2018年07月06日

その日の「ピーターラビット」

日付変わったので証明出来ないが、スマホでのムービーウォーカー日比谷シャンテのタイムテーブルに、確かに今日「30年後の同窓会」17:20と出ていて、行ったらやっていない、シャンテのサイトには載ってないのにチクショウと思って見られるのが新宿ピカデリーの「ピーターラビット」だったので行ってエレベーターに乗ったら、女性三人が乗り込んで来て「こんな時にピーターラビット見るの私たちだけだよね」と自虐笑いしていて「どんな人が見るんだろう」「見てみたいよね」と言うから、「ここにいますよ」と言って出て行ったら、背後で笑ってスイマセン、て言ってた・・・で、終わらせた方が話がまとまるが、一応感想・・・
予告では正直可愛いより気持ち悪いウサギたちで、積極的に見る気になれなかったのだったが、見たらやっぱり気持ち悪いに近いが、性格も激しく悪く作っていて、人間の方も共感出来ないカリカチュアしていて、両者がバトルするブラックスラップスティックコメディだったので面白かった。見て良かった。まさかピーターラビットをブラックでやるとは予想外、さすがイギリス。オウムもブラックコメディにしてみようか・・・と考えると何言われるか分からないからそこで思考STOP。
311コメディ「青いソラ白い雲」にも怒る人いたからな。

2018年07月04日

焼肉ドラゴン/カメラを止めるな/モダン・ラブ/ハン・ソロ/ 少女邂逅/1999

傑作舞台『焼肉ドラゴン』を作者自身が監督で映画にしてるが、直近の舞台版で素晴らしかった中村ゆりの役が井上真央になっていて、どうしてもその理由を考えるという見方になってしまう。作者は韓国人姉妹を典型的日本人女優に演じて欲しかった、という事なんだろうか? 舞台よりも映画の方が、日本人と韓国人の違いが感覚的に感じられる。スクリーンにおける「差別」では無い「違い」は、両親役の韓国人俳優に濃厚に表れていると思う。
『カメラを止めるな』ポスターでは前田敦子と山崎貴が出てるのか、と思わせ・・・山崎貴は冗談だが、マエアツはどうして出てるんだろうと思っていたが別人で、全く知ってる俳優はいないが、結構それを逆手に取って工夫されて面白く作られている。ケイズシネマでトークイベントのある時は『1999年の夏休み』の予告は流れないようだ。
『モダン・ラブ』は、映画文法に挑戦しているのか、映画認識にも挑戦してるのか、珍しいなと思っていると、綺麗にまとめる。脱がしたらもっと分かったんじゃないか・・・と身も蓋もない事を言っても良いものか・・・
『ハン・ソロ』は、まあ面白いんじゃないの、と思って見たが、なんだ、また続きものにしやがって、とディズニー商魂を感じてしまった。
『少女邂逅』は主役の二人のキャスティングを敢えて逆にしているのか、と思って見た。女の子はやはり本来的に芝居する生き物なのか、とも感じた。
この怒涛のような新作映画の群れのなかに30年前の『1999年の夏休み』をぶつけるのか・・・

2018年06月29日

『1999年の夏休み』デジタル化チェック(7/28~新宿K'sシネマ)

『1999年の夏休み』デジタル化作業チェックの上映に立ち会うため、久しぶりにイマジカに行った。
36335976_1860413900695143_1824277888573112320_n
他の人の試写では結構呼ばれてるが、自分の映画となると2012年の『青いソラ白い雲』や『Living in Japan』以来になるか・・・と、結構ドキドキしてたのは既に“30年ぶりにデジタルリマスター公開!”という言葉によって浸透し始めているが、「午前10時の映画祭」などの書き込みで「デジタルリマスターと期待して見たが映像がポヤポヤだった」という観客の声を読んだことがあるから。
36246653_1860414037361796_5009759268346265600_n
それは基本、フィルムを信号にするから当然そうなりがちのところ、そうらならないデジタル技術の時代になっていて、映画だけでなく様々な分野でかつてのアナログ時代の再現がデジタルで出来ているがそれでも再現出来ていないゾと感じる鋭敏な感性を持った観客がいる・・・から、のうえに、黒澤明だったらワンカットごとチェックする予算もあろうが、こちらは全体で判断しなければならないので、ドキドキするのだ。Twitterでは「どうせやるなら4Kで」とか事情を知らない人が書き込むしちょっとでも言い訳すると叩かれるし・・・
それで、上映は高間賢治カメラマンからすると「全く古くなってないよ、すごい!」と興奮するほどであったが、フィルムの粒状性が好きだった時代の記憶からすると、完璧にその通りにはなっているのでは無く巧く再現している、と本能的に感じた自分がいる。
36222620_1860414164028450_2560370918727614464_n
これは8ミリ映画からスタートした自分がプロになって撮った35ミリフィルムを実物そのものでは無くコピーしているものであると言っている奴が脳の奥深くいて、でも、その時代って巻替わりの右上丸ポチも好きだったのか映写のガタツキもフィルムの傷も一緒に好きだったのか、と自問自答するとそうでは無い別にそこまで好きじゃなかったものを再現出来ていないと文句をつけるのも変なんじゃないのと脳の中で論争している。それをこの映画のストーリーが脳を混乱させるように謎をかけながら見せてくれる。カオルはユウなのか、あれ?そういうつもりだったのね、と自問自答に重なり・・・つまり、30年を経たら、実は再現では無く新しいものを見ているんだ、という事に気づいて面白くなった、というわけであった。もともとあった謎かけが、30年経って更に深くなっているじゃないか、フフフ・・・
でも、やっぱり当時も気になっていた事が蘇って来て、そこをなんとか出来ないか、と高間さんやイマジカの方と相談しつつ、彩度や色を微修正、次の試写が決定版となる。音は直せないが・・・
36289566_1860414410695092_3695230127349694464_n
今まで見た事ない人で、見たら公開前に多少影響あるメディアなどに好意的に記事化出来る方に見て欲しいが・・・宣伝部に連絡して・・って、あ、宣伝部なんて無いんだわ。

kaneko_power009 at 00:47|この記事のURLComments(2)1999年の夏休み 

2018年06月20日

『1999年の夏休み』30周年記念デジタルリマスター公開@新宿K'sシネマ 7/28~8/10モーニングショー

angelh-6
正式に発表になりました🌼7/28〜新宿K’sシネマにて朝10:30からのモーニングショーやります。
その後、博多、梅田、愛知、札幌と順次公開が決まってるってホントかよ、と驚く。
PRTIMES『1999年の夏休み』公開30周年記念デジタルリマスター版上映決定!
7/19の中村由利子さん🌷との六本木CLAPSでの30周年記念コンサートで映像使えるか、とアニプレックスに聞きに行ったのがすべてのきっかけ。
あれ、GW開けの5月7日だった。その日にケイズシネマ行って・・・
友の会がfacebookでファンページ開設してくれてます。🌻
1999summer_flyer1999の夏休み_裏



kaneko_power009 at 01:01|この記事のURLComments(0)1999年の夏休み 

2018年06月11日

軍中楽園

images-1『軍中楽園』は侯孝賢ブランドで売ろうとしてるがそれじゃ客来ないのでは。
ホントの美人女優二人がカラダ張って慰安婦を演じているアリガタサを訴えないと・・侯孝賢のより全然面白いし。とは言え確かに大陸から国民党が襲来した台湾の成り立ちがこの慰安所を産み90年代まで存在していたという驚きも訴えたいしそれを今の日本で売るのは難しいのは確かだ。
64385f66b56d1c4f56f3415d2a6ff50138a3996fUnknown-3
だが、童貞のまま慰安所に配属された若い軍人と訳ありの娼婦(萬茜:レジーナ・ワン)との友情が、美しい夜の月見草を見に行く官能的にも見える間接的話法の恋愛描写に発展しながら本人たちはそれに気づかず、遂に自覚してすべて脱いで裸になった直接的話法の行為の時には残酷に傷つけてしまうという物語は、この背景でしか描けない性と愛の普遍的テーマが最初から緻密に組み立てられていた事に驚いた。
もう一方の上官に身受けされる芝居を演じる可愛い娼婦(陳意涵:アイビー・チェン)の悲しい物語も、何度も語られて来たこの種の話を越えてリアリティがあり、『赤線地帯』の京マチ子と比べている事にも自分で驚いていた。なので、写真を見つけて推薦したくなった。
Ivy_Chen_120180501-00010002-dmenueiga-003-1-viewimages

kaneko_power009 at 10:35|この記事のURLComments(0)見た映画 | 女優

2018年06月09日

『君の名前で僕を呼んで』をようやく観られた

ロビーに女子あふれ上映間際に行くと入れなかった『君の名前で僕を呼んで』をようやく観られたが、サスペンス演出の上手さを感じてどっぷり引き込まれてしまった。
ウディ・アレンの映画にも出演が決まっているというインターステラーの息子、アカデミー賞最年少候補ティモシー・シャラメが苦しみ悶え、
201802-timotheechalamet_l_full
コードネームUNCLEのイリア、男の色気の塊アーミー・ハマーが兄のように肩に触れて救い・・
640
あとは見て、としか言えぬ秘密の・・何であろう、女子なら花園だが男子はいい表現ある?
・・二人の夏の間の絆は「一瞬であるが永遠である」・・というのは30年前に『1999年の夏休み』を撮った時にも想っていたテーマで、画の質は全く違っても、どこか共通に流れる感情があって、あれ?これに似たカット撮ったよな、みたいなデジャヴもあり、日活に入った時の亡き先輩への憧れに似た記憶も寄切ったが、先輩とはスグ女の話になったのでこうはならなかった訳だよね・・。
日本映画のワンシーンワンカットって、結構これ見よがしに目的化してしまってウザいテクニックになりがちだが、この映画のワンシーン長いのは見事、遠景から近景へ人物配置を変えたりしてワンカットとは感じさせないでサスペンスを醸成していた・・・
しかし「君の名前で僕を呼んで」というのはキラーセリフやなあ。異性愛ではあり得ないセリフだからね。

2018年06月03日

鈴木和道・個展(原宿駅前・積雲画廊)

渋谷区幡代小学校の同級生で洋画家の鈴木和道の個展(原宿駅前・積雲画廊)に他の同級生たちと行くが、和道は心臓の病気で退院出来ず、会えなかった。

和道の絵は初期の「夢の遊眠社」のポスターに何年も使われていた。
野田秀樹と和道は代々木中学に進学し、僕は三鷹四中に進学して、毎月2回は会いに行き、代々木公園でヘッセの話なんかしていたから、それが「1999年の夏休み」の大元ネタになっている。

今日は同級生では無い「ホソヤ」君が来るというので、遊眠社の初期のスターのホソヤか?と思っていたら、幡代から代々木中に行った友達にとっては東大に進学して銀行に行った同級生であって、細谷君が芝居をやっていたなんて思いがけなかったらしく初めて聞いて驚いていたが、僕は遊眠社で駆け回っていたホソヤしか知らない。
野田からオマエは役者に向いてないと言われて勧銀に行った、と言っていたが、僕は野田にあのホソヤはどうしたんだ?と聞いた事があって、いい役者だったがカタギになったと言っていた記憶があるんだが・・話しているうちに上智大学でジャングルジムみたいなセットを駆け上がってセリフを叫んでいたホソヤを思い出したが、その後40年銀行員をやっていたから随分雰囲気は違う。

でも遊眠社の駒場でやった第一回目の時に「サイダーワン、サイダーツー、サイダースリー、3人揃ってミツヤサイダー!」と言った下らないギャグが凄くおかしくて、その後に生ギターに合わせた歌も一回しか聴かなかったが覚えていて、ちょっと一緒に歌った。

今日は更にヨセフ保育園のマリアも来ていて・・クリスマス会で僕はヨセフやった・・彼女は幡代には来ないで山谷小から代々木中に進学し、野田や和道から噂だけ聞いていて50年後に再会した人生初めて出会った美少女だったので、目が回るハイな宵であった。
(「思い出」2008年5月22日「50年前の記憶(長文)」

個展は4日まで。

kaneko_power009 at 10:23|この記事のURLComments(0)友人 | 思い出

2018年05月31日

映画雑感//ゲティ家の身代金/恋は雨上がりのように/友罪/蝶の眠り

「ゲティ家の身代金」のオドロキは、エッ、あの感じ悪い秘書がティモシー・ハットン?
「普通の人々」の好青年、「タップス」の制服似合う・・・

雨が先か恋が先か思い出せず調べた「恋は雨上がりのように」は小松菜奈の走る姿がエロチック。僕も「Living in Japan」で高良光莉、「生贄のジレンマ」で竹富聖花を走らせて車横イドーでフォローした。女子がカッコ良く走るのをフォローで撮るのは快感。映画には既視感があって、桜田淳子の「スプーン一杯の幸せ」「若い人」と比べながら見ていた。黒沢年男や小野寺昭の方が大泉洋より危険な香りだった。もっとくたびれた感じにすれば危険度は増すが、そうならないように配慮して笑えるようにしているが、女の子がドキドキした〜とか言っていたから、今の時代では使えるレベルなんだろう。教科書に相合傘を書いた時点でサスペンスは無くなったが、そうするつもりも最初から無いんだろう。

「友罪」は見終わってトイレで知人を見かけたが、話しかける気分になれなかった。普段なら誰かつかまえて感想を言いたくなるもなんだが・・・と考えると、この映画自体、いくつかの事件に対する感想のモザイクみたいなものだからなんじゃないか、と分かった・・・ような気がした。

「蝶の眠り」は29年前のマドンナ中山美穂と去年のマドンナ石橋杏奈が美の競演。高間賢治カメラマンがミポリンを、上から撮っても下から撮っても右から撮っても左から撮っても綺麗だと言った伝説が日本映画界に伝えられているが、29年経っても変わらずの目ヂカラで痺れる。石橋杏奈は僕が撮らないとアレだな、衣装がイマイチだもっとカメラ寄れと呟く・・・他に言うことないのか・・・忘れることは美しい・・のかな・・

kaneko_power009 at 10:50|この記事のURLComments(0)見た映画 | 女優

2018年05月28日

百歳

百歳になった政治家は野坂参三くらいだろうと思っていたら中曽根康弘百歳!僕の1番の記憶は、あんまり他の人とは共有されないだろうが、田中角栄内閣発足の時に中曽根が協力したんで福田赳夫が次に回され群馬の選挙区で福田首相誕生を信じていた支持の婆さんが「中曽根が憎い!」と悔し泣きしていたテレビニュース。あの頃、福田も中曽根も「木枯し紋次郎」の選挙区だからね、と家で話していた。

kaneko_power009 at 10:47|この記事のURLComments(0)歴史 | 社会

2018年05月27日

「学校の怪談3」を相模女子大学で上映

”教育文化顧問”ちゅうのを務めている相模女子大学の大教室で「学校の怪談3」をDVD上映したら驚くほどの大ウケ、爆笑の嵐。学生の皆さんが生まれた頃の作品だが、違和感無く見てくれた。「怖い映画」だと思って構えていたら、こんなにもオモシロイのかという驚きもあったようだ。大人しいタイプが多い相模女子大生はホラーが苦手な人が多い。キャストも豪華で子役も可愛いのは一目瞭然だが、平山さんのやつより美形を揃えようとしたんだ・・とは言いにくい。教授は「最強の前田亜季」と称賛。当時「3番目が一番怖い」というキャッチフレーズだったが、今見ると野田秀樹が一番怖い。何より生意気な連れ子の弟が豊永利行だったというクレジットタイトルで皆さんギャーッ!と叫ぶ。今や舞台も歌もやる人気声優なのだ。
こんなに喜ばれているのを、島田満さんに伝えたかったな・・・
UnknownUnknown-1Unknown-2

kaneko_power009 at 10:45|この記事のURLComments(0)雑記 

2018年05月22日

「ラストキャバレー」DVD6月2日発売

公開30年後初めてDVDが6/2に発売される「ラストキャバレー」の宣伝に、この映画で脚本家デビューしたじんのひろあき氏も参加して貰い、準レギュラー化している川崎FM「岡村洋一のシネマストリート」で当時の濃いィ話をした。1971年から17年間続いたロマンポルノだが、僕が日活入社したその月からして給料分割遅配で”ロマンポルノが終わるのが早いかオレが監督デビューするのが早いか”という意識でいたが何とか84年にデビューし外の仕事も多少して88年にいよいよ終わりでロッポニカちゅうのを始めるけれど金子やる?と言われたがそんなもんスグ潰れるだろと分かっていたから最後のロマンポルノをやりたい、と外部カメラマンの高間賢治さんに「日本初の撮影監督システムやりませんか」と誘って連れて来て、押井守さんに美術助手で弟子入りしている理屈っぽくてオモロイじんの君に「脚本書かない?」と誘って書いてもらい、現場は憎んでいたカチンコを廃止して“終わることは始まりだ!”という半ばヤケっぱち気分も混ぜながらも名作にしようと風祭ゆきさんや岡本麗さんを呼び、当時売り出し中の大地康雄さんに閉店するキャバレー店主を演じて貰ったが店主の娘を女子高生に設定したら、女子高生に見える女優がいない。キャバレーものと女子高生ものを混ぜた贅沢な企画になっていたんだ。それで隆盛期になっているビデオを見まくって、ミポリンの「毎度おさわがせします」でデビューして自分で脚本書いて宇宙企画のマドンナになっていたかとうみゆきに一人で来てもらい出演交渉したのがクランクインの5日前だった。みゆきちゃんは宇宙企画の人たちに「今更ロマンポルノなんかやめとき」と言われていたが、監督が才能ありそうな二枚目だったし事務所で見せた「OL百合族19歳」も名画だったのでOKして即、故・海野プロデューサーとギャラ交渉・・・
とにかく見てない人は見ても面白いと思いますよ。
このラジオ放送もネットで聴けるようです。

kaneko_power009 at 10:42|この記事のURLComments(0)日活 | 思い出

2018年05月18日

西城秀樹さん

秀樹さんには「ヤングマン」をモチーフと主題歌で使った『卒業旅行ニホンから来ました』(93)のジュリアナ東京での一般試写でお会いして、「僕は“青春に賭けよう”が好きなんですよ」と言ったら「そりゃマニアックだね〜」と言われ「“チャンスは1度”も」とは言いそびれてしまった。

映画は「こりゃー、面白いよ」と言って楽しんでくれた。

言葉になりません・・・
旧御三家が共に御健在なのに(涙)

kaneko_power009 at 10:20|この記事のURLComments(0)思い出 | 音楽