2017年09月22日

諸般の事情で

中国に入ったら、二週間もしないうちに撮影開始だと思っていたら、諸般の事情で撮影は11月に延期。エーッ!?ちゅうことで突然余裕が出来てしまって万里の長城へ。
しかし、この話、当初は暑い夏にシベリアで涼しく撮るってことじゃなかったのかい。それが9月になり10月になり11月だ?真冬だよ、ハルビンはどうすんだよ・・・
日本映画だったら延期は中止と同義語だがもう後には引けないらしいからやるっきゃないが、正月には帰れるんだろうね、と心配するが、中国人の正月は旧正月だから「年内になんとか」という概念は通じないだろ。
『リンキング・ラブ』と『こいのわ婚活クルージング』の初日には帰って良いという約束は取り付けたが、心配でならない。毛がどんどん薄くなるだろ。見えないか。600円くらいで買ったTシャツ着て、小学校の濱野先生が歌っていた歌を思い出している。
「♪万里の長城からションベンすればゴビの砂漠に虹が立つよ」・・・砂漠ないネ
IMG_0981

kaneko_power009 at 12:18|この記事のURLComments(0)中国 | 現在製作中

2017年09月20日

中国スタッフと映画の話をしようとすると

中国スタッフと映画の話をしようとすると、タイトルが全然違うからお互いスマホを出すことになるが、当然、日本映画も知られている作品は一部でしかない。『仁義なき戦い』はやっぱり知られてなかった。やろうとしているモノは、任侠映画の構造を持っているんだが、映画屋には一発で分かる「いいヤクザ悪いヤクザ」論が全く通じない。てゆうかヤクザが「マフィア」とか「黒社会」に訳されてしまうから「健さんみたいないいヤクザ」という概念が伝わらない。ヤクザはいないことになっているし・・・
まあ、だから舞台をシベリアにして悪いヤクザはロシアマフィアということで多少、自由度を確保しているのであるが。

数年前、尖閣問題の直前にも日中合作をやろうとして潰れた。中国企業が日本企業を買収してやって来た『上司は中国人』という企画。瑛太の上司がチャン・ツイィーという話だったので、そういえば『狸御殿』知ってる?と聞いても、通訳すら「タヌキゴテン」の意味をすぐには理解出来ない。これもやはり中国では公開されていなかったようだ。確認はしてませんが。

kaneko_power009 at 12:14|この記事のURL現在製作中 | 中国

2017年09月07日

10/28公開『リンキング・ラブ』予告編本日解禁

320


予告編(1分48秒)


kaneko_power009 at 14:11|この記事のURLComments(0)LINKING LOVE | 現在製作中

2017年09月03日

ハルビンはいま・・・?

「この夏は中国映画がハルビンで撮影あるからさぁ」

と言って断っていたものが徐々にズレて遂に8月も終わり(もうハルビン涼しいだろ)、先週末(8/27)は歌舞伎座・八月納涼歌舞伎『野田版桜の下の満開の下』楽日に幡代小学校のクラス会で誘われていたのに断っていたのが急遽行けることになって無理なお願いしたらラッキーにも隣席が取れ、行くと同級生たちが家族連れもいて二十名近くで弁当を食べている・・・

え?それ知らなかった、僕はシリアルバーでつないでいたのがまあいいや、食べると眠くなってしまうしと思って開幕を待つ間、誰が来てんのか見ると分からない顔があってそこまで老いたかと思ったが、後から代々木中学(三鷹に引っ越したので泣く泣く電車通学を諦めた)の同級生や先生も合同で来ていたのであった、さすが歌舞伎座なので。

更には3歳で山手通り沿いヨセフ保育園でマリアとヨセフを演じた時のマリアも来ていて、観劇後銀座つぼ八で当時の写真も見せてもらった。彼女とは保育園の四年間のみで小学校は別、野田ら同級生たちとは代々木中学で出会う。僕はマリアが代々中で人気者となっていた話を野田たちから聞いて想像を逞しくしていたが再会したのは保育園卒業50年後「そういえば色の白い痩せた子がヨセフをやっていたわね」と言われたのであった。
(この話は2008/5/22に詳しく書いている)

歌舞伎は面白かった。遊眠社が歌舞伎を乗っ取ったか型にハマらない芝居だから七之助は本当に女にしか見えずアレ?と錯覚もしてしまう、芸があるね。
分かりにくいとぶつぶつ言っている歌舞伎ファンもいたが、逆に遊眠社版より分かり易いと思ってしまったよ。
最後に演出家・野田秀樹がカーテンコールで現れる。いつもよりテンション低い。そりゃそうだ役者では無いので。
楽屋をその中学校の恩師の先生と訪れると、野田は恐縮して丁寧に新歌舞伎座を案内し、つぼ八にも顔を出した。

幹事が「次は10月の金子の映画でやろう、肴にして一杯やりたいってことだけど」と言ってくれたので、10/28『リンキング・ラブ』初日には中国から帰って来なければ!
明日(9/4 )「岡村洋一シネマストリート」かわさきFM13時〜15時でお喋りしたら出発する予定です。
・・・あくまで「予定」ですが・・・

kaneko_power009 at 14:16|この記事のURLComments(0)思い出 | 中国

2017年08月28日

10年後の『阿久悠物語』

24時間テレビ枠内で放送された亀梨和也の『阿久悠物語』で、10年前に僕が田辺誠一で撮った『阿久悠物語』の一部が使用されていた。

それは画面の中のテレビで放送されているヴィレッジシンガーズの「バラ色の雲」で、音源はオリジナルだが、それに合わせて口パクで当時作ったものが使われていた。

これは、使用許諾を取らなくても良いものと判断されたのであろう。
画面比率から言っても5分の1くらいだし、オンエア一回きりという約束で納品しているので、著作隣接権があるわけでも無い。
そこまで調べたか分からないが、映っていたのは芸能界を引退した野木太郎と新津勇気であり、ヴィレッジシンガーズ本人たちの映像使用許諾を取るより遥かに経済的ということだったのであろう。
僕も別に不快に思うことも無く、報告されなくても構わないと思うが、書かないと誰も気づかないだろうから書いただけで、僕のやつがもう一回やらんかな、とも思うが、無理なのであろう、諸権利の問題で。

父親から“映画キチガイ”とからかわれていた高校生の頃に見ていた『スター誕生!』では、審査員長・阿久悠の言葉が耳に残った。

「映画監督になりたければ映画ばっかり見ていては駄目で、いろんな事を経験しなければならない」

・・・それは、歌手を目指す参加者に「歌ばっかり歌ってても駄目だ」という意味で激励したのだろうけど、自分に言われたような気がしていた。他にも覚えている言葉はあるが、「君は主役は無理だが、主役の妹なら出来ると思う」というのもあって、実はこれが初めてマイクの前に立った山口百恵に言った言葉だったと後に知る。

”主役の妹”で認知させる作戦を覚えていた映画小僧はン十年後『デスノート』で満島ひかりに応用した。

が、百恵さんは二十歳で引退の時に書いた『蒼い時』で「私がスター誕生に14歳で初めて挑戦した時、ある審査員から主役の妹しか出来ないと言われて小さなプライドが傷ついた」というような事を書き残す。

「阿久悠先生から言われた」という笑い話では無く「ある審査員から言われた」という書き方が百恵的な重いものを感じさせ、これが「阿久悠が山口百恵に一曲も歌詞を提供しなかった理由だった」と言われていた時、阿久さんも「いや、あれは即戦力という意味も含んでいたのだ」と雑誌に書いた。

そしてピンクレディ「UFO」がレコード大賞を受賞した時に「プレイバックPART2」だった山口百恵はピンクレディの歌の途中立ち上がって会場を後にするのを、トロフィーを手にした阿久さんは壇上から見つめ「黒いドレスが喪服に見えた。通路が凍てつく気配が伝わって来た」と書いている。

そこで、自分が『阿久悠物語』を撮った時、そのシーンをやりたくて、百恵さんを演じた星野真里の言葉は僕の想像だが、宇崎竜童に「紅白がありますのでお先に失礼します」と言わせたが、宇崎さんには確認していない・・・勿論、百恵さんにも。百恵さんの前でカチンコ打っていた時は、この話は知らなかった訳だし・・・

kaneko_power009 at 14:33|この記事のURLComments(1)阿久悠物語 | テレビ

2017年08月22日

走れなくなった瀬古

ツイッターではちょっとグチっぽいことを呟くとワッ!とリツイートされる傾向にあるが、昨日少し話題になったのは84年に撮ったロマンポルノ監督第3作『イヴちゃんの姫』が映画クイズになっていたので、それにかこつけて・・・

“ゲームのデータがフロッピーディスクに記録され、そのディスクが何億円もの価値があるという設定に、日活の重役は「あり得ない」と言って「もっと脚本を練ろ」と叱られました。当時オリンピックで瀬古が息切れし「走れなくなった瀬古のような映画だ」とも言われました”

というふうに呟いたら『リンキング・ラブ』を宣伝するよりツイッター界では反応が大きかった、というわけ・・・

脚本は佐伯俊道さんで、フロッピーディスクの争奪戦の結果が「ゲームのデータ」というオチに”コレ面白いよね”と二人でほくそ笑んでいたら、合評会でそこを専務から叱られたのは確かですが、当時未だ演技未熟の歌舞伎町のアイドル、イヴちゃんに『ファールプレイ』のゴールディ・ホーンみたいな高度な芝居を要求してカット割りも『ファールプレイ』そっくりにやったことに結果着いていけない感じがあったのだろうと思います。

これがデビュー作『宇能鴻一郎の濡れて打つ』では宇能鴻一郎ブシである”私〜なんです”を踏襲して『エースを狙え!』のパロディをやっても当時の日活重役は気づかず、山本奈津子が生き生き演じてくれたので会社の評価は良かったのでした。

それでヒットシリーズ『百合族』を那須博之さんからバトンタッチで任されて二作目は興行ヒットしての第三作が期待されていたら”走れなくなった瀬古”と言われ・・・

という結果で「こりゃあ一年くらい干されるだろう」と那須さんと年の瀬にインドネシアに一ヶ月の予定で旅立ち、途中で別れて正月に台湾で再会したら「金子君がゴールデンウイークの監督に指名されたって、早く帰った方がいいよ」と言われて1月15日に帰り、『みんなあげちゃう♡』を撮ることになったというラッキーな話で・・・そんな長文回想に至るのも、『リンキング・ラブ』の田野優花と石橋杏奈が、生き生きと映画を支えてくれていると確信してるから・・・と宣伝に繋げてもいいですか。

kaneko_power009 at 14:23|この記事のURLComments(0)思い出 | LINKING LOVE

2017年08月21日

『蠱毒ミートボールマシン』の百合沙

今日は新宿武蔵館で『蠱毒ミートボールマシン』見たら上映後、『リンキング・ラブ』ではサッカー部員の百合沙が現れてトークイベントやったのでファンは写真NGだが監督なのでOK。
DHrbhcOU0AAScqw
『蠱毒ミートボールマシン』は西村喜廣監督によるトリップ感溢れるスプラッターだが、爽快。
でも神谷誠サンが現れて立ち小便、局部を切断されたのには驚いた。
百合沙は可愛らしく撮られているが・・・「チクビがピンクだったと書いてね」とトークイベントで言っていた。度胸あります。
美脚を見よ!
DHrdErtXkAEw7AF

『リンキング・ラブ』の百合沙は見事なダンスを披露しており、彼女も石橋杏奈と同じく少女時代ファン。完コピ出来ると言っていた。出来たばかりの『リンキング・ラブ』チラシを多数、彼女に渡した。

今日の武蔵野館ではこの前に『ハイドリヒを撃て』を見てエモトさんに会ってお茶していたのであった。

kaneko_power009 at 14:17|この記事のURLComments(0)LINKING LOVE | 女優

2017年08月18日

海馬が活性化した池袋の夜に到るまでの右往左往

「リンキング・ラブ」と「こいのわ婚活クルージング」の秋の二大コメディ大作宣伝状況を気にしつつも中国行きは迫り、監督就労ビザ取得に連日駆け回る。

三月に法律が変わったとかで、それまでとは段違いに難しくなったらしく、もしかしたら日本人映画屋としてはお初の経験をしているのかも知れない。

警視庁へ行って指紋を全指採られ無犯罪証明書を出して貰ったのを六本木中国大使館で二時間並んだのにビザの事は神谷町ビザセンターへ行けと言われビザセンターに出すと外務省の印鑑が必要だと言われる。

翌日霞ヶ関外務省から警視総監宛に認証許可を得て、やっとビザセンターで受け取って貰うが申請書には中国の会社の電話番号を書かなきゃいけないのに知らないからウイチャットで慌てて聞くが、写真を貼らないといけないのでその場で撮って貼るともう閉館の3時。

親切な窓口の人が待っててくれて指導してくれたので1人居残りで無事に申請終了、雨の日、更に疲れます。

その疲れを癒してくれるように、FMラジオ「東京⭐︎夜会」で中国語を勉強してるんだと言ったらDJ上野淳(「聖子の太腿」主演)が中国パブへ行きましょう、と誘ってくれたので池袋の夜で盛り上がる。

やっぱリ異国の言葉を学習するならその国のネーちゃんと喋るのが一番と痛感。
ウマイネーとおだてられながら記憶中枢が刺激され海馬が活性化した♪夜の池袋〜

kaneko_power009 at 10:51|この記事のURLComments(0)中国 | ラジオ

2017年08月14日

Nスペ「731部隊の真実」

Nスペ「731部隊の真実」は、当時のエリート医師たちによる人体実験の記録を淡々を語って怖かった。
そのエリート医師たちが昭和天皇に良く似た人物を中央にいただいた記念写真にはテロップが入っていなかった。(関東軍の宮田武参謀ではないかという説アリ。宮田は偽名で、昭和天皇の従兄弟の竹田宮)

今度の映画のロケ地ハルビンは、731部隊のお膝元・・・

少しづつ読み進めている船戸与一「満州国演義」は5巻目で1937年7月7日盧溝橋事件から日中全面戦争に至った。
この盧溝橋事件の直前6月19日の乾岔子(カンチャーズ)島事件は初めて知ったが、この前ロケハンしたブラゴヴェシチェンスクのすぐ近くで起こったソ連による挑発紛争であった。
何故、この時ソ連が日本を挑発したかというと奥が深い。
日本としては当時は日中全面戦争まではしたくなくて出来たばかりの満州国をソ連から守りたかった。が、蒋介石を監禁した西安事件で国共合作が成り、中国としては構えが出来たところ、赤軍の英雄トハチェフスキーがスターリンの嫉妬によって6月11日処刑される。それに対するソ連軍内の抗議の意味で日本に発砲したらしいのである。だから交渉で事なきを得た。一方、それは中共からすればスターリンからのサインに見えたのかも知れない・・・

ここだけ見れば自ら罠にはまってゆくように見える日本だが、その前に武藤章参謀本部作戦課長は第二の満州国を作ろうと狂犬のように侵略前のめり。
これを満州国作った石原莞爾は制止したが、武藤からすればアンタのやったことを真似しているだけ、となる。それで武藤は東京裁判で唯一中将として処刑され石原莞爾は戦犯とはならず。
この侵略軍内対立が理解されないと、中共が日本を全面戦争に引きずり込んだ主犯説になってしまうのであろう・・・

kaneko_power009 at 10:45|この記事のURLComments(0)歴史 | 中国

2017年08月06日

「おそろし」再放送

「おそろし」が明日( 8/6)から毎朝午前9時より5回連続でBSプレミアムにて三年ぶり再オンエアされます。

「江戸版ウルトラQ」として僕がNHKに持ち込んで数年かかって成立、脚本・演出し(1、5話は江良至さんと共同、2、3、4は単独脚本、4話のみ演出は榎戸崇泰さん)(TV脚本も受けまっせ)音楽は中村由利子さんにお願いしています。これがまたいいメロディなんです。

ドラマ初主演である波瑠さんの起用には当時局内で異論出ましたが、僕は「スターになる可能性がある」と強く推しました。そしたら着物の着こなしが評価されたらしく、「あさが来た」に抜擢され人気出過ぎちゃってBSに戻れず、予定されていた「おそろし2」はまだ実現しておりません・・・いろいろあります。。。未見の方はどうぞこの機会に・・・

kaneko_power009 at 10:40|この記事のURLComments(0)おそろし 

2017年08月05日

東京喰種トーキョーグール

映画「東京喰種トーキョーグール」は根幹が狂っている。

“人を喰わねば生きていけない種族の哀しみ”を描きたいなら、その種族の特性・設定なりを、もっと深く考えて貰わないとその種族には共感出来ない・・と思いきや、”そんなものに共感する事は不可能不必要だ”というテーマも同時にあるから、それが免罪符のように作用して、筋を追うには“それは分かりきった事だろ”とか思わないから退屈はしないが納得は全く出来ないまま最後までゆくので見続けるのが苦痛だ。
残酷描写が苦痛なのでは無く、筋立てを理解しようとしてもさせない仕組みになっているから苦痛なのだ。主人公は冒頭グールに襲われて死ぬが、何故かグールの内臓を移植されて生き返り、グールになってしまい、どれだけいるのか分からないくらい次々現れる実はグールだった人たちのコミュニティに入ってゆく。
一方、グールを退治する側は何か特権的な武器を持っていて、凄いスピードで飛び跳ねて腕力も最強のグールを退治することが出来るが、その武器が何なのか最後まで分からないから、どうして退治出来るのか分からない。
最新の捜査網を以ってしても、普通の喫茶店にあるグールのコミュニテイを発見出来ない理由も分からない。
要は、対決シーン残酷シーンだけあればいい、あとは理解されなくても役者が一所懸命演じれば、SFXが説得力あればお客は着いて来るという思想に貫かれており、実際、お客は着いて行ってヒットしているみたい・・・・

kaneko_power009 at 10:37|この記事のURLComments(0)見た映画 

2017年08月02日

獣道

昨日から「こいのわ婚活クルージング」マスコミ試写始まったが大雨のせいで客足鈍いが手応えアリ。

「リンキング・ラブ」は10/28「こいのわ」は11/18。宣伝期間は中国単身赴任なのが不安・・・

雨上がってシネマート新宿「獣道」に行くと、監督の内田英治、行定勲、山本政志に主演の伊藤沙莉とトークショー付きで賑わっていた。
「熊楠」で行定は美術だったのか。
映画記者だった内田が「スワロウテイル」の現場で行定チーフと出会ったとか、内田が山本の助監督だったとか、三人の関係が分かって面白い。

ロビーで既に赤い顔の三人の監督に挨拶。
拡散してくれと言われたが写真撮り忘れた。
確かに映画のなかの伊藤沙莉は凄かった。