2010年04月13日

「ばかもの」IN高崎映画祭

4月10日、「ばかもの」が高崎映画祭で上映された。

市民文化ホールは700の座席がある大ホールだが、ほぼ埋まり、僕は、その中で久しぶりに映画全部を通して観た。

内田有紀が、成宮寛貴が、中村ゆりが、白石美帆が、池内博之が……
スクリーンの中に生きている……
去年の撮影の事を振り返り、つい思い出に浸ってしまう。

正直、行く前は、夕方に点灯した日比谷のネオンを見ながら、暫く東京ともお別れかよ、とセンチな思いに襲われたものだが、撮影中でのスタッフ・キャストや高崎の人々の暖かさ、場所が醸し出す空気によって、今や、「また行きたい場所」になってしまった高崎……そこで、映画を上映し、街の人々に観て貰い、その人々と一緒に観られる、という贅沢な時間を感じたのであった。

上映が終わって、舞台挨拶となり、壇上から、観客の方々の視線を感じながら、勝手なお喋りをさせて貰った。
これも、気分に酔ってるような感じで、本当に楽しかった……
なかなか、無いですね、こういう気分って。

その後は、原作の絲山秋子さんも交えての交流会があり、「金子さんに監督して貰えて本当に良かった」と言って頂き、光栄の至りです。
やはり、こうして見ると、絲山さんの創造した人物たちが、絲山さんの拘る高崎でドラマを繰り広げているのが、良く分かるのであった。
撮っている時は夢中なので、実はそこまで分からない。

交流会の後は、撮影当時に通ったナバホラーメンに行き、そこへ高崎映画祭実行委員の方々が来て、ワインの店に連れて行って貰い、各種ワインを飲み比べ、ホテルまで送って貰う途中で降り、東京より少し遅れて満開になっている夜桜を見に行ったのであった。20100411005634


kaneko_power009 at 14:20│Comments(7)TrackBack(0)現在製作中 | ばかもの

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ちはるん   2010年04月15日 12:42
5 高崎映画祭での舞台挨拶、お疲れ様でした。
昨年から公開を楽しみにしていたので、
やっと!という感じでした。

始めはドキドキ、
中盤はジーンときて、
最後は涙を流しながらも、笑顔になれる映画でした。

春→夏→秋と、公開がじらされてますが(笑)
早くまた観たいです☆
2. Posted by TT   2010年04月15日 13:37
日記の更新楽しみにしておりま〜す。
頑張ってください!
3. Posted by 岡山のTOM   2010年04月15日 17:07
昨夏の『湯布院映画祭』にて、ゼロ号段階での本作を鑑賞させてもらった者です。
『ゆうばり映画祭』でも上映された後、今回の地元でのお披露目で、3つ目の映画祭ということになりますね。
あ、そうそう、2月の『ヨコハマ映画祭』には、手作りのチラシを持参し監督自らPRのため登壇されたのでした。 実は私、その『ヨコハマ』の表彰式にも参加していたんですよ。 今回が初めて。 式の後はすぐ、同日に開催されたキネマ旬報の表彰式へ向かったため、労作の「ばかもの」チラシを貰うことが出来なくて、残念でした。
そして、3月28日に行なわれた高崎映画祭の授賞式にも2年連続で参加。 近くに住んでいたなら、「ばかもの」の上映にも足を運んだのですが。 早く、公開日が正式決定しますように。 岡山でも上映されますように! もう一度スクリーンで観たいのです。

来年、「ばかもの」が高崎映画祭の何かの賞に輝いたなら、3年連続で岡山から駆けつけてしまいそうです。 そうなりますように!
4. Posted by nana   2010年04月16日 18:25
初めまして(^-^)v
応援してま〜す。

頑張ってくださぁい(^o^)/♪
5. Posted by 福田   2010年04月19日 23:14
お久しぶりです!
昨年の映画祭ではたいへんお世話になりました。

「ばかもの」は今後も他の映画祭などで上映されるのでしょうか?
公開がとても待ち遠しいです。

あと息子さんの勉強の進み具合はいかがでしょうか?(笑)
また何かありましたらご連絡ください。
新作も楽しみにしています!
6. Posted by ケニー   2010年04月20日 06:52
おはようございます。1日も早く作品が公開されること願ってます。よこはま映画祭の手作りチラシはきちんと居間に飾ってあります(苦笑)
7. Posted by まるち   2010年04月24日 20:00
イトヤマさんのお名前の漢字が違う気がしますが…

R:まるち様
ご指摘ありがとうございます。恥ずかしながら、修正しました
S.KANEKO

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔