2011年06月02日

2011年06月02日

新宿ミラノ座で『ポールダンシングボーイ☆ず』大公開!

5月28日は『ポールダンシングボーイ☆ず』の初日。
なんと日本最大の劇場で1200席もある新宿ミラノ座で!
r020hallmila
舞台挨拶付きの1回とは言え、2500円とって朝の10時からって、無謀じゃないの? 映画関係者に「ミラノ座で」って言うと「3ですか?」(隣接の小劇場)って必ず返された。

でも、当日、蓋を開けたら超満員となって感慨無量。
ロビーは女の子ばかりで熱気ムンムン。客席は99%女の子だったように見えた。
久しぶりに会うD2のメンバーは、相変わらず爽やかで気持ちのいい挨拶をしてくれる。
上映後の挨拶では、それぞれが舞台でポールダンスを披露して場を大いに盛り上げた。
この後は池袋東急でのモーニングショーでボチボチ地味にやっていくんですけど。
0528_pdb_main

実はミラノ座での舞台挨拶は24年ぶり『恐怖のヤッちゃん』以来なんであった。
故・那須博之監督『新宿純愛物語』との二本立てで、渋谷はパンテオン、銀座は松竹セントラルという大劇場チェーン、通称「セパミラ」で公開した……その思い出を少々……若い方には退屈でござんしょうが……

僕は日活では那須さんの舎弟と言ってもいいくらいの間柄で、カチンコの打ち方から教わり、インドやタイにも一緒に旅行してバイクを走らせた。
その那須さんが東映で『ビーバップハイスクール』を大ヒットさせた勢いで『新宿純愛物語』を仲村トオルで撮った。
撮影直前に中山美穂が降り、相手役を公募して一乗寺美奈がヒロインになったが興行力は弱まった。
僕も初めて日活の外で、しかも伝統ある東映京都太秦撮影所に呼ばれて『恐怖のヤッちゃん』を監督した訳だが、これもヤクザ役は一般公募“但し本職の方お断りします”という触込み。
京都へ行く前に東映本社、当時の岡田茂社長に挨拶に行ったら、仲村トオルと中山美穂のポスターが沢山飾っており、ああ、こりゃヒットするな、そのお相伴に預かれるかな、と思ったところが、まさかの美穂降板。
いよいよ太秦に行こうとしてると木村大作カメラマンから「京都は怖えぞ」と脅された。よそ者は苛められるという評判もあって正直ビビったが、行ったら皆相映画を愛する優秀なスタッフばかりでいい思い出しか無く、京撮で会ったら木村さん「どや、いいところだろ」なんて言うし、女の子とデートすると帰り際に「おおきに」って言ってくれるし、ホントに楽しい経験だった。
公開初日、パンテオンに行くと、東映関係者が皆、劇場の前に出て表を眺めている。「前売り買った人が来ないんですよ」と言う。
舞台挨拶で客席を見ると、真ん中より後ろに人がいない。
バスでミラノ座へ行くと、同じ状態。セントラルでは更にひどい。……大コケだ。
でも、バスでの那須さんは堂々と楽しそうにしてたし、実はこれは悪い思い出でにはなってないんである。
日活で助監督の先輩後輩が、東映でしかも大劇場で二本立て。
そんな那須さんの七回忌がつい先日あり、再びミラノ座で舞台挨拶……感慨無量になるのも分かって貰えるだろうか。
D2のメンバーには関係無い話ではあったが、マイクを持たされた時、やはり「ミラノ座での舞台挨拶は24年振りで、『恐怖のヤッちゃん』以来……」と言ったところ、リーダー格でしっかり者の上鶴徹くんが、「ああ、(知ってます)」みたいに受けてくれて、それで助かり、記事にもしてもらったわけだが、上鶴くん、本当に知ってたんだろうか……