じて無かったので驚いたものだが、彼らが言ってたのは「だって今、月に行ってないじゃないですか」という論拠だったが、それは「自分が生きてる今が昔より退歩している」という現実が受け入れ難いからだろうオマエら、と論破!した。

しかし今や“昔の方が栄えている”のが実感だから、そういう論拠も薄くなって、アポロも信じられるようになったんじゃないのかね。

11号のテレビ中継だけがフェイクだった、というのなら分かるが、何故そこまでやったの?というのを、もう少し示せないものかね。

こちらもアポロのプラモデルを作ったからノスタルジーで言ってるのかも知れんが……

あのプラモデル、部品が細かくて苦労したんだよね〜 

あと、スヌーピーとチャーリーブラウンという呼称も、フェイクだったらやらんだろう、とも思うんだけど。

スタンリー・キューブリックが頼まれて作ったというお笑い陰謀説もあるんだが、『2001年宇宙の旅』を見た後に月面着陸の映像を見た同時代者としては、実際の月面の地平線が丸っこいのに驚いたものだ。”2001年”の地平線は真直ぐで、キューブリックですら地球の6分の1のイメージを持てなかったのかあ、と思ったんですよ、その時は。

kaneko_power009 at 09:16|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)歴史 | 雑記

2014年11月24日

高倉健さん

日活に入社して撮影所で助監督として働き始めた時、『野性の証明』が入っており、高倉健さんを所内で見かけたことがある。

周りを囲むスタッフが直立不動だったな……

他の作品にも就いた直接のスタッフから聞いた数々の話も、ほぼ伝説通り。

ご冥福をお祈りします。

kaneko_power009 at 21:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)