2008年09月25日

『ケータイ捜査官』仕上げ終了

『ケータイ捜査官』の僕の当番回の仕上げも終わり、後は10月15日放送の第27話「網島家最大の危機」と、一週小中さんの回を挟んで、10月29日放送の第29話「ニャンたる忍者!」のオンエアを待つのみとなった。

と、いうわけで、昨日メイン監督の三池さんの放送回を見たんだが、えっ、こういう話だったの?、と、目がテンになった。
なんか、ケータイロボットたちの背景には何か大きな秘密があるらしい、という説明はスタッフから受けてはいたが、聞いても良く分からなかった。

というか、そういう複雑な設定は、いくら聞いても、頭の方が分かろうとしないようだ。

だから、シリーズ的には、昨日の話の後に、僕の話がある訳なんだが、その大いなる設定とは全く関係無く撮っている。

27話の方は、弟の金子二郎さんに脚本を書いて貰い、ケイタのお父さんが突然選挙に出る、という「網島家最大の危機」が訪れる物語を作った。
そろそろ選挙みたいなんで、意外にタイムリーな企画となっているんじゃないの。

実は、ウチのお父さん金子徳好さんも、生前選挙に出て落ちている。

一度目は渋谷区の区議会議員選挙で、側面に名前を書いたリアカーを宣伝カーにして押している写真が残っていて、僕が生まれる前。
火炎瓶闘争時代の共産党から除名されてヤケクソで無所属から出た、という話をしてくれた記憶がある。
二度目は港区長選挙で、僕が日活の助監督をしている時で、日活は本社が六本木、父の選挙事務所がその本社付近にあり、スタッフから「金子は区長の息子になるのか」と言われたが、七党対一党という戦いで次点。
この時は党員であったが、父は無所属からの出馬で共産党推薦という形に拘っていた。
かなり、無理矢理推薦されて、断れなかった、という感じであった。

しかし、この時当選した区長が一年後に亡くなり、もしそれが三ヶ月以内だったら繰り上げ当選だったよ、法定得票に達していたし、そうなってたら偉いことになってたぜ、と胸を撫で下ろしている父であった。

kaneko_power009 at 11:13│Comments(1)ケータイ捜査官 | 現在製作中

この記事へのコメント

1. Posted by m-maki   2008年10月08日 21:38
監督のお父様はとても勇気のある方だと思います。

ケータイ捜査官27話が放送されるとき、全米400館でデスノートが公開されるのですね。おめでとうございます!私が監督だったら、会場の雰囲気を見に行きたくなるのだと思います。今からでも遅くないでしょうか....Would you send to him invitation cards? 主催者の方が見てくださってるといいです。おじゃましました!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔